codename:Wingless






"INVITATION TO SWEET"




日本のシンフォニックメタルバンドのシングル。


今は解散したシンフォニックメタルバンド、MANDYLIONで歌っていた女性ヴォーカルを擁するバンド。
だがメンバーがまだ固定しておらず2人しかいない。ゲストでMINSTRELIXの
キーボーディストが参加
している。ドラムは打ち込みのようだ。

音楽的にはシンフォニックメタルの流れを汲みつつもゴシックメタルの要素も
取り入れており、
どこか同郷のANCIENT MYTHに近いタイプだと言える。

3曲入りで、1曲目のタイトルチューンはゴシカルな雰囲気を纏いつつもアップテンポで
クサいメロディーを放つ曲。
なかなか雰囲気が出ており気に入ったぞ!
2曲目はスローテンポのゴシックな曲。メロはいい。
これはまぁまぁかな。3曲目は1曲目のアレンジヴァージョン。ヴォーカルが無くなっているがそのかわり
全面的にキーボードを導入しておりまるでリチャード・アンダーソンのような
音色とフレーズ
を聴かせ、ギターも激しく自己主張している!
こういうアレンジを入れるのはいいな!シングルによくありがちな
ヴォーカルを抜いただけの安易なカラオケヴァージョンには辟易しているのでな・・・!


1曲目の方向性でフルアルバムをつくって欲しいと思った。ダークなシンフォサウンドが好きな人は
聴いてみてもいいかも。



満足度 75% お気に入り曲 INVITATION TO SWEET







"scar/red"




日本のシンフォニックゴシックメタルユニットの1stアルバム。


MANDYLIONで歌っていた女性ヴォーカルをフロントに添えた
ユニットで音楽的にはシンフォメタル要素ゴシカルなスタイル
導入しミステリアスな雰囲気を醸し出している。かつてシングルを
リリースしクサメタラーの間でも話題になったがその後動きが無く、
そして忘れていた頃に活動が開始され本フルアルバムのリリースと
相成ったというわけだ!ちなみに本作のほかにiTunes限定5曲の
ミニアルバム
もリリースされているようだ。

オリエンタルな和の雰囲気を感じさせる1曲目は以前のイメージとは
異なるスタイルだがそれでも神秘的な雰囲気を感じさせるに十分な
音世界を構築しているな。2曲目は線の細いギターに始まり疾走開始!
だがヴォーカルが入るとテンポダウンし変拍子は無いがプログレ的な
バック
が聴けサビは男女ツインVoのようなコーラスになるぞ!
3曲目はバラードでサビのメロディーが物凄くクサく良い!4曲目はピアノが
聴けるアップテンポ曲でリフが独特だな。5曲目はミドルテンポの
ゴシカルな曲。6曲目はプログレメタル的な変拍子イントロに始まり
加工されたヴォーカル、ピアノによるバッキングなど目まぐるしさを見せるぞ。
7曲目は再びどこかオリエンタルな雰囲気のイントロに始まり
アップテンポになるぞ。オペラティックながら志方あきこを思わせる
鼻にかかったしゃくり上げ系の民謡風歌唱を披露するヴォーカルも面白いな!
8曲目はQUEENライクなギターのオーヴァーダブに始まり
プログレメタル的な緊張感を感じさせるインストだ。
メロディーはやはりどこか東洋的だな。


メロスピに近い曲もあるがどちらかといえばゴシックメタルだな。
女性ヴォーカルモノが好きなゴサーならば聴いてみる価値はあるぞ。
もうちょいメロディーがキャッチーならば良いのだがまぁ3曲目みたいな
バラードでセンスあるメロを書けるので実力はあるだろうな!
キャッチーさが薄いのはゴシックメタルだからだろうか!?
相変わらずドラムは打ち込み自主制作っぽさもプンプン、正直言って
同系列のAsriel六弦アリス、MiddleIslandの“PSY −サイ−”のほうが
値段半額くらいなのに圧倒的にクオリティーは高いのだが
彼らも勿論悪くは無い!ちなみに歌詞は全て英語だ。
ヴォーカルは上手くは無いが個性はあるぞ。



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 73% お気に入り曲 You Are My Sin、
Open Your Eyes Again







もどる


inserted by FC2 system