Demetori






"スーパーレゲー"




日本のインディーズプログレミュージシャンの企画アルバム。


バンドではなくドラマーとギター、ベース、シンセその他を操る
マルチプレイヤー
が中心で、本作はそれ以外に数人のゲストミュージシャンを
迎えてつくられたアルバムだ!

昔懐かしいジャケ、タイトルを見れば分かるとおり、昔のファミコン等といった
レトロゲーム、すなわちレゲーの曲のカヴァー
で締められた
企画盤だといえる。懐かしいと思える人も多いだろう。
俺もファミコン世代だ!しかし収録曲のほとんどは知らない(笑)。
そんなに多くのゲームはやっていなかったからな・・・。

音楽的にはメタルではなく、70年代のプログレ・・・とりわけユーロプログレの要素が強く、
メタラーではなくコアなプログレッシャーに歓迎されそうな音だと言える!俺はメタラーだが
ユーロロックも大好きなのでこういう音は下手なプログレメタルよりずっと好きだな!
まさにメロトロンまみれ!インディーズ特有の音質の悪さも逆に70年代っぽさを
演出
していていい感じだ(笑)。演奏技術もなかなかのものがある。

もとはゲーム曲ということもあって1曲1曲はプログレらしからぬ短さだが収録曲は30曲におよび、
収録時間は70分以上にもおよぶ!個人的には後半少しダレたな・・・。

アコギがクラシカルかつメロウなクサフレーズを聴かせる4、同じくクラシカルな10、
どこかダークな雰囲気を放ちつつもチャーチオルガンがキャッチーなメロを奏でる22が
個人的に気に入った曲だ!あと23曲目の“トランスフォーマー コンボイの謎 「1面BGM」”は
原曲こそ知らないもののこのゲームの悪名は耳にしていたので
超笑えた!
原作を知る者ならもっと爆笑できるだろうな・・・(笑)。

彼らは他にもプログレメタルスタイルの“UI-70”とコラボして1枚アルバムを
リリースしている。そっちのほうはUI-70の色が出たメタルサウンドなので
あっちのほうでレビューしている。興味があったら見てくれ!

これ聴いて思ったのだが何気に昔のファミコン、特に任天堂のゲームのBGM
今にして思えばかなりプログレしてなかっただろうか!?スーパーマリオの
地下の面のBGMはベースオンリーで変拍子バリバリだし
他にもPFMやバンコみたいな曲けっこうあったよなぁ!?
ガキの頃はまったく気にしていなかったことを大人になって再確認し新たな発見をするってやつを
まさかゲームBGMとプログレでするとは思っても見なかったぜ(笑)。


シンフォ系ユーロプログレが好きな人におすすめできる。音は完全にプログレだ!
個人的には10分超えの大作を配したオリジナルアルバムをつくって欲しい!完全に懐古主義で
真新しさの欠片も無いがあのころを知るプログレッシャーになら
きっと受け入れられるハズだ!と思う・・・。



満足度 74% お気に入り曲 アクトレイザー「人類の誕生」、大魔司教ガリウス「ダンジョンBGM」、大魔界村(AC)「1面BGM」







"曼衍珠汝華 〜 Nada Upasana Pundarika"




日本の超テクニカルプログレメタラーによるカヴァーアルバム。


かつてはメタルではないユーロプログレをやっていたがそれも
昔の話、今はテクニカルなプログレ要素を濃く導入した
超本格的なメタルをプレイしており、ここ最近の彼等のアルバムが
マニアックなメタラーの間でやたらと評判がいいんだが個人的にとっくに
聴き飽きて久しい上海アリス幻樂団カヴァーという事で
なかなか手が伸びなかったんだが、今回は何と8弦ギターを導入し
超本格的なエクストリームメタルを演っているという事なんで
久々に手を出してみたというわけだ(笑)。

1曲目からもろMESHUGGAHなゴリゴリの機械的なポリリズムヘヴィリフ
登場しそのバックに琴みたいな音も聴け疾走!ギターフレーズは
やはり聴き慣れた(飽きた)上海アリス幻樂団フレーズだが非常に
アレンジの質が高い!2曲目もゴリゴリなヘヴィさを持っているが
どこかドゥーミーながらもノリの良さを感じさせるのう・・・!
3曲目は王道のモダンなデスメタル風のリフに上海アリス幻樂団らしい
クサメロ、キラキラしたシンセが聴ける曲だ!4曲目も疾走曲だが
今度は緊迫感あるシンセが目立ちリフも実にテクニカルだな・・・!
ギターソロが聴き所じゃのう!5曲目はゴリゴリのモダンリフにKagrra.
思わせる煌びやかな和の雰囲気を持ったシンセが聴け
疾走リズムはメロスピ風の、へヴィだが本作の中ではさほど重さを
重視していない
曲だ。6曲目もゴリゴリなリフが聴けつつもやはり
メロスピ寄りの疾走感を持った曲である!スペイシーなシンセ
リフを奏でギターも16分刻みでその上をリードギターが流麗に舞う!
ギターソロもやはり熱いぞ!
7曲目は明るめのリードギター、デジタル音
聴けるアップテンポのへヴィチューン。モダンながらプログレメタルの
感性
があるかも知れんのう・・・。ギターソロはもろプログレメタル
かなりのテクニカルプレイだ!8曲目はシンセが妖しい雰囲気を放ち
轟音リフがアトモスフェリックさを演出するISIS、envy辺りの流れを汲む短いポストメタル。
9曲目はエコーのかかったクリーンギターらしき音にヘヴィリフが混ざりアップテンポになり
リードギターが勇壮なフレーズを聴かせるモダンながら比較的ストレートな曲調だ。
だが部分部分でリフがかなり複雑な変拍子を弾きやはりテクニカルである!


正直言って上海アリス幻樂団である必然性が感じられないほどに
本格的なラウドさを放つエクストリームメタルをプレイしており
演奏技術が高度なのは勿論、プロダクションも良好で普通に海外の
バンドと比較しても劣る事の無いマジなデスメタルが堪能できるぞ!
このスタイル、アレンジ、演奏でオリジナルを・・・と言いたい所だが
それだと他のデスメタルと大差なくなってしまうのだろうな・・・!
個人的にはせめてかつての“スーパーレゲー”のように昔のゲームでも
何でもいいんで上海アリス幻樂団以外をやって欲しいんだがやはり
最も需要がある(売り上げがある)のがコレなんでなかなか他の
選択肢には手が出ん
のじゃろう・・・!(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 平安のエイリアン 〜 Crazy Xenomorph、
少女さとり 〜 Innumerable Eyes、少女が見た日本の原風景 〜 Dance of puNDarika、
感情の魔天楼 〜 World's End







もどる


inserted by FC2 system