back number







"スーパースター"




日本のエモ/オルタナバンドのメジャー1stアルバム。


2004年に群馬で結成されたバンドで、口コミで人気を呼び本作でメジャーデビューを
果たした
らしく実質的には通算2作目のアルバムのようだ。「他とは一線を画す
切なすぎる歌詞と美しすぎるメロディー」
が売りらしく「センチメンタル・ロック」等と
言われているようで、まぁ歌詞はどうでもいいが(爆)大抵こういうバンドは文系オルタナのゴミ
多いんだが中にはDirty Old Menのような当たりも混じっているんでまぁ半ばバクチで
手を出してみた
というわけだ(爆)。

1曲目はアコギのストロークにベースが淡々としたムードを紡ぎ出しいかにも
軟弱文系オルタナ系なクリーンさの強いヴォーカルが登場、バックで微かに
シンセの音色も顔を出し
サビはJ-POP臭が強い叙情的なキャッチーさがあり
あざとさも強いが歌詞だけで曲がゴミクズ以下3流文系オルタナ共よりは
全然マシである!ギターソロも短いが顔を出すぞ。基本はスカスカだがシンセの
オブリ
この手のバンドとしては中々いい仕事をしているな。2曲目はギター、
ベースが目立ちシンプルな音作りだがヴォーカルメロディーがやはりポップで
キャッチー
じゃのう!3曲目は穏やかなアコギ、クリーンギターハモンドが登場し
淡々と展開するスロー曲。サビはやはりいかにも媚びたJ-POPだな・・・!ギターソロも
ちゃんとあり勿論メタル要素は皆無だがメロディーを丁寧に紡ぐプレイを披露しているぞ。
4曲目はピアノ、ストリングスも顔を出す叙情的なバラード系の曲。
アレンジ面がJ-POPの領域から飛び出すことが出来ておらずシンフォニックな
盛り上がりとは行かずストリングスがただのバッキングに落ち着いてしまっているのが
惜しい所だ・・・!5曲目はエモ的なムード漂うギター、ベースが聴けやはり全体的に
淡々とした空気が強くシンプルなアレンジなんだがサビはキャッチーで多少の
盛り上がり
も見せるぞ。メロディーラインが哀愁寄りなんで歌謡曲的な雰囲気もあるな。
6曲目はこれまたキャッチーなヴォーカルで幕を開ける曲でベースが結構目立っている
アレンジはスカスカじゃのう・・・!7曲目はアコギ、ベース、ドラムがこれまた
穏やかなムードを醸し出す淡々としたスロー曲。8曲目は軟弱さ満点の
ヘロヘロなアカペラ
が(悪い意味で)悲しさを誘う出だしからこれまた音数の少ない
淡々とした曲
になるな。ギターソロも単純で短いがしかとあるぞ。9曲目は彼らとしては
中々に勢いのあるイントロで始まりキャッチーさは保ちつつもシリアスさがあり
去勢されたオカマが少しだけ男らしさを出したかのようなムードがあるな(爆)。10曲目は
穏やかなポップさを感じさせる軽いミドル曲。サビが実にあざとく相変わらず
媚びてる
がこれはけなしているわけではない。11曲目はベース、クリーンギター
やはり淡々とした音数の少なさで展開するスロー曲。12曲目はいつも通りの
淡々としたバンドサウンド
ストリングスが乗るもやはりJ-POP以上のモノには
成れていない
ありがち極まりない単純なバラードだ。


ナヨナヨした女々しさ満点の軟弱タマ無しオカマバンドではあるがメロディーが
相当にキャッチー
でまぁいかにもJ-POPなあざとさ、媚びがありヴィジュアル系とは
違った方向の男娼バンドと言ってしまっても良さそうだがそれでも歌詞だけに力を注ぐあまり
曲がどうでもよくなっているクソ以下の文系オルタナ共よりは
圧倒的に光を放っておるわい!まぁ個人的にはTHE BACK HORNのような歌謡曲的な
クサさ、激情の叙情性が好み
なんだがな・・・。大当たりとまではいかずもっとバンドサウンドに
ハードさ、勢いが欲しい所だしこれといった個性も無くメロディー以外の全てが
ダメなんだが(爆)、
こういうナヨナヨした軟弱さもまた武器って事で
人によっては虫唾が走るだろうがこういうバンドがいたっていいだろう(爆)。
メンバーのルックスは意外とイカつい
のだが・・・!(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 はなびら  あやしいひかり







もどる


inserted by FC2 system