chachamaru







"Air"




日本の大物テクニカルプログレギタリストのソロアルバム。


かつて国産プログレスーパーバンド、GERARDやVIENNAに参加し
元X JAPANのTOSHIのソロでもギターを弾き最近はGacktファミリー
地味に頑張ってる化粧の濃いテクニカルギタリスト、藤村“茶々丸”幸宏
ソロアルバムである!!VIENNA時代はギターはおろかヴォーカルも本人が担当しており実にプログレ的な
線の細いハイトーンを聴かせてくれていたわけで本作でも彼のギターとヴォーカルが
聴けるわけだが何と言っても本作は参加ゲストが凄い!かつてVIENNAで同じ釜の飯を食った
西田竜一と永井敏巳、そしてこれまたやはりTOSHIのソロにも参加していた手数王と
称される超絶ドラマー菅沼孝三、
そしてシンセがOUTER LIMITSの
塚本周成、
さらにヴォーカルであのLOUDNESS、X.Y.Z.→Aのニ井原 実、
EARTHSHAKERの西田昌史(通称マーシー)、
さらにGacktも参加と、
大物達が揃いに揃った印象があるのう・・・!音楽的にはかつてのようなプログレ色は無くむしろ最近の
Gacktに近い感じ
がするが本作はGacktファンのバンギャよりもプログレッシャーに
こそウケるアルバム
なのではなかろうか!?

効果音に続いてYES辺りを思わせるアコギが聴けるイントロに導かれ打ち込み
リズムとメタリックなリフ
が聴ける2曲目はインダストリアルっぽくも最近の
Gacktの曲に近い感じ
のスタイルを持つ曲である!茶々丸自らとるヴォーカルも
VIENNA時代と比べて上手くなっているのが判るな。アームを駆使して
唸りまくるギターソロ
も熱い!!3曲目は打ち込みリズムの淡々とした曲だがサビの
メロディーが良い。
アコギもいい味を出しているぞ!ストリングスも効果的だ!
4曲目はスカ系ホーン入りの明るいアメリカンロック的曲調で正直好みじゃないなぁ・・・!
5曲目はGacktがヴォーカルで参加している壮大なロックバラードで最近の彼の
ヴォーカルスタイルは伝説のMALICE MIZER時代と比べて精彩を欠いている
ように感じられるがここではかつてを思わせる深みのあるエモーショナルな美声
響かせている!MALICE MIZERも再結成してくれんかのう・・・!間奏のソプラノが聴ける
シンフォパートは悶絶モノ!そして6曲目は上記した手数王が参加した曲でイントロから
超テクニカルなドラミングが聴ける!プログレ的な複雑なリズムワークに乗る
シンフォニックなシンセがクサすぎる!!ギターリフ、そしてアコギもたまらん!!
この曲は強烈だぞ!!シンセソロ、ヴァイオリンも凄い!勿論ギターも唸る!
本作中最もプログレッシヴな楽曲に大満足じゃ!間奏後のヴォーカルパートでは
チャーチオルガンも飛び出し様式美、お城系プログレの真骨頂が堪能できるぞ!
7曲目はニ井原のアグレッシヴなヴォーカルが聴ける曲だ!茶々丸やGacktの
ヴォーカルも良いがやはりこういった熱いメタルヴォイスが聴けると妙に落ち着くのは
俺がメタラーだからか!?(笑)まぁ曲調はヴァン・へイレンの“パナマ”みたいな
明るいアメリカンロックで正直好みじゃないが(爆)。だが間奏はやはりシンフォプログレの
要素が顔を覗かせ良い(笑)。8曲目はVIENNA時代の曲“CANONE”の再録だ!
穏やかかつ壮麗なシンフォプログレ大作が堪能できるぞ!プロダクションも
シンセの音色も当然だがオリジナルより良い(笑)。9曲目はマーシーがヴォーカルをとる曲で
ペンタトニック主体のブルージーなスタイルながらライヴでのイングヴェイの如く
ギターを弾きまくるのが良い!あっちのような手癖全開ではないぞ(爆)。


そこまでプログレというわけではなく特に前半は最近のGacktっぽい雰囲気の曲が
多いもののそれでもプログレ者にウケる要素はあちこちに点在している!
楽曲の出来が普通に良いためコアなプログレッシャーのみならず普通のHR/HMリスナーも
十分楽しめる
だろう!勿論Gacktのルックスではなく、楽曲を純粋に楽しんでいる
音楽リスナーにもオススメの1枚
である!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 Divine、as、Kagero、
Luscious、CANONE







もどる


inserted by FC2 system