アヲイ







"蜘蛛の糸"




日本のヴィジュアル系メタルコアバンドによるミニアルバム。


初期の頃・・・良かった頃のムックフォロワーを出発点とし、アルバムを
重ねる毎に個性を身に付けていったモダンヴィジュアル系バンド
である!
音楽的にはモダンへヴィネス系のゴリゴリな音作りを見せているが、一昔前に
掃いて捨てる程存在していたDIR EN GREYタイプのラウドロック
では無く、
メタルコア的な側面を持ったリフワークを見せており、ヴォーカルはV系らしい
クリーン
デスVoを使い分けるタイプだが本作でデスVoはあまり使わず殆どクリーンである。

1曲目は早速のヘヴィリフメタルコアライクなムードを演出、Aメロは思い切り
加工されたヴォーカル
クセの強い大げさな歌い回しを披露し弱めのガテラルや
絶叫シャウト
も登場、疾走はせずミドル〜スローテンポで中盤以降は語りも
顔を出すのう・・・!
2曲目はモダンさもあるがデジタルサウンドも顔を出し
ヴォーカルはクリーンメインになるぞ。3曲目もモダンなヘヴィさを見せるが
同時にデジタルシンセ
も顔を出しリズムもダンサブルなデジタルとなり、ヴォーカルは
怪しげな歌い回しを見せているのう・・・!4曲目は低音では無いがメタリックなギターが顔を出し
どこかムックであったようなリフが聴け、ここに来てヴォーカルが相当に初期ムックらしい
歌謡クサメロ
を披露!って言うかこれ“誰も居ない家”のパクリじゃねぇか(爆)。
サビは疾走し実にパクリッシュなんだがやっぱこういうクサい曲のほうが好きだな(笑)。
5曲目は珍しくライトな音作りメロウな哀愁を放つ軽快なアップテンポ曲。
6曲目は再び本分に立ち返りメタルコア臭プンプンなリフで疾走!ただヴォーカルはデスVoでは無く
クリーン一本
でサビはそれなりにキャッチーさを放ち、多少は歌謡曲っぽさが見られ
バンドサウンドと相まってMYPROOFっぽいか!?



ゴリゴリさ満点のモダンな音作り、メタルコアタイプのリフワークはなかなかに
良いのだが、初期ムックフォロワーの割にはヴォーカルメロディーに大して
フックが無く、
どうも歌謡曲的なクサさや哀愁が薄くこの辺が肩透かしに感じられたのう・・・!
メタルコア系の音作りだがギターソロの類が皆無なのも物足りんわい!恥じらいなんざ
とっとと捨てて開き直ってもっと4曲目みたいなパクりやらんかい!と言いたくなるな(爆)。
ジャケも何か“是空”っぽいし(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 NARAKA  哀しい歌  アリア







もどる


inserted by FC2 system