BIOMECHANICAL






"THE EMPIRES OF THE WORLDS"




イギリス出身のバンドの2ndアルバム。


メタル発祥の地にして今やメタル後進国と堕してしまった感のあるイギリスだが、
ここに新たなバンドが現れたぞ!ここに紹介するバイオメカニカルはかなりアグレッシヴな要素を持ち、
デスラッシュ系のザクザクいうへヴィリフを中心にデス声、メタリックハイトーンを器用に
操るヴォーカルを乗せ、そして時に映画のサントラの如き
壮大なオーケストレーション
を施した独創的なスタイルを持つバンドだ!

このバンドを語るとき決して欠かせないのがこのヴォーカルだろう!ジェフ・ティト風の声
基本としつつもデス声はパンテラのフィル・アンセルモを思わせ、高音スクリームは
ロブ・ハルフォードそのままな声
だ!!かなりの実力者だと思うぞ!演奏陣も
ギター2人が講師をしていたり等、高いテクニックを持っている。
曲的にもシンガーが映画音楽を手がけていた経験があるらしく
オーケストラアレンジ等非凡な物がある。クオリティーは高いぞ!音質も良く、
オーケストラはサンプリングだがチープさは全く無い。

オーケストラの使い方も普通のバンドのようにメロディーを奏でるためのものではなく、
フランスのANOREXIA NERVOSAのような聴き手の恐怖感を煽るような使い方
実に映画っぽい。かなりカッコいい音だ!

個人的にはもっとオーケストラを前面に出したほうが好みだがたま〜に出てくるからこそ
いいのだろうな。
そんなわけでオーケストラがアルバム中一番主張しているラストの
4曲からなる大作が一番好きかな。あとはそれの前に入っている一番疾走している
激烈デスラッシュチューン10が好みだ。


オーケストラが入っているとはいえラプソ等のシンフォニックメタルとはベクトルが異なるため
クサメタラーが喜ぶ音ではないと思う。正統派、スラッシュ系が
好きな人にオススメできる音だな。




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 83% お気に入り曲 TRUTH DENIED、TRUTH DENIED ABSOLUTION







"Cannibalised"




イギリス出身のシンフォニックスラッシュ(?)バンドの3rdアルバム。


スラッシーな正統派メタルに映画音楽からの影響を持つオーケストレーション
ぶち込み独自のエクストリーム音世界を構築し評価されたイギリス出身の
彼らBIOMECHANICALの3作目のアルバムである!どうやら中心人物である
ヴォーカリスト以外のメンバー全員がバンドを脱退するという
アクシデントに見舞われるもソングライティングは残ったシンガーが
全てこなしているためかその音楽性は特に大きく変わることなく
激しくラウドな爆走を見せつつもテクニカルな演奏を披露し
カオティックハードコアに通じるリズムワーク、時折見せる
映画音楽ばりの壮大なオーケストレーションは健在である!

のっけからブラストで始まり壮大なオーケストレーションが登場!
シンフォブラックばりの音像で幕を開けたかと思えばその次は
スラッシーに爆走しロブ・ハルフォードの如きメタリックな
ハイトーンシャウト
が登場!展開も緩急つきまくりでカオティックコア
通じるものもあるな。2曲目も実に激しい正統派カオティックスラッシュ(?)
激烈極まるアグレッシヴなサウンドで爆走しつつもかなりテクニカルな
展開が聴けるぞ!激烈チューンが軒を連ねる中4曲目はアコギで始まり
オーケストラも登場、やがてバンドサウンドが入るもこれまでのような
爆走ではなくミドルテンポのプログレメタル的アレンジとなっている。
7曲目は語りに始まりクワイアも飛び出す大仰シンフォサウンドが聴け
メタリックさよりもシンフォさが優先されたアレンジが施されているぞ。
映画のサントラ的な曲である!9曲目も超壮大オーケストラが聴け
もはやシンフォニックメタル以外の何者でもない!だが例えばラプソあたりの
クサいメロディーを追求した使い方ではなくシンフォブラに通じる
ダークさ、ブルータリティを増幅させるような使い方なのが大きな特徴だろう。
10曲目はドラムが暴れまくるカオティックスラッシュで途中ノイジーな
シンフォサウンド(?)になりその後高速ソロが聴ける展開も面白いが
基本はブラックメタルばりの爆走が主体のシンプルな曲だ。日本盤ボートラの
2曲は既存曲をオーケストラアレンジしたヴァージョンである。


正統派メタルの流れを汲み大仰極まるオーケストラが登場するも
基本は激烈デスラッシュのためか激しさ、疾走感は凄まじいものの
前作同様相変わらずメロディーが弱いんだよなぁ・・・!まぁメロディーを
聴くスタイルではないバンドだというのは判っているが半端にヴォーカルが
クリーン
なので余計に気になってしまうわい・・・!殆どがデス声だったら
メロディーは気にならんだろう。だがこの激しさはかなりのものなので
本作もやはりシンフォメタラーよりもスラッシャー、エクストリーム
メタル好き
にこそ受け入れられるバンドだろう!前作よりも変態リフ
増強された感があるのでカオティックコア好きも聴いて損はないかもな!?



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 84% お気に入り曲 Fallen in Fear、Unseen、
Cannibalised、Predatory、Slow the Poison、
Through Hatred Arise







もどる


inserted by FC2 system