Al-Kamar Project







"Vanity Moon"




日本の一人シューゲイザーブラックの3曲入りシングル。


M3でゲットしてきた一枚でどうやら本作は2作目のEPらしい。音楽的にはAlcest
ここ最近目立つようになってきたシューゲイザー系アトモスフェリック感を持った
ブラックメタルでこの手のバンドは大体1人でやっているが本作も御多分に漏れず
一人ブラックである(爆)。まぁ元々この手のシーンは独り者もかなり多いんで
何を今更といった所だが・・・。シンセやクリーンギターが漂うようなフワフワ感を
演出
しつつ絶叫デスVo、トレモロギターが切り込む音作りはまさに
シューゲイザーブラック以外の何物でもない!

1曲目はピアノ、シンセ、クリーンギター穏やかな空気を放ちエコーの強い
ギター
叙情的なフレーズを弾きそしてノイジーさも顔を出すぞ!一応は
デスVoも聴けるがかなり加工に頼ったような声なのが気になるな・・・!
中盤ではトレモロも登場するも低音リフではなくどちらかといえばソロ的な
感じで顔を出し、
そしてかなりヘナチョコ気味の高音絶叫と共に疾走するぞ!
2曲目はこれまた幽玄な響きを持ったシンセ、クリーンギター噛み切り声の
ようなギター
が切り込みトレモロも見せ加工デスVoも登場する。後半では
ピアノも登場し穏やかな雰囲気になるのう・・・!ラスト間際ではやはり疾走し
トレモロによるギターソロ(!?)
も聴けるぞ!3曲目はシンセが緊迫感を出し
奇妙な変拍子リズム
ストリングス系のシンセ、クリーンギターが絡み何とも言えない
怪しさ
を演出するどちらかと言えばプログレに近い雰囲気を持った曲。トレモロは安定しているも
リードギターが結構リズム不安定なんだがこれはわざとやっているのだろうか!?


やはり音は軽いがまぁこの手のバンドは海外でもみんなこんなモンなんで
気にはならないか!?個人的にはこういったシューゲイザーブラックは
それほど好みではないがAlcest等この手のサウンドが好きな先進的リスナーならば
本作の良さを見出して楽しめるだろう・・・!



オフィシャルで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 Hypocrisy Luna







"Abstract Spread"




日本の一人シューゲイザーブラックの1stアルバム。


メランコリックな悲壮感を放つ一人シューゲイザーブラックを聴かせるプロジェクトの
7曲入りアルバムで、以前は東方/上海アリス幻樂団カヴァーもちょくちょくと
行ってきたようだが本作は完全オリジナルアルバムになっている。音楽的には
上記のシングル同様Alcest以降のシューゲイザー、ポストロック要素を色濃く纏った
退廃的でメランコリックなブラックメタルで、この手の音楽性の例に漏れずプロダクションは
軽めでノイジーさ満点
だがクリーンギターのアルペジオメロウさを演出するギターフレーズ
なかなかにムードを演出しており、ブラストトレモロリフブラックメタルとしての
アグレッシヴさもキチンと持ち合わせているぞ!


1曲目は早速浮遊的なシンセ、ノイジーさを持った垂れ流すようなギター
アトモスフェリックなフワフワ感を演出、ドラムも顔を出しやはり音は軽く
チープ
だが変拍子リズムを聴かせ続く2曲目は軽い音ながらなかなかに悲壮感を
放つリフ
が登場、絶叫は加工が強い高音で喚くタイプクリーンなアルペジオと共に
ヴォーカロイドによる違和感丸出しのヘナチョコクリーンVoも聴けるが再び
加工デスVoも登場しリズムがカオティックさを出し始めるのう・・・!後半はギターフレーズも
なかなかドラマティックになるぞ!3曲目はギターがメランコリックかつ退廃的な
雰囲気
を持ったフレーズを弾きトレモロも披露、ベースも目立ち絶叫デスVoも顔を出し
軽めのブラストで疾走開始!4曲目はクリーンギターが暗くメロウなアルペジオを奏で
エコーの効いたギターやるせなさを演出、加工デスVoも顔を出すが基本はスロー、
ミドルテンポ
淡々としたムードを放っているな。中盤以降疾走するパートも聴けるぞ!
5曲目はこれまたクリーンギターヘナチョコヴォーカロイドが乗る暗くも穏やかで
緊迫感も纏った曲。
ドラムはバスドラを連打しておりそれが焦燥感を煽っているのだろうか!?
その後はノイジーなギター、絶叫デスVoも顔を出し凶暴なブラックメタルと化すぞ!
中盤のトレモロに乗る絶叫はなかなかに熱い(?)のう・・・!6曲目はピアノ、シンセ
顔を出しダークで怪しい空気を放ちギターも登場、トレモロを披露しデスVoも聴けるぞ。
暗く淡々としたリズムはどこかニューウェイヴ、ポジパンに通じるものもあるな・・・!
中盤以降の穏やかかつカオティックなピアノもなかなかに病んでおり聴き所じゃのう!
そして後半はドラムが疾走しトレモロ、不協和音ピアノも入り混じるぞ!7曲目はクリーンギターの
バッキングがなぜかオルタナというかthe band apartライクな穏やかムードを放つもブラスト、
ノイジーなギター、ヴォーカロイド
が実に混沌とした要素を見せる変態さも感じさせる曲だ!
リズムもなかなかの変態振りじゃのう・・・!ラストのクリーンギターがまたメロディアスだな。


Alcest直系のシューゲイザーブラックではあるが完全にシューゲイザー寄りではなく
ブラックメタルのアグレッション、邪悪さもしかと持ち合わせておりポストブラックと
思って聴いてみたら非メタルだった
なんて事は無いので安心してくれい!ギタープレイが
なかなかにメロディアストレモロリフを交えつつメランコリックで退廃的な
空気を演出しておるのう・・・!
弱点はやはりあまりにもチープなドラムだろうか・・・!
ブラックメタルは音が悪くてナンボだが打ち込みという事もあるがここまで軽いドラムは
流石に減点対象か!?
あとは一部で聴けるヴォーカロイドのヘナチョコ音加工に頼り気味の
デスVo
も気になるがまぁ曲は悪くなく雰囲気も出ているのでリスナーそれぞれの問題か!?
東方に走らずオリジナルでこういう事をやってくれるのは良いな!




オフィシャルで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 Pessimism、Vanity Moon、Hypocrisy Luna







"Metaluna"




日本の一人シューゲイザーブラックのインストカヴァーアルバム。


オリジナルのシューゲイザーブラックを聴かせてくれる一人プロジェクトだが本作は
毎度お馴染み上海アリス幻樂団カヴァー/東方アレンジでこっちのほうは別名義である“Metaluna”
名乗っており1曲目から3曲目がイスラムアレンジ、4曲目から8曲目がノイズロックアレンジと称され
ブラックメタルどころかHM/HR要素も薄いのだが独特の怪しいムードがプンプン放たれており
全曲インストギターがメインとなっておりトレモロしたり泣きのトーンで
主旋律を奏でたり
ある意味ギターインストと言えなくも無さそうな音作りになっておる!
ちなみにクレジットにはオリジナルの9曲目から11曲目も記されているが都合上収録されていない。

1曲目は浮遊感漂うシンセ中東ライクなムードもある怪しい雰囲気を放ち笛、トレモロリフに
シタールの音色
も登場するイントロで2曲目はやはり笛がメインメロを奏でギターはトレモロ
疾走はせずブラックメタルらしき部分はトレモロリフのみだがカヴァーでありながら独特の
怪しい雰囲気
が出ているのう・・・!中盤でツインリードも顔を出しまっとうなメタル要素も
持ち合わせているな。
3曲目はこれまた怪しいムードプンプンのシタール泣きのギター、
笛の音
が顔を出しメタル要素は極めて薄くせいぜいリードギターくらいのものだが逆に言えば
ありきたりではない独自性が出ていると言えなくも無いか!?後半ではタッピングも披露され
テクニックの押し売りではない、メロディアスさ重視のギターインストとしても楽しめそうだな。
4曲目はいきなりのノイズ塗れの轟音サウンドが鳴り響きやかましさの中にアトモスフェリックな
浮遊感
も感じさせギターも顔を出す短いイントロ(?)で5曲目はこれまたノイズの中をトレモロギターが
ヒステリックに鳴り響き
途中から軽めのブラストっぽい疾走リズムも顔を出しブラックメタルらしさが
出てくるな。中盤はクリーンギターメロウなムードを醸し出し泣きのリードギターも聴けるぞ。
6曲目はメランコリックなピアノで幕を開けノイジーなギターがトレモロを垂れ流し若干リズムが
怪しくなる
所もあるがトレモロで東方フレーズを奏でピアノが不協和音を披露、後半は再びノイジーな
轟音サウンド
になりスローテンポで怪しいムードを放っているのう・・・!7曲目も退廃的なノイズ
幕を開けクリーンギターがどこか穏やかな空気を演出、その後はピアノが聴き飽きたメロを奏でそのバックで
轟音ギターがノイズを垂れ流しトレモロを披露しつつメインメロを奏でたりもするな。ラストは
轟音ノイズで幕だ。8曲目はシンセが怪しさを放ちリズムがどこかダンサブル
クリーンギターも顔を出しシンセと絡み合い変拍子リズムも登場、エコー強めの
泣きのギター、トレモロ
も聴けやはり全体的に怪しいムード漂うアレンジになっておるのう・・・!


シューゲイザーブラックの要素を残しつつも怪しすぎるエキゾチックな中東ムードを醸し出したり
やかましい轟音ノイズを垂れ流したりしておりその中をトレモロしたりメロディーを奏でたりする
メタリックなギター
全編に渡って自己主張しブラックメタル要素はトレモロくらいのもんだが
メロディー重視のギターインストとしても楽しめそうな感じで東方メロも当然出てくるがアレンジの
おかげか飽きる事無く聴けた
のは良いな!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 Hrawb、Veils of Alice、Vain Hopes







"Dampness EP"




日本の一人シューゲイザーブラックのEP。


コミックマーケット80にて限定頒布された2曲入りのEPだがそのうち1曲はイントロなんで
実質1曲のEPである。上でレビューしているアルバム“Metaluna”まったく同じジャケだが
気にするな!(爆)音楽的には普段はブラックメタルだが本作は激情系ハードコア
要素を前面に押し出しておりenvy辺りに近いムードが漂っておるのう・・・!

1曲目は耳障りなノイズが垂れ流されるイントロで続く2曲目は穏やかさのある
クリーンギターに泣きのリードギターが乗り叙情的なムードを演出、絶叫シャウト
顔を出しつつリズムはやはり淡々とした穏やかさがあり絶叫もブラックメタル
いうよりは激情ハードコア系語りのような要素がありそして途中から疾走!
クリーンギターだがトレモロが披露されこの辺はやはりブラックメタルが基本なだけは
あるな・・・!ギターソロもトレモロメインでその後は再び叙情的なギターが顔を出すぞ。


envy辺りの流れを汲む穏やかな中に緊迫感を携えた激情ハードコアスタイル
この方向性もなかなかに面白くこういったスタイルで1枚アルバムを作ってみても
楽しめるかも知れんな・・・!
ただやはり音質はブラックメタル直系の劣悪さ
強くプリミティヴブラックとかなら大丈夫だがジャンルが変わるとこのローファイさ
どうしても気になってくる所はあるかも知れんなぁ・・・!もっと硬質なへヴィさが
こういうサウンドには欲しい
所じゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 朽ちゆく京







"亡失した狂気の三日月から生誕した月影の少女"




日本の一人シューゲイザーブラックプロジェクトの2ndアルバム。


ここ最近はEPやカヴァーアルバムをリリースしていたが久々の本格的な
フルレンスアルバムである!
本作はアルバムとしては通算2作目となっており
詳しくは判らんがどうやら小説か何かをコンセプトにしたアルバムらしい。
いかにもイマドキの日本人好みキチガイ染みたクレイジーな暗黒ハードコア
残虐
切株ノヴェルのようだが(!?)、4人のゲストミュージシャンを迎えて
レコーディングしており
音楽的にはポストブラック、シューゲイザーブラック要素
のみならずそこに激情ハードコア的な要素も導入しており絶叫シャウトや語り、
ポエトリーリーディング
にそういった面が見られさながらブラックメタル化したenvyと言った所か・・・!?

1曲目は淡々としたクリーンギターで幕を開け次第にノイジーさのあるバンドサウンド
顔を出しシューゲイザー的ムードを放ち始めそして絶叫、ブラストブラックメタル的に
爆走開始!
やはり音は悪くドラムも打ち込みっぽさが残っているがまぁこの手のメタルは
こんなモンか!?シャウトは日本語でどちらかと言えば激情ハードコア的な語り調で
ポエトリーリーディング
も顔を出すぞ。2曲目は怪し気なギターに始まり絶叫も登場、
淡々とした不穏なムードを醸し出すスローテンポで声がひっくり返ろうがお構い無しの
絶叫が実にエモーショナルじゃのう・・・!3曲目はトレモロギターメロディアスな
リフ
を奏で疾走し女性Voのソプラノ的高音ファルセットが炸裂!その後は相当に弱々しい
ウィスパー的な女性Vo
と共に焦燥感漂うムードが放たれ正直ヴォーカルはかなり
不安定
なんだがまぁ病んだ世界観にマッチしているか!?ラストのトレモロも良いな。
4曲目はシンセにクリーンギターが聴けメロディアスなリードギターも登場、
そしてノイジーなサウンドに呻くようなデスVoも顔を出しやがて不協和音的なノイズを放つ
ギター
が絡み合い怪しいムードを放ち始め後半から疾走するぞ。5曲目はこれまた
ノイジーさのある高音ギターで幕を開けどこかニューウェイヴ的な怪しい
ノリの良さ
を見せるリズムが印象的で呻きデスVoも登場、その後は淡々としたパートになりつつ
ピッチが怪しげながらやけに朗々と歌い上げる中性的なクリーンVoが登場、
後半はポエトリーリーディングが顔を出しいかにもな文学バンドらしいムードが放たれるのう・・・!
6曲目はこれまた暗く怪しげかつ淡々としたムードが放たれそしてノイジーなギターが
切り込み
微かに語りも登場しそしてデスVoと共にテンポアップ、激情系の絶叫シャウトが熱く
退廃的な中にエモさも感じられるぞ!7曲目はこれまた淡々としつつも妙な
ノリの良さ
を見せニューウェイヴライクな風情を見せ女性Voも登場、
ヴォーカロイドのような感情皆無の機械的な歌唱を披露しておるのう・・・!
後半は高音トレモロギターと共に疾走しメロディアスなムードを見せ始めるぞ!8曲目は
ノイズに塗れたギター穏やかさのあるシンセ、淡々としたドラムがいかにも
シューゲイザーブラックな雰囲気を演出、途中から女性の語りも顔を出しリズムも
ノリが良くなる
のう・・・!9曲目はそのまま轟音系ノイズが延々と10分以上続く雰囲気重視の
ヘヴィドローン系インスト。10曲目はボートラ扱い過去曲をスタジオで
ジャムったのをそのまま録ったテイク
である。


メロディー、曲構成以上に雰囲気モノとして良質な1枚である!それでいてメロ等も
どうにも雰囲気重視で楽曲的な良さが削がれている感の強い海外のシューゲイザー、
ポストブラック勢
と異なりある種の聴き易さ(?)が感じられるのも日本産ならではの
美点
といった所だろうか・・・!激情ハードコア然としたポエトリーリーディング
賛否分かれそうだし個人的にも好きな表現方法では無いがまぁあまり目立っている
感じではなく演出の一部として聴けるのでそこまで気にはならないか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 上弦の月  凍てつく陽の光







"枯れた献花台"




日本の一人シューゲイザーブラックプロジェクトの3rdアルバム。


厭世的な病んだ雰囲気を持ったシューゲイザーブラック激情系ポストハードコア
プレイする一人プロジェクト通算3作目のアルバムで、新曲もあるが過去にリリースされた
楽曲のリメイクも幾つか収録されている
ようだ・・・!音楽的にはシューゲイザーブラック、
ポストブラック
ウィスパー系のフィメールVoを導入、ゲストシンガーを何人か招いているようで
プロダクション的にも過去作より向上している印象があり、強めのエコーも音楽性にマッチしており
煌びやかなシンセが舞うシューゲイザーブラックとして良質の仕上がりを見せておる!

1曲目は意外にも煌びやかさのあるピアノ系シンセ荒々しいギターフレーズが登場、
アップテンポで軽快なノリもありブラックメタルともシューゲイザーともポストハードコアとも
異なる雰囲気
を見せており、女性ヴォーカルは相当にエコーが強くまるでヴォーカロイドの
ようにも聴こえる
のう・・・!2曲目はシューゲイザーブラック的な穏やかさの中に
病んだ緊迫感
を見せ、その後はノイジーなブラスト、トレモロで爆走!音はエコー
相当に強く何やってるのか判らないレベルだがそれが曲調にマッチしているのだろう・・・!
喚きタイプのシャウトも顔を出すぞ。3曲目もシューゲイザー、ポストブラック的な
音作りで掠れたウィスパー系フィメールVoも登場、4曲目は実にダークで怪しげなシンセ、
クリーンギター
穏やかながら邪悪さを放ちウィスパー系女性Voが聴けるのう・・・!
後半で疾走し喚きデスVoも顔を出すぞ!5曲目はまた淡々としたムードを醸し出すシンセ
メインだが何気にベースも目立っているインスト。6曲目は珍しくギターが判り易い
フレーズ
を奏でつつも怪しげなムードが強く、語りも顔を出すが埋もれ気味で何を
言っているのかよく判らん
所が逆に味か!?なかなかに焦燥感、緊迫感ある曲調で
ギター、リズムが暴れる箇所
も見られるぞ!7曲目はギターのトレモロが聴け荒々しくも
どこか穏やかな印象
があり女性Voも登場、アップテンポシューゲイザーブラックとしては
異例のキャッチーさすら醸し出しておる!(爆)8曲目は笛系の穏やかなシンセワーク
メロウなムードを放ち遠くで呟くような語りも登場、ギターも雰囲気系だが途中から
ノイジーさも放たれるのう・・・!


シューゲイザーブラック、ポストブラックスタイルを踏襲しつつ過去作より明らかに
クオリティーが上がっており、
ネックだったドラムも大分改善されチープさが相当に
減退した
のが大きいのう・・・!曲構成がシンプルなのがメタラー的には気になるが
この手のブラックメタルは雰囲気モノの側面が強いので気にならん人は気にならんだろう。




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 渇望  スイセン







もどる


inserted by FC2 system