CONCERTO MOON






"Fragments of the Moon"




日本の様式美ギタリスト、島紀史率いるバンドのデビューアルバム。


国産もイケるクサメタラーにとって日本はインディーシーンに良いバンドが多い、
どこにスゲェバンドがいるか分からないって印象があるかもしれない。
しかし日本は古くから様式美を心底愛する民族!30代以上の
日本人の3人に一人は“虹”という単語を聴いただけで条件反射で
号泣してしまうのだ!!(嘘)
そんな素晴らしい国民性を持つ(笑)日本・・・!
80年代から様式美バンドが大量にいたのだ!!
そしてここに紹介する彼らコンチェルト・ムーンは典型的ネオクラシカル様式美、つまり
王者スタイルを持ちつつも虹タイプの古き良き様式美を色濃く
受け継ぐバンド
だと言えるだろう!!

ここで聴ける島のギタープレイはすでに完成されており、テクニカルかつ安定したプレイを聴かせてくれる。
そしてここで歌っているシンガー尾崎はよくパワー不足などといわれているのだがこのアルバムを
聴く限りではそうは思えない。上手いシンガーだと思うぞ。

楽曲は初めに聴いたときはそんなに良いとは思わなかったのだが聴きこむにつれて
だんだんと良さが分かってきた!
やはり俺は様式美好きなんだな・・・!
ただ、地味な曲があるのも確か。捨て曲無しではない。ちなみに歌詞は日本語詩と英詩の半々。


リマスターされ、さらにライヴ音源が追加されたジャケ違いの再発盤があるので
これから聴こうと思っている人にはそっちのほうを勧める。
様式美好きなら聴いてみてもいいと思うぞ。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 Alone in Paradise、Take don to the Moon







"From Father To Son"




日本の様式美ギタリスト、島紀史率いるバンドの2ndにしてメジャーデビューアルバム。


様式美メタルではあるがイングヴェイ以降のキラキラネオクラ
スタイル
よりもむしろそれ以前の70年代の様式美ハードロック
基本に日本人的なメロディアスさで構築したただのフォロワーではない
スタイルを持った国産ベテランHR/HMバンドの2作目にしてメジャー
デビューアルバム
である!

中心人物であるギタリストの島紀史は確かにイングヴェイからの
影響
も受けているがそれ以外にもリッチー・ブラックモア
ウリ・ジョン・ロート等と言ったそれ以前の様式美ギタリストからの
影響も強くそういった素養が彼らをよくあるネオクラ系バンドとは
一線を画するスタイルのバンドへと仕立て上げたのであろう。
昔懐かしいハモンド音にスロー、ミドルテンポのHRが
目立っており最近のリスナーからしてみれば地味に感じるかも
知れんが3〜40オーバーのオールドリスナーにとっては
まさしくツボな音である!かつて1stを聴いた時ヴォーカルは
それほど下手に感じずむしろいい方だと思っていたが今の耳で
こうして聴くとやはり弱さが目立つのは否めないな。だがそれでも
下手ではなく味があってやはり嫌いではない。島のギタープレイは
この頃からかなりの腕を感じさせてくれるのう・・・!疾走感の
あるアップテンポ様式美チューンが最も俺の好みに合う曲で
本作ならば1、4、9、10曲目がそれに該当するな。地味な部分も多いが
やはりこういう音が俺は好きなのだ!バラードの5曲目で聴ける
泣きまくりのギターも実に素晴らしいぞ!ヴォーカルやピアノも繊細で良いな。


全体的に冗長でダレを覚えた1stよりは成長しておりあまりダレる
事無く聴きおおせるようになっているな。それでもまだ微妙な
箇所も目立ち、
それは今も続いており彼らがベテランでありながらも
なかなか話題にならない大きな要因になっていると言えるだろう・・・!
やはり70年代のオールドスクールな様式美現代には
通じない
のだろうか・・・!?



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 DREAM CHASER、INSIDE STORY、
ONE AND ONLY、INTO THE FIRE、CHANGE MY HEART







"Rain Forest"




日本の様式美ギタリスト、島紀史率いるバンドの3rdアルバム。


リッチーやイングヴェイ等といった様式美ギタリストの影響を受けつつ
正統派とメロハー的な要素を加味し独自のハードロック、メタルサウンドを
構築する島紀史率いるコンチェルト・ムーンの3作目のアルバムだ

泣きのギターを堪能できるバラード風インスト曲をタイトルチューンに配し、
アグレッシヴなファストチューン、様式美色濃いミドル曲、キャッチーな曲等
バラエティに富んだアルバムで、世間一般において線が細いとか言われている
ヴォーカルも個人的には好きだ。メロディアスな歌唱は音楽性によくマッチしているし、
時に声を濁らせたシャウトも往年のグラハム・ボネットを思わせるもの
少なくとも俺にとってはかなり好みのシンガーだといえる。

個人的に気に入ったのはやはり疾走チューンだ!2、5、7、11曲目が
それにあたる。ギター、キーボードのバトルも様式美好きにとってはツボだろう!

しかし、音楽性とは関係ないが他のバンドやミュージシャンをけなして
彼らを持ち上げるライナーノーツは死ぬほどウゼェな・・・!
ぶっちゃけライナーノーツいらなくねぇか!?


メロディアスな様式美好きなら聴いて損は無かろう。ただ歌詞は半分くらい
日本語
なのでそれが苦手なら無理には進めない・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 78% お気に入り曲 Time To Die、Half Way To The Sun、 Unstill Night、Break It Down







"GATE OF TRIUMPH"




日本の様式美ギタリスト、島紀史率いるバンドの4枚目のアルバム。


コンチェルト・ムーン・・・なんてクサいバンド名なんだ・・・!(笑)
クサい名前のバンドは他にもストラトヴァリウスとかソナタ・アークティカ等結構いるが
バンド名のクサさにかけちゃ彼らが個人的に一番だと思う。
メタルを知らない人に「好きなバンドは?」と聴かれて真顔で
「コンチェルト・ムーン」と答えるのがどれだけ
恥ずかしい事か(笑)。
でもそれがいい・・・!

このバンドを率いる様式美ギタリスト島紀史はサーベルタイガーの超絶シンガー下山と組んで
正統派メタルバンド、ダブルディーラーを結成、バンドとしてはそっちに力を入れるため
このバンドは彼のソロ名義として新たに活動するとの事でこのアルバムは彼の
ソロとしての一枚目という事になる。

彼のギタースタイル、楽曲は所謂イングヴェイ直系のネオクラ様式美であり、
こういう音が好きならば楽しめるだろう。ただ、今作からヴォーカルが変わったのだが新ヴォーカルの
出番はあまり無く、半分以上の曲がインストなのは賛否両論出ると思う。
新ヴォーカルの声質は上記した下山タイプで個人的に好みのタイプだがやはり下山には及ばないと思う。
力量はあるし、決して下手ではないがな・・・!

普通にクオリティーは高く、早い曲はどれも気に入っている。しかしどれも平均以上って感じで
ずば抜けたものは無いな・・・!過去の楽曲のリ・レコーディング音源もある。
音質はかなりラウドだ。荒々しさがあるのはいいが低音部分が
強調されすぎてると言えなくも無いな・・・。


ネオクラ好きにおすすめだと言える。テクニックはかなりのものだ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 TO DIE FOR、GATE OF TRIUMPH、EVERLASTING NIGHTMARE







"LIFE ON THE WIRE"




日本の様式美ギタリスト、島紀史率いるバンドの5thアルバム。


イングヴェイの流れを汲んだハーモニックマイナー多用の
ネオクラシカルなギター
を据えながらも70年代風
ハードロック要素
を前面に出したバンドとして通っていた感があるが、
本作ではイングヴェイ以降のキラキラ系ネオクラ様式美
メタルスタイル
に擦り寄った感があり2曲収録された
インスト曲もそれぞれテクニカルな疾走アレンジ、
泣きのギターが冴える叙情的なアレンジ
とインギー以降の
美味しい部分を凝縮したかのようなスタイルにて
仕上がっておりこれまでのアルバムを古臭く地味
感じていたメタラーにもアピールできそうかも知れんな!

シンガーとドラマーがチェンジし心機一転、本作を
新生CONCERTO MOONの第一弾として並々ならぬ気合で
リリースしたとの事だが1曲目からその入れ込み具合は
確かに確認できるであろう!王道を行く様式美疾走チューンだが
さらにストロングな印象を感じさせギターとシンセのバトルも
非常に熱い!2曲目もキャッチーさを持った様式美系の
曲でこれまでのアルバムだとどうもこの位置にスローな
70年代風の曲
が置かれるところだが本作はそうではない!(笑)
5曲目もスペイシーなシンセで始まる勢いを感じさせる疾走
様式美メタル
だ!6曲目はテクニカルなプレイが目立つもどこか
明るくメロスピに通じる雰囲気も感じられるインストである!
9曲目は泣きのギターが目立つバラードでヴォーカルメロディーに
フックは無いものの様式美系のバンドが書くバラードは哀愁に
満ちており
悪くは無いな・・・!11曲目も泣きのギターが
冴え渡る叙情味満点のインストだ。12曲目はキラキラしたシンセが
北欧系の様式美的雰囲気を演出するネオクラメタルとなっているぞ!
ちなみに13曲目に2曲目のギターソロ拡張ヴァージョンが収録されている。


珍しくポップ寄りの曲もあったりするがシンセがいい仕事をする
様式美メタルや泣きまくりのギターが印象的なバラード等の
存在も目立ちCONCERTO MOONのアルバムの中でも質の高い力作
仕上がったと言えるであろう!このキラキラした透明感、叙情性、
煌びやかさ
を放つシンセこそが様式美メタルの鍵を握る重要な
要素
なのだ!ただギターがテクニカルであればいいという訳ではない!
ギターとシンセがバランスよく共存してこその様式美メタルだと
声を大にして言いたいがどうだろうかッ!?



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 STRANGERS、IT’S NOT OVER、
CLIMB UP、EYE FOR AN EYE、WHEN TIME RUN OUT、
GLORIOUS DEATH







"CONCERTO MOON"




日本の様式美ギタリスト、島紀史率いるバンドのミニアルバム。


シンガーが変わりメンバーチェンジで心機一転した彼らが
やる気を見せるためにリリースした(?)5曲入りのミニで、
6thのちょい前に出たお披露目的な1枚だが被っている曲は
1曲のみでそれ以外の曲もライヴでやるのでミニアルバムだからと
侮らず
ちゃんと買え!というのが当時の売り文句だった(笑)。

6thアルバムに収録されたバンド名を冠した強烈なキラーチューン
幕を開け明るめのキャッチーな2曲目、ダークなイントロに始まり
オーバーダブされたギターがクラシカルにむせび泣くインストの3曲目、
ミドルテンポで渋めのHRを展開する4曲目、待ってましたの様式美直球
疾走チューン
の5曲目と何気に幅広いスタイルの楽曲が収録されている。


まぁミニアルバムということで熱心なファンならばオススメと
言ったところであろうか・・・!今なら中古で安く手に入るので
そうでない様式美好きにも勧められるが(笑)。5曲目も
本編の6thアルバムに収録されていたら価値が無くなって
しまいそう
なのが非常に危ういのう・・・!(爆)



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Concerto Moon、Silent Rage、
Like A Beast







"AFTER THE DOUBLE CROSS"




日本の様式美ギタリスト、島紀史率いるバンド改めソロの6thアルバム。


この時期かなりハイペースに活動してきたらしいな。そんな彼の放つコンチェルト・ムーン名義の
新譜の出来はかなりのものでこのアルバムを彼の最高傑作に
挙げる人も多いと思うぞ!


これまでの彼の楽曲は歌メロの魅力に乏しくインストパートも
形骸化してた
印象があり、悪くは無いがそこまで良くも無いバンドという
印象だったのだが今回その欠点はかなり改善されたと思う!

歌メロやギターソロ、アレンジなどもこれまでになく練られた印象があり、どの曲も楽しめる。
これぞ様式美と叫びたくなる出来だ!

そして彼の最高傑作だと思っているキラーチューン“CONCERTO MOON”!このバンド名を冠した
名曲が持つ展開はまさに劇的!最後の最後でスゲェモノを持ってきたなぁ!ソロでは
パガニーニの“ラ・カンパネラ”をモチーフにしたフレーズが炸裂!

これぞ様式美!たまらん!!イタリアの消えたB級バンド、ホーリーナイツもやっていたがこれで
ホーリーナイツの価値が一つ減ったと言える(爆)。とにかく悶絶だ!!

今作は2枚組でもう一つのボーナスディスクには彼らの思い入れのある楽曲のカヴァーが
収録されている。曲目もディープパープルの“Smooth Dancer”、カンサスの“Point of Kuow Return”、
アルカトラスの“Hiroshima Mon Amour”、クイーンの“Too Much Love Will Kill You”レインボーの“I Surrender”と
個人的にツボな選曲(笑)。アルバムの評価もこれでグンと上がってしまう・・・!


彼らのファン、様式美好きメタラー、カヴァー曲にピンとくる人におすすめだ!
ちなみに前作と今作はオール英語詩なので日本語が苦手なメタラーも安心できるぞ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 84% お気に入り曲 CONCERTO MOON







"RISE FROM ASHES"




日本の様式美ギタリスト、島紀史率いるバンドの7thアルバム。


2004年に一時期活動停止となるも今は再び活動を
再開したようで、本作がベスト盤やライヴ盤を除き
通産7作目のアルバムとなるようだ。イングヴェイの
影響下にあるネオクラ様式美の流れを汲みつつもそれ以前の、
70年代の様式美要素も色濃く取り込みそれをジャパメタ的な
メロディアスな正統派メタル
のスタイルで発揮するという、
ただのインギーフォロワーではない部分を持ちつつもいまいち
パッとしないバンド
ではあるのう(爆)。実力自体は
あると思うのだがどうだろうか・・・!?

何ともパワフルなシャウトで幕を開ける1曲目はネオクラと
いうよりは70年代の、イングヴェイ登場以前の
様式美ハードロック
の流れを汲んだスタイルの疾走チューンだ!
ハモンドの音色がまたそんな雰囲気をプンプン放っているな。
だがギターソロ後半はネオクラシカルになるぞ。3曲目は
ネオクラ系の様式美に近づいたアップテンポ曲でソロもシンセと
ギターのお約束的なバトルでこういうのが好きな俺みたいなリスナーは
ニヤリとするだろう(笑)。4曲目は往年のリッチー・ブラックモア師匠
思わせる中東風の雰囲気を持った様式美HRだ!5曲目は泣きのギター
聴ける叙情味満点のハードロックバラード。ギターのメロディーが良く
あまりメロディーにフックのないバンドとの印象があったがやれば
できるではないか・・・!(爆)
8曲目はシンセのフレーズと共に
疾走するドラマティックなメタルチューンだ!そしてラストの12曲目も
ネオクラシカルなスタイルに接近した疾走メタルでリフからして
いきなりカッコいいぞ!ソロもギター、シンセのみならずベース、ドラムも
仲間入り
してくるのが面白いな!


上記したようそこまでネオクラシカルではなくオールドスクールな
ハードロック
の要素がかなり濃くキラキラしたシンセと
ハーモニックマイナーで速弾きしまくるギターのユニゾンや
バトル、バロック的なクサメロを期待すると肩透かし
なっちまうだろうなぁ・・・!まぁ純然たるHR/HMとしての
質の高さはある
ので昔懐かしいイングヴェイ以前の
様式美ハードロック
が恋しく感じたら手に取ってみよう(笑)。



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 LIES AND BETRAYAL、
HOPE ABOVE ALL、ALMIGHTY WINGS、HUNGRY HEART、
Mr.WEATHERCOCK







"Angel Of Chaos"




日本の様式美/メロディックメタルバンドによる8thアルバム。


90年代、日本でHM/HRが完全にアゲインストだった時代から活動している
ベテランで、2004年に一旦解散しているが、2007年に活動再開
今日に至っている。メンバーチェンジも多く、2017年にはその時の
シンセ奏者がクソみてぇにチンケな犯罪でパクられたり、その一方で
2018年にはシンガーが何とV系メタルバンド、JUPITERに加入し
バンギャの反応はともかく、V系も聴くメタラーからは歓迎された・・・!
それはともかく本作はそれよりずっと過去の、2010年にリリースされた
通産8作目で、音楽的にはネオクラシカル様式美の劇的さ、テクニカルさを
持ちつつも日本語詩のVo等そこはかとなくジャパメタ臭が漂う仕上がりで、
このジャパメタ臭を「日本人の個性」と捉えるか「バタ臭くダサい」
捉えるかで評価が分かれるだろうか!?

1曲目は劇的なハモリギターによるイントロで、2曲目は様式美HM/HRらしい
ギターフレーズ
が聴けるドラマティックな疾走チューンだが、日本語詩の
Voがいかにもジャパメタだな・・・!3曲目はオーソドックスな正統派
接近しつつも様式美なキメが見られ、4曲目は怪しくスリリングなリフが聴ける
アップテンポだな。5曲目はバラード的なメロウなマイルドさも感じられるミドル曲。
6曲目は細かいギター様式美的な劇的さを放つ疾走チューンだ!
7曲目はネオクラシカルなギターがメインのインスト。よくあるパターンだが
やはり個人的に好きなタイプだ(笑)。8曲目は80年代的なメロディックさ、
キャッチーさがありつつもやはりジャパメタ感漂うミドル曲だな。9曲目は正統派寄りの
ストレートなリフ
が聴ける軽快なアップテンポとなり、10曲目はムーグ、クリーンギター
メランコリックさを漂わせる泣きのバラードだが、ブルージーなギターも目立つ
インストだ。11曲目は正統派寄りの勢いを感じさせる疾走チューンとなり、
12曲目もキャッチーさ、劇的さのある王道な疾走曲である!


ある意味デビュー当時から変化の無い、ネオクラシカル様式美
下敷きにしたメロディックメタル、ジャパメタなんで、安定感があり
クオリティーもやはり高く、様式美HM/HRやジャパメタが好きなら
楽しめる1枚
だろうな。良くも悪くもオーソドックスな様式美なんで、
メロスピ、クサメタルシンフォニックメタル等のような、若くてオタクな
クサメタラーが喜ぶような派手さが無く、
クオリティーの割にはあまり
高い評価をされていない印象のバンドなんだが、レベルは高いぞ!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 Angel of Chaos  Right Here, Right Now
Dance With the Ghosts  Plectrum  Stand Up and Fight  The Voice of My Heart







"Savior Never Cry"




日本の様式美/メロディックメタルバンドによる9thアルバム。


ネオクラシカル様式美要素を持ちつつ、同時に正統派HM/HRの要素も
強く見せる国産ベテランバンドによる通産9作目のフルアルバムである!
本作から後にV系メタル、JUPITERに加入して話題を呼んだシンガー、
久世敦史氏が加入、
彼も過去のシンガー同様本格的なHM/HRシンガーで、
V系の軟弱なそれ
とは比べ物にならないパワフルでアグレッシヴな歌唱を
披露しており、むしろ何故彼がV系シーンに行ったのか理解出来んレベルである(笑)。
音楽的には過去作を踏襲しており、メンバーチェンジがあろうとも
一切のブレを見せないベテランの安定感が頼もしいな・・・!

1曲目は早速の手数、勢いを見せるギター、ドラムが暴れ、正統派寄りの
リフ
も聴ける疾走チューンとなるぞ!Voが実にパワフルで良いのう!
2曲目はワイルドな正統派と言えそうな曲調で、3曲目は珍しくキャッチー路線の
明るめな感じ
日本人的な感性もあるにはあるが、流石にガチのHM/HRだけに
ポップ過ぎずまだ聴けるだろうか!?4曲目はオーソドックスな印象の
メロディックHM。
5曲目はドラマティックさを感じさせるアップテンポで
様式美要素もあるが、どちらかと言ったらメロディックメタルに近いか!?
6曲目は軽快なノリがある正統派HM/HRで、アメリカンなリフなんだが
Voラインにはシリアスさもあるか!?ギターソロ前のハモリギター劇的だな・・・!
7曲目はメロウさ、憂いを感じさせ、サビで盛り上がる王道路線のHM/HRバラードだな。
8曲目はアップテンポのドラマティックな様式美HM/HRとなるが、ミドルテンポで
ヘヴィなストロングさも見られるな。9曲目も細かいネオクラギター
聴ける劇的なアップテンポで、10曲目もネオクラシカル路線の疾走感を放っており
11曲目もネオクラシカルギターが聴ける疾走チューンだ!


過去作を踏襲した様式美HM/HRが根底にあるものの、1曲1曲がなかなかに
バラエティ豊か
と言えそうな作風で、正統派もあれば珍しくポップ、
キャッチー路線
な曲もあったりと、曲それぞれの方向性が決まっている感じだな。
劇的な疾走曲もあるが、今回あまりコテコテなネオクラシカルギター
目立っている訳では無く、どちらかと言ったらメロディックメタルに近いだろうか!?
後半にキラーチューンが固まっているんで、途中でやめずに最後まで聴こう(笑)。
新たに加入したVoの歌唱力は高く、パワフルでアグレッシヴな歌い回しを
披露しており上記もしたが、何故彼が後にV系バンドに加入したのか
まったく理解出来ないレベル
だし、そもそも反則だろこんなの!(笑)
中学生の空手部の試合ミルコ・クロコップが
参戦するようなモン
だからな(爆)。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 Savior Never Cry  Lay Down Your Life (to Be Free)
In My Dream  Don’t Leave Me Now  Chasing the Devil  Slash the Lies







もどる


inserted by FC2 system