Artists-tree







"La finale et une overture"




日本の女性ヴォーカルメタル集団のアルバム。


ドラマティック・シンフォニック・ビジュアルロック等といった
宣伝文句で売られており完全に俺等のようなリスナーをターゲットに
絞っている感があるDVDケースに収められたアルバムである!
音楽性はヴィジュアル系と言いながらもそれぞれタイプの異なる
3人の女性ヴォーカル
が日本語で歌い上げ、シンセによるストリングスや
ピアノがシンフォニックに盛り上がりメロディアスなハードロック、
メタル
を展開するというスタイルでヴォーカルの力量やメロディー、
アレンジ面で未熟な部分もあるがクサメタラーの琴線に響きそう
メタルをプレイしていると言えなくも無い。幅広い曲調が収められているが
我々向きの様式美メタルもあるぞ!

歓声から始まるイントロにあたる1曲目こそいきなりテクノ、
トランス的な音
で萎えるもそれに続く2曲目はHR/HM系の
ギターリフ、
シンセストリングスが聴けハスキーな女性ヴォーカルが
登場するミドルテンポのハードロックとなる!ヴォーカルは
稚拙さが目立ちメロディーも弱めだがアレンジはまあまあ悪くない。
ギターがバックでピロピロとタッピング風フレーズを弾くパートもあり
メタラー的に興味深い部分もあるが全体的にはHR/HMバラード風
言えなくも無いな。3曲目はテンポが上がり様式美系の雰囲気を放ち
メロディーもクサめになるぞ!サビはメロスピ的疾走を魅せギターも
上手いというわけではないがなかなかに頑張っているな。途中お約束の
語り
も登場する。しかし5曲目はなぜかトランス系の打ち込み色が濃く
ヴォーカルも所謂初音ミクを髣髴とさせる人間味の無い歌唱になっている・・・。
6曲目はストリングスとピアノが聴けるバラードでここで歌っているシンガーが
一番歌唱力があるだろうか!?8曲目はけっこう骨太なギターが聴ける
メロディアスなミドル〜アップテンポのHR/HM。そのまま続く9曲目もなかなかに
様式美風の女性Voヴィジュアルメタルだな。またシークレットトラック的
扱いで16曲目が収録されており、トランス的な怪しいシンセ
これまた怪しい呟きのような加工された男ヴォーカルが聴こえるが
その後はいきなり疾走を開始するパワーメタルとなる!まぁV系風
歌おうとしている男Voはやはり稚拙なのだが・・・。


ヴィジュアルロックを歌っている割には女性ヴォーカルだからなのか
あまりダークさ、毒気が無くよくも悪くも健全な雰囲気となっており
曲調もシンフォニックなバラードから様式美メタル、打ち込みトランス、
ミドルテンポHRとなかなかに多岐に渡っている。だがやはり曲づくりや
ヴォーカル面、ドラムなどのプロダクションで未熟な部分が多く、もし仮に
全曲3曲目のような様式美メロスピならばクサけりゃよかろうなマニアック
クサメタラーを喜ばせることが出来ただろうが今の段階では幅広いスタイルを
こなすにはまだまだスキル不足かもしれぬ・・・!ただギターは意外と
頑張っており
メタラーに好まれそうなプレイをしていると言えるだろう!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 そっと、切なさの中で、悲愴







もどる


inserted by FC2 system