赤犬







"あか犬"




日本の雑食スカコアバンドのアルバム。


パンク、スカコア、アイリッシュ、ダンス、ファンクからメタルまで
様々な要素を内包し歌詞やアティテュードはお笑い、コミックバンド的な
スタイルを持った個性派である!メンバーにホーンセクション
いるのは勿論、ヴァイオリンバグパイプまで使われており
雑多なメンバーだけで一筋縄ではいかない雰囲気を放っているな・・・!
俺はスカは苦手なんだが彼等にはメタル・・・それもデスメタルの
影響
もあるようでぶっちゃけそれが興味を持たせた大きな要因である(笑)。
そして本作のジャケはMETALLICAをパロッておりそういう要素が
聴けるかもしれんとの期待もあり手を付けてみたのだ!

イントロの1曲目は雨のSEに鐘の音、そして実にメタリック
イントロに導かれもろMETALLICAな雰囲気プンプンだがやがて
ホーンの音が登場しスカメタル(!?)と化す!そしてそれに続く
2曲目はスカ的なホーンにバグパイプが登場し疾走、
アイリッシュスカと言えそうな曲調となるぞ!5曲目は
NAPALM DEATHに影響されたかのような1秒未満のショートカット
グラインドコア
で6曲目も1秒だがこっちはただ喋るだけのトラック。
そして7曲目はここにきてなぜかヴァイキングメタル的な曲調となるぞ!
疾走しダミ声ヴォーカルが日本語で歌い勇壮なメロディーが聴け
笛や男コーラス、弱いが低音デス声も登場だ!後半では
ヴァイオリンソロも舞い踊る!9曲目はスカ色が濃いがどこか
エキゾチックな民謡、ポルカに通じるメロディー、ノリがあり意外と悪くない。
10曲目もスカだがリズムチェンジ、ヴァイオリンソロ、哀愁ある
メロディー
が楽しめるぞ!


メタル・・・METALLICAの影響が楽しめるかと思ったのだがやはり
全体的にはコミカルなスカの要素がかなり濃いもののよくある
ただ明るいだけのスカコアとは違い民謡的というか日本人的な
歌謡メロディー
が存在しておりCLOVERSをコミカルにしたかのような雰囲気があり
スカが苦手な俺でも意外と楽しんで聴けたのはうれしい誤算だったな!
バックのアレンジ、ホーンの影に隠れつつもさり気無く玄人受けしそう
バンドサウンド等お笑いの幕に包んだ確かな実力はあると思うぞ!まぁ笑いに
特化したコミックバンドこそ成功するには並のバンド以上の
スキルとセンスが必要
なため実は結構侮れなかったりする
ものなのだが・・・!まぁ捨て曲もあるがスカが苦手でも民謡クサさが好きで
コミカルさが許容できれば俺同様楽しめるかも知れんな!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 MU-Die-Riku、Japanese Legend has begun〜石屋戸閉じて、チチポロピョン〜、 だめだめ日和、あの日、シバレタ







もどる


inserted by FC2 system