BRAIN DRILL







"Apocalyptic Feasting"




アメリカ出身の超絶テクニカルカオティックブルデスバンドの1stアルバム。


VITAL REMAINSVILE等に参加した超絶テクニカル
変態爆走ドラマー、
マルコ・ピトゥルゼラの恐るべき高速ブラスト
話題のバンドで、うちのサイトにタレコミが来てその存在を知ったのだが
音楽的にはブルータルデス、グラインドコアの範疇に収まる
スタイルを持ちつつも変態的なカオティックハードコア要素をも
持ち合わせており、とにかく複雑で激烈な事この上ない
せわしないリズムチェンジが聴けさらにそれをこなす全ての楽器が
異様に高速でテクニカルで、ギターの弾きまくりフレーズ、
変態リズム
を支えるベースもそうだが何よりドラムの速さが
尋常ではない!
ブラストの速度では世界トップクラスのモノが
あると言えるだろう!一体何者だッ!?CRYPTOPSYのフロより
速い
と言われるほどのブラストを披露している!またヴォーカルも
高音絶叫から低音下水道を使い分け表現力、凶暴さを見せ付けるぞ!

頭からラストまで全編通して低音デスヴォイスに高音絶叫、ミシンが
如きブラスト
で爆走しギターがピロピロと弾き倒し爆走に爆走を重ねる
超絶テクニカルグラインドコア
が炸裂する!凄まじいまでの極悪な疾走感
ありつつも変態的なリズムチェンジ、テクニカルな高速トレモロリフ
ピロピロ速弾きとミュージシャンシップの高さもかなりのものがあるだろう!
ブラストの速さも特筆すべきだな!一体BPMいくつなんだ!?恐るべき
爆走を見せる1曲目に幕を開けより変態的なリズムの2曲目、
イントロから狂ったスウィープが登場しギターがイカれたオブリ
入れまくりドラムの爆走振りも半端ではないSLAYERがブルデス、
グラインドコア化
したかのような3曲目、超キレた爆走に絶叫スクリーム、
リズム落ちパートも聴けメタルらしいまっとうなギターソロも登場する4曲目、
ギターのイカれたピロピロに凄まじすぎる超高速ブラストが荒れ狂う5曲目、
まっとうなリフで幕を開けるがやはりギター、ベースがユニゾンし変態的極まる
ピロピロ速弾きオブリ、超絶爆走ドラム
がこれでもかというほど主張する6曲目、
ブルデス、ブラックメタル的な劇的さを持ったトレモロで幕を開けこれまた
恐るべきスピードで爆走、テンポダウンもするがリフ、ツーバスだけは爆走を
続ける
7曲目、ギター、ベースがTHE DILLINGER ESCAPE PLANばりの
カオティックな不協和音速弾きを披露する超テクニカルな8曲目、
ギャウギャウ高音で喚くデス声がブラックメタル的雰囲気を出しつつも
曲調はやはり変態爆走リズムのクレイジーなブルデスの9曲目、
頭から下水道Voとともに爆走しベースもブリブリと目立ちこれまた
変態的なカオティックコア系のフレーズを弾き倒し、かと思えば
妙にノリの良いリフが登場しその直後はピロピロ弾きまくりと共に
超爆走ブラスト、変態トレモロリフが炸裂しクレイジー振りが極まるが
何とドラマティックなツインリードのソロも飛び出しメタルらしさが
演出されさらに大仰なブラックメタルばりに超絶爆走する10曲目と
全ての曲がキチガイ染みた超絶技巧と過激さをもって矢継ぎ早に
繰り出される様はまさしく音のレイプと呼ぶに相応しい!
もうどうにでもしてくれッ!(笑)


全曲に渡ってピロピロ変態速弾きに超高速ブラストビート、クレイジーな
リズムチェンジがこれでもかというほど詰め込まれており正直各曲の
明確な差があまり無い
ように感じられるのだがこういうジャンルは
これでいいのだ!頭からケツまで全編通して爆走に次ぐ爆走!
ピロピロの連続!
次回作以降でほんの少しメロディー入れるだけで
セルアウトと罵られる
ほどに極端なエクストリームメタル振りに
嬉しくなるが勿論メロディー派の理解を得られるアルバムではない(笑)。
超テクニカルな演奏を聴きたいデスメタルOKなプログレッシャー、
とにかくライヴで暴れたいハードコアキッズから純正ブルデス、
グラインドコアファン
等に激しくオススメできる壮絶の1枚だ!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 88% お気に入り曲 全部







"Quantum Catastrophe"




アメリカ出身の超絶テクニカルカオティックブルデスバンドの2ndアルバム。


新人バンドながらにしてその超絶技巧、ド変態振り(おもにドラム)が
各地で話題となった超テクニカルブルデスバンドの2作目のアルバムである!
どうやらメンバーチェンジがあったようであの超絶ドラマーが脱退してしまったものの
新たに加わったドラマーもこれまた超テクニシャンで前任者と比べて遜色は無く、
まるでミシンのように刻まれる高速ドラム、グラヴィティブラストに全パートでソロを
披露する
かのような楽器陣のアンサンブルが極めて強烈すぎる作風は本作でも当然のように
健在だ!
リフより狂ったピロピロソロが主体のギター、同じようなプレイスタイルの
ベース、変態的リズム超高速ツーバスが相変わらずのインパクトを放つ
ドラム、楽器の強烈さに霞み気味ながらガテラル、高音絶叫を披露するデスVoと
演奏テクがやはりハンパではない!

今回も1曲目から早速全ての楽器がギュルギュルブリブリカオティック
唸りまくり変態プログレテクニカルデスの様相を醸し出しまくる!2曲目も
まぁおもにそんな感じでドラムのミシン振りにも拍車がかかりギター、ベースも
キュルキュルピヨピヨ狂った音を放ちまくるぞ!意外とギターソロはメロディーも
ある
がやはりテクニカルなフレーズだな。3曲目もカオティックギターと共に
ドラムが爆走し得意の超高速ツーバスを披露!4曲目は若干ブルータルな
リフ
が目立つようになったが相変わらずの展開である。中盤以降はまるまる
ギターソロ
と言えそうなパートになり後半でなぜかビートダウンだ!
5曲目は叩きつけるようなパワフルなリフで始まるいつも通りのBRAIN DRILLな曲。
ギターが全体的に低音寄りなのが特徴か!?6曲目もピロピロギターにズンズンと
刻まれるリズム、アグレッシヴなリフ、不協和音スウィープが炸裂しやはり他の曲と
差は無いな(爆)。
後半のソロは若干ネオクラ寄りのシーケンスフレーズか!?
7曲目はイントロから爆走しスウィープも登場、王道のブルデスらしいブラスト
聴けるもギターはやはり変態不協和音ソロが炸裂しまくっておる!そして8曲目は何と
10分を超える大作なのだがやってる事は従来までと何ら変わらないので大作だろうが
小曲だろうが大して差は無くむしろアルバム全体が一つの曲の様な感じなんで
いちいち身構える必要も無かろう(爆)。一応不協和音ではないギターソロらしいソロ
あったりツインリードが聴けたりブラックメタル的な壮大さを感じさせるパートが顔を出したり
長い分ドラマティックな展開になったりとそれなりに他の曲との差別化は図られているようだな。
後半はなぜかアトモスフェリックなパートになり静寂さが演出されると言う、これまでの彼等では
ありえなかったパートになり余韻を残してアルバムの幕を下ろす。


前作と比べると多少はドラム等緩急が付くようになり終始ミシンのような
ツーバス連打
で爆走するのではなく引くべく所は引くようになったが
それでも手数足数が多い事に変わりは無く各楽器陣の暴れっぷり、
狂いっぷりは生半可ではない!
相変わらずの金太郎飴状態だが
これもまた持ち味よ!高速ソロ、オブリがピロピロ目立ちリフ自体は
少なく目立つ事も無いが低音がしっかりしており軽さを感じさせないのは良いな。
プロダクションも向上しておりB級っぽさが消えたのも好印象だ!
前作が気に入ったなら本作も安心して手が出せる、テンパりまくりの
内容
とは異なり至極安定の1枚と言えるだろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 88% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system