キャラゲーの名作、ファミコン版ドラえもん




君はキャラゲーの名作、ファミコン版ドラえもんを
知っているか!?




誰からも愛される日本の国民的キャラクター、ドラえもん。その長い歴史において
アニメの声優が全て変わってしまうといった事件が起きつつもその魅力は不変、
スラッシュメタルの帝王がスレイヤーならジャパニメーションの
帝王はドラえもん
だと相変わらずのカリスマ性を
発揮している
が、古くから公開されてきたドラえもんの長編映画
言えばお決まりなのがタイトルの“ドラえもん のび太の○○”という縛りだろう!
俺らは仲間内でよく“ドラえもん のび太の怒りのアフガン”等と
言って笑っていた(爆)。あとは20年以上もほぼ不変の王道シナリオだ!
まず最初にドラえもんのいつもの仲間達が集まり(出来杉除く)、タイムマシンで
旅立つ〜トラブル発生〜みんなバラバラに〜ドラえもんは道具を無くし
役立たずになる
〜しずかちゃんはさらわれる〜ジャイアン、スネ夫は
二人コンビで迷い最初は「ママ〜!」「かあちゃ〜ん!」抱き合い
号泣
するが徐々に環境に対応していく〜のび太は一人で迷い、物語の鍵を握る
人物(同世代)に出会う
〜ドラえもんの道具は敵に使われており苦戦
ジャイアン、スネ夫がなぜか敵のアジトにおりドラえもんと合流〜
ピンチになるがのび太が鍵を握る人物(同世代)とともに助けに来る
みたいな展開がお決まりだったと思う(笑)。あやとりしか特技の無いのび太が
実は射撃の達人だったという設定はおそらく映画のための後付けだろう(爆)。
そしてここに紹介するファミコン版ドラえもんはそんな大長編映画の、
初期のいいとこ取りしたそれぞれシステムがまったく違う
3ステージからなる大作にして原作の人気にあやかっただけ、または原作を再現しようとして
ゲーム性を犠牲にしてしまった幾多のキャラゲーとは
一線を画する優れた名作だ!!

本作のコンセプトはやはり映画のお約束どおり道具をロストしてしまったドラえもんを
操りさらわれてしまったのび太、ジャイアン、スネ夫、そしてしずかちゃんを
助けに行く
というシナリオで、特徴としては上記したよう3つのステージにおいて
それぞれアクション、シューティング、パズルアクションとまったく異なる
システムのゲームが楽しめる、まさに1粒で3度おいしい出来だといえる!

まず1面は前後左右に移動できるアクションゲームだ。最初は武器も
まったく無い
のでマンホールに入りショットガンを手に入れなければならない。
ちなみに本作で手に入れる攻撃用のアイテムは全て元はドラえもんの道具である。
失った道具を拾い集めているというわけだ。
マンホールに入るとこれまたシステムが変わり横に移動するマリオスタイル
変化する・・・!
ちなみにショットガンを入手できるマンホール内には体力回復
アイテム
であるドラ焼きがあるが取ると体力のみならず点数も増え、点数が一定以上
溜まると残機が増えるぞ!
ちなみにここのドラ焼きは取ってもマンホールから
出てまた入れば
永遠に取れる。ここで残機を増やしておくのが
ゲームクリアのコツ
なのでめんどくさくてもきっちり繰り返し取ること(笑)。
ボスを倒し1面をクリアするとのび太を救出できるぞ!

2面は急にシューティングになる。基本に忠実な、普通に出来のいい
シューティングで普段は横スクロールなのだが場所によっては縦になったり
なかなか凝ってて面白いぞ!ここではジャイアンとスネ夫を助ける事になるが
役立たずののび太と違って武闘派である彼らはアイテムとして
取る事ができ、
自機のオプションとしてそれぞれ違った攻撃法で
ドラえもんをヘルプしてくれるのだ!!
そして有名な裏技で、
ジャイアンがいる状態でUコンのマイクをオンにして大声でシャウトすると画面上の
敵が全滅する
というものがある!
ジャイアンは頻繁に空き地の土管の上でゲリラライヴを行う
ミクスチャーヴォイスV系寄りグラムロッカー
なので
それを忠実に再現した裏技だと言えるだろう(笑)。1ゲーム中1回しか使えないが
ボスをもこれで瞬殺できるので迷わず使おう!メロスピハイトーンでも
デスヴォイスでもいいぞ!!(爆)


3面は海の中を舞台にしたパズル要素の濃いアクションだ。この時点で
のび太、ジャイアン、スネ夫はすでに救出した事になっているのだが
ここでは宝箱の中に閉じ込められているのでまた助けなければならない(笑)。
この役立たずめ!!
だがこの3人はラスボス前にある映画でお馴染み鬼岩城の入り口を開ける
カギの役割を果たす重要な役どころになっている。

画面は1画面で固定されており端まで行くと次の画面に行ける様になっている。
画面上の敵を全滅させると中央に宝箱が現れ、アイテムであるカギを持っていれば
開けて閉じ込められたのび太達を助け出せるのだが、この面はなんと
TV番組“「ぷっ」すま”の1コーナー“物件拝見トレジャーバトル”のシステムを
10年以上も前に先取りしており、間違った宝箱を開けてしまうと海ヘビが
現れ襲ってくるのだ!!
物件拝見トレジャーバトルも間違った箱を開けると
中からおもちゃのヘビがミャーと飛び出してくる。このゲームが
「ぷっ」すまに与えた影響は思った以上に大きいようだ・・・!?(笑)底のほうにいくと
巨大ダコが宝箱を守っている。これもセクシー水着美女
マッチョ外人が宝箱を守っている物件拝見トレジャーバトルに与えた影響
見ていいだろう(笑)。

海ヘビはなぜか瞬間移動できる能力があるらしく別の画面に逃げてそのまま
他の画面に進んでいくといきなり現れたりする!だがこれを利用すれば隣の画面に
逃げてまた海ヘビのいた画面に戻ると瞬間移動済みでいないということも多々ある。
海ヘビはアイテムである“お守り”でしか倒せない・・・!

1面、2面は敵に触れダメージを受けると少しの間点滅し無敵になるのだが
3面では無敵時間が無く、ザコに少し触れただけでそのまま体力を連続で削られ
死んでしまう事がある
ので注意しよう!

また、1面、2面にも出てきた点数アップのアイテムであるダイヤは3面だと
画面上の敵を全滅させる効果もあるぞ!だが3面のみ調子に乗って
取りまくっているとなぜかトーチャールーム(拷問部屋)に連れて行かれ
大勢のガイコツに襲われるハメになってしまう・・・!

抜け出す方法はドラ焼き(ここでは体力回復しない)をたくさん取るか
裏口出所(つまり死ぬか)のどちらかしかない・・・!

ちなみにこの面にも裏技があり、とある行き止まりの部屋に行きUコンのマイクに
向かって叫ぶとドラえもんの妹であるドラミちゃんが現れ全てのアイテム
(のび太達以外)をその場に集めてくれる
のだ!

3面のボスを倒せばしずかちゃんを救出でき、ゲームクリアーとなる。
だがコンティニューしてたり裏技でステージセレクトしてたりすると
真のエンディングを見れないぞ!
ちなみにステージセレクトはタイトル画面でAとBを押しながらセレクトを1回押すと
2面、2回押すと3面からスタートできる。
コンティニューはGAME OVERと表示されている間にどの方向でもいいので
十字キーを押しながらスタートを押すとできるぞ!


と、まぁマインドシーカーやたけしの戦国風雲児に比べると書くことが少ない
それはシリアスに楽しめると言う証拠。普通にプレイしてて面白い良ゲーと
いえるだろう!だがプレイしていて最後に思ったのはもしドラえもんが道具を
失っていなければ
本作の敵なんざ小指一本で消し飛ぶぞ!!って事なのだが
よくよく考えればドラえもんに小指は無かった(爆)。










おまけページにもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system