ALHAMBRA






"明日への約束"




ガルネリウス、アークストームでキーボードを弾くYUHKI率いる国産プログレッシヴメタルバンド。


キーボード以外のメンバーは様式美プログレバンド、マージュリッチの元メンバーで構成され、
その演奏技術はかなり高度なものを持っている。全員バカテクプレイヤーばかりで、
インストパートではここぞといわんばかりにその技巧を
フルに発揮している!


かといってテクのみに陥ってしまっているかといえばそんなことはなく、メロディーを重視した
楽曲作り
が行われており、たとえるならマグナ・カルタ系
シンフォプログレハードバンドがメロパワをやってみました
って印象だ。

このバンドならではの個性といえば、ヴォーカルがまず挙げられるだろう。女性シンガーなのだが、
その超人的な声量、パワー、キーの高さは凄まじいの一言!
プログレ系バンドの多くが
演奏のみに力を入れてヴォーカルは手抜き、
他の楽器やってるメンバーがとりあえず適当に歌ってます、
って
印象なのに対しこのバンドはヴォーカルにも力を入れてて好感が持てるな。

しかし・・・能力は高いのだが声質が独特で人によっては
受け付けないかもしれん。

陰陽座の黒猫に近いタイプなのだがややフラット気味のため半泣き声みたいに感じる。
日本語詩というのも人によっては厳しいな。

あと、ベースが前面に出て暴れまくってるのがいい!普通メタルの演奏は
ギターとドラムが前面に出ててベースは目立たない・・・プロダクションによっては
ほとんど聞こえなかったりする
のだがこのバンドは
俺の出番もよこせ!!って言わんばかりに目立ってる!これはいいな!!

3,4,5曲目が特に気に入った!メロディーが良い。インストパートは長めだがヴォーカルメロディーが
いいのでだれないな。
ただ、ラストの曲は途中さすがにだれてしまった。歌メロはいいのにな。

ゲストでアークストームのVoがコーラスで参加してる。オペラティックに歌い上げてる。こういう歌い方も
出来るんだなこの人。器用だ!


Amazon.co.jpで見てみる



満足度 83% お気に入り曲 ミッシング・ユー、人形の家、オリオン







"FADISTA"




日本の女性ヴォーカル擁するプログレメロパワバンドの2ndアルバム。


GALNERYUS、ARK STORMでキーボードをプレイするYUHKI
国産様式美プログレメタルバンドMARGE LITCHのメンバーを
引き抜いて結成したバンドで本作は久々にリリースされた
2作目のアルバムである!音楽的にはお城系プログレを
メタルにした
かのようなスタイルだったMARGE LITCHの雰囲気を
色濃く残しつつもメロパワ、メロスピ要素が大胆に導入され
プログレッシャーのみならずクサメタラーも十分楽しめるスタイルだと
言えるだろう!演奏陣がバカテクなのは勿論だがこのバンドの場合ヴォーカルも
凄まじい力量を誇っておりマーク・ボールズと同等かそれ以上の
超絶ハイトーン
を武器としている!だが終始ビブラートがかかっていると言うか、
独特の半泣きヴォイスのためクセが強く好き嫌いは分かれそうだな・・・。

悲壮感漂うシンセによるイントロに続く2曲目はさっそくプログレッシヴ
フレーズを放ちながら疾走するメロパワ寄りの曲である!やはりシンセ・・・
ハモンドがかなり目立っているな。飛翔感溢れるキャッチーなサビ
まさしくメロスピのそれだ!ラストで聴けるヴォーカルのハイトーンも
相変わらず凄まじい!3曲目もメロパワ色濃いプログレメタルだが
キーボードソロがクラシカルで滅茶苦茶クサい!クサメタラー悶絶モノの
クサメロを持っているぞ!4曲目はバラード風のミドルテンポ曲だが
やはりシンセが壮大さを演出しクサさは十分だ!5曲目もミドルテンポで
プログレ色が濃いがやはりシンフォニックでクラシカルでクサクサだな!
リチャード・アンダーソンを思い出すのう・・・!ソプラノによる
スキャットも素晴らしい!6曲目はピアノがクラシカルさを演出する
バラード曲。メロディーは非常にキャッチーである。7曲目はベースに
始まりアコギがスパニッシュフレーズを奏でる一風変わった
アレンジが施されているな。どこかラテン寄りといえそうな雰囲気があり
そのためかヴォーカルメロディーもそれ風のクサメロが出てくるぞ(笑)。
8曲目はプログレバンドとしての真骨頂を発揮せんが如きテクニカルインストだ!
個々の凄まじい演奏技術が遺憾なく発揮された1曲である。
9曲目は壮麗なシンセによるシンフォニックなイントロに始まり疾走!
RHAPSODY・・・というかかつてのMARGE LITCHに通じる雰囲気があるな。
メロパワ的疾走、テクニカルなインタープレイ、オペラティックなパートありと
一通りコンプリートした感のある曲調で途中ヴィジュアル系風の男ヴォーカル
登場する!どうやらARK STORMのヴォーカルがゲストで歌っているようだな。
前作ではオペラティックな朗々とした歌唱であったがこういう歌い方も出来るんだな。
まぁV系歌唱は音外さない程度の歌唱力があれば誰だって出来るのだが・・・!(爆)
昔のSound Horizonを思わせるパートである!ミュージカル的な
大仰さ
プンプンだ!その後のギターとシンセの爆走ユニゾンも熱い!
クサい!たまらんわい!!ラストの10曲目はピアノバラード
この曲でもARK STORMのシンガーが参加し男女ツインVoとなっているぞ。
この曲も実にオペラティックでクサいのう・・・!


年末のこの時期にまたしても高品質なアルバムが現れたぞ!
前作よりもダレるパートが明らかに減り捨て曲皆無となっている!
プログレッシャー、クサメタラー共に日本語詩、女性Voが大丈夫ならば
聴いて損は無い!ちなみにMARGE LITCHを知らん人に判りやすく説明すると
Sound HorizonAsriel、六弦アリス、Ether等が出てくる10年以上も
そういう音楽をやっていたコテコテでクサクサでファンタジックで
ジャパニメーションライクなバンドであった・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 90% お気に入り曲 全部







"SOLITUDE"




日本の女性Voプログレッシヴ/メロパワバンドによる3rdアルバム。


去年(2009年)3月にDragon Guardianと対バンしたのも懐かしい、
日本が誇る超絶技巧集団による待望の3作目である!ライヴにて
披露された新曲が恐ろしくクサく疾走するメロスピだった事もあって
期待しまくっていたがあれから1年たってようやくのリリースだ!

シンセによるオーケストレーションがファンタジックな色合いを醸し出し
お城系という単語が脳裏を過ぎるイントロの1曲目に続く2曲目は
ストリングスシンセとバンドサウンドが大仰さを出し疾走開始!
たぶんライヴで披露された曲であろう、シンフォニックでドラマティックな
クッサイメロスピ
である!相変わらず巧すぎるヴォーカルクサく
キャッチーなメロディー
を歌いギターとキーボードのバトルも
テクニカルなのは勿論、フレージング自体がよく練られておりただ
テクニックを見せ付けるのみにはならないメロディーそのものの良さ
しかとあるのう・・・!ベースソロも実に見事でその後のギター、シンセの
ユニゾン
もたまらんわい!3曲目はハモンドの音色、複雑なリズム
いかにもプログレながら勇壮でファンタジックなメロディーを持ち
この辺はやはり日本のプログレバンドらしい部分だろう・・・!
ヴォーカルのバックで舞うオブリも様式美ライクで良いな。4曲目は幻想的
シンセ、打ち込みリズムがアトモスフェリックな空気を演出しHR/HMというよりは
ポップスに接近した雰囲気を持っている。ギターソロはマイルドなフュージョン系の
音色、フレージング
でやはり巧みなスキルを感じさせるのう・・・!後半では
ベースラインも目立ち始めそして急にシンセが唸り始めプログレ化する!
5曲目はこれまたキャッチーすぎるポップスに接近しまくったメロディーで始まり
アップテンポで展開、硬派なメタラーにはちょいとこっ恥ずかしすぎる曲調である!
しかしインストパートは実にテクニカル凄まじいプログレメタルALHAMBRAの
面目躍如
といった所だろうか!?6曲目はイントロから複雑なフレーズを見せ
アップテンポのハードロック風味を演出、サビは飛翔感あるキャッチーな
メロディー
で疾走するぞ!インストパートはやはり壮絶なプレイでベースソロも登場、
全ての楽器が自己主張しまくり何気にバッキングもカッコいいな。
ギターとキーボードのユニゾンはメロディーも良い!7曲目は1stに収録された
キラーチューン“ORION”リレコーディングヴァージョンでいきなりコーラスで幕を開け
若干テンポが上がったかもしれない雰囲気があるもそこまで別物に
なったわけではなく
アレンジ自体は原曲に忠実だが後半でホーンがオブリで
登場
しラストのサビもバックでストリングスが顔を出しドラマティックさを増しておる!
8曲目はピアノに切々と歌うヴォーカルがメロウなバラード系で珍しく捻りの無い
ストレートな曲調
で最後まで聴かせる短い曲だ。


実にテクニカルなプログレッシヴメタルではあるが決してテクニックのみに
なることは無く楽曲の良さを第一に考えた曲作りが行われているが、そのためか
途中脱HR/HMしたかのようなポップス寄りの楽曲が目立ちそこがどうにも
気になるといえば気になるのう・・・!この手のバンドらしからぬ楽曲のコンパクトさ
別にいいが収録時間が短く再録曲を除けば30分台と、アルバムまでコンパクトなのは
どうにも解せぬわい・・・!音質的にはドラムの音が軽く感じられるも全体的に
聴きやすい、耳障りの良いプロダクションになっており各楽器が
激しく複雑に絡み合う
彼らのスタイルにはマッチしているのかも知れんのう!?
個人的にはもうちょい2曲目みたいなスタイルで攻めてもらいたかったなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 81% お気に入り曲 EARNEST、00、ORION2010







"SIEGFRIED"




日本の女性Voプログレッシヴ/メロパワバンドによる4thアルバム。


シーン屈指のバカテクプレイヤーが一堂に揃った超テクニカルバンドでありつつ
技巧のひけらかしのみに陥る事は無くメロパワ、様式美メタル然とした要素も導入、
楽曲の良さでも勝負できる実力派バンド通算4作目のアルバムである!1st、2ndと
ハイクオリティーなアルバムを出してきたが3rdはポップス色濃い曲調が目立ち
ちょいと失速した感があった・・・!
そして続く本作、方向性としてはまた以前のように
シリアスさのあるプログレハード
に戻った印象があり過去作以上にテクニックよりも
ドラマ性、楽曲展開に力を入れた感じ
だろうか!?

1曲目は流麗さのあるハープの音色優雅に幕を開けドラムが手数多く切り込み
バンドサウンドオルガン、ソプラノVoが登場!プログレッシヴでありつつ
様式美のムードも感じさせるまさにお城系メタルと言いたくなるような曲調でミドルテンポだが
実にドラマティックなアレンジ、曲展開を見せており中盤はベースソロに始まり
シンセにギターが劇的に絡みクラシカルでクサいギターソロも登場する早速の
7分越えの大作チューン
である!2曲目はシンセストリングスクラシカルに幕を開け
RPGっぽいムードを見せた後ハモンドと共にノリの良いアップテンポHM/HRと化すぞ!
ハモンドの影響70年代HRなムードもあるがこの疾走感は普通にメロパワ系で
ヴォーカルメロ
はそれ程ではないが中盤のピアノフレーズがクサいのう・・・!
勢いのあるギターソロ、ハモンドソロも聴き所だ!
3曲目はクラシカルな泣きの
ギターフレーズ
エモーショナルに幕を開けリードシンセと共にアップテンポで展開、
ポジティヴかつファンタジックなフレーズがジブリ辺りを想起させこれまた8分を越える
劇的な展開
を見せるお城系様式美プログレメタルとなるぞ!中盤のギターソロがまた
よく泣いているがどこかVERSAILLESっぽいメロじゃのう・・・!後半のピアノとベースが
メロウに絡むパート
も良いな。ラストの盛り上がりも実にドラマティックである!
4曲目はちょいラウンジ風の落ち着きある穏やかなアコギが聴けまったりとした
空気
が放たれるがバンドサウンド、ハモンドも顔を出し次第にプログレ化していく
テクニカルさがメインのインストナンバー。5曲目はバンドサウンドに
大仰さのあるシンフォニック系シンセ
が聴けるもその後はちょいとポップなノリ
見せ始めキラキラした鐘のような音色クリスマスシーズンを思わせるか!?
6曲目以降は組曲形式の大作となっておりまず6曲目は本格的なソプラノVo、ピアノで幕を開け
クラシカルな格調高さを見せミュージカルっぽい歌唱を見せる毎回恒例のゲストとなった
ARK STORMのシンガー佐々井康雄氏も登場、ミュージカルと言うよりもオペラのような
ホンマモンの雰囲気
を感じさせ続く7曲目はストリングス、ホーンのシンセにバンドサウンドが
ポジティヴなムードを放ちアップテンポテクニカルに展開、男女ツインVoとなり
劇的な展開
を見せギター、シンセのソロバトル、ユニゾンも熱いぞ!ラストは
ベースソロも顔を出しギター、シンセソロメロディアスさ重視だな。
8曲目はメランコリックさのあるメロトロン風ストリングス、オーケストレーション
アコギ、朗々としたツインVo物悲しさを放つバラード的な曲だが
やはりオペラ、ミュージカル風味が強くこの宝塚的なクサさがたまらんな(笑)。
中盤以降はギター、シンセが自己主張する叙情派プログレメタルとなるぞ。ラストは
シンセにギターがシンフォニックに盛り上がりそして9曲目は早速各楽器がテクニカルに
暴れつつ絡み
シリアスなムードを放ちアグレッシヴさを見せ疾走開始!
本作中最もメロパワ色濃い待ってましたのファストチューンだ!ヴォーカルもツインで
実にクサくアニソン的なノリもありJAM PROJECTが様式美と歌謡曲を取り込んだかのような
クッサイ空気が漂っておる!インストパートは勿論テクニカルさ満点の
プログレメタル
と化し全楽器がこれでもかと言うほど己の持ち味を発揮するぞ!


メロパワ要素を感じさせる疾走パートもあるが基本的にはミドル、アップテンポメイン
メロスピ的な音を期待するよりもドラマティックな事この上無い緻密に練り込まれた
楽曲展開の妙
を堪能するタイプのアルバムである!ある意味スルメ盤かも知れないがヴォーカルが
際立っておりメロディーも良い
ため難解な印象は無くただただドラマ性が強調されまくった
超劇的お城系様式美プログレクサメタル
だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 MAZE OF TRAGEDY 〜水晶の雨 PartII〜  PERFECT BLUE  FOREVER
NOTHUNG 〜第1章「聖なる神剣」〜   BATTLE IN THE DARK FOREST 〜第2章「深森の戦い」〜  
FATE OF THE GODS 〜第3章「神々の運命」〜  ALL FOR THE REASON 〜第4章「ただ愛のために」〜







もどる


inserted by FC2 system