藍華柳







"海賊盤 〜Aye.藍.sir〜"




日本のヴィジュアル系メロスピバンドのミニアルバム。


見た目やヴォーカルは間違いなくヴィジュアル系だ。さらにルックスや
歌詞、アティテュード等お笑い要素が濃くイロモノバンドだと思われがち
だと思うが、彼らを外見で判断してはいけない!なぜなら演奏、楽曲は
メタル・・・しかもメロパワ、メロスピ色が濃い曲が多いのだ!!

ヴォーカルはヘナチョコ・・・それもメタル系のハイトーンではなく
喉で歌うV系スタイルのヘナチョコだ!さらに音質、バタついた演奏など
実にB級感を感じさせるのだが曲は普通にメロスピ!
ドラムはツーバスドコドコ、スネア裏打ちドラゴンフォースばりに爆走
ギターもリフは16分で刻みまくりソロはツインリードにメタリックな速弾き、
スウィープ
等テクニカルなプレイを披露してくれるぞ!オカマ
ジョニーデップ崩れのくせに生意気だ!(毒舌でスマン)


メロスピ曲だけではなくスリップノット等を思わせるへヴィリフが聴ける
モダンな曲もあり、デス声も飛び出すが声を加工してデスヴォイスに
仕立て上げている
のがやはりヘナチョコだ。正直ヴォーカルが
足引っ張っている
バンドだな・・・!

シンフォニックなシンセが壮大な雰囲気を出す中ガキがジジィに昔話をせびるが
ジジィが咳き込んで息を引き取る笑えるイントロの1(ちなみに台詞は
ヴォーカルの1人2役)に続くヴォーカル以外はジャーマン寄りのメロパワ
2曲目“すすめ!パイレーツ”、有名RPGドラクエをモチーフにした歌詞
デス声が聴けるどこかボドム風のヴァースに続いてブリッジからは
メロパワになりネオクラシカルなスウィープをバックにしたリードプレイ後に
弾きまくりのギターソロが聴ける4曲目“Dragon ?”、
サビがメジャーキーで爆走しまくるドラゴンフォースに影響されたと思しき
5曲目“Happy End”が特に気に入った曲だ。


海賊をコンセプトにしたバンドのルックス等から同郷の時空海賊SEVEN SEASと
比較されそうなバンド
だがあっちのほうがヴォーカルは良い疾走感は
こっちのほうが上
だ!日本語詩、ヘナチョコヴォーカルに耐性のある
疾走好き、メロパワ好きは機会があったら聴いてみてもいいと思うぞ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 74% お気に入り曲 すすめ!パイレーツ、Dragon ?、
Happy End







"藍華柳チョッキアルバム 〜俺達ベストじゃなくてチョッキ派〜"




日本のヴィジュアル系メロスピバンドのベストアルバム。


ツインリードの片割れ(オカマのほう)がHIZAKIのバンドでプレイしそのまま継続して
Versaillesに在籍することとなり結局藍華柳は解散、本作は彼らの
これまでの歩みを纏めたベストアルバムである!彼等藍華柳は
そのルックスやコンセプトからイロモノ扱いを受けているバンドなれど
その音楽性はバリバリメタルである!それもクサメロを撒き散らし
疾走しまくるメロスピなのだ!!ヴォーカルが日本語詩でさらに
稚拙
である事に耐えられるのならば是非ともメロスパー、クサメタラーに
聴いてもらいたい
と思える、そんなバンドである!

1曲目はヴァイキングメタル的な民謡クサメロがイントロで聴けヴォーカルは
クリーンとデス声両方で歌う。ヴォーカル、音質はチープだがクサさはかなりあるぞ!
ギターソロもかなりクサい!2曲目も非常にクサクサなギターで始まるスラッシーな
メロスピだ!なんかロマンシング・サガを思わせる激情の疾走メタルである!
ヴォーカルもいきなりデス声で歌いアグレッションを演出する!ギターソロも
ネオクラシカル系のシーケンスフレーズが聴けたりとかなりメタラー受けするであろう!
3曲目は上記した"海賊盤 〜Aye.藍.sir〜"に収録されているチルボド系の
クサクサメロデス。
4曲目はそのふざけたタイトル、歌詞とは裏腹にブラストビートまで
飛び出すデスメタルだ!デス声は加工して出しており実力が伴っていない感が
プンプンである・・・!5曲目はモダンなリフが聴けるへヴィな曲。ヴォーカルは
ラップみたいな歌い方非常にウザい(爆)。クリーンVoのパートは
かなりヘタだ。ホント、ヴォーカルが足引っ張っているバンドだよなぁ・・・!
6曲目は待ってましたのクサメタルチューンだ!ドラゴンフォースを思わせる
明るめのクサメロが聴けるぞ!だがデス声も聴けシンセ使いは北欧キラキラ系
メロデス
を思わせる。サビは死ぬほどクサい!!棒読みの語り最悪だが
それ以外は最高!(爆)才能あるんだから真面目にやれや!!
俺はコミカル要素も嫌いじゃないがこいつらのはただイタいだけなのでな・・・!
7曲目も大仰かつクサクサなメロが聴ける疾走メロスピだ!!たまらん!
音質の悪さ、ヴォーカルのショボさが往年の・・・メロスピが最も輝いていた
あの頃
を思い出させる(笑)。メロディーはどちらかといえば
様式美系でヴォーカルパートはミドルテンポだがサビに入ると疾走する!
そして弱弱しいデス声も登場し曲を盛り上げるぞ!間奏はマリスミゼル風だ(笑)。
実にクサいのう・・・hideの“Love Replica”に似ているな。8曲目は
アグレッシヴさを押し出したスラッシーな疾走メタル。デス声が目立っているな。
どこかSEX MACHINEGUNSを思わせる雰囲気もある。サビはメロスピ的だ!
そしてギターソロはネオクラフレーズが飛び出すぞ!9曲目もアグレッション重視の
デスメタルチューン。
10曲目は哀愁のツインリードが聴けるメロディアスな
アップテンポチューン。ツーバスやメタルギター以外はヴィジュアル系寄りの
である。11曲目は王道のクサクサメロスピでイントロから劇的なツインリード
聴ける!これまたギターソロが凄まじくクサい!!12曲目はこれまたへヴィさが
押し出されたデスメタル。ギターはネオクラ的だ。13曲目は"海賊盤 〜Aye.藍.sir〜"収録曲で
へヴィさを押し出すも痛々しさが目立つ擬似ライヴ曲。14曲目も
上記ミニ収録曲でドラゴンフォース張りの明るさが印象的なメロスピだ。


本作を持って解散してしまうのは残念だがまぁ仕方ない。HIZAKI関係で
今後はシリアスにメタルをプレイしてもらいたいものだ・・・!
彼等はこれまでフルアルバムをリリースしていないので彼らの事を
知りたければ本作1枚あれば十分である!稚拙な日本語詩ヴォーカル
ガマンできるメロスパー、クサメタラーなら聴く価値はあるぞ!
値段の高さがムカつくがこの界隈はどれもみんなそうなので諦めるしかない・・・!






満足度 86% お気に入り曲 Remember My Brave、Nabanax、
Dragon?、Indigoblue Story、吸血~麗しき汝の血~、Falf、
”Ryunen”On The Contrary







もどる


inserted by FC2 system