D機関







"羅刹國"




日本のシンフォニックゴシック/様式美クサメタルプロジェクトによる2ndアルバム。


黒夜葬、Vermillion-D Alice Syndromeの中心人物による新たな別プロジェクトの
通産2作目のアルバム
で、アルバム名“羅刹國”なんてまさにDIR EN GREY以外の
何者でも無いタイトル
なんだが(爆)、音楽的にはDIR EN GREY要素はあまり無く、
さらに東方をシーンから駆逐したKANCOLEなるゲームか何か?のアレンジのため
サウンドトラック色がかなり強く、得意のキラキラチェンバロが無くストリングス、
ピアノ、ホーン
が主体で大仰なシンフォニックさを放っており、曲展開もなかなかに
凝っており
我々が普段映画で耳にするようなオーケストラシンフォニックメタルに
アレンジしている
かのような印象があるのう・・・!

1曲目は早速ダークな退廃ムードを放つシンフォサウンドヘヴィサウンドも登場、
カオティックなピアノも顔を出しこういう部分は近年のDIR EN GREYに近いだろうか!?
ストリングス等なかなかにクサくクラシカルな絡みを見せているのう・・・!2曲目もストリングス
モダンなバンドサウンドが聴けダークなシンフォニックさを演出、リードギターと共に
疾走感も見られ勇壮なホーン系の音色も顔を出すぞ!3曲目もまた大仰なホーンに加え
チャーチオルガン
も登場、だがリズムはデジタル系の打ち込みインダストリアルな空気を
醸し出しておりメタラー視点では賛否分かれるだろうか!?4曲目はストリングス、ピアノに
ギターリフ
カオティックさを放ちさらにデジタルサウンドも登場、中盤は色々なバンドが
よく使うクサいフレーズ
が聴けるもその後のシンフォアレンジいかにもサントラって感じだな・・・!
5曲目はかなりカオティックで怪しげなピアノ、ホーン、ギターフレーズが聴けるも、
またシンフォニックなサントラムードを醸し出しており、6曲目はチャーチオルガン、クワイア
幕を開けピアノ、ヘヴィサウンドも登場しリードギターと共に疾走!7曲目は怪しげなピアノに続き
ストリングス、ホーン、オルガンが大仰さを演出、続いてバンドサウンドが登場しどこか
FLESHGOD APOCALYPSEに通じるムードがあるかも知れんが、ピアノフレーズ
ちょいと和の印象があるだろうか!?中盤はまた大仰になりつつシンフォニックさも見られるのう・・・!
8曲目はかつての東方で見られたようなNUMBER GIRL、ASIAN KUNG-FU GENERATIONライクな
和っぽいフレーズ
が目立っており、9曲目はカオティックな不協和音ピアノ、ストリングス
ヘヴィなバンドサウンドが登場するも、勇壮なホーンも自己主張しておりシネマティックじゃのう・・・!
8曲目と同じようなギターフレーズも目立っているな。


これまでの黒夜葬、Vermillion-D Alice Syndromeで見られたダークな様式美シンフォニックメタル
基盤としつつも、サウンドトラックモノのアレンジのためかシンフォアレンジそんな感じの
大仰なムード
を演出しており、これまでの弱点であった金太郎飴状態が幾分か解消されており
インストのドラマティックなエピック様式美シンフォニックメタル
として楽しめるのう・・・!
東方を完全に終わらせ天下取りに成功したKANCOLEなるゲームか何か?のアレンジで、東方同様そのうち
飽きてウザくなる
だろうが今の所はまだ新鮮味があるし、音楽的にもチャラいインチキ中華
和風フレーズでクドさの強かった東方
と違ってエピックな大仰さ、勇壮さがあり個人的には
こっちのほうが好み
じゃのう・・・!アキバ・ナード界隈における2014年の流行はコレらしいが、
俺はアキバ系に興味無いんで“アナと雪の女王”のほうが好きだけどな(爆)。




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Nox System  Lucid Dreamer  Newborn
Lycoris Radiata







もどる


inserted by FC2 system