BURZUM







"HVIS LYSET TAR OSS"




ノルウェー出身の伝説のブラックメタラーによる3rdアルバム。


本作がBURZUMの代表作として多くのブラックメタラーの間で
知れ渡っている1枚であろう!狂気に満ちたサグライフを実践し
後期においてはム所の中からアンビエント寄りのアルバムを
リリースするなど精力的(?)な音楽活動をしてきたノルウェーが生んだ
極悪ブラックメタラー、カウント・グリシュナックによる
負の感情をこれでもかというほど叩きつけるかのような
暗黒の真性ブラック、それがBURZUMだ!

本作はフルアルバムなれど曲数は4曲しかなく長尺曲で占められている。
音楽的にはノイジーなギターのバックにシンセが幽玄さをかもし出し
ブラストは無いがたまに疾走、あとはミドル〜スローでひたすら暗く悲しい
絶望的な世界観を演出するスタイルで音質はこの手のジャンルらしく
非常にペラペラだ。カウントによる絶望感むき出しの絶叫
ただアグレッシヴでブルータルなデス声(ブラック声?)ではなく、真に迫る絶望、
嘆きの感情
が込められた搾り出すようなシャウトである!
2曲目はブラストではないがちょいと疾走気味になり絶望に満ちた
搾り出しシャウトが聴ける恐ろしく暗いブラックメタル。音質はチープなのだが
それが逆に曲の持つ不穏さを引き立てているな。DIMMU BORGIRやANOREXIA NERVOSA、
CRADLE OF FILTHのような煌びやかなシンフォブラックとは明らかに違う、
シンフォニックなシンセやメロディーは確かにあるがそれも全て負の感情、
禍々しさ
を演出するために存在しているのだ!3曲目も思った以上に
疾走しているがやはりおどろおどろしいシンセノイジーなギター、
カウントの喚き声
凄まじく邪悪だ!4曲目はうってかわって
トランス的音色のシンセ空間的雰囲気を演出するアンビエント系の曲。
この曲がのちのアンビエント系ブラックの元となったのであろうか!?
ただ大人しい空間音楽ではなくやはりどこか病んだ雰囲気があるな。


もっと邪悪で音楽離れした内容かと思っていたが今聴いてみると
思ったよりも音楽的でまだ普通に聴けるな。だが本作が持つ
本物の狂気はいつまでたっても色褪せる事は無いのだ!
同じサグな者達、例えばヤクザやギャング、マフィア等とは
明らかに違う真性のイカレ野郎にしか出せないブルータリティー
実にエモーショナルである!ちなみにちょい前に
カウント、ム所で自殺したとかいう噂が出回ったのだが
実際のところはどうなんだろうか!?



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 75% お気に入り曲 Hvis Lyset Tar Oss、
Inn I Slottet Fra Droemmen







"Belus"




ノルウェー出身の伝説のブラックメタラーによる7thアルバム。


ちょい前に獄中で自殺したなんて噂もあったがかつての志村けん同様
バリバリのガセだった(爆)、ブラックメタルシーンの生きる伝説
カウント・グリシュナック
お勤めを終えシャバに戻りいきなり
リリースされたまさかの新譜である!ム所の中にはシンセしか持ち込めず、
またレイシストでもあったカウントはメタル、ロックは元々黒人音楽が
ルーツなんでもうやらん!
と豪語していたが本作の方向性は何と手のひらを
返したかのように前言撤回し
初期の頃を思わせるプリミティヴな
ブラックメタル
となっておる!劣悪な音質、潰れたノイジーなトレモロリフ、
時に病的な鬱さを醸し出し絶叫するよりも呟くような声が聴けスローなパートも
多くカウント本人は普通にメタルアルバムとして聴いてくれとか言っているようだが
やはり病んだ世界観は健在で長尺の曲も目立ち絶望と退廃感、
鬱さ
を強烈に演出するBURZUM・・・というかプリミティヴブラック以外の何物でもない音が
渦巻いておる!また今回アンビエント要素は皆無でそれどころかシンセの類も
使われてはおらずごくノーマルなバンドサウンド・・・ギター、ベース、ドラムと
ヴォーカルのみ
最小限の構成になっておりリードギター
さらにはギターソロ(!)までも披露しこの辺が普通にメタルアルバムとして
聴いて欲しい部分
なのだろうか!?


一応はエクストリームメタルのカテゴリーに入る音なのだろうが激しさ、
ラウドさ、凶暴性
は無く病んだ世界を体現するかのようなノイジーな
ギターリフ、絶叫する声で呟くVo
が中心なのだが意外とベースライン
目立っており退廃的かつノスタルジックなメロディーを感じさせる箇所も多く
この辺がカウント・グリシュナックの持ち味である!長い曲が多いが
曲展開自体はさほど練られておらずある意味ミニマリズムを感じさせる
部分も多く疾走してない曲も目立つので聴き手によってはダレを覚えるかも知れんが
中盤では疾走しリフなんかカウントの言ったとおり普通にメタルとして十分に面白い
リフ、フレージング、展開
を持った曲も顔を出しただ病んだ雰囲気を演出するだけではない
しかとしたメタルミュージシャンとしてのスキル、センスの高さを披露しており
プリミティヴブラックをイロモノ視するメタラーも楽しめよう!何はともあれ
カウントの今後の活動が気になる1枚ではないか・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 Kaimadalthas' Nedstigning、Sverddans、Keilohesten







"Fallen"




ノルウェー出身の伝説のブラックメタラーによる8thアルバム。


ム所上がりだけに創作活動に飢えているのか前作より僅か1年程度の間隔でリリースされた
通算8作目のアルバムである!ム所暮らしで獄中にはチープなシンセ1本しか持ち込めず
アンビエント化していた時期もあったがシャバ帰り後は再びブラックメタルスタイルに戻り
チープ極まりない劣悪プロダクションがノイジーで荒々しい音を放ち暴虐さ、アグレッション以上に
絶望感、厭世感をこれでもかというほど見せ付ける、真性プリミティヴブラックの王道を突き進む
超ローファイサウンドを追求しておる!

1曲目はSE、怪しい声によるイントロで続く2曲目は相変わらずの劣悪極まりない音質
トレモロリフを披露しブラストも非常に軽く、しわがれたダミ声シャウトVo、
さらにクリーンVoも登場し怪しいムードを演出、途中何ともチープなベースと呟き声が聴ける
物静かなパートも登場するぞ。無駄に(!?)長く7分以上あるがリフ自体のメロディーは
なかなか良いな。3曲目はリフがメロディアスで意外とマトモな正統派メタル風のフレーズ
披露しヴォーカルはダミ声呟きクリーンが共に顔を出しやはり何とも怪しいムードがあるな・・・!
疾走はせずミドル〜スローで展開も特に無く反復、ミニマル的要素が強く、さらにこれまた
曲が長く10分くらいあるんで正直ダレそうだが意外とリフが良いんで癖になる人は癖に
なりそうだな・・・!(爆)4曲目は再びスカスカなブラストで爆走ししわがれシャウト、
トレモロリフ
も聴けるがデスVoは初期の頃・・・若い頃と比べるとかなり衰えているのが
判るなぁ・・・!だが中盤の喚き声はやはり邪悪な空気プンプンでカウントが只者ではない事を
アピールするかのようだ!クリーンVoはやはり怪しすぎるわい!(爆)5曲目はこれまた
ミドル、スローで展開しギターがメロディアスなフレーズ、リフを弾き
淡々としたムードを醸し出す曲。6曲目はこれまた妙にセンスの良い叙情的な
ギターフレーズ
が顔を出しトレモロリフも十分にメロディアスだがブラストで爆走はせず
ミドル〜アップテンポで妙に軽快に展開、クリーンVoも相まってどこかニューウェイヴ、ポジパン的な
暗いムード
を感じさせるのう・・・!7曲目は呪詛的なパーカッション原始のムードを発散、
まさに正しい意味でのプリミティヴミュージックを展開するインスト。


相変わらず劣悪な音質、無駄に長い曲、怪しすぎる呟きクリーンVoキワモノ臭さ
持ちつつも意外と良質な退廃メロディー、センスあるリフワークが堪能出来真性
プリミティヴブラック
が好きな、世の中が憎くて憎くて仕方がない厭世メタラー、
絶望大好きメタラー
なら十分に楽しめよう!まぁ俺はまだ急ぎもしなければ人類に
絶望もしちゃいない
ので(笑)、精神性よりも音楽性、クオリティー重視のメロディックブラック、
シンフォニックブラック
のほうが好みだがこっちはこっちでリフのメロディーが良いんでそこは楽しめるな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 Vanvidd







もどる


inserted by FC2 system