茅原 実里







"Contact"




日本の女性ヴォーカルシンフォニックポップスのアルバム。


女性ヴォーカルのポップスながらなぜかメタラーにアピール
しまくっている
ミュージシャンである!音楽的にはシンセ、
打ち込みリズム
が目立ったノーマルな女性ヴォーカルポップスを
基盤としつつもそこに流麗な弦楽の調べを大胆に導入する事により
シンフォニックさ、ドラマティックさを演出!メタルに通じる大仰さ、
劇的さ、クサさ
を持つ事に成功しこれによりメタラーに大きくアピール
しているものだと思われる!

1曲目から大仰な弦楽入りシンフォニックポップスが堪能できるぞ!
ヴォーカルの歌唱力も悪くない。ラストに超シンフォニックでクラシカルな
弦楽カルテット
が登場しそのまま2曲目に突入!シンフォメタルに
通じる大仰さ、クサさがあると見てよかろう!メロディーはメロスピ、
クサメタル
に近いものがありたまらん!間奏も弦楽の調べが壮大なる
クサメロ
を奏でるぞ!濃厚さは無くさっぱりした感はあるが往年の
ユーロプログレに通じる要素があるやもしれんな。どちらかといえば
北欧メタルの如き冷気が感じられると思うがどうだろうか!?
4曲目はイントロから早速クサいヴォーカルが登場しシンセはいかにも
テクノ、トランス系だがその後やはりクラシカルな弦楽器が登場!
サビはメロスピに通じるクサさだ!間奏はもちろんヴァイオリンソロである!
クサい!クサすぎる!!7曲目はボリューム小さめで控えめに泣くギターに始まり
SOUND HORIZONを思わせる叙情的なメロディーが聴けるバラード寄りの
哀愁ミドル曲。サビ後のコーラスも壮大で良いな!8曲目はキャッチーさが前面に押し出された
ポップチューンでサビの普遍的メロディーはやや大衆的ではあるが良いものは良い!
ラストはギターソロが聴けるぞ。10曲目は叙情性が前面に押し出された
メランコリックな美旋律が琴線に触れる泣きの名曲だ!物哀しさを演出する
フルートみたいな音色のリフ、間奏のストリングス、コーラス、クサいヴォーカルが
儚くも美しいメロディーをこれでもかというほど奏であげるぞ!泣ける!!
11曲目もイントロからクサいヴォーカルが聴けトランス的シンセ、そして
これまたSOUND HORIZONライクな大仰ストリングス、さらにギターも聴ける
アップテンポ曲だ!サビはほぼクサメタル!!たまらんわい!
泣きのギターソロも登場し思わずガッツポーズしてしまうな(笑)。


女性ヴォーカルポップスと侮る事無かれ!ここで聴けるのは屈強なる
メタラー
をも屈服せしめん泣きに満ちた美旋律の宝庫だ!!
弦楽好きで女性ヴォーカル、日本語詩が聴けるクサメタラーならば
是非とも聴いてみよう!北欧メタルに通じる透明感、叙情性、
メロスピに通じるクサメロ、シンフォメタル、プログレを思わせる
生の弦楽器がそんじょそこらの骨抜きポップスラオウの乗る
黒王号が如く蹴散らし荒野を疾駆するのだ!!

シンフォニック・ポップス!!
新ジャンルの登場である!!




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 詩人の旅、純白サンクチュアリィ、
mezzo forte、君がくれたあの日







もどる


inserted by FC2 system