cinema staff







"Drums,Bass,2(to) Guitars"




日本のオルタナティヴ/マスロックバンドによる3rdアルバム。


勢いのあるthe band apartみたいな評判をかねてより耳にしていた国産バンドで、
本作はメジャーに進出してからは通産2作目になっているらしく、非HM/HR勢の宿命として
セルアウトクソつまらん売れ線ポップスに走ってしまいそうな予感がするんだが、
本作の段階では歌謡オルタナ然としたメロディーラインを見せつつも細かく緻密な
テクニカルさ
を見せており、カオティックコアと言うよりもプログレ、マスロック的な
技巧
を存分に発揮し、インテリジェンス漂うプログレバンドがあまり拘らず適当に付けた
ようなアルバム名
に違わぬプログレ的側面を見せてくれるぞ!

1曲目は早速の勢いを感じさせつつも緻密なアンサンブルテクニカルさを披露、
ヴォーカルは線が細くいかにもオルタナってな塩梅だが、サビは歌謡曲的なフックを
見せているな。
2曲目は落ち着きも見せつつもやはり細かいテクニックが見られる曲で、
3曲目は軽快なノリオルタナらしくもやはりギターが細かく、4曲目は歌謡J-POP然とした空気を
発散しつつテクニカルな勢いを見せているな・・・!5曲目はパンク的な荒々しさを放つ
ノイジーなギター
が登場、ガレージロック的な荒さがあり絶叫シャウトも聴けるぞ。
6曲目は軽快なノリ穏やかさ、歌謡オルタナ臭を発散、7曲目はシタールのような
音色
が聴け怪しくも相当にユルい感じで、8曲目はthe band apartのような
穏やかなラウンジ風のムードを放ち、9曲目は大人しくもどこか雄大なポストロック的
風情
を醸し出すバラードだが、中盤から急に勢い良く疾走!メロディーもかなり歌謡曲的で
クサさがあるな・・・!
10曲目はイントロがいきなりのクサさを放ち疾走もするが、
その後はテクニカルなギターが目立った歌謡オルタナとなるぞ。
ヴォーカル等ヴィジュアル系に近い印象もあるな・・・!


ヴォーカルの声質やメロディーラインこそいかにもな国産オルタナだが、まぁ下手では無く
聴くに堪えないようなゴミ
とは異なり、楽曲や演奏も下手糞でセンスも無いそこいらの
クズバンド共
とは一線を画した、「音楽」としてマトモな仕上がりを見せているのう・・・!
まぁ基本は国産オルタナなんで俺の好みからは遠くもあるが、キチンと聴ける仕上がりに
なっているのが良いな(笑)。クサさはあれどドラマティックさは無く、そこがHM/HRとの違いだろうな。
技巧、歌謡曲クサさをキープしつつもダサさ、HM/HR的アグレッションを減退させた、
オシャレな9mm Parabellum Bullet
と言えそうなサウンドだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 theme of us







もどる


inserted by FC2 system