Druggy'Acid Rack







"Psychedelic Sensation"




日本のトランスミュージシャンの4thアルバム。


トランス・・・基本的にはチャラい若造がビッチナンパしながら
踊るためのBGM
とされており音楽を聴きたい、曲そのものを
楽しみたい
という硬派な趣味(?)を持つ我々には無用の長物
されてきた・・・だが世の中にはそれとは別に、ちゃんと
聴くためのトランス・・・リスニング向けのスタイル
確かに存在しており最たる例としてはトランスにゴシック、
シンフォ要素
をぶち込みトランスを超越、メタラー、
プログレッシャーの鑑賞に堪えうるスタイルを産み出した
Juno Reactorが挙げられるだろう・・・!そしてここに登場した
Druggy'Acid Rack。オフィシャルが見つからず詳しくはサッパリだが
哀愁系ハードコアなどと帯タタキに記されておりスペイン産
クサクサハードコアトランス、マキナ
なのかはどうかは判らんが
値段の安さもありそんな期待を込めて手にしてみた1枚である!

音楽的にはウネウネ唸りまくるシンセにいかにもなダンスビート
全体を支配する、まごう事なきトランスで多少メロウなパート
あることはあるがやはり基本的には踊るための音楽だろう・・・。
そんな中に登場する冷たさを帯びたピアノはなかなかに良く、
まぁトランスミュージシャンはこういうピアノけっこう多く
使ったりする
のだがこの辺はエモや北欧メタルと同質の叙情性
感じさせるものだろう・・・。3曲目のピアノはSKYLARKばりの
単音メロ
非常にチープだがなかなかにクラシカルでクサいぞ!
7曲目はなぜかプログレ的なシンセが聴けるな。9曲目は途中
シンフォニックな雰囲気を放つシンセが登場し壮大になるぞ!
10曲目は中盤ストリングスが登場しなぜかクラシカルなゴシカルさを演出!
こういうパートで喜んでしまう俺はやはりメタラーなのだろうな・・・!
その後のメロもなかなかにクサくもっとこういう曲やって欲しかったのう!
だがやはり全体的にはフロア向け・・・つまり踊るためのトランス
メタラー(つまり俺)が求める要素はあまり無いのう・・・!


むぅ・・・なかなかJuno Reactorのようなトランスを超越した
トランス
は見つからんな・・・!「俺はトランスをやめるぞ
JOJOォーーーーッ!!」
みたいな音を期待している
俺が悪いのだろうか!?まぁ本作は部分部分で光るパートが
あったりいい曲もある
のでまだ聴けるのだがな・・・。








満足度 69% お気に入り曲 Lain's Cube、Dawn -混沌たる黎明-、
Alive In The Darkness、RΛIN







もどる


inserted by FC2 system