BRAHMAN







"A MAN OF THE WORLD"




日本の大御所メロコアバンドの1stアルバム。


マキシマムザホルモンの新譜“ぶっ生き返す”に伴うツアーの
ファイナル公演の対バンとして登場、ホルモンよりキャリアの長い
先輩バンドだからかどうかは知らんがライヴ当日までシークレット
なっており当日のライヴ開始までファンは誰も彼らが出るとは
知らなかったようだ・・・!

そんな彼らBRAHMANの音楽性はメロコアスタイルに民謡、民族音楽の
要素
を導入した独自のものであり全体的にファンパンクのような
明るさは皆無!北欧メタルやエモコアに通じる湿った哀愁
常に湛えておりメロディーワークも日本人の琴線に触れる
哀愁歌謡クサメロ
を得意としているようだ!非常に有名なバンドで
名前だけは知っていたが質の高いバンドだとは知らんかったわい!

本作は彼らの1stアルバムでインディーズからリリースされており、
次の“A FORLORN HOPE”がメジャーデビュー作ということになる。
楽曲のクオリティーはこの時点で既に高く彼らの持ち味は本作で
既に顔を出していると言って良いだろう!メロコア的な雰囲気も強いが
哀愁もきちんとありまぁヴォーカルは弱いもののメロディーの質は良いぞ!
5曲目は和風・・・というか琉球(?)の息吹を感じさせる三味線風の
音色
で始まる民族的な曲で面白いな。6曲目はまるでLAメタルみたいな
雰囲気を持ったハードロックよりの曲。8曲目はアルバム中特に
クサめのメロディー
が聴ける疾走曲だ!途中で聴けるスパニッシュ的な
アコギ
の調べもクサくてたまらん(笑)。10曲目もクサいな!
メロウな前半から劇的に展開していくラストの11曲目も良い!


2nd以降に比べるとまだ普通のメロコア色が濃いもののそこいらの
バンドよりはレベルが高いので質の高いメロコアを探している
リスナーにオススメだ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 84% お気に入り曲 THERE'S NO SHORTER WAY IN THIS LIFE、 NEW SENTIMENT、NO LIGHT THEORY、SEE OFF、時の鐘







"A FORLORN HOPE"




日本の大御所メロコアバンドの2ndアルバム。


国産メロコア普及に尽力したキャリアの長い大物バンドで
音楽的にはたしかにメロコアの一つと言えるであろうスタイルではあるが
所謂青春ションベンパンク連中とは一線を画すクオリティーの高さがあるぞ!
メロディックパンクにフォークや民謡、民族音楽の要素を導入しているようで
エモに通じる湿った哀愁に日本人好みのクサクサ歌謡メロが存在する!
それでいて疾走感もありHAWAIIAN 6に通じる爆走クサパンクの系譜に
位置づけられるバンドだと言い切ってしまっていいかもしれんな!
ヴォーカルは独特の低音ヴォイスでどこか淡々とした感じがあり
まぁパンクだけに歌唱力レベルは極めて低いな。だが味はあるぞ!
ちなみに歌詞は英語詩の曲と日本語詩の曲が半々くらいだ。

1曲目のイントロはクリーンなギターによる哀愁クサメロ
その後疾走とクサメタラーにウケそうな構成だし3曲目のギターソロなんか
速弾きはしないがメタル的フィーリングがありセンスのよさを
感じさせてくれるぞ!4曲目も実に哀愁漂うクサメロを聴かせてくれるな・・・!
ラストのシンガロングも熱くそれでいて切なさを感じさせてくれる。
このコード進行は日本人の最も弱い所を突いてくるものだろう!
5曲目はうってかわってストロングな雰囲気を持った曲となり
リフの音色もパワフルだ!シンガロングも聴けヴォーカルも
男らしい歌い方をする!そして何気に流麗なメタルギターソロが登場!
演奏実は上手いんじゃないのか!?7曲目はインストでカントリー的な
ギタープレイ
を披露し素養の深さを見せ付けてくれる!
それに続く8曲目はどこかコミカルな和風ギターがイントロで登場し
疾走する曲だ!雰囲気的には普遍的なメロコアだがギターソロが
これまたクサい!
9曲目は巻き舌ヴォーカルスパニッシュメタル的
異国情緒クサさ
を放つ凄まじい曲だ!疾走パートもあるがそこは普通の
メロコア風。一番クサいのはアコギパートだろう(笑)。
11曲目はイントロこそバラード風だがその後爆走ハードコアとなる!
だがメロディーの哀しさ、クサさは決して失わず激情の慟哭メロコアが堪能できるぞ!!


ヴォーカルこそ弱いがバックの演奏力はこの手のバンドとしては
高い方
だと言えるだろう!特にギターがメタル的プレイを随所で
聴かせてくれメタラーも惹き付けられるかもしれんな!
そしてこの哀愁クサメロもやはりメタラーにウケが良さそうだ!
メロコアだからといって変な先入観でスルーするのは非常に勿体無い
良質のバンドだと言えるだろう!!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 88% お気に入り曲 全部







"THE MIDDLE WAY"




日本の大御所メロコアバンドの3rdアルバム。


民謡要素を取り入れた疾走哀愁メロコアをプレイするハイレベルな
バンドの3作目でキャリアの割にはリリースしているアルバムが
少ない
のだがライヴが活動の主体となっているのだろうか!?
詳しくは判らんが音楽的には従来の哀愁クサパンク路線はそのままに、
大人になったのか荒々しさや疾走感は残しつつもどこか洗練された
雰囲気
があるな・・・!演奏、特にヴォーカルの成長や楽曲のつくり、
プロダクション等実に垢抜けたと言えるだろう!

1曲目のイントロからツインリードが登場し疾走!ヴォーカルは
デス声のようなシャウト的歌い方をしており2ndより良くなったか!?
独自の湿った哀愁も健在でドラムもよく暴れているな。ギターソロも
やはり良い!2曲目はメロウな雰囲気になりヴォーカルがクリーンVoで
朗々と歌い上げており歌唱力が目に見えて向上しているな。
ちょいとヴィジュアル系みたいな歌い方と言えなくもないか!?
後半はやはり哀愁を纏い疾走するぞ!4曲目は哀愁を放ちつつも
ファストな展開が楽しめる疾走曲だ!シャウトするヴォーカルもカッコいいぞ!
メロディーはやはり良いな。メタルとは違うドンシャリすぎないリフ
湿り気混じりの哀愁を演出している!雪景色の中を泣きながら
疾走
しているようなイメージが湧く激情の1曲である!ドラムの暴れっぷりも良い!
5曲目はどこかカントリー的な雰囲気のあるエモーショナルな曲だが
やはり彼ららしいクサメロが聴けるぞ。哀愁クサカントリー
形容できそうなギターソロも面白い。7曲目はスローなイントロで
バラードと思わせておいてファストなハードコアに化ける爆走チューンだ!
だが途中クリーンギターのパートになったりと聴かせどころ満載で
勢いだけの曲にならない所が良いな。ラストの12曲目も哀愁メロ、メタリックな
ギターのオブリ
が聴けるパワフルなアップテンポチューンだ!


今回洗練された分バラード寄りのパートも増えさらにクリーンギターが
カントリー要素を多く含んでおり爆走哀愁パンクを求めるファンは
戸惑うかもしれん。前作よりはダレるかもな!?だがそれでもメロディーの良さはちゃんと残っており
キラーチューンの出来は前作より上だ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 The Void、
Double-Blind Documents、Show







"Antinomy"




日本の大御所メロコアバンドの4thアルバム。


メロコア、ハードコア民族、民謡の要素を取り込み独特の哀愁
産み出す事に成功している国産メロコアバンド、BRAHMANの4作目のアルバムである!
すでに10年以上活動しておりキャリアは長いベテランバンドなのだが
アルバムをリリースするペースは極めて遅くシングルは数枚あるが
フルアルバムとしてはようやく4枚目だ(爆)。

中東っぽいギターとパーカッシヴなドラミングに始まり
野郎コーラスで疾走する1曲目から彼らのアグレッション
同時に繊細さが浮き彫りになっているな。2曲目は変拍子入り
イントロ後疾走しつつも哀愁漂うメロディーが聴け穏やかなパートも
登場するが荒々しい疾走パートは実にアグレッシヴでハードコアの
香り
が漂っているぞ!漢らしいダミ声ヴォーカル独特のシブ味
あって良いな。3曲目はどこか中華風のギターが聴けラップっぽい
呟くような低音Voが現れるが荒々しく爆走するパートもある!
BRAHMAN特有の民族的、民謡っぽさが感じられるのう・・・!
5曲目は日本語詩のミドル曲マンドリン風のトレモロ
SYSTEM OF A DOWNとかを思い出すな6曲目も穏やかな
日本語詩バラードで独自性を持つ哀愁のメロディーが良い!
7曲目は久々の疾走曲でこの曲はノーマルなメロコアに近いな。
だが彼ららしい叙情メロディー、メロディアスかつ疾走感のある
ギターソロがそこいらのメロコア勢との違いである。8曲目も
爆走曲で哀愁メロを放ち疾走するぞ!ドラムがパワフルだな!
9曲目は疾走パートと穏やかな叙情メロが交錯する曲だ。
11曲目はドラムが目だった哀愁クサメロアップテンポ
途中3連リズムになりクサさを放つアレンジがたまらん(笑)。
勿論パンク的熱きシンガロングもきっちりあるぞ。ベースと
ギターのソロ
もあるな。

それともう一枚2曲収録されたCDがついており1曲目は彼らにしては
へヴィ寄りのギターが聴けちょいとヒップホップと言うか
ミクスチャー要素が入ったアレンジの曲で2曲目はドラムが目立った
ストレートに疾走するメロコアチューンだ。


全体的に速いパート、激しいパートの説得力がさらに増しており
ハードコア寄りになったのかと思わせるがアルバム中盤には
穏やかなスロー、ミドル曲があり叙情性も従来どおりきっちりとあるな。
民謡、民族音楽の影響を受けた独特の哀愁を持つメロディーラインは
本作でも健在である!これまでのアルバムよりもアグレッシヴさ
増したように感じられドラムがかなりタイトに頑張っているのが好印象である!
これまでのアルバムが気に入っているファンも初めて聴く人にも
オススメできる安定したクオリティーがあると言えるだろう!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 87% お気に入り曲 Speculation、Epigram、
Handan's Pillow、You Don't Live Here Anymore、逆光、







"超克"




日本の大御所メロコアバンドの5thアルバム。


メロコア畑で語られるバンドではあるが、メロディックパンク民謡、民族音楽要素
導入し決してブレない姿勢を見せ、さらにその精神性はハードコアらしくシリアスに
社会問題に取り組む
と言う、メインストリームにおいてはもはや絶滅寸前のバンドである!
本作は実に久々、5年振りの最新フルレンスアルバムとなっており、音楽的にも当然のように
ブレは無く、男らしい無骨さを持った荒々しくもストロングな疾走感に独特の不器用な
キャッチーな哀愁を放つメロディー
が乗るBRAHMANらしさ満点の音作りを見せておる!

1曲目はバスドラに始まり荒々しいギターサウンドも登場、シンガロングにこれまた
勢い重視のパンキッシュなヴォーカルが顔を出し疾走するがメロディーは非常に
キャッチー
で良いのう・・・!ギターソロと言うかリードギターも顔を出し短い中に
聴き所が詰まっておる!
2曲目も叙情的なメロディーを振り撒きつつ無骨ながら
勢いある疾走感
を見せるがノリの良いリズムも顔を出し祭りのようだな・・・!
ギターソロも聴けるぞ!
3曲目もやはりメロディーが良い疾走チューンで実に
勢いがあるのう・・・!4曲目は穏やかなクリーンギターパーカッシヴなドラム、
エモーショナルなヴォーカル
が乗るバラードで幕を開けるがその後は勢いあるサウンド
展開するぞ!TOSHI-LOWのヴォーカルも昔と比べて上手くなったモンじゃて・・・!
5曲目はブラスト寸前のドラムアグレッシヴな勢いを見せるファストな出だしだが
その後はヴォーカルが実にエモーショナルなメロディーを歌う哀愁バリバリの
ミドル曲
になるぞ!中盤のハワイアンミュージック風の穏やかさを見せるクリーンギターも
また面白いのう・・・!
6曲目は穏やかなムードを醸し出すマイルドなバラード系の曲。
7曲目はベースで幕を開けライトでノリの良いギターも登場、どこか怪しげなノリ
見せるがその後はストレートに疾走だ!ヴォーカルは穏やかさがありメロディーは
これまたキャッチーだな。
サビも判り易くギターソロも凄まじい勢いである!8曲目はハードコア的な
シンガロング
荒っぽさを見せるノリの良い曲だ!9曲目は穏やかなヴォーカルにどこか捻くれた
ギター、ベースのバッキング
が聴けその後はパワフルに疾走!中盤ではクリーンギターによる
ソロ
も顔を出すのう・・・!10曲目は何気に彼らがよくやるカヴァー曲で、Judee Sillの曲らしく
原曲は知らんが軽快なリズムで展開し穏やかなキャッチーさを見せているぞ。11曲目はこれまた
穏やかなムードを醸し出す曲調だ。ヴォーカルの進化がこういう楽曲に説得力
持たせておりメロディーラインもまた良いな・・・!途中でギターソロも顔を出すぞ。
12曲目は穏やかで物静かなムードを放ちその後盛り上がりを見せる、激情に満ちた
実にエモーショナルな曲である!
後半は勢い良く疾走し実にドラマティックじゃのう!
13曲目は民族音楽ライクなフレーズを奏でるギターで幕を開け怪しげなムードを
放ちつつ疾走開始!
ベースもゴリゴリ唸り実に勢いの良いファストチューンとなるぞ!
後半の穏やかなメロディーもまた聴き所じゃわい!


流石はBRAHMANよ!決して軸がブレない所か大半が疾走チューンでしかもメロディーが
エモい哀愁バリバリですこぶる良く、
演奏も荒々しさの中にタイトさがあり楽曲の
練り込みもよく出来ておる!
その他大勢のバンドのようにアルバムを重ねる毎に
牙をもがれ軟弱化していく
なんて事はBRAHMANには無い!いやむしろメロディー、
アレンジ等さらに進化すらしている
程だ!初回限定盤はDVD付きだが、カネ儲け主義の
クソレーベル
がよくやるオマケ程度のPV1曲だけみたいなふざけた内容では無く、どうやら
AIR JAM 2012でのライヴがフルで収められておりボリューム満点らしくこういう部分も実に素晴らしい!
非HM/HR畑のメインストリーム
でセルアウトせず己の道を貫き結果を出せるバンド・・・!
ジャンルは異なれどDIR EN GREYと同質のモノを感じさせる、稀有な存在である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 初期衝動  賽の河原  今際の際  露命  遠国  虚空ヲ掴ム







もどる


inserted by FC2 system