dustbox







"everlasting..."




日本のクサメロコアバンドの2ndアルバム。


哀愁のクサメロを持ち味とするメロコアバンドでHAWAIIAN 6あたりと
同系列の方向性を見据えたバンドだと言えるであろう!
下で紹介している“Seeds of Rainbows”は全曲英語詩だったが
本作は日本語詩の曲もある。

イントロはなぜかストリングスによるメロウさを演出したシンフォサウンド
パンクバンドとは思えないクサさがある!それに続く2曲目はたしかに
パンクサウンドでようやくCD間違ったわけではないと認識できる(笑)。
疾走こそしていないもののメロディーは哀愁を感じさせるもので
ポップさもあるが悪くは無い。3曲目も哀愁漂うメロコアチューン
この曲は疾走しているぞ!だが甘ったるいヴォーカル、日本語詩と相まって
ちょいとポップな青春パンク的軟弱さがあるなぁ・・・!
4曲目は英語詩で哀愁もあるがどうにも軟弱なポップさがプンプン漂っており
青春パンク的ポーザー雰囲気バリバリなんだよなぁ・・・!
パンクに必要なというか荒々しさが一切感じられず優等生的というか
いい子ちゃん振っているのがいかにも媚び媚び青春パンクってな感じで
鼻につくわい!どうやら“Seeds of Rainbows”でかなり質が
上がった
というわけだな・・・!というかホントに同じバンドなのか!?
しかし7曲目は本作の中ではまだアグレッションがある疾走チューン
この曲が一番パワフルだろう!


“Seeds of Rainbows”と比べるとストロングさに欠け軟弱な
雰囲気が濃く受け付けない人は決して聴けないだろう。
俺も青春パンクは嫌いなのだが彼ら・・・本作は曲の良さがあり
まだかろうじて許せるわい・・・!クサメタラーが彼等を聴くなら“Seeds of Rainbows”に
限るな!あっちはひ弱さの無い爆走クサパンクだからな!
CCCDだというのもセルアウト青春パンクらしいのう(爆)。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 69% お気に入り曲 overture、BULLET TRAIN







"Seeds of Rainbows"




日本のクサメロコアバンドの4thアルバム。


HAWAIIAN 6等と同系列の泣きメロ、クサメロを持つメロコアだとの
情報を得て彼らに手を伸ばしてみたのだがその音楽性は確かに
前情報どおりのクサクサな哀愁爆走メロコアでかなり強烈だぞ!
HAWAIIAN 6フォロワーというか同系列にいるバンドは結構多いが
その中でも彼らは質が高い方だと思う!ヴォーカルはクリーンで
透明感ある声質をしておりこの手のジャンルとしては十分上手いな!
哀愁に満ちた楽曲によくマッチしているぞ!歌詞は全て英語だ。
バックの演奏もタイトである!

パンクにしては珍しくシンセが使われリズムワークなど
どこかダンスミュージック風のイントロに続く2曲目は
哀愁を撒き散らし疾走するHAWAIIAN 6タイプのクサメロコアだ!
ギターリフ、オブリがなんか様式美メタルみたいなんだけど(爆)。
そしてサビは強烈なクサさを放つ!その後も疾走感を保ちつつ
メロウになり泣かせてくれるわい!3曲目もクサクサ爆走チューンだが
途中ラウンジポップ風になるのが面白いな!4曲目はミドルテンポで
キャッチーさ、ポップさのある曲だがそれでも十分クサクサだ!
9曲目はダークな雰囲気でブラストまで飛び出し荒々しさを発散し
爆走するもサビはうって変わって明るくキャッチーになるぞ!
ギターソロはメタル的で熱い!


要所要所で様々な要素を取り入れるも全曲に渡って哀愁、クサメロ
息づいており疾走感も抜群、HAWAIIAN 6が好きなクサメタラーならば
十分以上に満足できるであろうクサクオリティーを秘めているぞ!
メロディー作りのセンスが優れたバンドなのだろうな。気に入った!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 89% お気に入り曲 全部







"Blooming Harvest"




日本のクサメロコアバンドの5thアルバム。


過去に一度メジャーに進出した事もあるがその後再びインディーズに
ドロップアウト
しその後は己の道をただひた走るバンドである!
彼等のカタログを全て聴いたわけではないが以前の“everlasting...”
非常に青春パンク臭く個人的に微妙だったわけだが
“Seeds of Rainbows”で成長したのかどうかは知らんがメロコア
カテゴライズされる音を出しつつもギターがなかなかにメタル的な
速弾きソロ
や時には泣きのフレーズを披露したり切れのいいリフで
疾走
したりとメタラーにも親切なパンクバンドになったのだ!
クリーンなハイトーンで丁寧に歌い上げるヴォーカルが日本人らしい
クサさ
を湛えた叙情メロディーを聴かせHAWAIIAN 6などと言ったバンドが
好きなクサメタラーに十分オススメできるクオリティーを持っている!

本作はパンクバンドらしいファストな楽曲で統一されたアルバムで
収録時間も30分を切る初期衝動に満ちた実にパンキッシュな
構成となっており切れのいいリフで爆走する1曲目からさっそく
アグレッシヴながら哀愁を纏ったdustboxらしいファストクサエモ
展開されるぞ!ハイトーン系のクリーンなヴォーカルが魅力だな。
ギターソロもなかなかにメタル寄りの速弾きをするぞ!2曲目も
叙情的なメロディーを持ったファストなメロコア、エモ系の曲だ!
この後も矢継ぎ早に疾走しまくりクサい泣きメロを持った
パンクチューンがバンバン聴けるが特に異色なのが7曲目だろう!
従来のアルバムにもあったメタル、ハードコアスタイルを持った曲で
潰れたギターリフはどちらかといえばハードコアパンクの流れを
組んでおりシンガロングもそれ系だがサビはメロコアでギターソロは何と
SLAYER風と言うか、どこかハーモニックマイナーっぽいネオクラシカルな
色合い
も感じられる速弾きである!このソロはどうやらTOTAL FATの
Kubotyが弾いているようだ。8曲目は唯一のアコギが聴けるバラード。


何気にどの曲にも印象的なギターソロが収められており
メタルルーツが伺える7曲目などこっち側(メタル畑)に対する
リスペクトが感じられるのが良いな!メタルを愛するパンクと言えば
SUM 41が挙げられる訳だが、メタルの素養を持ったギターが脱退した
あっちの変わりに我等メタラーにアピールするメロコアバンドとして
これからも彼等には邁進してもらいたいものである!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 87% お気に入り曲 全部







"starbow"




日本のクサメロコアバンドの6thアルバム。


最初期はただの明るい青春パンクだったがその後バンドサウンドに説得力が付き
メロディーラインもどこか明るくなりきれない日本人らしい憂いを帯びるようになり
メタラーにもオススメできる(?)メロコアバンドに成長した3ピースによる最新アルバムである!
今回も爆走に次ぐ爆走アグレッシヴかつ愁いを帯びたメロウな
ファストメロコア
がたっぷりと詰め込まれた安牌のアルバムに仕上がっているぞ!

妙にダンサブルなリズムを持った最近流行りの(?)人力ダンスミュージック風
1曲目で不安になるも続く2曲目は勢いのある疾走メロコアチューンでヴォーカルメロディーは
どこか憂いを帯びた感じで良いな!3曲目も判りやすい王道のメロコアを貫きつつも
やはりメロウさが感じられるメロディーが長所である。4曲目は切れのあるリフで始まり
これまた爆走、ギターがオブリを放り込みただのファストパンクに留まらないスキルを見せ
好感が持てるのう・・・!後半でアコギも登場し意外性を演出するがこういう手法は
HAWAIIAN 6を始め国産メロコア系が何気によくやるパターンだな。5曲目はパーカッシヴな
ドラム、ベース
に始まりパンクマナーの中で緊迫感を演出、ギターはいかにもメロコアな
荒々しい勢い重視のカッティングでやはり疾走するぞ!6曲目も爆走メロコアの王道
ギターリフはなかなか面白いな。7曲目は爆走ではなくアップテンポでメロディーは
やはり彼ららしい明るくなり切れないキャッチーな叙情性があって良いな!こういうメロを
メロコアでは聴きたいのだ!
8曲目は切なさを感じさせる哀愁メロディーが聴けるミドル曲。
疾走はしていなくともこういうメロディーが聴ける曲はキラーである!9曲目はバラード的な
出だし
からやはり疾走する軽快なメロコアチューン。10曲目は跳ねるような
軽快さ
を持ったライトでキャッチーなポップパンクナンバーだ。ギターソロが何気に
ちゃんとしており
その後はさらにテンポが上がり明るさを保ちつつシンガロングも聴け爆走する!
11曲目はアコギ、ヴォーカルで幕を開けバンドサウンドも登場、ミドル〜アップテンポ
展開しキャッチーさを持ったメロディーが聴けるぞ。12曲目はやはり疾走するメロコア
メロディーもエモい湿り気がありアコギも登場、ベースソロも聴けこの手のバンドとしては
シンガロング、ギャングヴォーカルではないまっとうなコーラスが美しいのう・・・!


ここ数作の流れをまんま踏襲した、良く言えば安定、悪く言えば代わり映えのしない
内容でまさしく判りやすい王道を行くメロコアに仕上がっており、こういう音が好きなら問答無用で
楽しめる
し、苦手ならば楽しめる要素は皆無と言える一枚だろうな・・・!以前のアルバムにあった
HAWAIIAN 6タイプの哀愁メロもある事はあるがそこまでクサクサでフックがあるという訳ではなく
まぁ海外のバンドと比べれば日本人好みの要素は強いが本格的なクサさは減退しており、これまた
良くも悪くもノーマルなメロコアに近づいた感じで個性も無くなった感じかのう・・・!
前作にあったメタリックな曲が無いのも個人的には痛いなぁ・・・!まぁこの手のメロコアとしては
十分に高いクオリティーがあり流石は聴かせ所を心得たキャリアあるバンドだと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Break Through、You'll Never Be All Alone、
Runaway Train、Hiding Place、Tears Of Joy







"Care Package"




日本のクサメロコアバンドの7thアルバム。


初期の頃はありきたりでつまらん青春パンクに準じていたが、ある時期を境に
急激にレベルアップ
ハイクオリティーなクサメロ爆走メロコアをプレイするように
なった国産バンドの、前作よりおよそ3年の時を経て久々にリリースされた新譜である!
本作リリースと近い時期にlocofrank、HAWAIIAN63スプリットアルバムをリリースし
パンクシーンで話題を呼んでいたが、間髪入れずにリリースされた本作も我々の期待を
決して裏切る事の無いエモい叙情性に満ち溢れた軽快なメロコアをプレイしておる!

1曲目は意外にも穏やかな出だしエモさを放つ短い曲で、続く2曲目は若さに溢れる
軽快な疾走感を持ったメロコア
となるも、ヴォーカルからはエモさが漂っており
クリーンギターが美麗さを放つ箇所
も登場、メロディーもキャッチーかつ憂いを纏い
媚びたポップさとは異なるムードがある
のが良いな!3曲目はバンドサウンドは軽快な
疾走メロコア
なれど、ヴォーカルはメロウなエモさに満ちておりギターソロも聴き所だな。
4曲目も軽快なギターが聴けるノリの良い曲で、ヴォーカルは例によってエモさ満点で
湿り気
も感じさせラスト付近のコーラス(シンガロングでは無い)もまた美しいのう・・・!
5曲目はギターリフの時点で青臭くもエモい叙情性を醸し出すアップテンポチューンで、
ヴォーカル、コーラスがまたメロウで良いなぁ・・・!6曲目もまた憂いに満ちた
叙情性満点の美麗ヴォーカル
と共に疾走!穏やかなパートも顔を出し実にエモいぞ!
コーラスもまた美しくメロコアとは思えぬレベルに到達しておる!7曲目は淡々としたミドルテンポなれど
ヴォーカルはこれまた叙情性に満ち溢れた美麗さを見せているのう・・・!8曲目は久々にメロコアらしい
ストレートな疾走感
を見せるファストチューンで、ヴォーカルメロもノーマルなメロコアに
気持ち接近しようとしている
んだがかつての70年代ブリティッシュハードロック同様
決して明るくなり切れない憂いを纏っておる!
ギターソロがパッヘルベルのカノンっぽく
こういう部分から既に彼らのセンスが溢れて来ておるなぁ・・・!9曲目は他の曲と異なる
ファンキーな(?)カッティング
が聴けるもサビは疾走メロコアと化すぞ。
10曲目は再び軽快な疾走メロコアとなりベースラインも自己主張、ヴォーカルはどこか
淡々とした落ち着きを見せているがサビのコーラスはこれまた相当に美麗である!
11曲目もやはり疾走するストレートなメロコアで、ヴォーカルは例によって憂いを
纏ったエモいもの
となるのう・・・!12曲目は淡々としたミドル〜スローテンポで
幕を明けるも、
その後は軽快なリズムのアップテンポとなるがヴォーカルはやはり
エモさ
を見せておりサビは疾走!キャッチーさも強くギターソロも聴き所だと言えよう!
13曲目は怪しげなイントロに続きまるでハードコアと言うかスラッシュメタルのような
性急なテンポで無骨に爆走!以前からアルバム1枚に1曲は収録されていたタイプの曲だが
サビは雰囲気が変わりメロウさを見せるのう・・・!14曲目はクリーンギター、ヴォーカルが
マイルドでエモい穏やかさ
を見せるバラード系・・・と見せかけておいてその後は疾走!
だがヴォーカルはやはり叙情性をしかと見せており実に美しいな。15曲目は穏やかで淡々とした
クリーンギター、切々と歌うヴォーカル
が聴けるバラードなんだが、やはり途中から
バンドサウンド
が顔を出し疾走メロコアと化すぞ!


多くのアルバムがキャリアを重ねる毎に丸くなりつまらなくなったり、セルアウトして
ゴミみたいな売れ線ポップス
に走ったりして我々を激しくガッカリさせる中、彼らdustboxは
通算7作目の本作
でも軸がブレる事は無く若々しい疾走メロコアにエモい憂いに満ちた
叙情ヴォーカル
を乗せた期待通りのサウンドを提供しておる!本来は知能指数低めの音楽である(爆)
メロコアにおいてこの知性、理性を感じさせる胸を締め付ける哀愁叙情美旋律!
メロディを愛する者たちよ、ここに集え 祈りは叶えられたり…
感動と誇りに満ちた銘盤 汝の名は、dustbox
(ゼロコーポレーションの帯タタキ風)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 1+1=∞ -One Plus One Is Infinite-  Rewrite  Still Believing
The Red Sun And The Blue Moon  Don’t Worry,My Friend  We Will Surely Meet Again
Betty   Like A Phoenix  Want A Kanojo  Born To Be Happy  Imagine







もどる


inserted by FC2 system