電子音響音楽応用解析研究所







"じゅうおん!"




日本の打ち込みメタルミュージシャンによるカヴァーシングル。


アンパンマンのシンフォニックメタルアレンジで一躍名を馳せた、ネタに見せつつ実は
実力派の打ち込みメタルミュージシャン
による過去作で、まだ別名義で活動していた頃の
3曲入りシングル
である!本作はアンパンマンのような誰もが知っている国民的アニメではなく
コアなマニアの間でのみ有名な、HM/HRを題材にした(?)アニメーション作品の楽曲を
打ち込みバンドサウンド、ヴォーカロイドでカヴァーしており古き良きアニメタルの伝統
受け継いでいるのかHM/HRの有名曲を拝借したりまんまコピーしたりしており
メタラーをニヤリとさせてくれるのう・・・!

1曲目はシンセのクワイア音に始まりイングヴェイの“Rising Force”を拝借したリフが登場!
曲調はそのまんまのパクリ展開でニヤけさせられるがヴォーカルは個人的に苦手な
ヴォーカロイド
のように聴こえるがどうやら生身の人間の声を加工しているようだ・・・!
パフューム(香水作る人殺しの映画ではない)とかもこんな感じだしやはり違和感を覚えるんだが野郎シンガロング
顔を出すぞ!ギターソロも完全にRising Forceだ!(爆)だがベースソロ、ドラムソロも挿入されたりと
上手い事アレンジされており、何よりギターの音色が異様にリアルなのが凄いな!
2曲目はDRAGONFORCEを見事に拝借しており“Heroes Of Our Time”まんまコピーで展開する
疾走チューンだ!(爆)
打ち込みだがギターソロもやはり忠実に再現しておるのう・・・!
3曲目は勢いあるアグレッシヴなリフ、ストリングス、ホーンといったオーケストレーションも
顔を出すシンフォニックメタルでキラキラしたシンセ、リードギターも顔を出し疾走!この曲は
拝借元の無いアレンジでヴォーカロイド歌唱も珍しく違和感の薄いマトモさを出しており
技術の進化を感じさせるな・・・!4曲目以降はヴォーカル無しカラオケヴァージョンだ。


イングヴェイ、DRAGONFORCEの拝借フレーズがインパクトを放つ1枚である!まぁ一部で
こっそりとフレーズを取り入れて判る人間をニヤリとさせるのではなくヴォーカルパート以外
まんまパクって来ている
ためこれをわざわざ聴くぐらいなら原曲(メタルのほう)聴いたほうがいいやと
思わせられる
のが難点と言えば難点か!?終始調子っ外れで音痴にしか聴こえないヴォーカロイド(風)歌唱に激しく
違和感を覚えさせられるのもやはり気になるがまぁこれはヴォーカロイド声の宿命といった所か・・・!
3曲目はかなり違和感が薄くなっているが人間の歌唱として考えると線が細くお世辞にも上手いとは
いい難く
まだまだ技術向上の余地は見られるな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 69% お気に入り曲 れいじー言うなしwww







"Symphonic Poetry"




日本の打ち込みメタルミュージシャンによる4曲入りオリジナルミニアルバム。


アンパンマンのEMERALD SWORDアレンジで一気に知名度を獲得し、東方なぞに頼らずとも
(やっぱ人のカヴァーだけど)実力で(?)のし上がる事に成功した稀有なメタルミュージシャンによる
別名義時代の過去作だ!上記のシングルがやはりアニメ曲のカヴァーだったのに対しこっちは
どうやらオリジナルで勝負してきているようでヴォーカルパートがヴォーカロイドである事以外は
好感が持てるのう!(爆)
音楽的には当然のようにメロスピ、クサメタルスタイルが主体だが
笛、ストリングス、ホーン等と言ったオーケストレーションも多用したシンフォニックな
アレンジ
がインパクトを放っており打ち込みながらもなかなかに迫力ある音作りに成功している!

1曲目は笛、ストリングス等のシンセがシンフォニックな質感を放つイントロで続く2曲目は
大仰なホーン、ストリングス、ギターリフで疾走するRHAPSODY OF FIRE色濃いシンフォニックな
メロスピだ!
ヴォーカロイド歌唱はやはり違和感モッコリでどう足掻いても好きにはなれないんだが
曲は良い!明るめの雰囲気で飛翔系メロスピの要素も強いのう・・・!3曲目はモダン寄りの
へヴィリフ
が顔を出しダークなムードを醸し出しオーケストレーションも聴ける重厚でシリアスな曲。
一気に疾走し(打ち込みだが)速弾きを見せるギターソロも熱いぞ!4曲目はに始まりホーンと共に疾走!
民謡系のクサメロ
も顔を出しKORPIKLAANI、FINNTROLLと言うかTURISASのような曲調に仕上がっておる!
5曲目以降はヴォーカル曲のカラオケヴァージョン。


ヴォーカロイドこそ微妙なれどオリジナル曲でも問題なく高いクオリティーになっており
この方向性を崩さないのであればオリジナル一本に絞っても十分な活動成果が得られそうな
ハイレベルさを見せておる!カヴァー、アレンジも東方でカネ儲けに走らないのが好感持てるな(爆)。
カヴァーもアンパンマンみたいなネタ系で笑わせつつクオリティーでKOするスタイルを継続し
今後も邁進して頂きたいモンじゃて・・・!いつかアタック・オブ・ザ・キラートマトの曲も
やってもらいたいな(笑)。快楽音楽堂に強力なライバルが現れたと言えよう!
今後はせめてヴォーカルを生身のシンガーに変えて欲しいが(爆)。




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 全部







"EMERALD AN-PUNCH"




日本の打ち込みシンフォニックメタラーによる1stカヴァーミニアルバム。


先日のM3でゲットしてきたアルバムである!意外と知られていなかったんで
あとで周りにちょくちょく教えて回ったが、まぁそれはさておき
何と本作は日本が誇る超有名アニメーション、アンパンマンで使用された
主題歌などの楽曲を大胆にもシンフォニックメタルにアレンジしカヴァー、
クサメタラーを思い切りニヤリとさせる強烈なパンチを持ったアルバムなのだ!
かつてALI PROJECT風にアンパンマンの曲をカヴァーした曲があったのはマニアなら
周知
だしイギリスの日本びいきメロコアバンドSNUFFもカヴァーしていたが
ここにきてRHAPSODY OF FIRE風シンフォメタルとは・・・!元々アンパンマンの
主題歌はメロディーラインにクサさを感じさせ歌詞もジャリ向けアニメとは
思えないかなりシリアスな内容だったので意外とこういうアレンジ、カヴァーには
向いている
と言えるだろうがここにきてついに真打ち登場である!

重厚なストリングス、チェロ音どこかで聴いたようなフレーズを
厳かに奏でるイントロ
に続く2曲目はまさしくモロにRHAPSODY OF FIRE・・・
EMERALD SWORDなオーケストレーション、バンドサウンド
が登場するも
フレーズはアンパンマンの主題歌だ!(爆)アレンジもプロダクションも
意外としっかりしており、まぁキワモノではあるがショボさは無く
サビもクワイア風コーラスがそれっぽさを演出しヴォーカルはV系風の質感
残しているがどちらかと言えばJAM PROJECT風のジャパメタ要素も強く
なかなかの歌唱力があるのう!3曲目も壮麗なオーケストレーション、
アグレッシヴなメタルサウンド
で疾走するもヴォーカルはデスVoだ!
声質的には野蛮なダミ声風でどこかヴァイキングメタル的な部分もあり
ギターソロも速弾きで切り込みその後はブラストビートも炸裂する!
4曲目もギターとオーケストレーションで爆走するがヴォーカルは
ヴォーカロイドになり音楽性にはマッチしておらんのが惜しいが
バックのアレンジは良いのう!ギターソロはちょいとDRAGONFORCEっぽい
ピロピロした空気
もあるな。5曲目は死んだ魚みたいな目をした、ヴァイオリンを
腰で弾くオッサン
ボロい小屋から出てきそうなフレーズ、リズムで展開する
森の妖精クサさがプンプンのフォークメタルだ!(爆)ヴォーカルはダミ声ではなく
低音寄りで浪々と歌う感じでイメージは異なるがなかなかに面白いな。
6曲目以降はヴォーカル無しのカラオケヴァージョンが収録されているぞ。


一見してキワモノと侮る事無かれ!ヴォーカル以外はバンドサウンドも全て打ち込みだが
そういったショボさはほぼ皆無でギターもかなりリアルな音色で奏でられソロで
かろうじて打ち込みだと判るくらいプロダクションは良く、楽曲アレンジもまた
よく練られておりRHAPSODY OF FIRE等をかなり研究している感がありこれまた
チープさは皆無である!猫も杓子もやれ東方だ、HIGASHIKATAだと(爆)言う中
その他のカヴァーは貴重だと言う意味でも本作には価値があるだろう!
新人にしてはクオリティーが高い・・・と思ったら過去に別名義で何枚も
アルバムを出しており
キャリアは元々長いようだ・・・!ネタと侮らず
シンフォメタラーは十分以上に聴く価値があるぞ!





オフィシャルサイトで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 全部。特に“アンパンマンのマーチ - EMERALD AN-PUNCH -”







"疾鵠"




日本の打ち込みシンフォニックメタラーによるオリジナルミニアルバム。


打ち込みサウンドでありながらありがちなピコピコサウンドではなく派手な
オーケストレーション
を主体としたシンフォニックメタル、メロスピスタイルアニソンカヴァーをやったり
オリジナルをやったりして確かな実力を見せ付けるコンポーザー、にュウ氏によるプロジェクトが作詞担当である
和鳳氏とコラボして製作されたミニアルバムで、本作は全曲オリジナルとなっており音楽的にも
得意の大仰で壮麗かつクサいシンフォニックメロスピ、クサメタルをメインにちょいと毛色の違う曲
ちょくちょくと揃えており相変わらずアレンジ能力は高いのう・・・!ヴォーカルはヴォーカロイドなのが
苦手な人間にとっては残念だが音作りは打ち込みでありながらしかとした説得力があるぞ!

1曲目は早速のクッサイストリングスオーケストレーションで幕を開け大仰に疾走開始!
ヴォーカルはやはりヴォーカロイドなのが気になるがそれ以外は文句無くハイクオリティーな
シンフォニックメロスピ
に仕上がっておる!後半の優雅さを感じさせるオーケストラパート
良いのう・・・!2曲目はどこかラウンジに通じる穏やかでオシャレなピアノに始まりまったりと
展開
していくが途中から明るさを保ったまま疾走し軽快なシンフォメタルとなるぞ!オーケストレーションは
バロック系ともファンタジック系ともサントラ系とも違う、華やかなショウビズ
ムードがありブロードウェイで歌い踊るミュージカル的な空気が漂っているのも面白いな・・・!3曲目は
モダンかつノリの良いHM/HR然としたリフが聴けシンセワークもシンフォニックではなく
インダストリアル系電子音ライクな音色でアレンジされいつもとは異なる雰囲気
漂っているのう・・・!シンセソロも登場しピコピコ寄りの音色で速弾きを聴かせてくれるぞ。4曲目は
民謡ムード漂う笛、アコギ、パーカッションに始まりホーンと共に疾走開始!TURISAS辺りを思わせる
勇壮なアレンジが施されておりメロディーも実にクサい!5曲目はストリングス、ハープ系の音色
リリカルで叙情的なファンタジックムードを醸し出すメルヘンチックなバラードでメロディーもクサく
かなり良い出来
だけにヴォーカルがヴォーカロイドなのが実に惜しいわい!6曲目は北欧メタル系の
ストリングス、キラキラシンセ
で疾走する待ってましたの明るいメロスピチューンだ!途中のピアノも
華やかかつどこか憂いを帯びたメロディーを奏でておりセンスの良さを感じさせるのう・・・!
ボーナス扱いの7曲目はテープ逆回転荒くれたワイルドなリフ、ヴォーカルを乗せた
実験的(?)な曲だ。3曲目で聴けたようなシンセソロも聴けるぞ。


全編打ち込みでありながら実に壮麗で壮大なオーケストレーション、打ち込み臭の
極めて希薄なバンドサウンド
シンフォニックに疾走、これでヴォーカルが生の人間だったら
思わずにはいられないが曲の良さでまだ目を潰れるし何気にそこまで違和感まみれと言うほどではないんで
ヴォーカロイドを苦手とするリスナーの筆下ろしとして機能しそうな1枚と言えそうか!?
だがそれにしてもヴォーカロイドにはまだ違和感を覚えるが打ち込みのバンドサウンドにさほど
違和感を覚えずに済む
とは・・・!いい時代(?)になったものよ(爆)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 娯疾駆、迷響詩酔、愛を詠いますか?、百音色







"じゅうおん!!"




日本の打ち込みシンフォニックメタラーによる最新カヴァーミニアルバム。


全編打ち込み壮麗なオーケストレーションを纏ったシンフォニックメロスピ、
クサメタル
を聴かせオリジナル、カヴァー双方をプレイしカヴァーもありがちすぎる東方に走らず
それ以外の曲をチョイスしあのNUMBER GIRL、ASIAN KUNG-FU GENERATION臭プンプンの
和風中華メロにいい加減飽きを覚えているリスナーにも優しい仕様になっている!本作は以前にもプレイした、
あの慟哭ギターの名手、屍忌蛇氏が参加した事でメタラーの間でもその名を知られる
ロキノン系アキバ系アニメーション作品
の楽曲を有名メタルチューンのオマージュ満点でカヴァーした
野心的な1枚だ!また今回ヴォーカルは生でゲストシンガーが数名参加しさらにギターも
ゲストプレイヤーが弾いた生のプレイが収録された曲もあるぞ!

1曲目はいきなりのSEX MACHINEGUNSインスパイアでまんま“みかんのうた”だ!しかもご丁寧に
ライヴ風の音作りにしておりこの細かい拘りが最高である(笑)。ヴォーカルも生の人間の声
男Voがマシンガンっぽさを出そうと頑張っており好感が持てるのう・・・!2曲目はKORPIKLAANIの
オマージュサウンド全開
民謡ムード満載の疾走感を魅せるぞ!ヴォーカルは女性で舌っ足らずで
わざと下手に歌っているような媚び要素
があり好みは分かれるがヴォーカロイドではないから
まだマシ・・・かも知れない!?(爆)
サビは野郎シンガロングも聴け男臭さもあるぞ。
3曲目は前にもやったイングヴェイの“Rising Force”をまんま拝借した曲でヴォーカル以外見事に
完コピ
しているが前はヴォーカロイドだったのに対し今回は人間のヴォーカルである!
ギターソロも忠実にコピーしておりどうやらゲストプレイヤーが弾いている生の音のようだ。
途中からベース、ドラムソロも聴けこの辺は原曲に無い部分だな。4曲目は紅だーーーーーー!!(爆)
Xの有名曲“紅”をこれまたヴォーカル以外見事に完コピしておる!まぁギターソロは
無い
のだが・・・!ヴォーカルは気だるいムードを醸し出す女性ヴォーカルでこれまたどこか舌ったらずな
ムード
があるがメロディーはキャッチーだな。5曲目はDRAGONFORCEだ!“Valley of the Damned”の忠実な
オマージュでヴォーカルの最初の出だしまでもそんな感じだ(爆)。やはりこの曲は良いのう・・・!
そして無音の6トラック目を挟み7曲目以降は本作収録曲および過去曲の別テイクが大量に
収録されており大盤振る舞いのボーナスである!11曲目はチルボドインスパイア
呻き声のようなデスVo“NEEDLED 24/7”臭プンプンのアレンジナンバーをシャウトしておるのう・・・!
それにしても一体何曲Rising Forceを聴けばいいのだ!?(爆)


シリアスなオリジナルと異なりオマージュ満点・・・というかほぼ完コピな仕上がりになっており
アニメ曲とメタル曲、どっちを原曲を言ったらいいのか判らんほどである!(爆)これが並程度の
センス
だったら「これなら原曲(メタルのほう)聴いたほうがいいや」ってなる所だが本作は
メタル愛と妙なセンスの良さで個人的にそういう感情が湧いて来る事は無い!やはり音作りが
丁寧でただの劣化コピーに成り下がっていない
所がそう思わせる要因だろうか・・・!?
何はともあれやりすぎなコピー振りが微笑ましい、アニメファンにも、メタルファンにも
嬉しい(?)アルバム
になっていると言えよう!清々し過ぎるほどの拝借振りである!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 全部







"旋律的疾走重金属++"




日本の打ち込みシンフォニックメタラーによる過去作を纏めたアルバム。


オリジナルもやりつつありきたりな東方には手を付けず面白チョイスハイクオリティーの
メロスピ、シンフォニックメタルアレンジ
をプレイし快楽音楽堂と並び同人メタルアレンジ界の
良心
と言いたくなるプロジェクトの過去作を纏めたアルバムで、まだ別名で活動していた頃
“旋律的疾走重金属”“Symphonic Poetry”なる2枚のアルバムをリリースしていたのだが
本作はこの2枚の曲をリマスタリングし1枚に纏めたアルバムである!“Symphonic Poetry”
ほうはうちでも上のほうでレビューしているが“旋律的疾走重金属”は未聴のため
そっちの曲のほうをメインで今回は紹介したい!

1、2、4、11曲目が“Symphonic Poetry”の曲でヴォーカルこそヘナチョコな
ヴォーカロイド歌唱
ガッカリなんだが(爆)曲自体はシンフォニックに盛り上がる
非常にクオリティーの高いメロスピ
人間が歌ってくれていたら最高なんだが
高望みは出来んな・・・!3曲目はシンフォニックな中にストロングなバンドサウンド、
電子音
も顔を出しやはりヴォーカルパートはヴォーカロイドによる違和感丸出しの
なんだが曲自体は勇壮さを感じさせる良質のアップテンポメロディックメタルである!
5曲目はシンフォニックなストリングスが聴けSEX MACHINEGUNSの拝借リフから疾走!
相当過去の曲のようで音作りやアレンジ等はまだこなれていない感じがあるもストリングスの
オブリ
流麗さを見せているな・・・!6曲目はノイジーなリフ、軽快なドラム、シンセが顔を出し
これまたシンフォニックさのあるメロスピとなり明るめかつ勇壮なムードが漂っておるのう!
7曲目はキラキラしたシンセリリカルなクサさを放ちヴォーカロイドがツインVo体制となり疾走!
8曲目もこれまた出だしから爆走しまくりのメロスピでシンセも目立ちどこか北欧ライクなムードも感じさせるな・・・!
9曲目はシンフォニックなストリングスキラキラシンセが舞いこれまた疾走!
シンセフレーズがどこかクラシカルなムードも醸し出しておりホーン系の音色勇壮かつ
どこか明るいムード
も放っておりサビはクサいぞ!中盤はシンフォニックになり
ストリングスが哀愁を纏わせファンタジックな空気を醸し出しておるな・・・!10曲目は9曲目の
別ヴァージョン
で結構アレンジも違って来ているか!?ちなみに13トラック以降
カラオケヴァージョンが収録されているが16曲目はシークレット曲で非常に珍しい
スローテンポで淡々としたダークなムードを醸し出し17曲目はモダンさを見せつつブラストで爆走!
非常にエクストリームなアレンジを見せておりシンフォニックブラック的な
フィーリング
を内包しながらインダストリアルでもあるぞ!


バンドサウンドは打ち込みでやはり生の音と比べると違和感を覚えるんだがそれ以上に
ヴォーカロイドの音が非常にヘナチョコで個人的に相当厳しいわい!
曲自体は実に質の高いシンフォニックメロスピとなっているんでこれさえ無ければ・・・
人間の歌唱だったら相当に化けそうなだけに実に惜しいのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 全部







"MADE IN AKBN"




日本の打ち込みシンフォニックメタラーによるヴォーカロイドミニアルバム。


人間のヴォーカルネタカヴァーを行い、ヴォーカロイドオリジナルをやり
バンドサウンド、オーケストレーション
インストゥルメンタルパートは全て
打ち込み
だが非常に高いクオリティーのメロスピ、シンフォニックメタル
聴かせてくれるプロジェクトのヴォーカロイド使用オリジナルメタルである!本作は結構
幅広い仕上がりになっておりキラキラシンセのメロスピ、硬派なメロパワもあるが
正統派色濃いストレートなパワーメタルモダンへヴィネス、インダストリアル色濃い
へヴィチューン、デスラッシュ系のアグレッシヴな爆走曲、
さらに場違いなポップ寄りの曲等が
収録され全体的にシンセに頼らない硬派で剛直なリフワークが楽しめる仕上がりになっているぞ!
だがそれ故に完全打ち込みのバンドサウンド、ヴォーカロイドによる腰の入っていない
違和感丸出しヘナチョコ音
が実にマッチしておらんのう・・・!(爆)

1曲目は早速正統派メタル然とした勢いあるカッコいいリフが登場!まぁやっぱ
打ち込みでヴォーカルはヴォーカロイドによるものなのだがシンフォニックではなく
疾走感ある正統派メタルとして質の高さを見せ付けておる!2曲目はうって変わって
キラキラしたシンセを聴かせ疾走する北欧ライクなメロスピになるぞ!ソロパートは
シンセが派手に舞い実に煌びやかでソロもシンセがメインである!3曲目はモダンな
へヴィさを見せるリフ
が聴けヴォーカロイドは低音でさらに機械的になりもはや完全に
エレクトロニカ系の電子音シンセ
と化し逆にインダストリアルとして違和感が
無くなっている
か!?4曲目もモダンさを持っているが今度はスラッシーに疾走!
ブラスト
も聴けデスラッシュの領域に足を突っ込んでおるわい!5曲目はギターがまるでRIOTの
“THUNDERSTEEL”みたいなリフ
を奏で疾走!シンセに頼らないストレートな
メロパワ色濃いファストチューン
である!6曲目はちょいとポップな軽快さを見せるアップテンポ曲で
これまでは硬派で攻めていたがこの曲は軟派さが出た感じだな・・・!まぁリフはスラッシーさが
ある
のだが・・・!7曲目以降はカラオケヴァージョンだが13、14曲目は
シークレットトラックで前者は過去曲(の別ヴァージョン?)で後者は何と有名童謡
“森のくまさん”の疾走メタルヴァージョン
が収録されておる!熊さんといっても
毛むくじゃらの巨漢のオッサンによるホモDVDではない(爆)。


クサさ最優先のメロスピ、クサメタル、シンフォニックメタルであれば打ち込みの
バンドサウンド
はまぁまだかろうじて許せよう・・・!だが本作のようなバンドサウンド
勝負をかける正統派メタル、モダン系メタルだとやはりこの打ち込み音は何か違うような
気がするんだが、ヴォーカロイドの違和感モッコリ状態に比べれば些細な問題であろう!
俺はメタルヘッズじゃ!紙やモニターに描かれた春画セックスアピールを求め白き情熱
迸らせるギーク野郎でもなければ機械的な打ち込み音を求めるエレクトロニカ畑
リスナーでもない!生身の人間によるタフな情熱が欲しいんじゃ!(爆)まぁ曲はいつものように
高品質でメタラーであれば満足出来るレベルに余裕で到達しているんで打ち込み、ヴォーカロイドが
許せるメタラー
であれば聴く価値は十分以上にあるぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 トラウマブレイカー  聖剣  Explosion  漆黒のメサイア







"嵐を呼ぶSM SHOW"




日本の打ち込みシンフォニックメタラーによる2ndカヴァー/アレンジミニアルバム。


アンパンマンのシンフォニックメタルアレンジ“EMERALD AN-PUNCH”でシーンを見事掻き回した
電子音響音楽応用解析研究所が新たなネタカヴァーで帰ってきた!本作は誰もが知る
国民的コミック/アニメ作品、クレヨンしんちゃんの楽曲を再びメタルにアレンジし
カヴァー
した最高のネタアルバムである!最近のアキバ系ジャパニメーション
全く知らんし興味も無いがこういうアニメなら流石の俺も知っておるわい!(爆)
“EMERALD AN-PUNCH”同様本作も高い技術でバカをやる姿勢非常に熱く
好感持てる
仕上がりになっているぞ!オリジナルではヴォーカロイドを使いどうにも
違和感丸出しだったがEMERALD AN-PUNCH同様ヴォーカルは生身の人間
(俺みたいな)ヴォーカロイドを苦手とするリスナー問題無く楽しめるぞ!

1曲目はクレしんまんまなSEに始まり曲名通りSONATA ARCTICAの“SAN SEBASTIAN”
彷彿とさせる北欧キラキラメロスピなんだが・・・ヴォーカルがパンク系の下手糞系ダミ声
曲にまったくマッチしておらずそこがガッカリである!(爆)折角ヴォーカロイド
じゃない
んだからもっとちゃんと歌えるシンガーを呼んで頂きたかったわい!2曲目は
ストリングスシンセが顔を出しシンフォニックな様相を醸し出しこのヴォーカルはキチンと
歌えており好感が持てる
のう・・・!曲調はまるで仮面ライダーのようなヒーローソング臭丸出しである!
3曲目はこれまたシンフォニックかつキラキラしたシンセも顔を出し疾走、ヴォーカルは妙に
中性的な声質
をしており歌謡曲的なメロディーナヨナヨと歌うぞ!4曲目はこれまた
シンフォニックなシンセと共に疾走しまるでEQUILIBRIUMのようなヴァイキングメタル風になり
ヴォーカルは噛み付くような高音吐き捨てデスVoで弱さはあるがなかなか説得力はあるか!?
短くあっという間に終わるのが勿体無いのう・・・!5曲目は何とシンフォニックブラックだが
ヴォーカルがなぜか早回しを交えた下手糞クリーンVoでやはりどうにも違和感丸出しじゃのう・・・!
アレンジは良いのでなぜヴォーカルをマジメにやらないのか・・・!6曲目は恒例となった感のある
KORPIKLAANIの“WOODEN PINTS”丸々拝借で(爆)やはり死んだ魚みたいな目腰で弾く
ヴァイオリニスト
ボロい小屋から出てくるシーンしか思い浮かばんわい!(笑)これ以降は恒例の
カラオケヴァージョン、
さらにシークレットトラックもあるぞ。


“EMERALD AN-PUNCH”に続くネタカヴァー第2弾でやはりクオリティーは高く
面白い
がどうしてもあっちと比べると二番煎じ的なムードが感じられるんだが
やはり1曲目の印象が悪いのが原因だろう・・・!他の曲はちゃんとしたシンガーが参加しているだけに
どうして1曲目のヴォーカルがああなってしまっているのであろうか・・・!トニー・カッコだって
決して上手いシンガーじゃないしああいう感じの北欧メタル系シンガーは見つからなかったんだろうか!?
シンフォブラックの5曲目もそうで、こういうネタカヴァーは最初からネタ、ギャグであるが故に
演奏とかヴォーカルとかをちゃんとしなければならないのではないだろうか!?
実力あるコミックバンドは皆揃って演奏スキルが高いのと同じである!高い技術で
バカをやる
からこそそのギャップで面白味が生まれるのだ!ヴォーカルにも高いスキル・・・
とまでは言わんからせめてマトモに歌えるシンガーを使って頂きたいものじゃ・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 TMA (The Mask of Action)  DO-して KO-なった  死狼







"タイプ:でんき・はがね"




日本の打ち込みシンフォニックメタラーによる3rdカヴァー/アレンジミニアルバム。


カヴァー、アレンジプロジェクトでありつつも流行りの東方に背を向けて独自の
アレンジ
を追求する一方でヴォーカロイド等を使ったガチのオリジナルメロスピ
プレイする、快楽音楽堂に続く実力派ネタカヴァープロジェクトの最新アルバムだ!
本作はアンパンマン、クレヨンしんちゃんに続くネタカヴァー第3段として何と
発作起こすアニメとして海外でネタにされまくりの有名アニメ、
ポケモンの楽曲をブチ壊しにきた!(爆)ポケモン!英語で言う所の短小チンポ!
俺はサウスパークの日本未公開の回“チンポコモン”をどうしても思い出してしまうが(爆)、
実はポケモンのテーマ曲はかつてトニー・カッコPOWERGLOVEゲスト参加して
歌っていた
事は一部でも知られているか・・・!?

1曲目はいきなりのドライヴしまくりのギターアグレッシヴに始まりつつまんま
SEX MACHINEGUNSなムードを放ち中々に説得力あるメタリックなシャウトも登場!
アレンジはまさにSEX MACHINEGUNS拝借しまくりでヴォーカルも細かい歌い回しは
強引さ
があるも勢いで押していくタイプ上手くはないが悪くもないぞ!
中盤でミドルテンポになりつつどこかノリの良さを見せそしてギターソロに突入、
相変わらず打ち込みのようだがかなりリアルな音作りを見せているのう・・・!
SEX MACHINEGUNS曲を3つほどメドレーのようにブチ込んでおり後半のダミ声セリフ
どこかオーケンっぽいか!?2曲目はインスト妙に明るいピアノで始まりノイジーかつ
どこかロックンロール的なリフが聴け軽快に疾走!それでいてヴァイオリンシンセ
顔を出し妙にクサいフレーズを奏で始めるのう・・・!優雅さがありつつもどこか
フォーキッシュなムード
もあるか!?3曲目は何とSONATA ARCTICAだ!“WOLF & RAVEN”
まんま拝借しているがやはりヴォーカルが弱めだな・・・!女性Voも顔を出しコミカルで
間抜けなムード
を出しておりミスマッチだが面白いか!?4曲目は緊迫感あるシンセ、
ギターリフ
が聴けそしてどこかFFっぽいホーン系シンセも顔を出し疾走!勇壮なムード
漂っておりいかにも戦闘曲って感じじゃのう!5曲目は恒例となった“WOODEN PINTS”丸々拝借
ヒッタヴァイネンのヨレヨレな勇姿が脳裏に浮かびヴォーカルはデスVo風の低音だが
女性Voも顔を出しフォーキッシュで怪しいムードを出しておるのう・・・!6曲目以降は
ヴォーカル曲のカラオケヴァージョンだが9、10曲目はノリの良いサウンドをバックに
モヤモヤさまぁ〜ず風(?)ネタ的メンバー紹介が聴けるぞ。


俺はポケモンは例によって一切知らず発作起こすアニメのネタに使われた
ザ・シンプソンズ“戦闘ロボット シージャー”サウスパーク
“チンポコモン”しか知らないんだが本作はネタアルバムとしてもHM/HRアレンジ
アルバムとしても良質の仕上がり
を見せておりSEX MACHINEGUNS等のオマージュ
堂に入ってきた感があり打ち込みのプロダクションも向上しておる!コレ聴いてキミも
チンポコマスターになろうぜ!アラバママン!ボーリングばっかやって
ビール飲みカミさんがうるさい事言ってきても黙れビッチと一発ブン殴って
一発ヤって一晩寝ればすっかり忘れるアラバママ〜ン!

「俺、大人になったらアラバママンみたいになりてぇ」

※全てのアラバマの男性がこういう訳ではありません。





オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 全部







"LIVE!! Final Attack at M3"




日本の打ち込みシンフォニックメタラーによる4thカヴァー/アレンジミニアルバム。


オール打ち込み大仰かつクッサイシンフォニックメタル/メロスピをプレイ、
オリジナルもやるが売れ線に走らず真に面白いカヴァー/アレンジで我々好き者の
ツボ
を毎回毎回見事に突いてくる隠れた実力派プロジェクトによる最新アルバムは
何と擬似ライヴ形式になっており、カヴァー曲も今回は何と80年代に幼き日々を
過ごした我らオッサン達の郷愁、
任天堂のゲームの楽曲をアレンジしておる!
花札に始まりマリオやらドンキーコングやらチンポコモン・・・もといポケモンやら
何やら、まぁ俺はポケモンは知らんが(爆)マリオとかは当然知っておる!さながら本作は
耳で聴くゲームセンターCXと言った所だろうか!?

1曲目は怪し気なクリーンギター歓声で幕を開け打ち込みだが泣きのギター
顔を出し哀愁を放つライヴの幕開け的ムード満点のイントロで続く2曲目は
モロにSEX MACHINEGUNSなサウンド勢い良く爆走!煽りもそんな感じで熱く
前作の曲の擬似ライヴポケモン曲のアレンジとなっておりやはり
SEX MACHINEGUNSオマージュアグレッシヴなパワーメタル振りを発揮しておる!
3曲目は世界中の誰もが知るスーパーマリオの楽曲であのお馴染みのフレーズ
どこかホーンっぽい音色のシンセで奏でアグレッシヴに爆走!一部でブラストビート
飛び出すが音作り自体は非常にコミカルじゃのう・・・!4曲目は煽りのみのSEで5曲目は
カービィーのカヴァーでやはり俺は知らんが(爆)ポップな印象を放つ軽快な曲に
なっており
ヴォーカルもマイルドな歌唱を見せるが疾走もするぞ。6曲目は
メロウな哀愁を放つクリーンギターで始まるもその後はシンフォニックさ
放ち疾走開始!キラキラチェンバロも顔を出し実に大仰じゃのう・・・!
CMソング
で有名になった“ピクミン”の曲だが勿論俺はゲームのほうは知らん(爆)。
7曲目は一転してモダンさのあるリフメロデス、メタルコア的なハモリを見せ
アグレッシヴに疾走!原曲は知らんがインストのメタルコアとして良質
ギターも打ち込みなのに説得力あるのう・・・!8曲目は毎回恒例のKORPIKLAANI・・・
“WOODEN PINTS”アレンジ
マリオフレーズに始まりドンキーコングやら
ゼルダやら、ようやく俺も知ってる有名フレーズメドレーで顔を出し胸を熱くさせてくれるぞ!


我らオッサンの郷愁と上記しておきながら正直本作で俺が知ってるのはマリオだけなんだが(爆)
それはともかくヴォーカル以外は完全打ち込みながらも擬似ライヴとして盛り上がりを見せており
ヴォーカルもマイルドさはあるがなかなかにHM/HR色濃い歌唱を披露しておる!MCの煽りもメタル的で
実に熱いぞ!
打ち込みなんで不可能ではあるがライヴ観てみたくなるな(笑)。




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Pokemon  Mario Brothers  Pikmin  Ness  All Star







"DraemonForce"




日本の打ち込みシンフォニックメタラーによる5thカヴァー/アレンジミニアルバム。


高度なスキルでバカをやる姿勢が愛される、アンパンマンのシンフォニックメタルアレンジ
話題を呼んだ実力派アレンジプロジェクトによる最新作である!本作はアルバム名で判る通り
何と我らがジャパニメーションのゴッド、アメコミで言う所のキャプテン・アメリカ、映画で
言う所のスターウォーズ、HM/HRで言う所のJUDAS PRIEST的存在であるドラえもんの楽曲
DRAGONFORCE的なアレンジで見事に料理しておる!ちなみにどうでもいいが個人的に
アンパンマンアメコミで言う所のアイアンマンだと思うぞ。色がだけどさ(爆)。

1曲目は厳かさのあるストリングス叙情的なシリアスさを演出、ソプラノスキャットや
ホーン
も顔を出し大仰さを放ちつつも聴き覚えあるドラフレーズを連発するイントロだ!
2曲目はアルバム名、曲名が示す通りのDRAGONFORCEライクなメロスピチューンとなるも
バックではオーケストレーション映画のサントラ的なシンフォニックさを演出、
続いて昔のYAMA-B氏に近いタイプの勇壮な男Voが登場、ドラえもんの主題歌メタリックに
朗々と歌い上げており
実に面白い!(爆)ギターソロもまたDRAGONFORCE風である!
3曲目は勇壮さ溢れるホーンがご存知ドラえもん界のダース・ベイダー、マグニートー的
ヴィラン、ジャイアンのテーマフレーズ
を奏で何と女性ソプラノVoが歌い上げておる!
へヴィリフも途中顔を出すが
まるでNIGHTWISHのようなアレンジが施されているぞ!
4曲目はまた大仰なオーケストレーションが聴けるも、今度はシンフォニックブラック
ような禍々しい雰囲気を放ちスローテンポで重厚に展開、ヴォーカルはキーの低い男クワイア
これまた御馴染みドラえもんの別のテーマソング邪悪に歌い上げておる!
5曲目は穏やかなストリングス、フルート叙情性を放ちエモーショナルな男女ツインVoが登場、
まるでディズニーのミュージカルのような雰囲気を放つシンフォニックなバラードである!
オペラティックな盛り上がりがまた良いのう・・・!この後はヴォーカル曲の
カラオケヴァージョン
が収録されているぞ。


相も変わらず東方ばかりがシーンに乱立する中、ひたすらそれに背を向けて我々好き者の
琴線に触れるカヴァー、アレンジ
を聴かせてくれる、まさにアレンジ系同人メタルの良心と
言えそうなスタイル
は本作でも健在!シンフォニックさを見せつつもDRAGONFORCEライクな
メロスピ
NIGHTWISHばりのフィメールシンフォニックメタル、果てはスローテンポの
邪悪なシンフォニックブラック
まで大仰さを主軸としつつも様々なアレンジで
面白おかしくもマジメにプレイしておる!
どうやら本作で電子音響音楽応用解析研究所としての
活動は終焉らしく激しく落胆したが、どうやら今後は名義を変えて普通に活動を
続けるようなので一安心である!
これからもまた笑えつつ本気でカッコイイ
メタルアレンジ
を聴かせて頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system