BETWEEN THE BURIED AND ME







"Colors"




ノースキャロライナ出身のカオティックハードコア/プログレデスメタルバンドの4thアルバム。


カオティックコアの畑で語られているバンドではあるがその音楽性は
紛れも無くデスメタル!しかもかなり複雑かつさまざまな要素が
ごった煮にされている、プログレッシヴなデスメタルである!
そんな彼らの持ち味は展開に次ぐ展開による暴虐さのみならず
非常に叙情的でドラマティック、美しいメロディーをも持ち合わせている
所だろう!デスメタル、ハードコアを主軸にメタルコア、メロデス的
叙情リフ、プログレ、カオティックコアの変拍子、
そしてポストロック、
エモ
の流れを汲むエモーショナルさ、さらにジャス、フュージョン、ボサノバアレンジ
かなりの浮気者でかつド変態である!(爆)大作も多く8曲中10分超えが3曲、8分の曲が1曲と、
アルバム中半分が大作だ。それでいて散漫になる事は無く統合感があり
恐るべきセンスの良さでもって完璧に構築されている!曲間が無く全曲が
繋がっておりアルバム一枚で1曲と捕らえる事も可能だな。

QUEENすらも想起させるピアノとコーラスが聴ける1曲目からして
カオティックコアの範疇を超えている!シンセもプログレ風味を出し
かなりメロディアスだ!だがその後デス声、ブラストが登場!
しかし優美なメロディーを忘れることは無い!上記したようカオティックハードコアと
いうよりはまさにプログレッシヴなデスメタルと言える音楽性だな。
しかしこのシンセ使いといい暴虐さの中に煌くメロディーといい
かなりセンスあるバンドだ!ハードコア、プログレ、メタルコアから
さらにジャズ、フュージョン的素養すらも見せ付ける多彩な要素は
まさに時代の最先端をいくメタル!Convergeや
The Dillinger Escape Plan
とは全然違う独自のカオティックコア
追求しているといえる!3曲目はパーカッシヴなドラムに導かれ
中近東的なツインリードが登場するエキゾチックな曲だ!
その後はブラックメタル的トレモロリフとブラストで爆走
さらに変拍子バリバリかつ叙情的なメタルコアリフが登場!
かと思いきや今度はスローになりエモコア、ポストロック的クリーンVo
優しく歌い上げる!1曲の中にさまざまな要素が詰め込まれており
凄まじいまでの展開を見せてくれるぞ!4曲目も暴虐なデスメタルに始まり
途中ジャズ風のパートが登場、その後急に滅茶苦茶クサいネオクラシカルな
ツインリードギター
が現れるのも凄いな!まさに何でもありである!
その後も目くるめく展開を見せ聴き手を混乱させる変態的な大作だ!
5曲目はネオクラシカルでメロディアスなギターが聴けるプログレ様式美
クサメロデス
となる!テクニックもかなりのものだな!延々とツインリードが聴け
その後一瞬ブレイクしさらにプログレメタル的展開となる!
この曲はとにかくギターが素晴らしい!ツインリードでユニゾンしたり
対位法で複雑に絡み合ったりネオクラシカルな叙情クサメロを奏でたりと
全編に渡って大活躍である!もちろんリフもいい!だが途中エモ、ポストロックに
なったかと思いきやその次にはなんとカントリーになる!(爆)
まさにド変態!ブックオフで北斗の拳を立ち読みしようとしたら
ブックカバーだけ北斗中身はローゼンメイデンだったのと
同じくらいの衝撃!!いやローゼンメイデンなんて読んだ事無いけど名前だけ知ってたので
とりあえず引き合いに出させてもらった(笑)。それに続く6曲目も
ギターが絡み合うプログレデスだがその後アコーディオンが現れ
急にコミカルに!!これはまさにブックオフで北斗の拳を立ち読みしようとしたら
ブックカバーだけ北斗で中身はごっちゃん若貴ブラザーズ
だったのと同じくらいの衝撃!!いやごっちゃん若貴ブラザーズ知ってる人がどれくらい
いるのか不明
だが個人的に大好きだったのでとりあえず引き合いに
出させてもらった(笑)。ラストの8曲目も大作だが後半にはメロスピ風の疾走を見せギターが
クサいフレーズを奏でまくるぞ!最後はピアノでメランコリックに締める・・・!


こいつは驚いた・・・こんなに優れたバンドがいたとは!
カオティックコア、メタルコアファンからメロデス、ブラック、
プログレメタル好きにまで幅広く対応できる壮絶な一枚である!
メロディー自体が優れているためメロディー志向のメタラーにも
十分受け入れられるだろう!こいつらは紛れも無く変態にして天才である!!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 93% お気に入り曲 全部。特に“Ants of the Sky”







"The Great Misdirect"




ノースキャロライナ出身のカオティックハードコア/プログレデスメタルバンドの5thアルバム。


カオティックコアプログレメタル要素の濃い
デスメタルを持ち味としコアなリスナーの魂を鷲掴みに
した変態カオティックメタラーによる待望の新譜である!
キチガイ染みたテクニカルデスにジャズ、フュージョン、
ボサノヴァ、エモ、ポストロックの要素を闇鍋的にブチ込み
さらには様式美メタルのギタープレイまで取り入れ
壮絶な音世界を構築、俺等みたいなリスナーを喜ばせて
くれたわけだが果たして本作は一体どういった変態振り
我々を興奮させてくれるのだろうか!?見ていて(聴いてて)
楽しい変態
はそうはおらんぞ!(笑)

1曲目はクリーンなギターが穏やかでムーディーな
雰囲気
を放ちヴォーカルもマイルドなソフトタッチ
歌い、中盤でドラム、ベースが変拍子で登場するジャジー
いうかフュージョン風の曲。そして2曲目でようやく
プログレメタルとなるぞ!ヴォーカルはデス声だが
バンドサウンドにへヴィさは無く紛れも無いプログレメタル!
一瞬疾走したりリズム落ちでノイジーなリフが聴けたりしつつも
根底にあるのはテクニカルメタルのそれである。若干の
不協和音がカオティックコア成分だろうか!?途中でシンセが
アトモスフェリックさを出すもバンドサウンドが途切れる事は無く
終始変態的変拍子で展開していくぞ!後半のギターソロは
いかにもフュージョン風である。3曲目はアグレッシヴに
疾走するデスメタル要素の濃い曲で速いパート、スローパート、
変拍子パートが矢継ぎ早に飛び出しギタープレイもいかにも
テクニカルなプログレ/カオティックコア風だ。だがそれも
つかの間で静寂パートに突入、穏やかなクリーンギターが聴け
アトモスフェリックなポストロックと化す!アコギソロは
美しいが好みの曲調ではないな・・・と思っていたら再び
バンドサウンドが登場し今度はMESHUGGAHみたいなマシーナリーさが
演出され変態ギターフレーズと共に疾走もする!そして妙に古臭く
ノリのよい
ギターが聴け70年代ハードロックのような雰囲気になり
ハモンド、ギターソロもまさにそんな感じだ(笑)。そしてまた
穏やかなパートになりベースソロも聴けるぞ。そしてブラスト、
奇妙なコーラス、変拍子がラストを締めくくる。4曲目はこれまた
古臭いノリのオールディーズ風の曲調で始まり変態プログレデス
要素が顔を出すがこの曲はあまりコロコロと曲調は変わらずそのまま
突っ切りそして後半でアコギのストロークが聴ける穏やかな
パートになるぞ。5曲目はそのまま繋がりアコギがメロウさを
演出、
ストローク弾きが聴けるブルースとなりそのまま穏やかな
叙情プログレ
(非メタル)となるメロディアスな曲だ。6曲目は本作中最長の大作
パーカッションとシンセがスペイシーな雰囲気を出しプログレメタル
サウンドが切り込みスパニッシュ風のクリーンギターも披露され
変態色濃いテクニカルメタルが展開される!エモ、パンク風の
クリーンVo
も登場するぞ!中盤でパーカッションも再び聴け変態アグレッシヴ
カオティックメタルサウンド
と混ざり合い爆走!10分過ぎからさらに
プログレ振りが加速しテクニカルなギターソロにハモンドソロが聴ける!
ツインリードは実にドラマティックで良いな!そして緊迫感に満ちたドラムに続き
これまたMESHUGGAHライクな機械的テクニカルデスと化す!
そして次はなぜかハワイアン風のアロハなパートになり(笑)アコギが実に
叙情的なフレーズを紡ぎバンドサウンド、クリーンVoがエモな雰囲気を演出!
再びテクニカルプログレメタルに戻り18分に及ぶ大作は幕を降ろす。


全6曲だが殆どの曲が長い辺り流石にプログレメタルである!
だが今回どうも前作のようなはっちゃけたアグレッション
減退しておりジャズ、フュージョン、ポストロック風の穏やかな
パート
が目立ちアグレッシヴな変態テクニカルデス
期待すると肩透かしになっちまうのう・・・!相変わらず1曲の
中に様々な曲調が半ば強引に詰め込まれており変わり身の早さは
凄まじく聴き手は何度もDIOと対面したポルナレフの心境を
味わえる事間違い無しである(笑)。「あ、ありのまま感じた事を
話すぜ!俺はデスメタルを聴いていたと思っていたのに、
いつの間にかラウンジポップを聴いていた」

まぁ前作と比べると落ちるのは否めないが変態性は十分なので
次は以前のようなアグレッション重視のスタイルに戻って
もらいたいものじゃ!本作における6曲目のような曲調中心で頼む!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Disease, Injury, Madness、
Swim To The Moon







"Parallex: Hypersleep Dialogues"




ノースキャロライナ出身のカオティックハードコア/プログレデスメタルバンドのミニアルバム。


カオティックコア、スクリーモ、メタルコア、デスメタル、プログレメタルを基盤に
他にも様々なジャンルの要素を惜しみなくブチ込み独自の変態性をこれでもかというほど
見せ付けるノースキャロライナの雑食エクストリームバンド3曲30分のミニアルバムである!
ただカオティックなだけではなく叙情性を感じさせるメロディーライン様式美とすら言えそうな
メロディアスなギターソロ
も顔を出しTHE HUMAN ABSTRACT等と同じタイプとして語られる事も多いバンドだが
前作はちょいとラウンジポップ要素が強くなっており勿論聴き所も多かったが大人しくなった感は
否めなかった・・・!
果たして本作はどうなっているのであろうか!?

1曲目はピアノが邪悪な不協和音を奏で不穏さを演出、ホーンやヴァイオリンの
ピチカートにクワイアも登場し怪しいシンフォニックなムードを醸し出した後早速
変態的テクニカルカオティックコアになるぞ!アグレッシヴかつクレイジーに
畳み掛ける変拍子、スクリーモ、メタルコア寄りのデスVoが傍若無人に暴れ倒し
そしてノリの良い部分も垣間見せクリーンVoの後はクリーンギターによる穏やかかつ
緊張感あるパート
が少し登場、その後は再び変態スクリーモ/メタルコアサウンドとなり
そしてキャッチーさのあるクリーンVoも聴け、その後パーカッシヴなドラム
これまた怪しい呪詛的なムードを醸し出しクリーンVoも怪しさプンプンだな!
後半付近でさらに変態っぽさが加速し不協和音ピアノも一瞬切り込み疾走しつつ
テクニカルに、へヴィに突き進むぞ!
そしてまたしても展開が変わり怪しくいい意味で
チープなムード
を感じさせるコミカルな要素を持った奇妙なパートに突入!ヴォーカルが
絡み合い人力テクノとも形容できそうか!?2曲目はいきなりのテクニカルギターが
プログレッシヴに弾きまくり
そしてアグレッシヴなカオティックメタルコアサウンドに突入!
ヴォーカルもデスVoで咆哮しまくりリズムは複雑極まりない変拍子(ポリリズム?)で
全ての楽器が絡み合わない(爆)展開を見せるのう・・・!へヴィさも感じさせクリーンVoによる
コーラスも顔を出すが基本はデスメタルである。ギターソロはプログレ的な知性を持った
エモーショナルな泣きを見せそして怪しいギターのオブリで疾走した後はタンゴ、ポルカの
3連リズム
で実に怪しい昔の牧歌的な映画とか、記録映像ライクな(?)ほのぼのパートが
顔を出す!(爆)
その後はノリを保ったまま爆走し後半は壮大なムードを感じさせる
クリーンVo
が聴けるスローパートでドラマティックさを見せるぞ!3曲目は穏やかなアコギ、
シンセが叙情性を演出、
ギターとシンセがユニゾンするプログレフレーズを交えつつも
フュージョンでありそうなオシャレ感漂うムーディーなパートが続いた後はデスVo、バンドサウンドが
顔を出すもそこまでアグレッシヴではなくプログレメタルのヴォーカルがデスVoになった感じだな。
ギターソロはかなり丸みを帯びた歪みの薄い音色でエモーショナルなプレイを披露しやはり
フュージョン色が濃いがその後アグレッシヴになりいつも通りの展開に戻るぞ!中盤は奇妙な
変態ムード
が増し木琴がちょいコミカルさを交えつつ変態的に爆走!ギターがテクニカルな
オブリを放り込みシンセもプログレ風味を醸し出しそして後半で叙情的なクリーンVoが
ウィスパー気味のコーラス
を披露しテンポダウン、穏やかかつドラマティックな空気を放ち
ギターも泣きを見せておるのう・・・!


ラウンジポップの大人しさが目立った前作と異なり再び変態カオティックメタルコア
戻ってくれた感があり極めてテクニカルな事この上ない複雑怪奇な変拍子リズムを基本に
へヴィになったり疾走したりとせわしなく展開、ヴォーカルは殆どがデスVoでクリーンVoは
一部のコーラスのみと、かなりアグレッシヴになった印象がありメロディアスさがちょいと
減退した
かも知れんがこの攻撃性があるからこそ叙情パート、穏やかさも生きるのだ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 全部







"Parallax II: Future Sequence"




ノースキャロライナ出身のカオティックハードコア/プログレデスメタルバンドの6thアルバム。


来日公演も果たしたノースキャロライナのド変態カオティックプログレメタルバンド
ミニアルバムを挟んでの通算6作目のフルアルバムである!知名度を上げた4作目では
デスメタル的アグレッションを内包したカオティックコア要素の強い変態テクニカル
スタイル
を基盤としつつもそこにネオクラシカル様式美フレーズをも導入、技巧的かつ
ドラマティックでメロディアス
と言うインパクト大の個性を見せつけていたが続く
5作目ではラウンジ的な穏やかな要素が目立ち始めデスメタル要素が減退しちょいと
肩透かしを食らったのも確かだ・・・!ミニアルバムではアグレッシヴさが戻って来たが
その分メロディアスさに欠ける印象があり中々4作目のようなバランスは見られなかったが
果たして本作はどうなっているのであろうか!?

1曲目は何と穏やかなアコギ、ソフトなクリーンVoで幕を開け何ともまったりした
ムードを演出、
続く2曲目はプログレメタル然としたテクニカルなアンサンブル
知的なムードを醸し出すもデスメタル要素は皆無、その後聴けるヴォーカルだけが
デスVo
でそれ以外は完全にDREAM THEATER的音作りなんでギャップが凄まじいのう・・・!
その後は怪し気なクリーンVoも顔を出し後半はアップテンポ変態的テクニカルさを
発揮する!
3曲目はカオティックコア成分の強い変態デスメタル要素
見せつけ疾走!アグレッシヴさもしかとあるがそこまで暴虐では無くあくまでも
テクニカルプログレの要素がメインで途中妙にほのぼのしたパートも登場だ!
その後のコーラスやギターソロ、バックのストリングスシンセ実に美しいな。中盤も
見事な変態マイク・パットン関連を思い出させてくれるのう・・・!後半の穏やかな
パートは何故かレゲエ風だ(爆)。4曲目はデジタルサウンドが聴ける短い繋ぎ
5曲目はシンセがどこかエキゾチックなフレーズを奏でバンドサウンドも登場、
硬質なプログレメタルスタイルオリエンタルさを放ちヴォーカルはデスVo
アンサンブルもテクニカルさを見せるぞ!クリーンVoもまた東洋的かつキャッチー
印象に残るわい!中盤は疾走しブラストも登場だ!6曲目は語りによる短い繋ぎ
7曲目はピアノ、クリーンVoがソフトなメロウさを放ちアトモスフェリック的質感
醸し出し気だるさを放つバンドサウンドも登場する短いスロー曲。そのまま続く8曲目は
出だしからアグレッシヴなデスメタル要素を放ちヴォーカルもデスVoで捲し立てるぞ!
中盤はマイルドな泣きのギターが聴けオシャレなメロウさを見せどこか
フュージョンライクな空気があるか!?9曲目は怪し気なピアノ
プログレッシヴさ満点の変態バンドサウンド胡散臭いムードを演出し
コミカルな中に奇妙さを感じさせるのう・・・!10曲目はそのまま変態ムードを
引き継ぎ
よりカオティックなテクニカルさを増強し疾走!変態っぷりの中にあって
クリーンVoが妙にエモいな(笑)。中盤の怪しくもメロディアスなギターソロ
聴き所である!後半はベースが人力トランス的反復フレーズを奏でる中落ち着きのある
クリーンギター
が聴けるぞ。11曲目は本作中最も長い15分の大作で出だしは
スロー穏やかかつ緊迫感も感じさせ妙に落ち着いたヴォーカルも登場、
その後はプログレメタルサウンドデスVoが登場しテクニカルかつ劇的な
アレンジ
を見せつけるぞ!中盤はハモンドが聴けどこかコミカルなムードを演出、穏やかな
クリーンVo
はやはりプログレ的で後半はストリングスクラシカルな
ムード
を醸し出しドラマティックじゃのう・・・!12曲目は穏やかなアコギによるアウトロだ。


本作も相変わらず見事なまでに変態テクニカルメタルだがカオティックコアのような
ブチ切れた凶暴なテンションの高さは無くあくまでもプログレメタルの知性を感じさせ
ただひたすらに不協和音、変拍子を連発するだけでは無く緩急付いた曲構成を見せており
ある意味統合性があると言えよう・・・!合間合間に短い繋ぎを入れつつ10分前後の
大作
で攻めるスタイルはいかにもプログレ的カオティックコアデスメタル好きよりも
やはりプログレッシャーに喜ばれそうな感じだな。様式美要素は無くなったが
ユルいラウンジ要素も減退、プログレッシヴさカオティックデスメタルスタイル
適度に融合しておりインパクトは減ったもののクオリティーは高いのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 Lay Your Ghosts to Rest  Extremophile Elite  Telos
Melting City  Silent Flight Parliament







"Coma Ecliptic"




ノースキャロライナ出身のカオティックハードコア/プログレデスメタルバンドによる7thアルバム。


カオティックコア、プログレメタルスタイルエクストリームメタルでありながら
芳醇なメロディーセンス耳の肥えたメタラー全般からの支持を集める実力派による
通産7作目の最新アルバムである!最近はそうでも無いが、一時期は様式美的な
ギター
まで盛り込んでおりクサメタラーにも存在を知られていたが、ここ最近は
メタリックなアグレッションよりもアーティスティックな方向に進みつつあり
本作はさらに穏やかでマイルドなサウンドで、エクストリームメタル要素はかなり
減退しており、
ここで聴ける音は最早プログレメタル通り越してプログレハード、
いやもう普通にプログレッシヴロックと呼べそうな部分すら見られるのう・・・!

1曲目は穏やかさ満点のクリーンギター、ソフトなVo、ピアノによるメロウな曲で、
後半盛り上がるもやはりプログレ的だな。2曲目はギターこそメタリックなれど
それ以外は普通にプログレしている感じで、途中グロウルも聴けるがデスメタルの
要素は無い
のう・・・!3曲目はそのままデジタルリズムスペイシーなシンセが乗る
昔ながらのサイケなプログレ風で、4曲目はピロピロギター、Vo怪しげな
空気
を醸し出しグロウル、ハモンドも登場、デスVo入りの胡散臭いプログレメタルだろうか!?
後半はアダルトな穏かさが見られるぞ。5曲目はまた穏かな感じHM/HR要素の無い
プログレっぽさ
があるも、途中でグロウル等も顔を出し多少は禍々しくなるか!?
中盤以降はブラストも聴けるのう・・・!6曲目は穏かな中にダークな雰囲気を見せるスロー曲で、
途中からプログレメタル化グロウルも登場、中盤は穏やかかつ爽やかな
ギターソロ
が聴けプログレっぽさを発散するぞ。7曲目はヘヴィな音作りながらレトロなピアノが
怪しさを演出
しており、唐突な叙情プログレ感もありまるで凄まじく胡散臭いA.C.Tみたいだ(爆)。
8曲目は壮大かつ怪しげな感じで、ピロピロギターメロトロン、グロウル等が聴け
穏やかなパートも顔を出し、後半はスペイシーでサイケなシンセが登場するのう・・・!
9曲目は出だしからかなりのプログレメタルで、ワウを効かせたギターが目立ち
途中でまた穏かなコーラスが登場するぞ。10曲目は爽やかなアコギも聴け、穏やかながら
どこか混沌とした印象もあり、11曲目は相当に美麗で叙情的なんだがどこか怪しく
胡散臭い雰囲気
が漂っているのが彼等らしい所だな。途中からバンドサウンド
盛り上がりプログレハードと化すのう・・・!


一時期の何でもありなごちゃ混ぜ感圧倒的なセンスで纏め上げたような変態的
カオティックプログレデスメタル
とはかなり方向性を変えており、圧倒的センスは
健在
ながら本作はほぼ完全にプログレメタル、プログレハードの音作りになっており
アグレッション、勢いを求めるエクストリームメタラーにはピンと来ない仕上がりに
なっているだろうなぁ・・・!とは言え上記したようセンスは健在なんで、彼等に攻撃性を
求めない知的なプログレメタラー
であれば良さを理解しその怪しい世界観
ドップリ浸る事が出来るだろう・・・!本作はエクストリームメタル上がりのプログレメタル
思って聴くよりも、多少デス要素の混ざったプログレメタルだと思って聴いたほうが良さそうだな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 The Coma Machine  King Redeem - Queen Serene
The Ectopic Stroll







もどる


inserted by FC2 system