BRING ME THE HORIZON







"Suicide Season"




イギリスのヨークシャー州出身のデスコア/メタルコアバンドの2ndアルバム。


お姉ちゃんが内臓ひり出しているジャケが話題になったバンドである!
マキシマムザホルモンのダイスケはんも一押しのようで、音楽的には
メロデススタイル直系のメタルコアを基調としモダンなゴリゴリ加減、
グルーヴィーさにカオティックな要素もブレンドし終始アグレッシヴに
攻め立てつつも部分部分で打ち込み系のリズムワーク、浮遊感ある
スペイシーなシンセ
も登場し一筋縄ではいかない曲展開を持っているぞ!
メタルコアだがデスメタル要素も強くデスコア扱いされる事もあるようだ。

のっけから打ち込みのイントロで面食らうがその後はメロデス直系の
メタルコアリフが登場!ビートダウンするゴリゴリのモッシュパート
(まぁ実際はスラムダンスするパートだけど)もありヴォーカルは
高音絶叫と低音下水道Vo、ダミ声を使い分けアグレッションを演出するぞ!
2曲目なんか中盤から後半にかけてスペイシーなシンセが登場しシンフォさすらも
演出、その後はゴリゴリのビートダウンパートに突入して終了したりとかなり
変わった展開を持っているな。3曲目もアトモスフィア系の浮遊感あるシンセ
イントロで登場するぞ!5曲目はイントロから超極悪な爆走を魅せヴォーカルも
咆哮で絡み合いカオティックさを演出!メロデス的に切り込むギターのオブリも
熱く、そしてその後クリーンVoが頼りない声OFFSPRINGみたいなシンガロングを
見せるぞ!2分で終わる短い曲だ。6曲目もグルーヴィーなイントロで始まりつつ
その直後爆走するアグレッシヴなデスコアだ!デス声もこれまた熱い!
7曲目は絡み合うデス声がカオティックさを演出しそして中盤から爆走する!
8曲目はスクリーモの系譜に位置するメタルコアらしい開放感あるキャッチーな
サビのコーラス
が聴き所だ。ギターソロがなぜかクラシカルだな。
9曲目はなぜか場末のバーで聴けるようなジャジーな出だしだがその後ブラストで
爆走
し下水道デスヴォイスが唸りを上げラストはビートダウンで締める
1分で終わる曲だ!かなり変態である(笑)。ラストの10曲目は
へヴィだがポストロック的な浮遊感、アトモスフェリックな感触を持った大作だ。


ライヴでモッシュピットつくって暴れたい今時のラウドなキッズ(俺含む)が
大喜びしそうなゴリゴリのデスコア/メタルコアが展開されておりライヴで
盛り上がる事必至の楽曲群で締められているぞ!基本2ビートの疾走ではなく
あくまでもシャッフル的な、適度なノリのよさを持ったロックンロール的な
アップテンポ
なのもまた盛り上がる要因だろうな。リフワークもメロデス要素
中にロックンロール要素が息づいている。デス声コーラスが絡み合い
カオティックさを出しつつもサビでメタルコア、スクリーモ的な広がり
見せるのも面白いな。捨て曲らしい捨て曲も無く質の高い1枚だぞ!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Comedown、Chelsea Smile、
Football Season Is Over、Sleep with One Eye Open、
Diamonds Aren't Forever







"There Is A Hell Believe Me Ive Seen It. There Is A Heaven Lets Keep It A Secret"




イギリスのヨークシャー州出身のデスコア/メタルコアバンドの3rdアルバム。


マキシマムザホルモンとの付き合いも深く何度か来日、最近ではBULLET FOR MY VALENTINE
ジャパンツアーでサポートアクトとして姿を見せモッシュキッズを熱狂させた
イギリス出身の若きハイブリッドデスコアバンドの、とにかくタイトルが長い(爆)
3作目のアルバムである!
音楽的には特に前作と変わる事は無く勢いあるゴリゴリに
アグレッシヴなメタルコア/デスコアサウンド
が主体で複雑なことはしておらず、爆走よりも
ノリの良さを重視したリズムがストレートさを放つもそこにトランス系の電子音
女性Voを何の躊躇も無く取り入れる柔軟さは今時のバンドらしい所じゃのう・・・!

1曲目はクリーンギターのメランコリックな調べから一気にモダンな
メタルコア
と化す曲でヴォーカルはシャウトで喚き散らし曲調は意外と
シンプルに纏まっている
感じだな。中盤ではトランス系のアレンジになり
それ系の女性Voも登場しアトモスフェリックな質感もあるのう・・・!
ラストのアコギ、女性Vo意外性を感じさせるな。2曲目はアグレッシヴ
ノリの良さを感じさせるへヴィかつ軽快ゴリゴリのデスコアだ!ヴォーカルは
大半がスクリーモ系の絶叫シャウトだがガテラルシンガロングも登場するぞ。
3曲目はメタルコア寄りのリフにシンセが被さりシンフォニックというよりは
やはりトランスの要素を感じさせる音色を出しておりヴォーカルが入ると電子音
目立ちアトモスフェリック系に接近、女性Voコーラス、トレモロギターも印象的だな。
4曲目はこれまで以上にアグレッションが目立った勢いある疾走チューン
ゴリゴリしたへヴィさも十分、ヴォーカルは一瞬クリーンっぽい箇所もあるがやはり
基本は絶叫シャウトである。ガテラルも聴けるぞ!中盤からはスローになり叙情性も
顔を出し壮大さを演出、その後ポストロック的な穏やかになるパートが顔を出し
この辺の緩急の付け方も身についてきたか!?ラストはギターのボリューム奏法で終わり
5曲目は何と生のストリングスがそれを引き継ぎヴォーカルこそいかにもパンクな
シャウト
だが演奏はバラード的でクリーンギターがメランコリックさを醸し出し
中盤でようやくメタリックなバンドサウンドが入るもやはり曲調はバラードである!
クリーンVoは女性シンガーが担当しておりガールズロック、ポップス風の声質
披露しているぞ。6曲目は再びへヴィでアグレッシヴかつノリの良いリフで始まり
ヴォーカルが入るとクリーンギター怪しい雰囲気を放ちサビはシンガロングが
ライヴの盛り上がりを予想させメロディアスではないがそれなりにはキャッチーか!?
7曲目はいつになくゴリゴリしたリフ、シンガロングが聴けるグルーヴィーな出だしから
これまたノリの良さを感じさせるアップテンポになるモダンへヴィネス系だ!8曲目も
モダンなへヴィリフが聴ける重々しいスローテンポからアップテンポになる曲。
9曲目は加工Voがインダストリアルな空気を纏ったへヴィなスローチューン。
珍しくギターソロも登場し速弾きは無いがブルージーな泣きを演出しておるのう・・・!
10曲目はシンセがアトモスフェリックな質感を醸し出すフワフワした空間系のインスト。
ハモンド、ピアノ、打ち込みリズムがマッタリしているな。続く11曲目も空間系の叙情アレンジ
展開しており絶叫ヴォーカルが登場してもバンドサウンドは登場せずベース、ドラムのみで
ダンサブルさも醸し出し1分半辺りでようやくへヴィリフも顔を出すがまたすぐに引っ込み
アトモスフェリック系になるぞ。後半ではギターソロも聴けメロディー重視のプレイを見せてくれるぞ!
12曲目は待ってましたの爆走アグレッシヴデスコアチューンだ!ストレートな展開で
幕を下ろすかなりシンプルな作りに仕上がっておるのう・・・!


カオティックコア、プログレメタルの影響が濃い超テクニカルな変態バンド
この手のデスコア勢にはうようよいるが彼らはその中では比較的シンプル
技巧的な事もしておらず電子音要素も取り入れてはいるがどちらかと言えば
判りやすいストレートさがあるほうだな。前作と比べてアグレッシヴさの減退は
感じられないがメロウな要素も顔を出してきておりクリーンギター女性Vo
目立つようになってきた感があり曲によっては生のストリングスも聴けるぞ!
まぁ元々メロディアスなバンドではなくヴォーカルは殆どが絶叫、デスVoなので
限度はあるがそれでもキャッチーさもチラホラと目立ち始めてきたか・・・!
ギターソロが無くヴォーカルも部分部分でガテラルするも基本はパンク的な
荒々しい絶叫
なんでそこがメタラーとしては物足りなく感じられる部分だな。
前作のはっちゃけた衝撃は薄れており無難と言える仕上がりではあるが、複雑でテクニカルな
デスコア
よりもグルーヴ重視のモダンへヴィネス系が好きだったリスナーに
オススメと言えるかも知れん1枚である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 Crucify Me、It Never Ends、Fuck、Visions







"Sempiternal"




イギリスのヨークシャー州出身のデスコア/メタルコアバンドの4thアルバム。


LOUD PARK13への参戦も決定しているブリティッシュ産の若手デスコアバンド
本作は通算4作目のアルバムとなっておる!かなり早い段階からメタルコア以上に
エクストリームなゴリゴリのデスコア
をプレイしているが、へヴィサウンドのみならず
デジタルサウンドも積極的に導入、ある意味時代を先取りしていた感もあったが、
本作ではさらにデジタル要素が増強されその分メタル要素、へヴィさがさらに減退、
相当にイマドキな感じのエレクトロニカ系
になってしまっておるのう・・・!

1曲目は早速のイマドキらしいデジタルサウンドが顔を出し相当にエレクトロニカ要素の
強いアレンジ
を見せており、後半なんかポストロック的な壮大さも感じさせるのう・・・!
2曲目は待ってましたの疾走チューンだが、意外にもへヴィさは薄くスクリーモ止まりの
アグレッションとなっており
これまたデジタルパートも登場、ヴォーカルも絶叫、咆哮は
あまり使わずクリーンでエモく普通に歌ったり
もしておる!3曲目はイマドキらしい
メタルコア、デスコア要素
を見せるへヴィチューンだが、やはりデジタル要素も強いな。
4曲目もエレクトロニカ系のデジタル音が目立ったスクリーモ寄りの淡々としたミドル曲。
5曲目も妙に落ち着いた感じデジタル音も当然のように登場、6曲目もやはりデジタルさが
強い
ものの久々にへヴィリフも登場!極めてイマドキらしいメタルコア、デスコア
アグレッシヴではあるが正直個性は無いのう・・・!サビはクリーンVo、シンガロングが聴けるぞ。
7曲目はクリーンギターエレクトロニカ音淡々としたムードを放つスロー曲。
8曲目もまた落ち着きのあるバンドサウンドデジタルサウンドが聴ける
スクリーモ止まりのミドル曲だ。9曲目は多少はストロングなノリを放つ
イマドキ系スクリーモ
で、シンガロングもなかなかに目立っておるのう・・・!10曲目はここに来て何と
ストリングス系のシンセシンフォニックな盛り上がりを演出!ドラマティックな
雰囲気を感じさせるも
その後はへヴィ寄りの無骨な音作りになりシンフォさは
無くなってしまうのう・・・!
まぁサビはシンガロングと共に再びストリングスが
顔を出すが、
そこまでクサいシンフォニックメタルコア、デスコアでは無いな。
11曲目は語りに始まりスローテンポデジタルサウンドが相当に目立った
エレクトロニカ系で、ポストロック的な雰囲気も強く壮大ではあるが
メタルコア、デスコア要素は極めて薄いのう・・・!



上記したようへヴィさが相当に減退してしまいその分エレクトロニカ、デジタルサウンドが
相当に目立つようになってしまっており、
もはやメタルコア、デスコアと言うよりも
今流行のピコリーモ(このネーミング嫌い)に成り下がってしまっておる!いつから
メタルコア、デスコアエレクトロニカ系ばかりになっちまったのだろうか・・・!
北欧メロデスの叙情リフ上っ面だけでも拝借していたメタルコアバンドが
多数いた頃が懐かしいわい・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 60% お気に入り曲 The House Of Wolves  Shadow Moses  Crooked Young







"That's the Spirit"




イギリスのヨークシャー州出身の元デスコア、現デジタルエモバンドによる5thアルバム。


初期の頃はモヤシなルックスにそぐわぬゴリッゴリのデスコアサウンドタフさを放ち
エクストリームメタラーから賞賛されたが、
次第にヘヴィさが減退しデジタル要素
導入し始め、ついに前作“Sempiternal”で完全に脱デスコア、メタルコアしてしまい
デジタル要素の強いエモ
と化してしまった・・・!そんな状態でLOUD PARKにも来たが
案の定ただのエモバンドで正直何も響かんかったわい(爆)。続く本作ではさらにデジタル要素の
強いエレクトロニカ系エモ、オルタナバンド
になってしまっておりデスコア、メタルコアの
ファンにはまったくもって薦められない1枚
じゃのう・・・!

1曲目は早速のエレクトロニカサウンド、気だるいクリーンVoEDM臭を発散しており、
2曲目は怪しげな中にチアリーダーのチャラいシンガロングが登場、一応はヘヴィだが
どちらかと言ったらインダストリアルな感じのスローテンポで、3曲目はさらにチャラい
トランス色濃いシンセ
が目立ち、4曲目はこれまた穏やかな印象がありつつ
ヘヴィなギターも登場、5曲目はムーディーなR&Bのような気だるさ漂う
バラード系
で、6曲目もまた妙に穏やかでマイルドな空気が強く7曲目はエモ的な
ミュートギター
が淡々としており、8曲目はさらにエレクトロニカ要素が強まった
イマドキっぽさ満点のスロー曲。
9曲目もデジタル要素入りのエモ的な曲調で、
10曲目はそこそこヘヴィにもなるが、やはり妙に淡々としており途中でブルージーな
ギターソロ
も聴けるぞ。11曲目はエレクトロニカ要素がメインの大人しい感じで、
一応はエモ系のバンドサウンドも顔を出すのう・・・!


残念ながらデスコア、メタルコアに戻る事は無く、前作の流れを汲んだデジタル、
エレクトロニカ要素の強いエモ系
が主体で今風のチャラさをこれ見よがしに導入しまくっておる!
シンガーが無理にグロウルやり過ぎて喉を痛めたから方向性が変わったとか
言われているが、クリーンVo主体でも硬派でアグレッシヴなHM/HRは出来るだろう!
メタラーにもハードコア好きにもオススメ出来ないサウンドで、まぁ実際クリーンVoは
キチンと歌えているしクオリティー自体は低くない
んだが、俺の好みからは
完全にかけ離れており至極ガッカリなアルバムである・・・!
こういう方向性で行くなら
せめてメロディーにもっとフック、キャッチーさが必要じゃのう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 50% お気に入り曲 特に無し







もどる


inserted by FC2 system