DRAGONLANCE






"EDGE OF DARKNESS"




日本のメロスピバンドの3rdシングル。


最近の日本は良質のバンドが次から次へと現れているっていうのは事情通なら誰もが知ってる事だろう。
個人的にはイタリア、北欧と並んで注目の地なのだがここに紹介するドラゴンランスも
そんな日本が生んだ有望なバンドだ!

これまでにも2作シングルをリリースしているのだがこれを書いている段階で俺はまだ未聴。
本作で初めて彼らの音に触れたのだがこれが実にハイクオリティーな
仕上がりで満足
できたぞ!音的にはエピックな要素も持っているが
シンフォニックというよりはメロスピ的な要素が強く、
ここで聴けるメロディー、展開は
やはり日本人の琴線に激しく触れるものだろう!
2曲入りだがどちらもキラーで満足だ!
ストラトヴァリウス、ソナタアークティカの流れを汲む
疾走感に満ち溢れたメロスピチューン“EDGE OF DARKNESS”、エピック的要素が強い
有名ファンタジー映画を題材にした“LORD OF THE RINGS”ともに名曲と言っていいだろう!
音質はやはり軽いが曲の良さで気にならないレベル。演奏はなかなか。ヴォーカルも歌えてるほうだと思う。


ミンストレリックス、マスターピースに続く国産クサメタルの有望株だ!
フルアルバムが聴きたいぞ!




満足度 68% お気に入り曲 全部






"CHAPTER OF SKYLAND"




日本のシンフォニック/メロディックスピードメタルバンドの7thシングル。


かつてメロスピ、クサメタル一大ブームを巻き起こしていた時期から活動を続け
シングルをちょくちょくリリースしてきた日本のメロスピバンドによる通算7作目の
シングル
である!全5曲入りだがそのうち3曲がオーケストラによるインスト
メタルチューンは2曲のみで過去曲のリメイクも含まれておりメロスピとしての要素
キープしつつ大々的にシンセオーケストレーションを取り入れシンフォニックメタルとして
生まれ変わった姿を見せ、さらに店舗購入特典小説まで付属しており最近のファンタジックな
クサメタルバンド
に通じる要素満点だが歌詞は当然全て英語で語りもほんの僅かしかなく
よくあるギーク、ナードに媚びたアキバ要素が一切無く海外のファンタジー要素
持っているのが(そういうのに興味無い人間にとっては)嬉しいのう・・・!(爆)

1曲目は打ち込みシンセっぽさが強いが壮大なオーケストレーションが盛り上がり
ファンタジックなムードを演出、続く2曲目は早速ギターがピロピロと速弾き
開始しオーケストレーションをバックにシンフォニックメタルとして進化した姿で
ドラマティックに展開しヴォーカルもハイトーンで切り込み勢い良く疾走!
キラキラシンセ
も部分的に顔を出しバンドサウンドもなかなかに熱く中盤では
ストリングス、笛、チェンバロによるシンフォニックなパートも聴けその後は
エピック要素を感じさせギターソロはテクニカルかつ劇的なプレイじゃのう・・・!
3曲目は打ち込みのクワイア重厚さを見せる短い繋ぎで4曲目はこれまたギターが
ドラマティックさを演出しストリングスをバックにポジティヴなムードを出し疾走、
いかにもファンタジックな空気を感じさせる明るめの曲かなりの高音で歌う
ヴォーカル、流麗なギターソロ
が聴き所だな・・・!ラストはベースもタッピングを
見せるぞ!
5曲目はストリングス、クワイア穏やかなムードを醸し出すインスト。


プロダクションはまだ軽さがあるもそれが逆にメロスピ、クサメタルらしさ
出しておりヴォーカルのハイトーン振りもまさに往年のクサメタル臭プンプンで
嬉しくなってしまう
のう・・・!過去作には無い打ち込みオーケストレーション
大々的に取り入れつつもそれでバンドサウンドが埋もれる事は無くギターがメインで
リードフレーズやオブリ、リフを聴かせてくれており最近良くある「メタル風音楽」ではなく
メタルとしての矜持をしかと見せ付ける!昔からそうだがシングルこそリリースすれど
フルアルバムをなかなか出してくれない
のが実にもどかしいバンドじゃのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 CHAPTER OF SKYLAND  DEFINITIONS OF HONOR







"THE SEVEN SERPENTS"




日本のシンフォニック/メロディックスピードメタルバンドの8thシングル。


国内メタルシーンにおけるファンタジー系コンセプトを下敷きにしたバンドの
草分け的存在(?)で、今でこそSOUND HORIZON直系のフォロワーが数多く出現し
この手のコンセプトを持ち込んだクサメタルバンドは枚挙に暇が無いが彼ら
DRAGONLANCEはそういったバンド、プロジェクトにありがちなアキバ・ナード要素
一切無く本場海外のホンマモンのシリアスなファンタジーの世界観を下敷きにしており
ファンタジーを売春婦にしない所が好感持てるが(爆)、音楽的にもまさに我ら好みの
メロスピ、クサメタル直球のスタイル
を見せここ最近はオーケストラアレンジ
大々的に導入しシンフォニックメタル化し始めておる!

1曲目はギターオーケストレーション、英語のナレーションが乗り
大仰さを見せるバンドサウンドが登場!シンフォニックさを放ちつつ疾走
ヴォーカルもハイトーンを駆使し英語で歌いやはり海外のバンドらしいムード
漂っておるのう・・・!ギターソロもオーケストラと混ざり合いドラマティックな
盛り上がり
を見せホーンの音色も顔を出しさらにベースも唸りを上げるぞ!
2曲目はハモリギターストリングスシンセがユニゾンしドラマティックな叙情性を
演出、その後は正統派メタルのリフホーン系オーケストレーションが混ざり
ミドル、スローテンポだが厳かな劇的さを放ち疾走するだけが
シンフォニックメタルでは無い
という事を主張するかのような曲となる!様式美的なムードも強く
ソロパートがまたドラマティックギター、シンセに加えベースもやはり部分的に絡んでくるぞ。
3曲目はオーケストレーションが壮大で厳かなムードを醸し出す映画のサントラのような
非バンドサウンドのインスト。これでもっとオーケストラが本格的だったらさらに
フィルムスコアに接近していた事じゃろうて・・・!


最近の歌謡曲、アニソン然としたジャパニーズメタルクサくて良いがこういう
本格的な海外志向のサウンドもまた良いな!歌謡ジャパメタに染まった最近の
クサメタラー
からして見るとヴォーカルメロディーにフックが足りないかも知れんが
2曲目のようにスロー曲で良曲を書けるという事が彼らのポテンシャルの高さを
伺わせるのう・・・!
やはりシングルばかりではなくフルアルバムをリリースして
頂きたいものだ!
こういうコンセプト、ストーリー性を重視するバンドであれば尚更である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 MYTH OF HUNT







"THE HOLY LANCE OF DRAGON AGE"




日本のシンフォニック/メロディックスピードメタルバンドの1stアルバム。


今でこそこの手のハイファンタジー要素を大々的に導入したHM/HRバンドは国内にも
多々いる
が、そういったスタイルの先駆けと言えるのが彼らDRAGONLANCEである!
メロスピ、クサメタルシーン全盛期
2000年代前半より活動を続けており、
良質のメロディックスピードメタルをプレイしつつもこれまではシングルオンリー
長い事フルレンスアルバムのリリースが待たれていたが、何とここに来てようやく
待望のフルアルバムが完成した!本来ならリリース日はもうちょい先なんだが、
縁あってこのタイミングでのレビューである!音楽的には元々バンドサウンドメインの
ストレートなメロパワ、メロスピ系
だったがここ最近はシンセオーケストレーションを
大々的に導入
し始めシンフォニックメタル要素をも見せるようになっており、本作もまた
そういった大仰なオーケストレーションを取り入れた壮大なファンタジックメタルを
存分にプレイしておる!
過去にシングルでリリースされた曲も収録されているが、
オーケストラサウンドを交え大々的にリメイクされているぞ!

1曲目はグレゴリオ聖歌風の重厚なクワイアで幕を開けストリングスシンセや
チェンバロ
等も登場、クラシカルと言うよりはやはりファンタジックな印象の強い
イントロ
で、続く2曲目はドラマティックに絡み合うリードギターが顔を出し
そこまで爆走している訳では無いアップテンポで展開、エピックメタル的な
勇壮さ
がありギターソロがまた劇的である!さらにホーンも顔を出しその後は
ストリングス笛系の音色叙情性を演出、疾走もし始めインストパートが
かなり充実しておるのう・・・!
3曲目もまた勇壮かつ叙情的なエピック要素
見せており、俺も過去にシングルで聴いた曲だがオーケストレーションの導入でさらに
劇的さを増しておるわい!中盤がまたチェンバロ、オーケストレーション
相当にクサくファンタジックでドラマティックじゃのう・・・!4曲目はストリングスシンセ
ファンタジームードを演出するインストで、5曲目は泣きのギターで幕を開け哀愁を放ち
その後は勢い良く疾走開始!この曲もかつてシングルで聴いていたがオーケストレーション
おかげでさらにパワーアップしておるわい!中盤の構築されたギターソロがまた良いのう・・・!
6曲目はエモーショナルなギターストリングスシンセがユニゾンし、その後はストロングな
正統派寄りのリフ
が登場、結構ダークな印象のあるミドル、スロー曲ストリングスが
クサさを放っており
全体的にエピカルだな。中盤以降のギターソロがまた泣きを見せており
聴き所
だと言えよう!7曲目は重厚なシリアスさを演出するオーケストレーション
実にドラマティックな短いインスト。8曲目は劇的なギターフレーズで幕を開けホーン系の
シンセと共に疾走!
より勇壮さ、エピック要素を見せ付けておりポジティヴさもあるのう・・・!
中盤はヴォーカルが相当に高いハイトーンを披露し構築美に満ちたギターソロも聴けるぞ!
ラスト付近でベースも自己主張するのう・・・!9曲目はこれまたダークさのある重厚なストリングス、
怪しげな声
が聴ける、サントラ要素の強いオーケストレーションによるインスト
10曲目はシリアスなナレーションに始まり勢いのあるバンドサウンド、オーケストラ
緊迫感を放ち疾走するアグレッシヴエピック・シンフォニックパワーメタルである!
サビのヴォーカルがまたかなり高く、ギターソロもドラマティックな展開を見せており
様式美的な部分もあるか!?ソロ後半でベースともユニゾンするぞ!11曲目はクラシカル系の
ファンタジックフレーズ
ストリングスとギター、ベースが奏で、淡々としたミドル、スローテンポながら
ドラマティックなエピック要素が醸し出されておるのう・・・!リフがちょいとBLACK SABBATHの
“heaven & HELL”
に近い部分もあるか!?中盤以降、ラスト付近のインストパートがまたカッコいいな。
12曲目はホーン系の音色穏やかなファンタジック要素を感じさせるインストで、
13曲目は早速の劇的なギターフレーズで幕を開けストリングス細かいフレーズを披露、
リズム等テクニカルさのあるアンサンブルを見せその後は疾走だ!音作りが
全体的に大仰でオーケストラアレンジもツボを突いており、サビもまたファンタジックな
煌びやかさ
を感じさせ本作中最もシンフォニックメタルしておるわい!中盤のオーケストラが
またクサくたまらんなぁ・・・!
14曲目はこれまたサントラ的な大仰さ、荘厳さを感じさせる
重厚なオーケストレーションによるアウトロ的なインストである。


国産ファンタジックメタルの先駆者バンド(?)による待望のフルアルバムである!
やはりこういったコンセプト系バンドキッチリした形のフルアルバムをリリースしてこそ
ナンボだな・・・!プロダクションはまだ良いとは言い難く、ヴォーカルも高音部がちょいと
不安定
になるし歌謡クサメタルに溢れた今の時代だともうちょいメロディーに
フックが欲しくもなる
が、オーケストレーションのアレンジは良く非ナードな
エピックムード
が感じられるのは好印象である!チャラいアキバ系ファンタジーが
横行するこの時勢
にあって海外志向のコンセプトを見せているのがまた良いな!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 DRAGONLANCE  LORD OF THE RINGS  EDGE OF DARKNESS
DEFINITIONS OF HONOR  MYTH OF HUNT  CHAPTER OF SKYLAND







"SHADOW OF THE ELDER TITANS"




日本のシンフォニック/メロディックスピードメタルバンドによる2ndアルバム。


前作同様リリース日はもうちょい先だが、今回も縁あってこのタイミングでレビューである!
何気に活動暦の長いベテランバンドで、近代ジャパニーズクサメタルがこういった
ファンタジー要素を見せると多少はアキバ系のエッセンスが入り混じってくる感があるが、
彼等DRAGONLANCEにそういった面は見られず、あくまでも海外志向のシリアスな
ハイファンタジーを追求しており
そういう意味では非常に硬派なバンドである!
本作は彼等の通産2作目のフルアルバムで、元々はストレートなメロパワ、メロスピ
追求していたが次第にオーケストレーションを取り入れたシンフォニックメタル路線
シフトし、よりファンタジックさ、大仰さを増した感があるが、本作もそんな流れの
延長線上にある1枚
で、メタルチューンは過去曲のリメイク、リレコーディング
それ以外のシンフォニックなインストは書き下ろしとなっているぞ。

1曲目は壮麗かつ重厚なオーケストレーション、チェンバロ、クワイアが聴ける
シンフォニックなイントロで、2曲目はそのままストリングス、ファルセットVo
幕を開けクサく勇壮なギターと共に疾走!中盤はファンタジックな叙情性もあるな。
3曲目はいきなりのクラシカルなクサさを放つシンセ、ギターが炸裂し疾走!ギターソロも
かなり弾きまくっておるのう・・・!4曲目はこれまた大仰さ満点のオーケストラ、
クワイア
が聴ける繋ぎで、5曲目はチャーチオルガン神聖なクラシカルさを演出し
その後はメロスピ然としたポジティヴなギターが聴け疾走するぞ。ドラムがややバタつき気味だが
勢いがあり、中盤シンフォニックさが見られ良いな。6曲目はよりエピックな勇壮さを演出する
ギター
が聴けつつ正統派HM/HRらしい印象もあるミドル曲で、中盤のクラシカルなシンセ
聴き所だろうか!?7曲目はストリングス笛系の音色が聴けるメルヘンチックな繋ぎで、
8曲目はシリアスなムードが放たれギターが目立ちつつ疾走!勇壮な印象もあるが
メロパワ的な面も強く、シンセソロにクラシカルさを感じさせるな・・・!9曲目はシャッフルリズム
軽快さを放つ明るめのアップテンポ曲となり、中盤ではチェンバロ、ギターソロに
ストリングス
が聴けベースも唸っているぞ。10曲目はパガニーニ的な細かい
ヴァイオリンの音色
が印象的なインストで、11曲目は重厚なムードを放つエピックメタル色濃い
スローテンポ
で幕を開けるが、その後はアップテンポになり手数多いギターが聴けるのう・・・!
12曲目は厳かな印象のあるシンセ、リードギターに始まりオルガンと共に疾走開始!
中盤はこれまたシンフォニックさが見られギターソロストリングスシンセが絡み合うぞ。
13曲目はクワイア、オーケストラ重厚さを放つアウトロ的なインストである。


HM/HRチューンが全て過去曲リメイクというのが惜しいものの未聴の人間に
とっては新曲と変わらず、国産ファンタジックメタルのベテランらしいエピックな勇壮さ、
大仰さ
を放っておりクサメタラーにはたまらんじゃろうて・・・!最近の若手バンドと比べると
プロダクション的にはまだまだな面があるし、Voも弱い部分が残っているが前作以上に
クサい曲が揃っており、オーケストレーションはさらに大仰さを増しておる!
近代ジャパメタのアニソン臭さ、歌謡曲クサさ
も嫌いじゃないが、そういった要素の無い
海外志向サウンドがまた俺好みだな。次なるフルアルバムでは全曲新曲を期待したい所である!




オフィシャルで見てみる





満足度 81% お気に入り曲 EYES OF THE CHRIST  THIRST FOR REVENGE
HOLY BLOOD  MASTER OF LANCE  KNIGHT THE WANDERER







"Apostle Of Chaos"




日本のシンフォニック/メロディックスピードメタルバンドによる9thシングル。


ここ近年で活動ペースが上がった感のある、国産ファンタジックメタルの
ある意味開祖的バンド
による、シングルとしては通産9作目に当たる1枚である!
本作もまたリリース日はもうちょい先だが、縁あってこのタイミングでレビューで、
以前リリースされた2枚のフルアルバムは共に過去曲リメイクの色合いが濃かったが、
本作は完全新曲オンリーとなっており、近年のDRAGONLANCEの方向性を踏襲した
壮大なオーケストレーション
を大々的に取り入れた、シンフォニックでエピックな
非アキバ系の海外志向ファンタジックメタル
は本作でも健在であり、シングルながら
メタルチューン2曲インストのオーケストラ3曲の構成となっているぞ。
ちなみにジ・アズキウォッシャーズのベース、中田俊氏が参加しており、ドラムは
打ち込み
だがよりバンド感が増しただろうか!?

1曲目は女性Vo、語りに始まりファンタジックで優雅なオーケストレーションが
聴けるインストで、2曲目は壮麗なストリングス系の音色をバックに勇壮な
バンドサウンド
が顔を出すアップテンポのエピックメタルとなり、ギターフレーズが
メインを張りつつ
中盤はオーオー言うコーラスが印象的だな・・・!
3曲目はサンプリングの女性Voスキャットが聴けるファンタジックな
インストで、4曲目はイントロにケルティック感がありつつも勢い良く疾走する
メロスピチューン
となるぞ!これまたギターが結構細かく勇壮さが見られるな。
5曲目はこれまたサンプリングのソプラノ女性Voスキャットオーケストラ
邪悪なダークさを放つ、映画のサントラ的な曲調でこういうタイプの楽曲も
向上しているのが伺えるのう・・・!


過去作の方向性を踏襲した、ファンタジックでエピックな海外志向シンフォニックメタル
本作でもしかと健在で、インスト曲はサンプリングによる女性Voスキャット
取り入れているが、これも所謂オタク臭いヴォーカロイドとやらでは無く
ちゃんとシリアスなムードを放っており好感が持てるな。個人的にはやはり
日本のオタクファンタジーでは無く、こういう本格的な海外寄りの
シリアスなファンタジー
のほうが好みじゃわい!ドラムこそまだ打ち込みだが、
プロダクションも少しずつ向上を見せており今後を期待させる1枚である!




オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 Apostle Of Chaos  For Rule Of Warrior
The Chains Of Tartarus








もどる


inserted by FC2 system