BUMP OF CHICKEN







"THE LIVING DEAD"




日本の歌謡グランジバンドの2ndアルバム。


物語性を持った歌詞が特徴だとされているバンドで、音楽性は
まったく別物なれどよくSound Horizonが比較対照にされている様だ。
そんなわけで彼らの音楽性は日本人的な歌謡曲要素を持った
グランジ、ラウドロックTHE BACK HORNCOCK ROACH、
ACIDMANストレイテナー辺りと同系列のバンドだろう。
ラウドロックとはいえモッシュを誘発するようなダウンチューニングの
へヴィなメタリックリフは皆無であくまでグランジ的なラフな
ギターワーク
が特徴である。クリーントーンによるバッキングが多く
へヴィさを求める向きには合わんだろう!ギターはよく下手だとか
言われているらしいがまぁ技巧重視のジャンルではないのでこんなもんでいいだろう。
上手い下手よりもギターの音色がまったく歪んでいない事の方が問題だ(爆)。
ヴォーカルも上手くは無いが独特の擦れた穏やかな声質が個性的である!
ちなみにシャウト(デス声)はまったく無し。

ただ流石に売れ線セルアウトバンドだからなのだろうがとにかくバラードが
多い!
売れ線に走ったバンドがやる曲はだいたい当たり障りの無い飾り物臭い
ライトなポップス
バラード相場が決まっているが彼らの場合は
後者の様だな・・・!数少ないアップテンポのロックチューンは2、6、9曲目くらいと実に少ないがそれらの曲も
ギターの音はクリーンでまったく歪んでおらず、またヴォーカルの声質のせいか
どこかエモっぽい雰囲気があるといえるだろう・・・!
ただ6曲目“K”の歌詞は実に素晴らしい!!曲自体は独特のメロディーを
持ちつつもいたって普通なのだが歌詞が超熱い!熱すぎる!!(爆)
日本人の琴線に触れる魂の、漢のリリックだ!!
まさにリリカルマダラー!!おそらく北斗の拳とかで感動できるタイプの
日本男児ならばこの歌詞でも感動できるであろう!!
ただねぇ・・・歌詞だけが一人歩きして曲にそれが繋がっていないというのは
どうかと思うぞ(爆)。いろいろ他者の評価見ても褒めちぎられているのは
歌詞ばっかだし(笑)、それでは歌詞も曲も最高な
初期のムック
等には遠く及ばない!!


まぁそんなこんなで彼らの代表曲(代表歌詞?)が収められたアルバムだが
やはり異様にバラードが多くこれじゃあ売れ線バンドだとディスられても
致し方ない部分があるのう・・・!あんたらロックバンドだろう!?
ロックしようぜ!!(爆)



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 62% お気に入り曲 グングニル、K







"orbital period"




日本の歌謡グランジバンドの5thアルバム。


有名なためいままでずっと売れ線バンドだと思い敬遠していたが
何と快楽音楽堂が新譜“GAMETAL 4th Requiem”にて彼らの楽曲を
俺が知らんうちにカヴァーしていたようで、あっちのレビューで
ムックのような歌メロだと評した“カルマ”がそれにあたるらしい!
どうやらこの曲なんかのゲームに提供されたようだな・・・!
そんなわけで今年(2008年)に入って初めて彼らを聴いたというわけだ(爆)。

アップテンポでノリのいいリズムに合わせて独特の声質で
独特のキャッチーなメロディーを歌う4曲目と上記した快楽音楽堂が
カヴァーした14曲目“カルマ”が気に入った曲だがやはり上記した2nd同様全体的に
バラード曲ばっかりなのが非常に興醒めである・・・!
こういうところがまさしく売れ線セルアウトバンドなんだよなぁ・・・!
9曲目はギターワーク、メロディー、リズム等どこかQUEEN・・・というか
ヴァレンシアっぽく感じるな(笑)。最後にシークレットで
メンバーの会話がありまるでLove solfegeみたいだ(笑)。
メジャーバンドなのに同人ノリ!!(爆)


ギターの音もまったく歪んでおらずアルバムの殆どがバラードなので
メタラーにはまったく向いていないだろう!メロディー自体は
たまに光るものが確かにあるので4、14曲目みたいなアップテンポの
ロックチューンをもっと増やしてもらいたいわい!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 60% お気に入り曲 才悩人応援歌、カルマ







もどる


inserted by FC2 system