Asriel






"白い闇に沈む永遠の夜"




日本のシンフォゴシック系プロジェクトの1stミニアルバム。


インディーズの自主制作でありながらマリスミゼル的な雰囲気、
シンフォニックなアレンジ、そしてメロスピ、北欧メタルの要素を
導入したクオリティーの高い楽曲を聴かせる彼らAsrielの1stである!

これ以前の活動暦は分からんが本作は去年の夏頃リリースされたようで
結成してからそんなに月日が流れてはいないまだ若いユニットのようだが
この頃から彼らの世界観は確立されており今と変わらないAsrielワールド
展開されていると言えよう!だがこの頃は今と比べるとまだアレンジが
若干大人しかったり
プロダクションも3rdほどの説得力は無い。
しかし単純にメロディーに耳を傾けると個人的な意見だが彼らの
アルバムの中で一番クサい
かもしれん・・・!?

自主制作の1stとしてはクオリティーは高く彼らのファン及びマリスミゼル、
女性ヴォーカル、北欧メタル系が好きな人なら十分楽しめると思う。
個人的に気に入ったのは打ち込みながら極めてマリスミゼル的なギター、そして
シンセストリングスが対位法で重なり合い彼らの楽曲の中で今のところ最もクサい
フレーズ
を放つ3曲目“Mebius Syndrome”だ!他にもクオリティーの高い曲が多く
また本作の特徴としてサビになるとメロスピ的に疾走し始める曲が多いのも
個人的にたまらん(笑)。5曲目“Silencia”は珍しく電子音シンセが
リフを刻む
が楽曲自体はなんら変わらん彼ららしい展開だ!


ヴォーカルもこの頃からすでにスタイルが完成しており独特のハイトーン
披露している。だが本作と次の“ガーネットの波紋に染まる空”は現在廃盤
なってしまっている・・・!今後のアルバムにリメイクした曲を収録していくらしいが
是非とも再発してもらいたいものだな・・・!でなきゃこのレビューの
意味が無くなる(爆)。




オフィシャルサイトで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 Mebius Syndrome







"ガーネットの波紋に染まる空"




日本のシンフォゴシック系プロジェクトの2ndミニアルバム。


これまたクサそうなミュージシャンが出てきたもんだ(笑)。
同じ日本出身の同名のハイトーンヴォーカルが特徴のメロスピバンドがいるが
発音は同じでも実は綴りが違う。彼らはメタルバンドではなく女性ヴォーカルが歌う
シンフォニックなシンセを導入したゴシック寄りのスタイルを持ったバンド
(プロジェクト?)だと言える。

ただゴシック寄りとはいえ本物のゴシックメタルのような塞ぎこむような暗さは無く、
例えるなら女性ヴォーカルになったMALICE MIZERといったところだろう。
SOUND HORIZONに近いとも言えそうだがあっちのような語りは皆無。
シンフォサウンド、クラシカルなアレンジ等クサメタラーの鑑賞にも堪えうる
音楽性だ!何気に疾走するメロスピ寄りの曲もあるしな!

特に気に入った曲はやはりメロスピ、北欧メタル的な雰囲気を持った
疾走チューンの2曲目“Alice”と5曲目“刹那夢見る少女”だ!
他にもクラシカルでクサい雰囲気を持った曲が多く、アレンジは音楽理論に精通しているのか
きっちりと練りこまれておりレベルは高い!だが欠点としてはヴォーカル以外
全て打ち込みだと言う事だろう・・・!メタリックなギターも遠くで聴こえるがやはり
打ち込みである。あとは日本語で歌う女性ヴォーカルに意外と癖がありMALICE MIZERの
最後のシンガー、Klahaみたいに終始細かいビブラートがかかっている。
そのためかどうかは知らんが甲高い声質と相まって疾走曲ではかつてのイタリアンクサクサ
B級メロスピのヘナチョコハイトーンシンガーみたいに
聴こえる
のは俺だけだろうか!?(褒め言葉)まぁ実際は味がある技術的にも
上手い
シンガーだぞ!現段階ではまだまだメロディーが間延びしており上記した
MALICE MIZERやSOUND HORIZON、ムックのような
強烈なフックが無い
がまぁそれは仕方ない。それでも平均以上の良さは十分にあり
1曲目のサビなどポップさも持っておりイイ感じだ。方向性は間違っていないぞ!


MALICE MIZER、SOUND HORIZONが好きなら聴く価値は十分にある!
だがアルバムケースがCDのクセしてDVDのサイズなのは勘弁してくれ・・・!(笑)



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 Alice、刹那夢見る少女







"月光蝶舞う深紅の花園"




日本のシンフォゴシック系ユニットの3rdミニアルバム。


マリスミゼルに北欧メタル、メロスピ色を足し女性ヴォーカルが
乗る
という何ともツボを突いた贅沢なスタイルで気を吐くAsriel(同名の
メロスピバンドがいるが綴り違い)の3作目のミニアルバムだ!実は本作、
インディーズ総合アートフェス“コミックマーケット”においてメンバーから
直接仕入れてきたアルバムである(笑)。

音楽的には前作の延長線上にあるスタイルで前作が気に入った人なら今作でも
十分に満足できるであろう。さらに前作よりもマリスミゼル色、北欧メタル色がアップ
個人的によりツボな音作りになったといえる!メロディーも前作は悪くは無いが
ややダレが感じられたのに対し今回はバックのアレンジといい具合に絡み合い
ダレを感じることは無かったぞ!


特に気に入ったのはサビに入った瞬間スネア裏打ちで疾走し、ギターソロも
打ち込みながらツインリードがメタリックな展開を見せてくれるメロスピ寄りではない、
メロスピそのもの
の2曲目“月纏の蝶”、そしてマリスミゼルの
“ヴェル・エール”に匹敵する凄まじく劇的なサビメロを乗せて
疾走する4曲目“nocturne”だ!!他の曲もクオリティーは高く捨て曲は無い。
本作も相変わらずバックのインストサウンド・・・ギターまでもが打ち込みなのだが
基本的にヴォーカル主体の曲作りのためギターの音はあまり目立たず、また無機質な
打ち込みギターが逆にマリスミゼルっぽさを出しててイイ感じ
思えてきたな・・・(爆)。ヴォーカルも前作のレビューで声質にクセがあり
B級イタリアンメロスピみたい
だとかネタに走った書きかたしたが(爆)
それはあくまで声質のみで実力的には上手いしエモーションも十分、スカイラークの
ファビオ
みたいにこのヴォーカルじゃなきゃ彼らじゃないって思える
確固たる個性があるぞ!ポップさと崇高さを同時に出せる逸材だと言えよう・・・!
このヴォーカルは個人的に好みだ(爆)。プロダクション、アレンジ共に相変わらず
玄人
で、洗練されたシンフォサウンドを聴かせてくれるぞ!

ちなみに本作を買ったときメンバー、中心人物と直接話したのだが俺が試聴して
「マリスミゼルにメロスピ、北欧メタルを合わせて女性Voにした
感じですね」
とか言ったら「マリスミゼル大好きです」といった答えが
帰ってきたのでこれからも彼らには期待していいだろう(笑)。
俺もマリスミゼル大好きだ!!


自主制作としては非常にクオリティーの高いアルバムMALICE MIZER、
SOUND HORIZON、LOVE SOLFEGEに続くのは彼ら
だと言える!
北欧メタル、メロスピ好きで女性ヴォーカル、日本語詩が聴ける人および
MALICE MIZERのファン・・・特に“Syunikiss〜二度目の追悼〜”
“ヴェル・エール”、“月下の夜想曲”が好きな人にオススメだ!!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 84% お気に入り曲 全部。特に“月纏の蝶”、“nocturne”







"夢の繭紡ぐ盲目の輪舞"




日本のシンフォゴシック系ユニットの4thアルバム。


先日催された音楽マーケット“M3”において挨拶を交わし購入してきた
Asrielの4作目である!これまでのアルバムは収録時間がだいたい30分程度と、
どっちかといえばミニアルバム的な感じだったと思う(まぁこれはメタラーの意見で
パンクスからしてみれば30分以下のフルアルバムなんて当たり前
なので参考にならんが)。しかし本作は42分とようやくフルアルバムのボリューム
なったようで嬉しいわい!もちろん値段は従来のアルバムと同じだ。

1曲目“螺旋回廊”は珍しくジャジーな雰囲気を持った曲だがAsriel特有の壮麗な
シンフォニックサウンド、ゴシカルな耽美さは健在
である!
どこかメリーに通じるレトロさ、歌謡曲的な泣きが堪能できるぞ!
2曲目“雪月花”は琴の音色が全面に配された和の雰囲気に満ちたこれもまた従来に無い
新境地的な楽曲だがこれまた見事にゴシック風味、シンフォさと融合しており
彼らのセンスの良さに脱毛、もとい脱帽である!!(爆)他にもアコーディオン
使われたどこか気だるさを感じさせる“朦朧の森の林檎”やこれまたジャジーながらレトロな
“螺旋回廊”とは違う、ピアノが都会的な雰囲気を醸し出す“スカーレット”、
穏やかかつもの悲しさに満ちサビで盛り上がるバラードだがラストのサビで
アップテンポになる
“煌く星空を遮る瞼”等それぞれ違った個性を持つ
楽曲
が取り揃えられており一貫した雰囲気を持つ前作とはまた別の方向性を持つアルバムに
仕上がっていると言えよう・・・。普通に考えれば散漫になる所だが彼ら独特の個性というか、
一本芯の通った雰囲気があり散漫に感じることはない!強烈な個性と
抜群の歌唱力
を発揮する女性ヴォーカルに壮麗極まるオーケストレーション、
ゴシック調の雰囲気
は本作でもしかと息衝いているぞ!

そんな本作において特に気に入ったのは3と5である!3曲目“夢纏の繭”叙情的な
ストリングス
から始まる待ってましたのアップテンポの北欧メタル風味漂う
楽曲だ!エモーショナルなヴォーカル、超がつくほど壮麗なオーケストレーション、
なめらかなメロディーラインに酔いしれている所に現れるクサいギターフレーズ!
このクサクサフレーズはRaphaelの“Sacrifice”のサビで聴ける
メロディー
ではないか!!(爆)これは強烈だぞ!!もしかしたら他に民謡かクラシック
なんかで元ネタあるのかもしれんが今のところ俺が思いつくのはRaphaelか・・・
そういやスペインの哀愁クサクサメタルバンドLORIENも似たようなフレーズ
奏でてたような気したなぁ・・・!?まぁとにかくクサメタラーならガッツポーズ間違い無し
悶絶フレーズだと言えよう・・・!そして5曲目“ゲルゲの舞踏”はこれまた
待ってましたの超大仰シンフォニックチューン!!俺がM3で買ったときこっちの
質問を待たずに「5曲目マリスミゼル」とコメントしてくれたがその言葉に
偽り無しのクオリティー
を有したキラーチューンである!試聴音源で何度も聴いてたが
まさにマリスミゼル2nd“Voyage”に収録された“Transylvania”をさらに
パワーアップさせたかのような曲調に悶絶である!!これまでの彼らの楽曲の中で
最も大仰なオーケストレーションが聴けサビのラストで急に疾走を開始する所など
たまらなくツボである(笑)。ヴォーカルの表現力もハンパじゃない!

あとボーナスが1曲入っているがジャケやオフィシャルに曲名記されていないので
おそらくアルバム買ってからのお楽しみとしたいのだろうか?
空気呼んで(笑)詳しくは書かんがやはり良き曲だわい・・・!

以前からそうなのだが彼らには強烈な個性があるのが大きな美点だろうな・・・!
特徴的なヴォーカルや北欧メタルに通じる透明感溢れる音作り、耽美なアレンジ等
どの曲も一聴しただけですぐAsrielだと認識できるのは
非常に大きな強みだと言えよう!


今回曲調にバリエーションが増えたので全体的な統一感を求める人は前作の
ほうを気に入るだろうが様々なタイプの楽曲を聴きたい人は本作が良いだろう。
プロダクションや元々高かったアレンジ能力は着実に向上しておりオーケストラの
派手さは本作が一番
だ!相変わらずバンドサウンドはオール打ち込みだがここまでくると
もはや自主制作とは思えん、ベテランの風格すら漂っているな・・・!ファンは勿論、
マリスミゼルALI PROJECT、さらにメリーあさき等が
好きな人にもオススメできるぞ!個人的には聴き込めば聴き込むほど楽しめる飽きの来ない
スルメアルバムだと感じたがどうだろうか・・・!?



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 全部。特に“夢纏の繭”、
“ゲルゲの舞踏”







"回顧録 黒盤 Requiem"




日本のシンフォゴシック系ユニットの過去の音源を集めたベストアルバム。


個人的に一押しユニットの一つである彼らAsriel。今やシーンでも
押しも押されぬ大物と化した感があるがそれゆえかどうかは知らんが
過去のアルバム2枚・・・1stと2ndは共に廃盤となってしまっている・・・!
3rd以降で始めて彼等を知ったファンも多く、そういったリスナーは過去の楽曲が
聴きたくとも聴けずまさしくサウナで中途半端に一口だけ水飲んだ状態
なっていただろうがそこでリリースされた本作、廃盤となった2枚の中から特に激しめ・・・
つまりメタル寄りの楽曲を集めリレコーディング、リアレンジしさらに
新曲を2曲詰め込んだ初期ベストアルバムである!ベストとはいえ本作は
初期作を知らないファンのためにリリースされたアルバムなので
そういったリスナー達は新譜を聴く心境で楽しめるであろう!

これまでヴォーカル以外は全て打ち込みだったのだが今回ついに生の音を
導入
したようでそのためかどうかは知らんがいきなりプロダクションが
向上
している!ギターを生でプレイしているとM3で直接聞いたのだが
ソロなどなるほど生である!従来の音色とそれほど差は無いのでバッキングは
結構判りづらいが生だろう。ドラムもまだ軽いもののリアルになっているぞ。そして元々クオリティーの
高かった楽曲もさらにパワーアップ!壮麗なシンフォニー説得力を増した
バンドサウンド
が織り成す超劇的美旋律に身悶えしそうである!以前はそれほど
メロディーが強烈ではないみたいな書きかたしたが今改めてこうして聴いてみるとフックある
良きメロディー満載
ではないか!?以前の俺の耳が腐っていたか!?まぁそれはともかく
毎回安定したクオリティーどころかアルバム重ねるたびに進化しておる!

1曲目はメロスピ的な疾走を見せるキラーチューンで彼らのメタル的側面を愛する
リスナーはさっそくガッツポーズが出るだろう!2曲目のクサクサなピアノ後に
一瞬聴けるどこかスパニッシュ風のアコギも面白いな。3曲目は珍しくテクノ、
トランス系のうねるようなシンセ
がイントロで登場しピアノが聴けサビはやはり
メロスピ的に疾走!たまらんのう・・・!ギターソロは速弾き無しでメロディー重視の
プレイ
を聴かせてくれるぞ!4曲目も疾走というわけではないがキャッチーなメロ
聴かせるアップテンポなサビがメロスピライクで思わず悶絶だ!リードソロや
バッキングは生だと分かるな。5曲目はアコーディオンで始まるゴシカルな
雰囲気
を持った曲でオペラ的なフィーリングをかもし出すヴォーカルが良い!
これも実にいい曲だな・・・!6曲目は妖しい雰囲気を醸し出すイントロに始まり
滅茶苦茶クサいストリングスが聴ける超絶キラーだ!これも勿論アップテンポである。
Aメロなどのバックで聴けるピアノアレンジも実にいいセンスしとるわい!

7曲目と8曲目が新曲で7はどこか都会的なオシャレピアノに始まるもすぐに疾走!
彼らの曲中でも特にBPM速いんじゃないか!?その後はピアノとベース、ドラム主体の
バッキングになりサビはやはりメロスピ疾走!ヴォーカルメロディーも
曲の疾走感に合わせたのか早口気味で好みだ(笑)。ピアノ、ストリングスが実に美しく
部分部分で出てくるメタルをルーツとしていないカッティングを見せる
バッキングギターも面白いな。Last Allianceを思い出すわい!
8曲目はハードロック寄りになった生ギターがイントロで聴ける。
やはり生は良いな!アルバム中特にギターが全面に出ており
リフ、バッキングのセンスの良さが窺える。
問題なく丁寧にプレイできているので今後もギターは是非とも生の
方向で!(笑)
曲調はミドル〜アップテンポの中間だがメロディーはやはり良い!
ベースラインもIRON MAIDENばりに目立っており耳に残るのう・・・!


4thが多彩な方向性になり彼ら独自の北欧ゴシック風味が薄れた感があったが
本作はその味がフルに発揮されシンフォクサメタラーからゴシック者、
ヴィジュアル系好き
に至るまで全ての劇的シンフォサウンドを愛する者を
撃沈させるであろう名盤である!ジャケも実にそそるわい!(笑)
しかし音楽的な完成度は勿論ジャケの装飾、デザイン、おまけについてきた
タロットカード
に至るまで実に高品質でとてもインディーズの自主制作とは
思えん
な・・・!プロの、匠の技を感じさせるわい!とりあえず本作はメタル寄りの
疾走曲
主体で「バラード!?知るか!」的な構成なので
もしかしたら今後バラードを主体としたベスト盤が出るかもな?
“回顧録 白盤”みたいなタイトルで(笑)。まぁ適当な妄想垂れ流してみたが
本作は彼らのファンにオススメなのは勿論、彼等を始めて知ろうとする
リスナーにも全力でオススメできるクオリティーを持っているぞ!




オフィシャルサイトで見てみる



満足度 92% お気に入り曲 全部







"Metamorphose"




日本のシンフォメロスピゴシック系ユニットのメジャー1stシングル。


インディーズ時代からクラシックを学び音楽理論に
精通
している感バリバリの高度な楽曲を聴かせてくれた
シンフォニックゴシックメロスピユニット、Asriel
メジャーデビューシングルである!そのクオリティーの高さから
必ずやこの日が来るとは思っていたが案外速かったのう・・・。
だが俺たちは知っている!メジャーデビューは確かに快挙だが・・・
同時に多くのミュージシャンがセルアウト・・・売れ線に妥協し
牙をもがれ丸くなり己の持ち味を喪失、路頭に迷いかつてのファンを
失望させつけてきたロック墓場、DIY殺しの魔境であることを
俺たちは知っている!!最近のムック、LOVE SOLFEGE、
re-in.Carnation
等など・・・!メジャー行った瞬間メイクを落とすV系連中、
シャウトを捨てエモ化するスクリーモ系、疾走メロスピを
やめた
メロスピバンド達・・・おのれメジャー許すまじ!
ロックに表現の自由をッ!!
そういう声が上がるのはまさしく
必然的
であろう・・・!音楽的にはまだまだ大丈夫だがファンに媚びるようになりつつ
ちゃっかり写真集までリリースしバンギャに的外れなアピール仕掛け始めた
SOUND HORIZONもセルアウト気味といえばそうだし、あの志方あきこですら
メジャー1stでは無理矢理(?)ポップスをやらされたというから
まったくもって恐ろしいわい・・・!知名度の向上、音楽で
シーメー(メシ)食えるようになる人生、バジェットの増加
という
魅惑の条件と引き換えに数多くのミュージシャン、バンドの光を
奪ってきた
表裏一体のメジャー行き、はたしてAsrielはどうなってしまうのであろうかッ!?

そんなこんなで気になる1曲目はピアノ、チェンバロ、ストリングス
始まりちょいと明るい感じがしつつもアレンジ、メロディーは間違いなく
Asrielそのもの
である!ヴォーカルも相変わらずの冴えを見せ
サビは実にキャッチーである!ドラムはやはり打ち込み
プロダクション的にはインディーズ時代と大差ない・・・
というかちょいと悪くなってる気がしなくも無いが(爆)、
ストリングス、ギター、ベースがなのはいい事だ!これが
メジャー行きの利点の一つである!そして間奏で聴ける
ストリングス、チェンバロが滅茶苦茶クサくそしてその後は
高い音ながらブラックメタルばりの16分トレモロリフ
登場する!2曲目はヴァイオリンとバンドサウンドが様式美っぽさを
演出し優雅なメロディーが聴ける実にAsrielらしい曲。そしてサビは
メロスピ的疾走を見せクサメロに絡むコーラス、対位法ヴァイオリンが
超熱い!間奏のワウギター、そしてその後のストリングスもたまらんわい!
この劇的展開は我らクサメタラーが彼らに望むものそのものである!
ラストの疾走サビ後のツインリード、ギターとヴァイオリンがクラシカルに絡む様は圧巻だ!

とりあえず現時点ではセルアウトの心配は無さそうだな!ただ生ストリングスは
良いもののプロダクション的には悪く楽曲クオリティーも元々
高かった
というのもあるがインディーズ時代と比べて大きく向上したという
感じはあんま無く思ったよりも小粒な印象があるな・・・!
もともとアレンジ能力が高いためなぜかは判らんが外部アレンジャー
招いており、そのためかインディーズ時代と比べて若干だが派手さが落ちている感が
無きにしも非ずだがそれでも彼らが忌々しきマザーファッキンセルアウト
毒牙にかかること無く今のところはクオリティーの高い、従来どおりのクラシカル様式美
シンフォニックゴシックヴィジュアルフィメールメロスピ

やってくれただけで良いと言えよう!このままの方向性で!このままの方向性で
突っ走ってもらいたいッ!
メロディー自体はインディーズ時代よりも
良くなっているしな。ただドラムも生でやってもらいたかった・・・!そうる透あたりで(爆)。


全てがDIYのインディーズと違いカネの亡者群がるメジャーシーン、
かつてhideが言った言葉だが、「ムカついた時にはどんどん
ケンカして嫌われたっていいんだよ、このシーンホント腐った
連中が多いんだからよ・・・だがファンは絶対に大事にしろ」

このお言葉を彼らに捧げよう!己の持ち味を失わず、自分たちが信じるスタイル・・・
バンド始めた頃に持っていた、ギラギラした初期衝動の赴くまま産み出す
楽曲で持ってシーンをかき回す事こそ真の成功と言える!
例えばアメリカ進出を志したはいいが音楽性自体も向こうに合わせてしまい
持ち味を失ったCHILDREN OF BODOMIN FLAMESのようになってはイカンな・・・。
まぁもちろん奇麗事だけでやっていけるほど甘くないのは判っている・・・!
だが、それでも聴き手はわがままを言ってしまうものなのだ!!
ちなみに5月7日にもまた新たなシングルがリリースされるようなのでそっちも楽しみじゃわい!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 全部







"穢れ亡き夢"




日本のシンフォメロスピゴシック系ユニットのメジャー2ndシングル。


前シングル“Metamorphose”にてメジャーデビューを果たした彼ら
Asrielが早くもリリースするメジャー2作目のシングルである!
本作直後にインディーズ流通で再びベスト盤とさらに新譜をも
リリースし精力的な活動を見せる彼ら。本作はかなり評判を
呼んでいる
ようでリリース直後はどこの店でもソールドアウト
だったようだ・・・!かく言う俺もM3までに聴きたかったのだが
結局ゲットが遅れ今こうしてようやく入手できたと言うわけだ!

1曲目はメランコリックなイントロに続いてシンフォニックに盛り上がり
ヴォーカルが入るとクールダウンするもその後は再び
シンフォニックメタル的なバンドサウンドとオーケストレーションが
登場しバックのアレンジもかなり壮麗である!サビ後はハモンドっぽい
キーボード
も顔を出しプログレ的な味わいもあるな。ヴォーカルメロディーも
クサくキャッチーだぞ!これぞAsrielスタイルの真骨頂である!
ギターソロもメロディー重視のプレイだ。疾走感、キャッチーなメロディー、
繊細かつ壮麗極まるシンフォアレンジとまさに我々クサメタラーが
彼らに望むもの全て
がここに詰まっていると言えよう!
2曲目は穏やかながらやはり壮麗なストリングス、ピアノが印象的で
どこかプログレッシヴな要素も感じさせる曲。サビはテンポが上がり
キャッチーなメロが聴けるが複雑なアレンジはやはりプログレ的だ。
間奏のストリングスも良いな。


“Metamorphose”も良い出来ではあったが本作のほうがバックの
繊細なアレンジなどAsrielらしさが出ていると言えるだろう!
メジャーながらセルアウトすることなく2枚シングルを出せたのは
実にクールである!多くのミュージシャン、バンドがメジャー行って
売れ線に走るようになった中彼らにはこのままの方向性で
サクセスしてもらいたい
ものだ・・・!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 全部。特に“穢れ亡き夢”







"回顧録 白盤 Reincarnat"




日本のシンフォゴシック系ユニットの過去の音源を集めたベストアルバム第2弾。


2枚のシングルでメジャーデビューを果たした彼らAsriel。
今後は活動の拠点をメジャーオンリーにするのかそれとも
インディーズでもまだアルバムをリリースするのかどうかは
さっぱりだがとりあえず先日行われたM3において新たに
2枚のアルバムをリリース。そのうちの1枚が現在廃盤
なっている1stと2ndの楽曲をリレコーディングしたベスト盤
第2弾
の本作である!以前ファストなメタルチューンを集めた
“回顧録 黒盤 Requiem”対を成す本作、予想通りのリリースで(爆)、
本作はやはり予想通りバラードベストと呼べる内容となっており
全体的にスローバラード、メランコリックな楽曲が集められている。
Phantasmagoriaも似たような試みのベスト盤出して解散しちまったなぁ・・・!
しょっちゅう再結成ライヴしてるけど(爆)。

1曲目からさっそく壮麗なピアノ、ストリングスが前面に
押し出されテープ逆回転というかメロトロン風の音色を持つ
ストリングスも聴ける叙情的なバラードである。2曲目は
スキャット、琴っぽい和を感じさせるフレーズが聴け
メロディー使いも一風変わった雰囲気を持っているな。
フルート・・・というか和風の笛によるソロも聴けるぞ。
プログレ魂を感じさせるドラムの細かいフレーズも聴き所だな。
3曲目はスペイシーなシンセ金具を叩くようなリズムが聴け
まったりした出だしだがサビになるとアップテンポになるぞ!
これもドラムが良いな。壮麗極まる中盤〜後半が凄まじく加工された
ヴォーカルのエモーションも熱い!4曲目もスペイシーな
シンセ、
そしてノイジーなギターも登場するがやはりまったりとした
叙情バラード
だ。低音で歌うヴォーカルの表現力もかなりのものである!
5曲目は繊細なピアノ、ストリングスに始まりドラムと共にヴォーカルが
現れバンドサウンドもそれに続くミドル〜アップテンポ曲。
途中でベースも自己主張を始めサビはやはり盛り上がるぞ!
やはりこの曲もドラムが良いな。後半は疾走を開始する!
6、7曲目は新曲で前者は聞き覚えのあるフレーズが流れ
疾走開始!オーケストレーションの壮麗な調べと唸るベース、
ドラムの対比が見事でサビは実にクサい!ラストのストリングスの
盛り上がりは半端ではない!後者はピアノとチェロダークさ
醸し出しチャーチオルガンも登場、実にゴシカルな雰囲気に満ちた
暗く悲しく美しいゴサー悶涙のイントロに始まり爆走開始!
何とブラストまで飛び出し滅茶苦茶クサいストリングスがそこに絡む!
ヴォーカルメロディーもバックのアレンジも凄まじくクオリティーが
高くそれでいてクサい!
一皮向けた印象があるな!サビもたまらんぞ!
間奏は再びメロウなピアノ、チェロが登場しテクニカルなアレンジを魅せ
ギターリフも熱い刻みを敢行!やがてドラムはツーバスをドコドコおっぱじめる!
ラストの左右から交互に聴けるリードギターメタル魂を滾らせ
締めはメランコリックなピアノだ。


最初のメジャーシングル“Metamorphose”よりもプロダクションが良く感じるのは
気のせいだろうか!?(爆)バックのアレンジの凄さはもはや
言うまでもないが今回特に細かいオカズやバスドラの自己主張
目立つドラムが良いと感じたな!かつてはプロダクション的に
いかにも打ち込みってな感じの軽さ、無機質さがあったのだが
本作のドラムはメタラーのツボに触れるだろう!基本的に
バラード主体のアルバムだがのようにこういう曲調で名曲を
バンバン生み出せる
ミュージシャンこそ本物だと言う事を改めて教えてくれる1枚である!
彼らが本物だと言うことはこれまたわざわざ言うまでもなかろう!このまま
シーンをかき回して第2のXにでもなってもらいたいものだ!!(爆)



オフィシャルサイトで見てみる




満足度 88% お気に入り曲 全部。特に“波紋の空へ還る朝”







"禁断を呪いし儚き幻想"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの5thアルバム。


メジャーデビュー直後にインディーズベスト盤、さらに新譜同時に
リリースする
という離れ業をやってのけた彼らAsrielの後者のアルバム・・・
つまり完全なるニューアルバムである!本作を聴いたリスナーの反応は
すこぶる良くかなりの好評を得ているようだな・・・!ちなみにこの2枚は
M3においてドロップされたわけだがメジャー効果かあっとういまにソールドアウト
してしまうも遅れてノコノコとやってきた俺のためにわざわざ取り置いて
下さっていた・・・世知辛いこのご時世においてまことにありがたい
お心遣い
である!このお礼は以下にダラダラと書き記した
レビューにて返そうぞッ!!(爆)


1曲目は北欧ライクな透明感ある冷たいシンセに始まり
メタリックに疾走!いままでは軽めだったギターリフも
メタル寄りになりベース、ドラムも主張しているな。バックの
アレンジは勿論凄まじいまでに壮麗極まるものプロダクションも
良いな。
ヴォーカルの上手さは今更言うまでもなかろう!全体的に北欧メタルの要素が濃い
1曲だ!サビはやはりキャッチーでストリングスが絡み合う美麗な間奏も実に
シンフォニックである!2曲目はドラムが暴れダークさを感じさせる
イントロに続き爆走開始!ストリングスが北欧シンフォブラばりの
重厚さを演出しているな。サビは再びダークな爆走メロスピと化し
ゴシカルな耽美美意識がこれでもかというほど発揮される!
間奏のクラシカルなストリングスも熱くギターもなかなかに
アグレッシヴだ!まさしく全クサメタラー悶絶のキラーチューン
仕上がっているぞ!3曲目はうってかわって叙情的ながらどこか
ポップさを持った雰囲気がありKagrra彩冷えるを思わせる
煌びやかな和の空気も感じさせるアップテンポ曲。メタルではなく
ヴィジュアル系に接近した楽曲だがもちろんそこいらのルックスのみの
3流ヴィジュバンド
連中が束になっても敵わないクオリティーがある!
途中琴のような音色も聴けるぞ。4曲目はドラムに始まり壮麗さと
メタルルーツではないギターのカッティングが聴ける
ミドルチューン。しかしサビはやはりアップテンポになりストリングスが
いつもどおりの美旋律を奏でギターもカッティングを聴かせるぞ!
間奏も疾走し華麗に乱れ舞うストリングスのバックでベースも
かなり目立ちまくる!
全体的にベースラインが印象的な曲だ。
ラストもストリングスとベースが自己主張しまくりピアノで締めだ。
5曲目はスペイシーなシンセに始まりダークさが目立ちアコーディオンが
クサメロを奏で疾走!
ヴォーカルはオペラティックな歌唱を聴かせ
MALICE MIZERを思わせる雰囲気があるがヴォーカルメロディーは
まるで歌謡曲張りのクサメロだな!クサさでは本作一だろうか!?
サビはシャッフルリズムになりやはりかなりクサい!間奏はシンセと
ピアノ、アコギが聴けるぞ。そしてストリングスとベース、ドラムが暴れだす!
そして後半のサビはメロスピ的疾走となりクサメタラーガッツポーズモノの
展開
となるぞ!これはたまらん!ラストの6曲目はストリングス、ピアノが登場し
イントロから疾走!そして加工されたヴォーカルが聴けサビはこれまた
キャッチー極まるメロディーである!この曲のみならず全曲そうなのだが
ストリングスの美しさ、派手さはまさに彼らの真骨頂であり実に高い
レベルのアレンジ
が施されているな。後半ピアノ、ストリングスと
ヴォーカル
のみになるサビのパートも実にツボを突いた心憎い
アレンジ
じゃのう!そしてラストはピアノとアコギ、ストリングスが
北欧メタルを思わせる透明感あるフレーズを紡ぎ幕を下ろす。


初めて彼らを知ったのは2ndでその時点から大器の片鱗は感じていたが
メジャーデビューも果たしここまでの高みに上り詰めるとは
いやはや恐れ入ったわい!文句無く彼らの最高傑作であろう!
日本語詩、女性Voが聴ける全てのクサメタラー魂を込めてオススメしよう!
欠点はやはり収録時間の短さか!?これほどのキラー揃いの名盤、もっと
長く聴いていたいわい!現存するメタルバンド達に果たしてここまでの
アレンジ
が施せるのであろうか!?まぁそれはともかく、そんなこんなで名実共に
シーンの頂点に立った彼らAsriel。今後どのような活動をするのかは判らん・・・!
Sound Horizonのようにメジャーに専念ライヴもやるのか、それとも
LOVE SOLFEGE霜月はるかの様にメジャーで活動しつつインディーズでも
DIYでアルバムをリリースするのか・・・どちらを選ぶかは彼らの自由だが
これまで大きく方向性が変化することなく着実に成長してきており、
またメジャーシングル2枚ともただのポップスに成り下がることなく
高いレベルを維持してきておる!このままの方向性でシーンに風穴を開け
ジャパニーズロックにAsrielありと満天に知らしめて
もらいたいものだ!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 95% お気に入り曲 全部。特に“Al xanath”、“死神の嘲笑”







"悪夢奏でる涙の旋律"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの6thアルバム。


メジャー行きを果たしつつインディーズでの活動も精力的に
行っている国産シンフォニックゴシックの実力派ユニット
Asrielの最新アルバムは何とM3においてさらなる新譜の
7thアルバムと同時リリースという、何とも気合の入った
展開
を見せているな!ちなみにその7作目のアルバムは
店頭に並ぶのは11月からのようだ。

キャリア自体が特に滅茶苦茶長いというわけではない
このシーン特有のアルバムリリースの異様な速さもあって
早くも6、7作目とアルバムを重ねており昔から質は
十分高かったが過去よりもメタルスタイルに接近
疾走チューンも増えさらに我々好みになっていると言えるだろう。
またバンドサウンドがへヴィではないがどこかモダン寄りに
なっている
のも本作の特徴だろうか!?ベースがバキバキに
唸る部分もありカオティックコアというかミクスチャー
質感を感じさせる部分もちらほらと見受けられるな。

ピアノとストリングスで優雅に始まるもバンドサウンドが
軽めながらモダンさ、カオティックさすら演出し疾走する
1曲目からまさにメタルスタイルが板についてきたAsrielの
進化形が垣間見れるぞ!サビは疾走し間奏のワルツ交じり
メタルサウンドが優雅さとダークさを演出しているぞ!
ベースも面白いな。2曲目もメタルサウンドとストリングスが
自己主張し疾走するぞ!ギターというかバンドサウンドが
従来のメロスピ系スタイルからさらにヘヴィではないが
モダンっぽい音作りになっているのが面白い。ギターの音色は
再び打ち込みに戻っているが長いソロパート等聴かせてくれるな。
3曲目もストリグスが舞い疾走ダークで優雅なクラシカルさ
演出される!暴れるドラムが印象的だな。そしてサビは爆走し
クサめのメロディーが飛び出すぞ!チャーチオルガンの重厚な
調べ
も聴け本作中得にダークでゴシカルな楽曲だと言えるだろう。
4曲目はストリングスとアコギでメロウに始まるバラード
見せかけておいてやはりサビでテンポが上がるぞ!だがまぁ
全体的にはメランコリックな叙情バラードと言っても良いだろう。
疾走メタルのみならずバラードにおいても過去より成長しているのが
見て取れるな。5曲目はどちらかといえばトランス系の音色を持つ
シンセと共に疾走で始まるミステリアスな曲だ!ブラストではないが
この疾走感はメロスピというよりはブラックメタルに近い雰囲気が
あるように感じられたのだが気のせいか!?サビはキャッチーで
やはり爆走
するぞ!6曲目はキラキラしたシンセが聴けやはり疾走する
Asriel流シンフォニッククラシカルフィメールメロスピとなる!
この曲もダークでゴシカルな雰囲気を纏い優雅かつ華麗な展開を見せるぞ!
こういう雰囲気が俺は好きだ!チェンバロが舞い変拍子プログレ的リズム
披露する間奏も良い!


アルバムとはいえ6曲しか収録されておらず実質ミニアルバム
言ってしまっていいのだがその分良質の楽曲のみで構成されており
相変わらず全曲キラーと言えるだろう安定しつつも会心の
クオリティー
を誇っているな!6曲中5曲が疾走チューン
残り1曲のバラードもサビで疾走(?)するというクサメタラー、メロスパーが
泣いて喜ぶ
楽曲ぞろいで嬉しくなってしまうな(笑)。ただ今回バンドサウンドがギター等
打ち込みに戻ってしまっているのが欠点か!?



オフィシャルサイトで見てみる




満足度 92% お気に入り曲 全部。特に“赫い涙の旋律は流れ”、
“沈黙の夜に囁く魔曲”







"メルヴに堕ちる歎きの天使"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの7thアルバム。


店頭に並んだのは11月に入ってからだがM3では6thと
同時にリリース
されたらしい7作目のアルバムである!
ジャケ絵が変わり方向性もそれに伴うのかと思うリスナーも
いるだろうがアルバムの中身・・・音楽的には従来と変わらぬ
煌びやか過ぎるシンフォアレンジ
メロスピ的疾走感、
キャッチーなメロディーを歌い上げるパワフルではないが
エモーショナルな実力派の女性ヴォーカルと、これまで
Asrielを追いかけてきたリスナーならば本作も文句無く気に入る
安定したクオリティー
を持っているぞ!

方向性は6thと同じで壮麗なストリングスメロスピ的疾走、
MALICE MIZERを思わせる対位法的な楽器のアレンジが印象的な
煌びやかな女性ヴォーカルスピードメタルが展開されているぞ!
疾走シンフォメロスピゴシックの美意識が塗され間奏の
アコギやストリングスが非常に美しい1曲目、キャッチーな
メロディー
で始まりやはり疾走する2曲目、イントロで
チャーチオルガンが聴けるよりクサメタラー向けとなった
MALICE MIZER、Moi dix Mois系列の雰囲気を携えつつも
雰囲気が変わる意外性あるサビが面白いゴシカルでダーク
3曲目、打ち込みながらもエモーショナルさがあるギターで始まる
比較的キャッチーながらもやはり疾走、間奏でストリングスが
変拍子を披露しプログレッシヴな感性を湛えた4曲目、ピアノで
始まるバラード風味、今回は最後まで疾走しないちゃんとした
バラード
の5曲目、ドラムが暴れギターとシンセが目立ち
疾走するイントロがクサメタラー、メロスパーの琴線を刺激するも
ヴォーカルが入るとテンポダウン、そしてベースが一瞬聴けた後に
サビで再び爆走する展開がたまらんちょいとプログレ風味
あり間奏のストリングスも良い6曲目と、今回も相変わらず
高いクオリティーで捨て曲は無いがやはり疾走する曲が
個人的には好みだ!



前作同様全楽器・・・ギターも打ち込みなのだが彼等の楽曲は
どちらかといえばストリングスやピアノ等シンセによるアレンジが
主体
なのでそこまで気になるほどではないだろうか!?
バックの壮麗極まる豪華なアレンジはもう円熟の域に到達し
アニメソング的なキャッチーさを持ったヴォーカルメロディーも
非常に質が高く安定したクオリティーを持っていると言えるな!
前作が気に入ったなら本作も安心して手をつけていいだろう。
こうしてコンスタントにインディーズでミニアルバムを出すのもいいが
そろそろここいらで方向性はそのままにオーケストラも含めて
全楽器生のフルレンスアルバムをメジャーでリリースしてもらいたいと
思うのは俺だけではあるまい!そんなアルバム出たら3000円でも買うぞ!
だがDVD付きの初回限定盤が4000円近くするのは勘弁だが(笑)。



オフィシャルサイトで見てみる




満足度 92% お気に入り曲 Chaos of romantic、
phantom、Al Livras、CRESENT〜夢幻の楽園〜







"QuoVadis"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの8thアルバム。


ディスクユニオンメタル館にもアルバムが置かれるようになって
久しいAsrielの、ここにきてインディーズリリースにてついに
放たれた初のフルレンスアルバムである!いままでは
ミニアルバム的な収録時間の短さだったがようやく
我々の願いが通じたと言えよう!?本作リリースから
一ヶ月を待たずして今度はメジャーからもフルアルバムが
リリース、
さらにその後はライヴも控えており活動が一気に
活発になった
感がありかなり忙しそうだがどうなのだろうか!?

音楽的には従来どおりのシンフォニックでクラシカルな、
ゴシック要素と北欧的な透明感、煌びやかさを備えた
メタル寄りの疾走チューンが大半を占めているが何と
今回ギターとベースが生になっておりエモーショナルなトーンに
超テクニカルな速弾きで曲の魅力を引き出している!
スタジオミュージシャンによるプレイのようだな。やはり生は
良いのう・・・!
そしてさらにかつての4thアルバムを思わせるジャジーな
要素
も顔を出したりするがもろにそんな感じの曲が出てくると言う
訳ではなくゴシックシンフォチューンの途中やバックの細かい部分
そういったアレンジが顔を出す程度なので彼らにそういった要素を
求めていないファンも安泰である(笑)。1曲目から相変わらずの
ゴシカルな美意識満点のシンフォニックサウンドが楽しめるぞ!
ギターが生音なのでよりメタリックになっておりこれなら
ディスクユニオンメタル館でゲットしたメタラーも満足できるだろう!
やはり疾走しているぞ!途中ベースが目立ちジャジーに
なったりするパート
等なかなか新しい試みが施されており
さらにタッピングも飛び出す速弾きギターソロも聴けかなりの
スキルを披露
している!2曲目もキラキラしたクサいチェンバロで
始まるアップテンポのゴシカルな曲。ドラムアレンジも
良いな。
途中やはりジャジーな部分が顔を出すぞ。3曲目は
どちらかといえばV系っぽいライトなギターリフで始まり曲調も
どこかキャッチーで明るい雰囲気があるな。サビが良くギターソロも
メロディアスだ!そして4曲目は何と初の試みと言える、
ダウンチューニングリフによるモダンサウンドが聴ける曲だ!
ギターが生だからこそこういう音にも説得力が出るわい!それでいて
曲調は従来と変わらずキラキラチェンバロもバンバン登場しサビは
疾走、別にAsrielがモダンへヴィネス化したわけではないので
安心してくれ!まぁ俺はライヴでガンガン頭振るけど(笑)。
後半のアコギとストリングスが聴けるパートも実に美しい!
5曲目はミステリアスなオルガン等に始まり妖しいタンゴ調(?)の
クラシカルな雰囲気
になりMALICE MIZERを思わせるがより洗練された
アレンジ、煌びやかなバックのサウンドはAsrielらしい音作りだ。
バンドネオンの音も印象的である。6曲目はわりかしライトな質感
持った曲調だがそれでもバックのシンセの大仰さは変わらない!
ワウをかましたトレモロギターが一瞬聴けるのも熱いぞ!7曲目は
冷たいピアノとシンセが北欧の雰囲気を放つ疾走メロスピである!
チャーチオルガンも重厚さを放ちギターソロもシュレッドプレイ
ピロピロいいまくりラストはネオクラシカル系のソロで締める
かなりカッコいいキラーチューンだな!8曲目はスロー〜
ミドルテンポでV系っぽくもプログレッシヴなアレンジが施された
テクニカルな雰囲気の曲。ジャジーというかカオティック
パートも登場し技巧派の側面を覗かせるアレンジだな・・・!
9曲目は壮麗なストリングスにV系寄りの軽めのカッティング
聴けるアップテンポチューン。珍しくうねる様なシンセも聴け
ギターソロ、その後のピチカートとオルガン、加工Voも面白いな。
10曲目は再びスローテンポでロックバラード系の曲調となるが
サビでアップテンポとなるぞ!ギターリフはチャカチャカした
V系風だがシンセが壮麗で軽さを感じさせないのが良い。
途中のピアノとシンセによるアトモスフェリックなアレンジも
これまでに無いスタイルか!?11曲目はアコギで始まる
穏やかで明るめのバラード曲だが途中からバンドサウンドが入り
アップテンポになる辺りが最近の、よりメタルに傾倒した
Asrielらしいな(笑)。
ヴォーカルもこれまでの大仰で
オペラティック
な歌い方から曲調に合わせた普遍的な
スタイル
になっている。ギターソロはマイケル・ロメオ
思わせるレガートな速弾きで始まり後半はインペリテリライクな
フルピッキングのシュレッドプレイ
だ!12曲目は再びアコギが
聴けるアンプラグドな本格的バラード
である。


曲のクオリティーも上がっているが何よりギターとベースが
になり、しかも上手いプレイヤーによるものらしくかなり
技巧的なフレージングやアレンジがこれでもかというほど
飛び出すのがまた良い!テクのひけらかしではなくあくまで曲の
良さを追求
し、それでいて俺らメタラーやプログレッシャーを
唸らせる
ほどのプレイが聴ける!ヤングギター愛読者にもオススメ
できそうなテクニカルフィメールシンフォゴシックメロスピ
言えそうだな。1年ほど前にメジャーデビューを果たした
Asrielだがここにきてさらにワンランク上に登り詰めた感があるな!
さて次に出るメジャーアルバムはどれくらいのレベルに仕上がったので
あろうか!?ライヴも含めて今から楽しみじゃのう!



オフィシャルサイトで見てみる




満足度 94% お気に入り曲 灰色の瞳の眷族、Roxalio、
Dedicate、kerveros







"unveil"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットのメジャー1stアルバム。


つい先日リリースされたばかりの、インディーズ名義による
初のフルレンスアルバムは従来のスタイルを深化させつつも
ギター、ベースが生となりしかも恐ろしくテクニカル
ここにきてまさかのヤングギター愛読ギターキッズにも
オススメ出来るアルバムと相成ったわけだが本作はメジャーでの
初のフルアルバム
である!メジャー進出はちょうど1年前に
果たしており
数枚シングルをリリースしているがそのメジャーに
当たって最も怖いのは外部の人間がアレンジを担当しちまっていると
言う事だろう!これにより自転車乗りにとっての雨とポリ公、
ラーメン屋、定食屋にとってのコックローチ、夏場の
モスキート並に忌み嫌われる、
恐怖の
セルアウト
が実現しちまいかねないバッドな展開
十分ありうるだけに恐ろしいわい!

かつてシングルでリリースされた楽曲も収録され特に
アレンジが大幅に変わることはなくギター、ベースのみならず
ストリングスが生になっているという利点はあるも
インディーズで出た最新作“QuoVadis”と比べて
プロダクション的に劣っていると言うのはどういう事かね!?(爆)
しかし楽曲的にはもちろんAsrielスタイルからぶれる事のない
華麗で壮麗なシンフォゴシック疾走チューンだ。2曲目では
ギターソロが聴けるがQuoVadisのプレイのほうがテクが
ありそう
だな・・・!3曲目はアコギで始まりストリングスと
リードギターで疾走しプログレッシヴなフレーズも飛び出す
イントロでまずガッツポーズだ!ドラム、ギターは軽いが
複雑そうなプレイを披露しメロスピ的な疾走で展開する実に
Asrielらしい楽曲でギター2本のオブリや絡みが良いな!
4曲目は琴の音色で幕を開け和の雰囲気を感じさせる、
かつての4th“夢の繭紡ぐ盲目の輪舞”に収録された曲の
アレンジ違いである!5曲目はどこか明るく穏やかな雰囲気
持ったポップ寄りの曲で笛の音も聴こえ純朴さが魅力と
なっているな。6曲目はこれまたアコギのストローク弾きで
始まるポップ寄りのシングル曲。7曲目はリードギターが
テクニカルかつクサめのインパクトあるフレーズを奏で疾走する
待ってましたの曲調だがヴォーカルが入るとテンポダウンし
バンドサウンドが大人しくなるのは典型的V系スタイルと言えよう。
8曲目はダークな印象を放つシンフォサウンドで疾走するこれまた
Asrielらしいゴシカルでクッサイ曲だ!サビはかなり強烈だぞ!
メジャー、インディーズ双方見渡してもAsriel最高峰といえそうな
超キラーである!9曲目は6曲目同様シングルのカップリング
疾走するサビがやはり美しいのう・・・!10曲目は最近出た
シングルの曲
で俺は未聴だったがストリングスにチェンバロ、
そして音は軽いがノイジーなギターリフで始まりジャジーな
雰囲気
のアレンジとなる。シングルとはアレンジが違うようで
やはり元のヴァージョンのほうが疾走してて良さげな様だな・・・!
11曲目は過去のアルバム“ガーネットの波紋に染まる空”
収録された懐かしの曲でストリングスが生になりパワーアップした
姿での帰還である!12曲目はメタル寄りのギターリフが聴ける
ミドルテンポながらも壮麗なアレンジが楽しめる曲だ。途中の
シンフォニックサウンドは生音ならではの美を感じさせて良いな!


俺の手元にもチケットが届きかなり若い番号に驚かされた
ライヴのほうもメジャーの意向という事で本作の楽曲が
多くなりそう
だな。インディーズの頃よりプロダクションが
軽くスカスカしている
のが気になり、“QuoVadis”の曲が十分
メタルと呼べるほどの音を出しているのに対し本作はあくまでも
メタル寄りであってメタルそのものではないと言うのが俺ら
メタラーには引っかかる部分で生のストリングスもあまり
生かされていない
ような印象だが外部アレンジャーが下手なアレンジして
いきなり誰も彼らに求めないピコピコサウンドになったりとか
ラップになったりとか、そういう事は無く壮麗シンフォサウンドが聴ける
Asrielサウンドがキッチリと踏襲されておりダークでゴシカルに、
壮麗に疾走する凄まじいキラーも多数収録されておりセルアウトは
していないぞ!
まぁ若干ポップで大人しい曲も目立っており
そういう意味ではレーベルの意向が見て取れるのだが・・・。
それと同日リリースのDragon Guardianの新譜と違い非メタルの
レーベル
からのリリースからなのかどうかは知らんが過去曲が
多い
のも気になったなぁ・・・!俺らの、メタルの世界
シングルとかで切り売りするやり方があまり無いためフルアルバムは
未知なる新曲のみで固められ常に新鮮な気持ちで楽しめるのだが
どうもポップス畑はシングル乱発してたまったらアルバムに
ブチ込んでお茶を濁すと言うやり方が一般的なんでなぁ・・・!
かつてのX JAPANの“DAHLIA”なんかそれでバッシングされた事も
あったしやはり我らメタラーとポップス畑の溝の深さはマリファナ・・・
じゃなかったマリアナ海峡の溝並みに深いんだろうかねぇ!?
そういう商業主義が見え隠れする点はマイナスだが楽曲面では
Asrielらしさが残っておりつまらなくなったなんて事は無いので
安心である!だがやはり俺はインディーズのほうがいいのう(爆)。



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 千億の星屑降らす夜ノ空、
氷の月夜、綻びし華







"永遠に捧げし凍てつく眠り"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの9thアルバム。


メジャーで活動しつつもインディーズで自己表現することも
忘れない活発な活動を見せるAsrielの最新作である!
インディーズ名義の前作“QuoVadis”からついにギター、ベースが
生音
となり思った以上にメタルに接近しかなりテクニカルな
プレイ
を聴かせてくれ我々のようなメタラーは勿論、
ヤングギター愛読者にも喜ばれそうなほどにギターオリエンテッド
なっていたが本作ではついにドラムまでも生となり音の説得力が
段違いである!まぁ我々メタラーは普段から当たり前のように
生音を聴いている
わけだが今まで生でなかった音が生になるこの感覚・・・
まさに回転寿司の安いモドキのイクラ職人が握る本物の
北海道産のイクラ
が如し!(笑)

1曲目からオーケストレーションが実に優雅で格調高い
宮廷ライクな雰囲気
を演出しバンドサウンド・・・
ついに生になったドラムやアコギも聴こえるが全体的に
穏やかな印象だな。曲が進むにつれアップテンポとなるが
前作のようなメタリックさは希薄である。2曲目は
アップテンポでツインリードがメタル的フレージングを
放ちベース、ドラムが生になった事でかなり音に説得力が
出てきた
がバンドサウンドではないパートも目立ちやはり
メタリックさは薄くリリカルなシンセが主体となっている。
フルート、ピアノによる叙情的なパートも美しく
ベースソロも穏やかな印象が濃いな。その後のギターソロは
疾走しネオクラシカルな速弾きを披露してくれる!ラストも
ツインリードだ!3曲目もギターで幕を開けストリングス
オーケストレーション
も登場、ヴァイオリンのオブリが良いな!
やはりギターの出番は少なくメタリックでは無いがアップテンポで
ベースが目立っている
感じがあるな。ギターソロはこれまた
クラシカルでメロディー重視のプレイである!ツインリードの
質感はメタルと言うよりはMALICE MIZERに近いな。4曲目は
ドラムがタイトに疾走しつつもギターよりシンセオーケストラ
主体の曲だ!生のドラミングが本作中最も効果的なアグレッシヴさ
あるな!複雑な変拍子パートもありテクニカルな楽曲だと言えよう!
ギターソロもネオクラシカルなユニゾンだ!5曲目はこれまた
穏やかさを持ちつつもアップテンポでドラム、ベースとシンセが
主体のアレンジである。6曲目は壮麗なストリングスで幕を開け
アグレッシヴな疾走感を放ち曲調も穏やかさより緊迫感
目立っているな。だがやはり穏やかなストリングス主体の
パートもありピアノ、チェンバロによるクラシカルでクサい
メロディー
が良い!曲展開も練りこまれており同じフレーズ、
パートでもアレンジが変わったりフレーズ、楽器が
追加されたり
とこだわりが感じられるのう・・・!ギターソロは
泣きの音色を奏でつつ速弾きも随所で披露するぞ!


ギターオリエンテッドメタル色が濃かった前作と比べて
ギターが減りその分オーケストレーションが主体となり
穏やかな印象が濃くなったな。ツインリード、ギターソロ、
疾走パートも勿論あるが全体的に大人しくなっており前作との
差別化を図っていそうな感があるのう・・・。どちらかといえば
こっちのスタイルが本来のAsrielの姿である!メタリックな
“QuoVadis”は我々メタラーとしてはまさしくガッツポーズの
名盤
だったがどこか彼ららしくない雰囲気もあったため本作を
気に入るリスナーも多かろう!俺はやはり前作のほうが好みだが
しかしやっぱ生音は良いのう!(笑)




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 88% お気に入り曲 不滅の月夜に…、Garden







"Devils Lullaby"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットのインディーズ名義の1stシングル。


前回の秋のM3でミニアルバムをリリースしたので
当分インディーズでは無しかと思いきやまさかの
シングルリリース
である!かつてはヴォーカル以外
完全に打ち込みだったのだが最近はバンドサウンドが
生になっており
元々ロック要素の濃いバンドサウンドを
武器としていた彼らの音楽性がさらに説得力を増しているぞ!
メジャーでシングルを何枚も出しているが本作は
インディーズでのシングル故かデザインがかなり凝っており
変形しまくりのケース
に昔よくあった特殊加工された
形状のCD
が収められている!聴けないCDプレイヤーを持つ
リスナーも多くその為無償でノーマルな形状のCD交換してくれる
ようだがうちのプレイヤーは問題無く聴けるタイプなんで大丈夫だ(笑)。

1曲目はリリカルなオルゴール音で始まり叙情的な
泣きのギター
が聴けるアップテンポチューンで
メタリックではない軽めの、プログレと言うか
オルタナと言えそうな部分のあるバンドサウンドで
ギターの歪みもドンシャリではなく丸みのある
トーン
でメロディアスなソロもエモーショナルだな。
2曲目はクラシカルで優雅なストリングスシンセで
幕を開けクサいギターが登場し疾走!やはり生の
バンドサウンドには説得力があるがこの曲もそこまで
メタリックではなくAメロでワルツ風のリズムになり
チェンバロも登場、ギターソロはトレモロ系の速弾き
その直後に2ビートで疾走するぞ!ヴォーカルも
気持ちアグレッシヴな勢いを感じさせる歌い方になり
メロディーもクサいのう!3曲目はピアノ、アコギの
ストローク、遠くで聴こえるメロトロン風の音色が実に
叙情的なバラード曲。後半でテンポが上がりただ
穏やかなだけではない、爽やかに駆け抜ける雰囲気も
感じさせポジティヴさを持ったアレンジになっているぞ。


3曲のみのシングルだがそれぞれ異なるタイプの楽曲
なっており幅広いながらも一本芯の通った曲調に
纏め上げれられている
のは流石じゃのう・・・!
ただ前作同様そこまでHR/HM要素は無く軽めのオルタナ系
ロックサウンド
になっておりそこがメタラーには
どう映るか
だな・・・。前々作“QuoVadis”のような極めて
メタリックな音作り
が俺は好みじゃわい!またそのうち
ああいうアルバムを出して欲しいのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Devils lullaby







"汝を照らす朧のアリア"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの10thアルバム。


メジャーでもシングル中心だが精力的に活動しライヴやイベントへの参加
多くなってきている国産シンフォニックゴシック実力派ユニットAsriel、
かつてはヴォーカル以外は全て打ち込みで作られていたがここ最近は
生音にこだわる様になっていき今やギター、ベースはおろかドラムまで
人間のプレイ
になりメタラーには有難いサウンドになったと言えよう!
同系統(?)である六弦アリス超ハイクオリティーなリアルさ
持っているとはいえ今もなお打ち込みサウンドにこだわっているのと比べ
見事なまでに好対照である!

1曲目はクサく穏やかさを感じさせるストリングスシンセで幕を開け
ドラムと共にバンドサウンドが登場!リードギターに導かれアップテンポになり
ヴォーカルが入るとアコギがバックを飾りブリッジ以降で再びバンドサウンドが
顔を出す王道のV系風アレンジが施されているぞ!サビは実にキャッチー
メジャー志向のアニソン風と言える雰囲気があるな。メロディー重視の
ギターソロ
エモーショナルで良い!2曲目もギターで始まるアップテンポ曲で
アレンジは彼ら得意のヴィジュアル系風だがリフがミステリアスさを出し
ベースラインも印象的でキラキラしたチェンバロも登場、1曲目に近いタイプだが
Asrielらしい神秘的なゴシカル要素が現れ始めサビの早口Voも珍しく面白いな。
その後のモダンっぽいリフ、そしてクラシカルなハモリで聴かせるギターソロも
聴き所だ!3曲目はメタリックなリフ冷たいピアノ、シンセが聴け疾走!
かなりこっち寄り(つまりメタル寄り)な側面を見せる曲でヴォーカルのバックでは
アコーディオン、さらにデジタル的なシンセも登場し曲展開もアコギ、ピアノの
穏やかなパート
がサビ前に出てきたりとなかなかに凝っており疾走パートのリフも
ノリが良くカッコいいな!ギターソロもフラッシーなシュレッドかつ
ネオクラ要素もありメタラーにはたまらんプレイである!4曲目は笛の音色と共に
軽快なノリを見せる曲でライトなカッティング、煌びやかなシンセ妖しさ
保ちつつもジャジーなスイング感を感じさせどこか小洒落た雰囲気があるな。
ギターソロもノリの良さを保ったメロディアスなフレーズを弾いているぞ。
5曲目は琴の音色が聴け和の雰囲気を放ちベースが唸りストリングスシンセが
実に彼ららしさを放つサビはキャッチーなミドル〜アップテンポ曲。笛の音色が
和の叙情を放つインストパートも印象的である。ベースも良いな。そして後半辺りから
一気に疾走を開始しメロスピ化するぞ!
6曲目はストリングスシンセ、メロウなヴォーカルで
幕を開けバラードと思わせておいて煌びやかなシンセ、軽めのバンドサウンドが聴け
ミドル、アップテンポの中間くらいのノリで展開、バンドサウンドよりもシンセが目立った
昔の彼らに近いタイプのシンフォニックな曲
憂いを帯びたメロディーが良いな!
ベースも目立っており中盤から展開が変わり疾走しギターソロは実にメロディアスな、
昔のメタルというかイギリス、ヨーロッパ辺りのハードロックを思わせるフレージングで
クサさに走りがちな日本人によくあるフレーズではない辺りが逆に新鮮で面白いな。
7曲目はアトモスフェリックなシンセにピアノ、アコギが聴ける穏やかなバラード
見せかけておいて途中へヴィなギターリフが顔を出しテンポが上がりダークで
妖しい雰囲気
を放ちドラマティックに展開するぞ!バンドサウンドが
生だからこその説得力
があり流石のクオリティーを有しているのう・・・!
ベースも印象的でギターソロはどこか中東風のフレーズを弾きプログレッシヴな
バッキング
センスの良さを感じさせるな。


ギターが生になった記念すべきアルバム“QuoVadis”はメタル視点で見て
まさに名盤と呼ぶに相応しい力作だったがその後ドラムまで生になった
“永遠に捧げし凍てつく眠り”
やシングル“Devils Lullaby”は折角の
生音なのにどこかオルタナ寄りというか穏やかになった印象があった・・・!
そして本作はどちらかと言えばAsriel本来のスタイルであるV系風のアレンジ
濃く押し出されておりアニソン的キャッチーさも強くある意味原点回帰した
言っても良さそうな感じで、それでいてバンドサウンドが全て生になり
昔と比べてただただ純粋にクオリティーがアップした印象である!
ただその代わり初期の頃にあった北欧メタル的な質感は減退しており、
やはりあれは打ち込みでバンドサウンドとシンセの釣り合い
取れていたが故に感じられた要素なのやも知れんな。激しさもあまり無く
あくまでもキャッチーさ重視のメジャー志向サウンドと言えよう・・・!
メジャーアルバムではストリングスも生音になっており、近いうちに
インディーズでもそうなりそうだしゆくゆくはサンホラ同様全ての
オーケストレーションが生になる
日もそう遠くはないのやも知れぬ・・・!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 幻想のラプソディア、veladonna、魔笛の慟哭、
朧月夜、Secret Promise、Largamente







"碧い瞳の光は消えゆ"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットのインディーズ名義の2ndシングル。


メジャー進出以降はライヴでも良質なパフォーマンスを披露しついには
海外(台湾)進出も果たした国産ゴシックユニットの大物Asrielの3曲入り
最新シングルである!本作もご多分に漏れずバンドサウンドは全て
となっておりメタラーも納得の音作りに仕上がっていると言えよう!

1曲目は煌びやかなシンセ、キャッチーなメロディー、タイトな
ドラム
が聴ける叙情味を帯びたポップ寄りの判りやすい曲だが
曲が進むにつれ複雑なバッキングとなり手数足数多いドラム、
クリーン寄りの音色でオブリを入れるギター、ボトムを支えるベース
各バンドサウンドが良き仕事をしておりギターソロはツインリードとなるぞ!2曲目は
イングヴェイの“RISING FORCE”みたいな叩きつける緊迫感あるイントロに始まり
ギター、シンセがクラシカルなフレーズを奏でアップテンポでシリアス
展開していく様式美ライクなメタルチューンだ!途中雰囲気が変わり
ミステリアスなピアノが聴けるパートも顔を出しこの辺の美意識は
ただのメタルに収まらないゴシカルな感性なのだろう・・・。サビは判りやすい
キャッチーなフレーズ
が聴けるぞ!ギターソロはメロディー重視の
泣きのエモーショナルなプレイ
で後半ではツインリードによる劇的な
2ndギターソロ
も登場する!3曲目はピアノ、アコギが聴ける穏やかかつ
エモーショナルなバラード曲。
アコギソロがまた良いな。


プロダクションは若干篭り気味だが生のバンドサウンドが確固たる
説得力
を持ち哀愁ポップチューン、様式美寄りのメタル泣きの
バラード
異なるタイプの3曲が収録されておりそれぞれ違った顔を
見せ
Asrielの持ち味が上手い事発揮されているな・・・!まぁ今回はシングルなんで
爆走チューンとかメタラーが本気で喜ぶようなコアな楽曲は無いんで
過度の期待は禁物なれどやはり良質の楽曲が収録されているぞ!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 碧い瞳の光は消えゆ







"薔薇の棺に太陽は在らず"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの11thミニアルバム。


メジャーでもインディーズでもバリバリに活動しまくりアルバムやシングルを
出しまくりライヴでも良質のパフォーマンスを披露する超実力派ユニット
同人/インディーズとしては11作目にあたるアルバムである!今回は6曲入りの
ミニアルバム
で音楽性は当然のように普遍となっており、また今回バックバンドに
見知った顔が並び
何と1曲目でベースをプレイしているのがあの元GALNERYUS、
現AXBITESのTsui氏なのだ!
まぁオフィシャルサイトではあんまその事を大々的には
発表しておらん
ようだが(爆)、彼と黒瀬氏がコンタクト取っている光景ボケ〜っと
眺めていた身
としては遂にこのときが来たか・・・!ってな心境である(笑)。

1曲目は早速のクサいストリングスサウンドで始まりベースも唸りギターは
ツインリードドラマティックなフレーズを奏で対位法で交錯!ヴォーカルが
入るとキャッチーさが目立つようになりギターのオブリがまた良くサビは
一瞬ながら疾走するパートもあるぞ!ギターソロパートも疾走だ!
2曲目はキラキラチェンバロ系シンセ、ストリングスと共にするアグレッシヴなメロスピ
ギターリフも16分でガリガリとバッキングを刻みよくあるAメロになるとテンポが落ちるような
スタイルではない!サビ後までずっと爆走じゃ!インストパートはシリアスさを醸し出し
様式美要素プログレ的アンサンブルが入り混じり彼等の楽曲の中でも特にメタラーに
アピールする完全メタルチューン
となっているぞ!3曲目はベース、ドラム、ストリングスが緊迫感
演出し細かいテクニカルさを感じさせるギターリフも登場、ヴォーカルはどこかミステリアス
印象を放つスロー/ミドル曲。ムーディーな雰囲気も登場し1、2曲目とはまた異なる曲調だが
サビはちょいとテンポが上がりキャッチーさを見せるぞ。4曲目はアコギ、シンセで始まり
ストリングス、加工気味スキャットコーラスが聴ける穏やかさを持った叙情スローバラード。
5曲目は軽快さを持った王道寄りのアップテンポチューン叙情性も感じさせるがいい意味で
ライトな質感
があるのう・・・!ギターのバッキングは拘りを感じさせサビのキャッチーさは普遍性があるな。
ギターソロもメロディアスでメタルというよりはポップス畑のソロにも聴こえるが技巧に走った
つまらんソロ
よりは何倍も良いな(爆)。6曲目は叙情的な冷たいピアノで幕を開けヨーロピアンな
印象
を感じさせるメロウなバラード曲。ギターソロも泣いておるのう・・・!


どうしてもプロダクションが篭りがちになってしまうがバンドサウンドは実にタイトで
1曲目なんかギター以上にベースが目立っているな・・・!アルバム全体としては
スローバラードポップチューンも目立っているがやはり1、2曲目のインパクトが強烈
特に2曲目なんかもう“メタル風”ではなく“メタルそのもの”である!
非メタルなバラードも十分に魅力的で実力の高さを物語っているがメタラーとしては
やはり1、2曲目みたいなキラーチューンを望んでしまうのう・・・!(笑)




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 Qliphoth、Annihilation







"Angelrhythm"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットのメジャー2ndアルバム。


インディーズでバリバリにアルバムやシングルをリリースしまくり、メジャー名義では
主にアニメやゲーム等に楽曲を提供している彼等Asrielのメジャーにおける2作目の
フルレンスアルバム
である!メジャーと言えばセルアウトの恐れがあり過去も今も
多くのバンドが毒牙にかかり持ち味を奪われていった・・・!だが今の所Asrielに
その心配は無くメジャーにおいても自己のスタイルを崩す事無く煌びやかで壮麗な
フィメールシンフォゴシック系ライトメタル(?)
を貫いておる!ポップな曲も
インディーズの頃からやっていた
しな・・・!果たして本作の方向性は一体どうなっているのだろうか!?

1曲目は生ヴァイオリンによる優雅な調べに始まりキャッチーさを持ったバンドサウンドも登場、
日本のメジャーバンドらしいプロダクションの篭り具合はどのバンドも同じだが(爆)、軽快さと
煌びやかさ
を感じさせる音作りはメジャーでも健在じゃのう!ギターソロはタッピングを交えるも
メロディー重視のプレイを見せているぞ。2曲目はピアノ、フィメールクワイア音、シンセに始まり
アップテンポでバンドサウンドとストリングスが入り混じりそして音は軽いがモダンな印象を感じさせる
へヴィ寄りのリフも登場!メロディーは明るめのキャッチーさがあるな。チェロのソロに始まり
メタルの王道を行くようなギターソロも顔を出すぞ!3曲目はメロウなピアノ、雨のSE、
微かに聴こえるノイジーな電子音
に始まりストリングス、打ち込みデジタルリズム、アコギ
穏やかでムーディーな印象を放つまったりしたスロー曲。サビ以降はドラムも登場し
ストリングスも盛り上がりを見せるぞ。4曲目はストリングス、ベースが印象的なこれまたミドルテンポ
ポップな印象を放つ曲。後半でテンポアップするぞ。5曲目はここにきてようやくシリアスでゴシカルなムードが放たれ
アップテンポでギターが泣きのリードフレーズを奏でヴォーカルも緊迫感あるメロを歌いバンドサウンド、
ストリングスもドラマティックに絡みサビはキャッチーさがあるがこれまでの曲とは一線を画す、
これぞAsrielと言える楽曲だ!
メロディー重視のギターソロ後は優雅さ、オシャレさを演出する
ちょいジャジーなプログレ風味も感じさせるテクニカルさがありベースも目立っているぞ!
6曲目はピアノに始まり穏やかさを感じさせるアレンジになり珍しく笛の音も登場、牧歌的ながらも
リズムにちょいとテクニカルさがあり何気に練り込みを感じさせるプログレポップか!?
笛のソロも聴けるぞ。7曲目はストリングス、電子音シンセ、リードギターがゴシカルで
優雅なムード
を感じさせ打ち込みリズム以外Asrielらしさが漂う曲だな。
サビ後のヴァイオリンがまた壮麗である!ラストでギターソロも聴けるぞ。8曲目はドラム、ピアノから
ストリングスが優雅に盛り上がり華やかな印象を感じさせるスロー曲。9曲目も穏やかで
ムーディーな空気のミドル曲
で10曲目はアトモスフェリックと言うにはトゲトゲしい
イントロ
からバンドサウンド、ストリングスが盛り上がり曲調自体はポップ寄りだがリズム、アレンジが
なかなかに変態的なプログレ系のテクニカルさを感じさせるパートが美味しいな(笑)。中盤のインストパート、
それ以降もまた展開が変わりポップ色が濃くも聴き応えある1曲に仕上がっているのう・・・!11曲目は
ピアノに始まり軽快なバンドサウンド、リードギターが聴けるアップテンポ曲でやはりポップでキャッチーな
アニソン要素
が強いなぁ・・・!12曲目は打ち込みリズム、ストリングスからちょいモダンなリフが聴け煌びやかな
アレンジが顔を出すアップテンポ曲
で本作としてはインディーズ寄りのスタイルだと言えよう!


何か全体的にどうもポップ寄りの曲が増えたような印象がありインディーズやメジャー名義の前作で
聴けるようなシリアスさ全開のメロスピチューンが鳴りを潜めているのが激しく気になるわい!
前半ポップ寄り、中盤まったりな感じで疾走チューンが無く彼等にメロスピを求めると肩透かしに
なってしまうだろう・・・!
ギターの音色がメタリックではなくエコーのかかったLast Allianceと言いたくなる
スカスカさなのも気になるな(爆)。メタル関係のレーベルと契約せずアニソン、J-POP関係のレーベル
サインしちまったからこうなってしまったんだろうか・・・!ちなみにPV1曲のみのDVD付きという事でまぁぶっちゃけ
ヴィジュアル商法なんだが(爆)、値段が法外なまでの高さではないのでまだ良心的だと言えよう!
Amazonなら値引きされとるしな(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 鏡の闇を穿ちて、White Feather







"常しえの惑い 醒めし毒"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットのインディーズ名義の3rdシングル。


かつてはヴォーカル以外全て打ち込みだったのも今や昔、ギターはおろかベースや
ドラムも全て生
になって久しい、メジャーでも活躍中国産シンフォニックゴシック
メロスピ系ユニット
による同人/インディーズ名義の最新シングルである!メジャーで
リリースされた上記のアルバム“Angelrhythm”彼らの持ち味であるシリアスで壮麗な
スピードメタルチューン
が1曲も無くポップ寄りの楽曲が主体となっておりメタラー的には
ちょいガッカリだった
のだが本作では彼らの持ち味である疾走チューン、シリアスナンバーが
しかと戻ってきているぞ!


1曲目は疾走曲かと思いきやどこか退廃的なムードを放つピアノ、シンセ、バンドサウンドが聴け
スローに展開・・・と思わせつつその後煌びやかなキラキラシンセ、唸るベースと共に
アップテンポになるぞ!生のバンドサウンドはやはり説得力抜群アコーディオン、笛
音色も新鮮さを放ちサビはキャッチーなメロディーを聴かせバンドサウンドとシンセが
壮麗に絡み合う
バックのアレンジも流石の鉄板振りじゃのう・・・!中盤はテンポチェンジ
雰囲気も変わるぞ。2曲目は待ってましたの疾走チューンでギターは奥に引っ込んでいるが
リードフレーズを奏でシンセが目立ちヴォーカルが入るとお約束のテンポダウンリフ消滅の
展開
になるがアコギ、ベース、ドラム、ストリングスシンセが細かいプレイを披露しサビで
再び疾走!ギターよりもベースが目立っているのが面白いな・・・!その後はアコギが
穏やかでエモーショナルなプレイを聴かせちょいとプログレッシヴなムードもあるか!?
ギターソロはメロディー重視ツインリードのハモリも披露されるぞ!3曲目はピアノ、
雨のSEに導かれ穏やかでメロウなムードを放つバラードナンバー。


やはりレーベルやらタイアップやらの制約があるメジャーよりも自由にのびのびやれる
インディーズ
のほうが彼らの持ち味が遺憾なく発揮されておるのう・・・!メジャー2ndに
なかったシリアスな曲が楽しめたった3曲だが胸を撫で下ろせるナイスシングルである!
バンドサウンド、プロダクションもメジャーよりタイトに感じられるのは気のせいか!?
ヴォーカルに関してはここ数作特にそうだがAsrielに必要不可欠な存在として既に技術、個性が
確立
されておりいい意味で何も言う事は無いのう・・・!全体的にギター以上にベースが
目立っている
のも印象的でHM/HRとして聴くとギターリフが弱いんだろうが本格的な
メタルバンドを目指しているわけでもなく、シンセやベース、ドラムが細かく複雑なアレンジ
披露しており音は十分に詰め込まれておるのう!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 黒い瞳の魔獣、白い指先







"ORATORIUM"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの2ndフルアルバム。


メジャーではフルレンスアルバムを何作かリリースしリメイクアルバムも出しているが
同人/インディーズ名義ではこれまでは大体30分前後のミニアルバムが多かった・・・!
だが本作は何と12曲入りのフルアルバムとなっておりインディーズでは“QuoVadis”
続いて2作目のフルアルバムだと言えよう!かつてはヴォーカル以外全て打ち込みで
バンドサウンド、オーケストレーションを再現
してきたが“QuoVadis”でついにギターが
生になり、
それ以降はドラム等全てのバンドサウンドが生と化しよりメタラーに
アピール出来るようにクオリティーが向上!
ライヴでもそうだが演奏も非常にタイト
音そのものはへヴィではなくライトさがあるがそれがAsriel特有の繊細さに繋がっているな。

1曲目はアコギ、シンセがメロウでアトモスフェリックなムードを演出、ピアノに
ストリングスも顔を出しそしてバンドサウンドが登場し疾走開始!流麗なストリングスに
ギターリフが絡み音自体は軽めだがしなやかなムードを醸し出しヴォーカルが入ると
クールダウンするも軽快になりサビは非常にキャッチーである!その後はどこかラウンジ風の
穏やかなアコギ
ピアノ、ストリングスが聴け緊迫感もあるな・・・!ギターソロは
メロディー重視のプレイ
泣きのフィーリングを発散しているぞ。2曲目はアコギに導かれ
これまたキャッチーなヴォーカルと共に軽快に疾走!Aメロの早口ヴォーカルが印象に残り
Bメロ、ブリッジの展開も凝っておりサビは再び疾走ししなやかさを見せつけベース
目立っているな。インストパートは急にムードが変わりダークでシリアスになるが
アコギソロは穏やかさがあるぞ。3曲目はイントロから大仰でシンフォニックなムード
放ちそしてメタリックなツインリードと共に疾走!Aメロはテンポダウンするがシリアスさが
薄れる事は無くBメロで再び疾走、緻密なアレンジが強烈な緊迫感を感じさせサビはゴシカルで
クサくキャッチーなメロディー
を大仰に聴かせこれまた疾走するアグレッシヴで壮麗、大仰にして
繊細な超キラーチューン
である!オーケストレーションが盛り上がるインストパートも強烈じゃ!
ベースも顔を出しギターソロはメロディアスでハモリも見せ疾走!対位法を駆使した細かい絡み
またMALICE MIZERライクでたまらんわい!アドリブではないキチンと「作曲」されたソロである!
4曲目はこれまた緊迫感を感じさせつつもピアノが物悲しさを演出し珍しくデジタル系のシンセ
登場しバンドサウンド、リードギターと共にアップテンポになりリフHM/HR要素が濃くなりつつも
ストリングスシンセがバックを彩りヴォーカルも浪々と歌い上げ大仰さを見せ表現力の向上を
感じさせ
ブリッジ(?)はツインVoのようになるな・・・!ギターソロは超シュレッドではないが手数多い
細かいフレーズ
を弾き十分にメタルなプレイだがその後は退廃的なムードを醸し出すのう・・・!
5曲目は怪しげなピチカート(?)、アコギ、ピアノにヴォーカルが聴けゴシカルさを演出、
ストリングスに猫の鳴き声らしき声も聴けスローで淡々としているが実にムード満点な曲だな。
6曲目はアトモスフェリックな空気を纏ったイントロで始まるもその後はハードロック色濃い
アップテンポ曲
になりベースもビンビン目立ちつつ流麗さもありフルートの音色と共に展開も
凝った感じになるな・・・!サビはテンポアップしキャッチーさを見せるぞ!中盤は
リズムやムードが変化し3連リズムのタンゴ風パートが聴けこれもプログレの一種と言えそうか!?
ギターソロはミュートフレーズに始まりベースもバンバン目立ち絡みを見せるぞ!リフもしっかりしており
HM/HRとしても良質の曲
だな。ラストのツインリードがまた叙情的でたまらんのう・・・!
7曲目はアコギに堂々としたヴォーカル、ストリングスが絡み明るめのキャッチーな
ムード
を感じさせるアップテンポ曲。バンドサウンドはそこまで目立った感じではなくHM/HRというよりは
ポップロックに近い
練り込まれた繊細なシンセワークは見事じゃのう・・・!
サビも非常にキャッチーでライヴでの盛り上がりが想像できるな。ギターソロはキャッチーなメロディーを弾き
泣きのタッチが実にエモーショナルである!8曲目はヴォーカルの歌い方がポップスに
接近した感
のあるこれまた明るめでキャッチーなアップテンポ曲。ギターソロがまた強烈な泣きを
発散しており
もうちょい長く聴いていたいと思えるのはメタラーだからだろうか!?(爆)
9曲目はアコギ、ピアノ切々と歌うヴォーカル穏やかでメロウなムードを
醸し出すバラード曲。
サビの盛り上がりがまたドラマティックで良いのう・・・!
10曲目はこれまたアコギで幕を開けピアノ、ヴォーカルアコーディオンの音色が登場、
9曲目とはまた異なるムードが発散されメロディーが良いな。途中からベース、ドラムも聴け
盛り上がり始め穏やかな中に緊迫感も醸し出されHM/HRどころかロックかどうかも
怪しい
中盤から疾走!ピアノ、ストリングス、アコギの絡みがまた凄まじく緻密
練り込み具合が半端ではないな・・・!11曲目はピアノ、ヴォーカルがキャッチーさを醸し出し
そしてHM/HR色濃いバンドサウンドで疾走!Aメロはリフが消えるもブリッジで再び十分にメタルとして
魅力的なリフ
が再び顔を出しヴォーカルはキャッチーなメロディーを歌うぞ!ピアノのオブリが
フックとなり
ベースがまた自己主張しまくっているな。ツインリードのギターソロがまた聴き所で
ドラマティックなフレーズを聴かせてくれるのう・・・!12曲はストリングスに加え
いつになく正統派メタル寄りのギターフレーズが顔を出すもヴォーカルパートは
穏やかさを醸し出し
ストリングスがシンフォニックさを出しつつもキャッチーな
アップテンポ
で展開するぞ。やはりアレンジが繊細でギターがまた細かいミュートリフを入れたり
サビ前にワイルドさのあるフレーズを一瞬見せたりと実に凝っておるわい!ベースも印象的だな。
ギターソロはメロディー重視のプレイドラマティックな泣きも披露する!


繊細に絡み合うバンドサウンドとシンセオーケストレーションがAsrielならではの美麗な
シンフォニックサウンド
を作り出しリフやソロ等ギタープレイはメタルの旨みも見せ
ベースラインもかなり前に出ており
印象に残るな・・・!ギターの繊細な泣きのタッチ、
ビンビン目立つベース、音は軽いが説得力抜群のドラム
メタラーに激しくアピール出来る
生の音作り
が実に素晴らしいのう!楽曲もシリアスなメロスピ、シンフォニックメタル調からアニソン的
キャッチーさ満点
のアップテンポ曲、退廃ムードに満ちたシリアスなゴシカル曲に加え
インストパートのアンサンブルがまた部分部分でラウンジ風になったりタンゴ調になったり
ちょいとプログレッシヴだったりと凝った部分が見受けられ、それでいて散漫になる事無く
一本芯が通っている
ように感じられるのはやはり繊細で緻密なアレンジ実力派ヴォーカルの
おかげ
だろうな・・・!いい意味でメジャー感漂うキャッチーさを取り入れメタラーに
アピールするメタルチューン
も忘れず、音はライトだが緻密極まりないアレンジ、
アンサンブル
コアなマニアも唸らせる相変わらずの良質な1枚である!




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 Oratorium  赫き蝶は闇夜に消えて  黒い瞳の魔獣
Lament  Romancia







"淡き夢見る宵闇の骸華"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの12thミニアルバム。


初期の頃はヴォーカル以外は打ち込みだったがやがてギターが生になりそして
今やベース、ドラム等バンドサウンド全てが生になって久しくメジャーに
進出
した事によりライヴも行うようになりより地力を付けてきている感漂う
大物ユニットによる最新ミニアルバムである!ここ最近はメロディーも相当に
キャッチー
になりアニソン的なムードを増しているがその分ゴシック的
シリアスさが減退して来ている曲
も目立っているが本作もそんな感じで
しなやかな繊細さを持った緻密なアレンジ
は変わっていないが激しく疾走する
メロスピナンバーが無く
この辺はメタラー的には賛否あるだろうか!?

1曲目はピアノ、ストリングスで幕を開けそこまでメタリックではないが
ハードさはしかとあるバンドサウンドが聴け軽快なアップテンポとなりキャッチーさを
放つ王道の良さを持った曲
でサビのバックで顔を出すギターのオブリや
ギターソロの後ろで聴けるピアノ
等やはりアレンジの丁寧さが耳を惹くのう・・・!
2曲目は珍しい(?)トランス系のシンセも顔を出しつつAメロはピアノに
アコギ
マイルドなムードを出しつつやはりキャッチーさの強いアニソン色濃い
ミドル〜アップテンポ曲。
タイトかつメロディアスなギターソロも実に安定感があるな。
3曲目は叙情性のあるピアノ、ストリングスで幕を開け軽快さを残しつつも
メロウなムードを放つしなやかなアップテンポ曲でヴィジュアル系っぽいムードを
持っているな。ギターソロがメロディアスに泣いており良いのう・・・!4曲目は
シリアスさのあるシンセ、冷たいピアノで幕を開けるも疾走はせずパーカッシヴな
ドラムにアコギ、ストリングス
がどこか重厚な神秘性を放ちバンドサウンドはそれなりに
ハードさを見せるエモーショナルな曲。ブリッジはテンポアップしギターのバッキングが
印象的だがヴォーカルはしなやかな歌い回しを見せておりサビのメロディーは
クサさ
を放つぞ!エキゾチックさのあるメロディー重視のギターソロも聴き所だな。
5曲目はしなやかな壮麗さを感じさせ疾走はしないがAsrielらしいシリアスで繊細な
エモーション
を感じさせるアップテンポナンバーである!サビは明るめのキャッチーさ
放たれるもバックのピアノ、ストリングスが良いな・・・!中盤のパーカッシヴなドラムに
メタリックなレガートさ、フレージングを見せるギターソロ
も聴き逃せないポイントだ。
6曲目は繊細なピアノ、ストリングスが聴ける美麗なバラード。中盤で挿入される
叙情的なアコギソロがまたツボを付いておりどこかオシャレ感もあるか!?


かつて聴けたバリバリの疾走クサメロスピチューンは減退してしまっているが
その緻密なアレンジは健在でメロディーも相当キャッチーさが増しており
コアな部分は薄れつつも決してクオリティーが落ちているわけではないのでこの辺は
問題無くバンドアンサンブルは非常にタイトでヴォーカルの歌い回しももはや
円熟の域に到達しておりやはり上手いのう・・・!まぁ個人的にはやはり勢いとクサさ溢れる
疾走曲をどうしても求めてしまう
のだがキャッチーなメロハーもしくは
ヴィジュアル系として捉えると下手なバンドよりもずっと高品質なサウンドを出しているのは
言うまでもない!アルバム後半シリアスなアップテンポ曲が揃っている印象があるな。




オフィシャルサイトで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 カタルシス  Amethyst  眠りの森  宵闇の骸華







"XANADU"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの3rdフルアルバム。


もはやベテランの域に達した大御所シンフォニックゴシックメロスピユニット
インディーズ(同人)名義のフルアルバムとしては通算3作目、音源としては
通算14作目にあたる最新アルバムである!元々のルーツがヴィジュアル系だからか
ここに来て同人音源なのにライヴ映像入りDVD付属の初回限定盤通常盤と言う
まさかのヴィジュアル商法を慣行、正直顰蹙モノだと思うが(爆)中身は売れ線に
走った腐れ3流オチャラケポップV系共とはワケが違う!


1曲目はピアノ、アコギメロウな叙情性を演出、続いてバンドサウンド
顔を出しシンセストリングスを伴いアップテンポで展開!Aメロはシリアスな
ムードを醸し出している
がサビはアニソン的キャッチーさを見せているな。
アコギソロに続きギターソロが聴けるぞ。2曲目は意外とアグレッシヴな
ノリ
を放ちちょいモダンな要素も見せるギターリフが聴け疾走!だが
ストリングスはやはり優雅で繊細な音色を見せておりそこがAsrielらしいな。
ヴォーカルになると落ち着きを見せヘヴィさが無くなるがサビはこれまた
キャッチーさを放ち疾走するぞ!ベースも目立っておりギターソロは2本の
ギターが絡み合いクラシカルなフレーズ
を聴かせてくれるのう・・・!ラストのリフでは
キラキラしたチェンバロ系の音色まで顔を出しツボを突いてくるわい!3曲目は
シタールの音色エキゾチックで気だるい雰囲気を演出、ギターやドラムも
どこか怪しげで淡々としたムードを放つが途中から疾走するぞ!4曲目はリリカルな
ストリングスの音色
神秘的な空気を見せリードギターと共にバンドサウンドも登場、
キャッチーさのあるメロディーを奏でるがAメロではアコギが聴けまったりとした
展開になり
サビはやはりアニソン的なメロディーじゃのう・・・!5曲目はヘヴィな
印象のあるバンドサウンド
と共にアグレッシヴに疾走する待ってましたのメロスピ、
メロパワチューン
Aメロでテンポダウンしてお茶を濁すような事はせず疾走を続け
途中でテンポダウンこそすれどモダンな印象をキッチリキープ、シリアスさ
保ちサビは疾走し優雅さを見せるぞ!その後は珍しいビートダウン風になり再び
ピアノと共に疾走!ストリングスも聴けピアノとギターのユニゾンも熱いぞ!
バンドサウンドが生となった今こそもっとこういう曲をやって頂きたいモンじゃて・・・!
6曲目はメロディアスさ満点のツインリードで幕を開けキャッチーさを放つ
ミドル曲。
やはりメロディーセンスが良くアレンジも繊細でエモーショナルだな・・・!
ツインリードのギターソロキャッチーである。7曲目は緊迫感あるシンセ
幕を開けヘヴィさのあるリフ冷たいピアノ、ストリングスが乗りモダンさ
見せつつアップテンポで展開、Aメロはテンポダウン怪しさを醸し出しその後は
細かいギターをバックで聴かせつつまたテンポアップ、サビはキャッチーになるが
やはり俺はこういうシリアスでダークさのあるメタリックチューンが好みだな(笑)。ワウを
効かせたギターソロ、
その後のピアノ、ヴォーカルが緊迫感を放つパートも聴き所である!
ヴォーカルも妖しい色気を放っており実にエモーショナルじゃのう・・・!8曲目もまた
メタリックなリフに加えオルガンも顔を出しストリングス、ピアノと共に
これまたシリアスさを放ち疾走するぞ!細かいリフワークがメタラーのツボを突きサビは
キャッチーかつ煌びやかに爆走し本作中最もクサメタリックである!ギターのようにも
シンセのようにも聴こえる高速フレーズ
も面白くギターソロもメロディアスだな。9曲目は珍しく
エレクトロニカ系のシンセに始まり牧歌的な笛の音色アコギも聴け
穏やかなムードを醸し出すマイルドなスロー曲。オーガニックなアコギソロが印象的だな。
10曲目は笛の音色、ピアノメロウさを放った後キャッチーな音作りになる
アニソン色濃いポップチューン。11曲目はピアノ、シンセ叙情性を醸し出した後これまた
ポップ寄りのムード
を見せるがどこかメロウさもあるな。サビはやはりキャッチーだが
そのバックで何気にベースラインも自己主張しているぞ。12曲目はアニソン的な明るいキャッチーさ
見せつつもバンドサウンドにはHM/HR要素もしかとあるアップテンポナンバーである!
ギターソロも良くシンセとのユニゾンがまたドラマティック様式美的だな・・・!ポップチューンでも
これくらいストロングであってもらいたいモンじゃわい!


ここ最近の傾向として以前のようなガチの爆走メロスピチューン減退しており
キャッチーなアニソン要素の強い曲が目立っており流麗さ、繊細さは健在だが
問答無用でガンガンに頭を触れるキラーチューンが少ない
のが気になるわい・・・!
サビのキャッチーさは流石だが逆に言えば似たりよったりになっている印象もあるし
ある意味DRAGONFORCE的と言えるかも知れんか!?(爆)ポップでキャッチーなアニソン、
J-POP然としたメロ
も悪くは無いが個人的には胸を締め付ける哀愁漂う泣きの激情
クサクサメロディー
が好きなんでな・・・!それはそうとどうやら脱メジャーした(?)らしいが
我々はメジャーに対していいイメージが全く無いんで朗報だろう(爆)。
売れ線に妥協する事無く芸術としての音楽を創造出来る場
インディーズ、同人界隈なのだ!




オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 CRIMSON  COCYTUS  その願いが罪ならば
ILLUMINATE  XANADU







"黄昏の月と漆黒の太陽"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの13thミニアルバム。


一時期メジャーで奮闘するも、今は再び同人/インディーズシーンに腰を落ち着け
精力的な活動を続けるベテラン実力派ユニット
による最新ミニアルバムである!
オール打ち込み
だったのも今や昔、完全生のバンドサウンドになって結構経つが、
どうやら今回音質に相当気合を入れたらしく、キングレコードのスタジオで
レコーディング
しており一聴してその成果が判るプロダクションに仕上がっており
その上生のヴァイオリンも導入、彼らの音楽性にこの上無くマッチしたその
気品漂うクラシカルな調べ楽曲の良さをさらに引き立てておる!

1曲目は煌びやかなピアノ、シンセで幕を開け迫力あるバンドサウンドも登場!
確かに音質は相当に良くなっており分離の良いサウンドで展開、曲調は最近の
彼ららしいキャッチーさを見せるアップテンポ
で、ベースがまた動き回っており
ギターソロ
メロディー重視のプレイである。2曲目はドラマティックかつ優雅な
ストリングス
で幕を開けヴォーカルも怪しげなムードを演出、ゴシカルなムード
強いがやはり根底にあるのはキャッチーさである。ギターソロは流麗な速弾きを
披露しておるのう・・・!
3曲目は生音による神秘的なヴァイオリンの音色
幕を開ける淡々としたミドル曲しなやかな印象もあるな。
ヴァイオリンソロも切れ味鋭く
やはり生音は良いのう!4曲目はイントロから早速
ドラマティックさ
を放ちシンフォニックかつアグレッシヴに疾走!圧倒的に向上した
サウンドプロダクション、生のヴァイオリンが曲の良さをさらに引き立てており
シンフォニックメロスピ
として実に質の高い楽曲に仕上がっておる!メロディアスな
ギターソロ、その後の展開
もまた劇的じゃのう・・・!5曲目はメランコリックな
ヴァイオリン、シンセ、アコギ
が実に叙情的なバラードで、北欧メタルに通じる
冷たい透明感
もあるがそれと同時にどこか和のフィーリングも感じさせるか!?
6曲目はこれまた北欧ライクな神秘性を放つシンセで幕を開けシンフォニックさと共に
メタリックさを放つバンドサウンドも登場!
まぁ全体的にはやはりV系寄りの音作りで
キャッチーさも強いのう・・・!
ギターソロはトリッキーさがあるか!?


音楽的には特に大きく変わる事の無い安定感を見せているが、やはり本作の最大の特徴は
圧倒的に向上した音質、
そして生のヴァイオリンサウンドだろうな・・・!
むしろ何で今まで生ヴァイオリンじゃなかったのかと言いたくなる位楽曲に合っており
今後もこの音作りでさらなるアルバムをリリースして頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Helios  JUPITER







"ABYSS"




日本のシンフォゴシックメロスピユニットの4thフルアルバム。


一時期メジャー移籍するも、結局同人/インディーズシーンに舞い戻りクオリティーを
向上させたアルバム
を数多くリリース、メロスピ要素の強いファストチューンこそ
減退気味なれどバンドサウンドを全て生にしプロダクションを著しく向上させ、
さらに最近では生のヴァイオリンも導入しより耽美で華麗な世界観を描き出す事に
成功している・・・!本作はそんな彼らのフルアルバムとしては通算4作目に当る1枚で、
何と本作をもって同人/インディーズ活動はラストとなるようで今後は再びメジャーシーンに
打って出る構え
のようである!おそらく今回はアニソン提供曲のみの使い捨てにされるような
事は無く、本格的なミュージシャン、バンドとしてキチッと扱ってくれる所と契約したのだと
思いたい!(爆)そんな訳で本作はまさに彼らのこれまでの活動の集大成と言える力作
仕上がっており、バンドサウンドは勿論ヴァイオリンも生で、さらにゲストプレイヤーによる
生のピアノも使われておる!

1曲目はダークな印象のあるストリングス、鐘の音に続き優雅さを演出するクラシカルな
生のピアノ、
さらにクワイアも顔を出しこれまでに無くシリアスな空気を醸し出すイントロで、
続く2曲目は優雅かつ勢いを見せるバンドサウンドストリングスが絡み合い
相当に構築されたドラマティックさ
を演出!ベースラインも何気に動き回っており、
ピアノも美味しい所で顔を出しキャッチーかつ耽美な優雅さを演出しておるのう・・・!
ギターソロ構築された印象があるな。3曲目はストリングスピアノ北欧メタルに
通じる冷たい壮麗さを見せつつ疾走!
かつてのメロスピ要素を色濃く見せていたAsrielが
戻って来たかのようなファストチューンで、サビもキャッチーかつ実にドラマティックである!
中盤はちょいと怪しさを見せた後ギターソロに突入、メロディー重視のプレイを披露しているな。
その後は穏やかな優雅さを醸し出すのう・・・!4曲目はアコギシンセ等が怪しげなムード
醸し出し、優雅で壮麗なストリングスサウンドも登場、淡々とした中に高貴な雰囲気を感じさせ
その後はテンポアップするぞ!メロディーはどこかエキゾチックな壮大さも感じさせ、
中盤以降ではヴァイオリンのソロも顔を出し切れ味鋭いプレイを披露しておるわい!
5曲目はこれまた壮大で優雅なムードを醸し出し疾走!シンセが自己主張しておりどこか
怪しげな印象も見られつつサビはキャッチーさがあるな・・・!ギターソロはクラシカルな
フレージング
を披露しており様式美的な側面が見られるぞ!その後のピアノ、アコギパートもまた
美麗かつどこか退廃した印象もあるか!?6曲目はピアノに加えアコギのストローク、
ストリングス
と共にバンドサウンドも顔を出し、軽快かつ淡々とした印象も見せるポップ寄りの
穏やかなミドル〜アップテンポ曲
だ。サビがまたキャッチーさを感じさせてくれるのう・・・!
ギターソロもメロディー重視
だが一瞬タッピングを披露するぞ。7曲目は再び優雅なクラシカルさ
放ちつつキャッチーな印象も強いが、華麗さのある高貴な様式美ムードを醸し出しており
それでいてサビは相当にアニソン寄りのフックがあるな・・・!8曲目はオシャレな印象のある軽快な
歌謡ジャズ調のシャッフル曲
で、アニソン丸出しのコケティッシュなヴォーカルも
インパクトを放っているぞ!
ギターソロもキャッチーなメロディーを紡ぎ出すプレイである。
9曲目は哀愁漂うヴァイオリンで幕を開け、どこかスパニッシュ系に通じる情熱の
メロウさ
を感じさせ優雅で高貴ながらも夕日が映える曲調に仕上がっておるわい!(爆)
ヴァイオリンソロがまたドラマティックで良いな・・・!10曲目はこれまたメロウなピアノ
幕を開けヴァイオリンアコギも登場する落ち着いたバラード系。サビがやはり相当に
キャッチー
で、アコギソロはどこかラウンジ風だろうか!?後半でヴァイオリンソロ
顔を出しさらに疾走もするぞ!11曲目は壮麗なストリングスに始まり穏やかさを見せつつも
アップテンポで展開、アトモスフェリック寄り漂うようなシンセも聴けるが
勢いもあり、サビがこれまた相当にキャッチーである!12曲目は淡々としたメロウなピアノが聴ける
メランコリックなバラードで、アコギやベースも目立ちサビは壮麗な盛り上がりを見せ
テンポアップメロディーもまた美麗じゃのう・・・!後半のアコギソロヴァイオリン
また美しく叙情性を演出しているな。13曲目は壮麗かつキャッチーさを放つアップテンポで、
アニソン寄りかと思わせておいて勢い良く疾走!ストリングスがまたシリアスさを
醸し出しており
サビは例の如くキャッチーさを見せているな・・・!14曲目は美麗なピアノ、
ストリングス
が淡々とした中に美しさを演出するメランコリックなアウトロである。


まさにこれまでのAsrielが持っていた美味しい所を集約したかのような1枚に仕上がっており、
緻密さ溢れるアレンジワーク、北欧メロスピ直系の優雅な疾走感、煌びやかなシンセ
近年見せるようになって来たアニソン色濃いキャッチーさ、そしてクラシカルさ満点の
生のヴァイオリン
生のピアノが絡み合い実に優雅で華麗な高貴さを演出しておるのう・・・!
爆走しまくりのメロスピ、メロパワと言う程では無いが疾走感ある楽曲が多いのも
メタラー的には嬉しい所である!KOKOMI嬢の歌い回し円熟の領域に達しており、
楽曲毎に優雅に歌ったり高音でアニソン風に歌い上げたりと、元々高いレベルを持っていたが
さらに向上している印象があるな・・・!インディーズラストを締め括るに相応しい
気合入りまくりの力作である!今後はメジャーでよりバジェットをかけて、オーケストラや
クワイアも全て生
にしてサンホラ越えを果たして頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 87% お気に入り曲 ABYSS  シルエット  深紅の海で染めたなら  Raison D'etre
蜘蛛の糸  WHITE MUTE  FREESIA  夢御伽  白い夜波紋を映す闇







"Resurrection"




日本のフィメールVoシンフォニックメタルユニットによる再メジャーミニアルバム。


何故かSUMMER SONIC 2014のオープニングアクトに抜擢されたのも記憶に新しく、
ブライアン・メイやロジャー・テイラーに会えたのか
どうか聞いてみたいんだが
それはさておき、
かつて一度メジャーに進出するも、そこでは持ち味が存分に発揮されず結局インディーズの
ほうがいい
ファンは勿論、Asriel側もそう思ったのかすぐにドロップアウト、俺等全員
「やっぱメジャーはクソやな!インディーズこそ至高じゃ!」との結論に至ったのだが(爆)、
その後キャリアを積んだ事によりメジャーでも上手くやっていけると判断したのかどうかは知らんが、
再びメジャーに殴りこみを掛け本作のリリースと相成った!我等コアなメタラー・・・
音楽ファン
にとってメジャーと言えばいわずもがな、拝金主義の背広組がバンドの方向性を
無理矢理売れ線に捻じ曲げ結果クソつまんなくなってしまいファンがいなくなり
使い捨てにされてしまうという、言わばヤクザのようなシロモノで良いイメージが微塵も
無いんだが(爆)
果たして今回はどうなのか!?勝算あって喧嘩を売るのか!?

1曲目はメロウなピアノが聴けるイントロで、続く2曲目はギターがしかとHM/HRな質感を
醸し出し
つつストリングスやピアノが絡み合いヴォーカルも登場、これまでと違って
低音気味でシリアスに歌っており印象がまた違って来ているな・・・!サビはアニソン的な
キャッチーさ
を見せているぞ。3曲目もアニソン色濃いフレージングを放ちつつギターリフが
しっかりメタルしており
さらに壮麗なストリングス、ピアノも登場、Aメロは淡々としたアレンジ
よくあるパターンではあるが音作りがHM/HRなんで安っぽさが無いのが良いな。
4曲目は淡々としつつもヘヴィリフが聴けどこかオシャレ感もあるミドル曲。5曲目はさらにダークなゴシック風味
増しつつ十分にメタリックな音作りを見せてくれる怪しげなスローチューンで、ベースも唸っており
サビは疾走感も見せるぞ!6曲目はピアノに始まりアコギ笛っぽい音色等も登場、
ヘヴィさ重視の本作にあってファンタジックな穏やかさの目立ったソフトな曲で、
こういう曲が1曲あるとアルバムのフックになって良いな・・・!途中でアコギソロも聴けるぞ。
7曲目はアニソン的なキャッチーさを出しつつもストリングス、リードギターメタル的な
サウンド
を放つが、Aメロはアコギ等が穏やかさを見せその後再びメタリックさを
見せていくのう・・・!
サビは王道路線のアニソン風で、ギターソロは速弾きにラフさを
感じさせる
長めな辺りがHM/HRで嬉しくなるな(笑)。


流石に2度目のメジャーだけあって酸いも甘いも嗅ぎ沸けヤー公相手に我を通す術も
習得したのか(!?)、
これまでのインディー作と大差無い仕上がりを見せており
むしろバンドサウンドオーケストレーション音の厚みが増しており
メタラー的に好印象のプロダクションに仕上がっているぞ!
以前のメジャーは何故か
自主制作以上にスッカスカになっちまってやがったからなぁ・・・!まぁポニーキャニオンと言えば
イングヴェイとかRAINBOWとかもおったからHM/HRマナーも心得たレーベルなのだろう・・・!
音楽的にも特に変化はしておらず、アニソン色濃いキャッチーさインディーズ時代からの
持ち味
なんで何の問題も無いな。ありきたりな同人ゴシックにも飽きてきた所だし、
今後さらにヘヴィに、メタリックになっていく事を期待したい所である!
近年良くも悪くも話題の嬢メタルのカテゴリーで語られるかも知れんが、ああいう見た目だけの
メタル風J-POP共
と異なり楽曲クオリティーが高く正直言って一緒にしてもらいたくは無いのう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Masochistic Dreamer  Resurrection  fp  Chronus







もどる


inserted by FC2 system