BALFLARE






"Sound of Silence"




日本のメロスピバンドのシングル。


最近活気付いてきている日本のメロパワシーンにまた新たなバンドが現れたぞ!
この自主制作シングルをリリースした直後サウンドホリックからデビューアルバムが出るなど
周囲の期待を集めた新進気鋭のバンドといえるだろう。

音的にはシンフォニックな感性を持ち合わせたメロスピスタイル
キラキラ言いまくるシンセ、劇的さを演出するストリングス、効果的に使われたティンパニ音等を
バックに疾走し飛翔系のサビを聴かせる1曲目の出来はかなりのものでこの手のスタイルが好きな人なら
十分期待に答えてくれる内容だといえるだろう!最近の国産インディーズシーンは
ホント、いいバンドが多くなったといえるな!音質はやはり悪いがそれは仕方ない。
ヴォーカルがやや厳しいのが今後の課題と言える。

もちろん最近のバンドらしく歌詞は英語。昔のジャパメタは日本語詩が多かったが最近は当たり前のように
英語で歌うバンドが多い・・・というより日本語詩はメタルシーンにおいては
殆ど見受けられなくなったな!
これはいい事だと思う!俺は今でこそ日本語詩も普通に聞けるが
昔は意味がダイレクトに伝わってしまう、ダサいとの理由で
日本語詩をまったく受け付けなかった
が他にもそういうメタラーは多いだろうしな!
音楽そのもののクオリティーは海外にひけをとらないのだが・・・!国産、日本語詩というだけでJ-POPや
ヴィジュアル系のイメージを引きずって毛嫌いするメタラーも英語詩なら国産メタルに
すんなりと入っていける・・・と思うぞ。



満足度 70% お気に入り曲 Prologue〜Sound of Silence







"TEMPEST"




日本のメロスピバンドの2ndアルバム。


ここ数年で非常にレベルの高くなった国産メロパワシーン。この手の音楽で最も重要な
日本人の琴線に触れるクサメロを最も理解しているのがやはり日本人だからなのか、
かなり良質なバンドが次々と現れるのを見ているとホント日本人でよかったと
思わせてくれるな(笑)。


本作で聴けるスタイルはチェンバロ、ストリングス系シンセがこれでもかというほど
ゴージャスに飾り付けられたシンフォニックとも呼べそうな疾走メロスピで、
国産のバンドだがどこか北欧のバンドに似た冷たい透明感が感じられるのが
特徴だといえる。音質の軽さやティモ・コティペルトを思わせる線の細い
ハイトーンVo
がより一層北欧っぽさを演出している。こういう音個人的に大好きだ(笑)。
曲の出来もかなり良く、日本人の琴線に触れるクサメロ、キラキラキーボード、
疾走しまくりの楽曲
などだれることはなく最後まで聴きとおせるクオリティーを持っているぞ!
バラードが2曲も入っているのはこの手のバンドとしてはやや蛇足に感じられたし、
曲の終わりかたのアレンジがダサく練りが足りないなどといった欠点もあるが
個人的にはこういったマイナス点を帳消しに出来るポテンシャルの高さがあるように思えたぞ!
バックの演奏陣はアルバム聴く限りじゃなかなか高い技術があると思う。ギターはまだまだラフだが
キーボードはいいセンスしてるぞ!


初期SONATA ARCTICAが好きな人なら気に入るアルバムだと思う!
北欧メタル好きにもおすすめだ!歌詞はもちろん英語。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 89% お気に入り曲 Awakening、Burnig Wild、End Of Time







"Sleeping Hollow"




日本のメロスピバンドの3rdアルバム。


日本のインディーズメタルレーベルSOUND HOLICから最初に
アルバムをリリースした日本人バンドの3作目のアルバムである!
フィンランド辺りの北欧メロスピ、メロパワに影響を受けた
音作りに以前から定評のあったバンドだがここに来てついに
本場、FINNVOXでマスタリングを決行し日本のバンドでありながら
完全北欧メタルへと進化を遂げる事となった!決してプロダクションが
良いというわけではないが冷たく透明感に満ちたシンセ
もろSTRATOVARIUS、SONATA ARCTICAあたりの音となっており
何も言わずに聴いたら北欧のバンドにしか聴こえんだろう。
ヴォーカルは微妙に癖があり上手くは無いが逆に北欧メタルっぽさを
演出しているな。個人的には味があって良いと思うぞ!
歌詞も当然全て英語だ。

1曲目からさっそくシンフォニックなシンセが鳴り響き疾走開始!
CHILDREN OF BODOMを思わせるオーケストラヒットも登場し
シンフォさを放つ爆走メロスピである!プロダクションは悪いが
キラキラしたシンセ、ヴォーカルの声質などいかにも北欧メタルの
雰囲気プンプン
である!間奏のフルート風シンセも民謡クサさを
放ち良いな!2曲目ももろ北欧なシンフォニックシンセに始まる
ミドル〜アップテンポ曲。3曲目は淡々としたミドル〜スロー曲
SONATA ARCTICAを思わせる雰囲気があるな。間奏のピアノはかなりクサいぞ!
そして4曲目は再び待ってましたの爆走を見せる北欧キラキラメロスピだが
AメロがなんかPENNYWISEみたいだ(爆)。ソロパートはヴァイキングメタル
通じる勇壮さを感じさせるクサメロが聴けるぞ!5曲目はこれまた
シンフォニックでキラキラしたシンセが目だったミドル曲。この手のバンドにとって
ミドル曲は鬼門だが彼らはメロディー、アレンジが良く楽しめるな。
この辺がSONATA ARCTICAに通じる部分だろう。サビは疾走するぞ!英語の台詞による
6トラック目に続く7曲目はオーケストラヒットと共に疾走開始!
どこか“SAN SEBASTIAN”に似たイントロでいかにも北欧メロスピな
雰囲気がたまらんわい!ギターソロ後の壮大な展開も聴き所だな!
8曲目もまたリリカルなキラキラシンセが聴けるアップテンポ北欧メタル。
途中のピアノが良い。9曲目はメロスピ的疾走で始まるがヴォーカルが
入るとテンポダウンしブリッジで再び疾走!途中でソプラノ女性Vo
挿入されドラマティックさを演出するぞ!間奏のクラシカルなシンセ、
チェンバロ
もたまらんわい!10曲目はうってかわって中東、エジプト風の
フレーズ
が使われた重厚な曲。それでも北欧クサさがまったく抜けないな(笑)。
8分以上ある大作で後半はメロスピ的疾走も魅せるぞ!11曲目はピアノ、
ピチカートで始まるメランコリックな北欧バラード。ヴォーカルの歌いまわし、
コーラスなど実に北欧ライクで楽曲に見事にマッチしているな!


日本のバンドとは思えないほど北欧臭、フィンランド臭が強烈である!
疾走曲中心の前作とは違いそれのみに頼ることなくミドルテンポ曲も多い
それらの曲にも魅力があるのがSONATA ARCTICAの良い影響だろう。疾走メロスピを
やめた最近のSONATA ARCTICAに不満があるメロスパー、クサメタラーの
溜飲を下げるバンドだといえよう!それと話は変わるが本作のライナーノーツ・・・
まさかこの手のバンドのそれにマキシマムザホルモンダイスケはんの名前が
出てくるとは夢にも思わんかったわい!まぁダイスケはんは
ジャーマンメタラーだからなぁ・・・!(笑)



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 87% お気に入り曲 The Day Falls、The Dunes、
Waking In Silence、Sail To The Horizon







"Downpour"




日本の北欧メロディックスピードメタルバンドの4thアルバム。


日本のバンドでありながらどこからどう聴いても北欧メタル以外の何者でもない
透明感溢れる煌びやかな音作り
を見せるメロスピバンド通算4作目の
最新フルアルバムである!
初期の頃から所謂ジャパメタとは異なる本格的な
北欧メロディックスピードメタルスタイル
を実践しており本作もご多分に漏れず
バリバリの北欧メロスピ、クサメタル振り
を発揮!SONATA ARCTICAのように
脱メロスピするような事は無く我々の期待を決して裏切りはしない!
歌詞も言うまでも無く完全に英語である!

1曲目は雨のSEストリングスシンセホラー的なムードを演出するイントロ
続く2曲目はチェンバロの音色で幕を開けキラキラしながら疾走開始!ヴォーカルには
やはり癖があるものの相変わらず北欧メロスピまんまな音作りを見せており
嬉しくなるのう・・・!ギターソロとシンセソロのバトルも聴け王道を貫いておるな。
3曲目は北欧ムードをキープしつつマイルドな出だしとなるがその後はやはり
キラキラシンセと共に疾走開始!まぁ2曲目よりはスピード感を抑えている
それでもアップテンポ北欧メタルらしさを強烈に見せつけるぞ!サビはどこか
ヴァイキング
と言うか民謡ライクなメロディーギターソロもそんな北欧らしい
土着クサメロ
を奏でておりたまらんのう・・・!4曲目もキラキラしたシンセ北欧らしい
冬の冷たさ
を放つミドル〜アップテンポ曲でメロディーにはキャッチーさがあるな・・・!
ギターソロがチェンバロ系シンセとユニゾンネオクラシカルなムードを
醸し出す
のもまたたまらんな・・・!5曲目はストリングス系シンセがこれまた
北欧的な冷たさを見せた後シンセソロと共に疾走開始!サビがまた相当に
クサく
2000年代初頭わんさかいた愛すべきメロスピ、クサメタルバンドを
思い出させてくれるわい!
ギター、シンセのソロパートも聴き所でラストのサビが半音上がる
実にベタだがそこが良い!6曲目も勢いあるイントロに導かれキラキラしながら
疾走する北欧メロスピチューン
だ!サビのコーラスがまたクサい盛り上がり
見せておるのう・・・!ギターソロが様式美ライクなのがまた良いな。7曲目はメランコリックな
ピアノ
が聴ける冷たさを纏った叙情的なバラード。ヴォーカルもエモーショナルで
なかなかに良いが
中盤以降で何故か疾走し脱バラードするのう・・・!8曲目はネオクラ系の
シュレッドギター
キラキラシンセユニゾンし疾走するもその後は穏やかかつ
シンフォニックなムードを放つストリングス
が聴けやはり北欧らしさが強烈に
感じられるインスト
だ。9曲目もこれまたストリングスシンセを纏いつつ疾走する
北欧メロスピシンフォニックな盛り上がりを見せておりサビやソロ等
聴き応え十分である!
10曲目は珍しく淡々とした曲調でシンセの音色も
デジタル色が強く彼らの中では風変わりなムードが漂っているがそれでも
ギターソロはクサさがしかとあるぞ!11曲目も風変わりな曲調
メタルと言うよりも一昔前のJ-POP的なムードが漂っており冷たくも明るい
シンセ
淡々としたヴォーカルが聴けるミドル曲になるぞ。12曲目はイントロこそ
シリアスさが放たれ期待を煽るもその後Aメロはやはりどうにも淡々とした
ノリ
になってしまうなぁ・・・!まぁサビは疾走しており良いのだが・・・!


どこぞのSONATA ARCTICAなんざと違い本作も方向性を変える事は無く我々が
期待した通りの北欧メロディックスピードメタル徹頭徹尾追求しており
実に嬉しくなってしまうのう・・・!
今回ソロパートが特にネオクラシカルな
様式美要素
を目立たせており良かった頃のSONATA ARCTICAやSTRATOVARIUSを
彷彿とさせる
のもまた俺のツボである!アルバム後半で急に微妙な曲が
顔を出す
も本場のバンドよりずっと期待が持てる国産北欧メロスピバンドの良盤だ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 Before The Dawn  Sate The Heart  Unite
Crave In The Dark  Rain's Realm  Downpour







もどる


inserted by FC2 system