彩冷える(アヤビエ)







"彩-irodori-"




日本のヴィジュアル系バンドの1stアルバム。


V-ROCK FESTIVAL '09にも出演したバンドで、本作が彼等初の
メジャーデビューフルレンスアルバムである!まぁV系バンドなんで
メジャーという事でポップ化、セルアウトしているだろうが
インディーズ時代の過去の楽曲もヘヴィさは無くまったく別物に
変わり果てたという事は無いだろう。キラキラしたシンセの音色が
目立った、基本的には軽めのV系ポップロックKagrra.から
和の要素を除いた感じ
とも言えそうだな。演奏、ヴォーカルは
難しいことは一切やっていないが破綻もしておらず普通に聴けるぞ。

1曲目はヘヴィではないがグルーヴィなラウドロックの影響を
感じさせるギターリフで始まり気合の入った掛け声
登場するがその後はシンセが煌びやかなV系ロックで
途中ベースも目立ちちょっとした絶叫からアーミングを
使用したギターソロも聴けるぞ。2曲目はいかにもシングル向けの
ポップでキャッチーなヴォーカルメロディーが聴けるライトな曲。
3曲目はファミコンみたいなチープなピコピコ音が乗ったテクノ、
トランス系
のアレンジが施された曲でこういう曲は好みじゃないな(爆)。
4曲目は都会的かつメランコリックなピアノが聴けホーン、ベース、
シンセがジャジーさを放つオシャレな雰囲気を持った曲。5曲目は
明るいポップなアップテンポロックチューン。どこかアイドル臭さ
濃いもサビの疾走感は悪くない。6曲目は軽くソフトな印象のポップ曲。
7曲目は80年代のJ-POP風シンセが目立ったやはりポップだが
多少は哀愁がありまだ聴けるな(爆)。8曲目はフワフワしたシンセが
登場するアトモスフェリックさを持ち合わせたバラード。9曲目は
ツインリード、ストリングスが聴けるも基本はJ-POP色濃いスタイルの曲。
本作の中ではまだ良い出来だろう・・・!メロディー重視のギターソロも
聴けるぞ。10曲目はアカペラ風コーラスで始まりアコギが聴ける
アップテンポのポップス。11曲目はトレモロギター、アコギが聴け
ノーマルなポップス志向の本作において一風変わった雰囲気を放っているな。
12曲目はストリングス、ピアノ入りのこれまた本作に多くある
ごく普通のポップスチューン。


様々なタイプの曲が収録されておりどうにも散漫で捨て曲も多く
媚びたアイドル風の雰囲気も強め
でイマイチ何をやりたいのか
伝わってこず、楽曲アレンジの基本はごくごく普通のJ-POPなんで
聴き応えも無くメタラーがわざわざ聴くほどのモノではないな・・・!
やはり本作はメジャーという事でつまらなくなっているのだろうか?
まぁ過去の、インディーズの頃の音源も出来はそれなりだったが・・・(爆)。
やはりメタラーの鑑賞に堪えうるV系はへヴィか、極端にクサいかの
どちらか
なんだろうなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 54% お気に入り曲 0010101、サヨナラ







もどる


inserted by FC2 system