clear







"Dearest"




日本の叙情オルタナエモ系シンガーの1stアルバム。


ここ最近増えてきているネット拠点シンガーのデビューアルバムのようで、
音楽的には歪みが薄い軽めのバンドサウンド、ソフトタッチでライトな高音域のヴォーカル、
バックのアレンジ、メロディーライン等まさしくオルタナエモ以外の何物でもない
そういったスタイルを基調としつつもそこに+α的な他ジャンルの要素
ミックスしておりミクスチャーオルタナと呼んでもいいのかも知れんな・・・!
基本は軽めでメタリックなものを期待すると肩透かしだがメロディーラインは良く
叙情派オルタナとは名ばかりの歌詞だけのスカスカ文系ロック連中とは異なり
純粋に曲の良さが備わっているのは良いな!

1曲目はアップテンポで展開する王道の叙情オルタナで奇をてらってはいないが
メロディーが良くギターソロでタッピングを披露しメタルの素養も感じさせ、
2曲目はピアノにPROCOL HARUM・・・というかGOING UNDER GROUNDを思わせる穏やかな
プログレ系シンセが使われた叙情バラードでサビはストリングスも聴け盛り上がり
メロディーもキャッチーで良いな!3曲目は和の要素を感じさせる琴の音色
和音階を奏でるギター、ヴォーカルメロディーが聴けリズムは打ち込み
ただのオルタナエモに終わらない工夫が施されているな・・・!サビはKagrra.風
ギターソロはドンシャリではないが速弾きを披露しておる!4曲目はシリアスな
雰囲気
でちょい疾走しギターもそこそこに目立っておりまぁ歪みの弱い軽さがあるも
リフ捌きはHR風でサビのキャッチーさはオルタナというよりは初期Janne Da Arcを
思わせるメロディーライン
である!5曲目はバラードで遠くで聴こえるアコギ、シンセに
打ち込みリズムが静寂のメロウさを演出し穏やかさが強いな。6曲目はピアノ、ヴォーカルで
幕を開けアップテンポで明るくもメロウなシャレオツさを持ったライトな曲。
ギターソロが何気にメタル的な泣きのフレーズを奏でておるのう・・・!7曲目は
キラキラしたシンセで幕を開けるこれまたJanne Da Arc的な雰囲気を持った曲だ。
サビのメロディーラインもそんな感じだな。後半ではストリングスも挿入され
壮麗さ、シンフォニックさもあるぞ!8曲目はどこか民謡というかタンゴ風
言えそうなクサいヴァイオリンで始まりヴォーカルもそれ系のクサメロを歌う
クサメタラー好みの雰囲気を出すがサビは普通のオシャレ系J-POP化してしまい
そこが勿体無いのう・・・!だがインストパートはピアノ、ベース、ドラムが暴れ
ジャズ的なプレイを披露しなかなか面白いな。9曲目は穏やかなピアノ、
打ち込みリズム
ムーディーさを演出するオシャレバラード。10曲目も
ピアノに穏やかな打ち込みリズムが聴けるバラード系でストリングスが
壮麗な盛り上がりを見せる
のが9曲目との違いか!?


見てくれからまず軟弱そうな空気がプンプンでタマ無しヘナチョコカスバンドだったら
どうしようと思ったがその心配は杞憂、思わぬ掘り出し物にガッツポーズが出たわい!
パワーは無いが歌唱力は高くファルセットの説得力もありそこいらのヘナチョコ
オルタナ連中
とはタイプこそ同じなれど比較は出来んな!史上最低の暴力オナホと名高き
“鬼〜オーガ〜”神の穴、TENGA
比較するが如き愚行なりッ!(爆)
まぁちょいとバラードが多めでアルバム前半は良いが
後半で失速する印象があるも藍坊主、Dirty Old Men、JANGA69等といった
曲の良さで勝負している国産叙情エモ初期Janne Da Arc、
Acid Black Cherry
等といったキャッチーな哀愁寄りのV系が好みの
メロディー派リスナーにオススメできる1枚である!一応はメジャーで
流通している10曲入りのフルアルバム
にしては価格が2000円
良心的なのも好印象だな!日本のバンドのアルバム価格は基本3000円だからなぁ・・・!
不況の世にもありがたいアルバムだと言えそうか!?(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 Calc.、「ねぇ。」 、いろは唄 - DasocleaR、
Sweet Sweet Cendrillon Drug、闇色アリス、カンタレラ - cleanero







もどる


inserted by FC2 system