哀旋士







"HEARTSTRINGS"




日本のアニメソングをメタルアレンジしてカヴァーする大物ユニットによる1stアルバム。


あの伝説の本家アニメタルが装いも新たに帰ってきた!かつて俺でも知ってる
昔懐かしいジャパニーズ昭和アニメソング
の数々を超一流のプロフェッショナル達
よってたかってこねくり回した結果ありえないレベルのクオリティーにアレンジされ
一世を風靡!その後数多くのフォロワー、便乗商品が大量に世に溢れ返り、
その流れは今現在もバリバリ続いており近代同人メタルのアレンジモノのルーツの
一つ
とも言えるが、そんな元祖アニメタルここに来てまさかの復活を遂げた!
まぁアニメタルでは無く哀旋士なる新名義で、バンド編成ではなくユニットなんだが
あのさかもとえいぞう、屍忌蛇コンビ復活となればこれはもうアニメタル以外の
何者でも無い!
近年アニメタルUSAとかが出て来ているが日本のアニソンは日本人に
任せて、
USAのほうには向こうのアニメソングをプレイして頂きたいモンである!
何?「お前は日本のアニメよりアメリカのアニメのほうが好きだからそんな事
ほざくんじゃないのか」
だって!?図星過ぎて何も言えんわ!(爆)

1曲目は勇壮さ漂うオーケストレーション叙情的なチェンバロ、笛の音が
顔を出すイントロ
に始まり重厚なギターリフ、カオティックさ漂う暴れっぷりを
見せるギター
に続きエモーショナルさ満点の泣きのギターが炸裂!ドラムの音は
打ち込みライクなチープさ
があるもこの慟哭ギターこそが本家アニメタルである!
2曲目は軽快なリズム正統派HM/HRムードを放ちヴォーカルも熱いがギターの
オブリが強烈過ぎるわい!
ギターソロはどこか様式美的でやはりその後の泣き、
慟哭っぷりは半端では無い!
3曲目は緊迫感漂うアンサンブルが聴けミドルテンポで
力強さを放つが
やはりそんな中にあって哀愁は強く漂っておるのう・・・!中盤では
ピアノも顔を出し実にメロウなムードを放ち、ギターの泣きも実に凄まじくピアノとの
絡みがまた繊細でたまらんわい!
4曲目はジャーマンライクな疾走感を放つもリフ等
基本は正統派メタル
で、ヴォーカルも勇壮だがギターのオブリがまた良いなぁ・・・!
ギターソロも一音一音全てに無駄が無く恐ろしいまでの泣き、慟哭を見せておる!
5曲目はミドルテンポで淡々としつつも強烈な哀愁を放つ男泣きHM/HRバラード風の
曲調となり、
ヴォーカルメロも昭和歌謡らしいコッテコテ加減を見せておるのう!
これまたギターソロが凄まじい泣きを披露しておりその後のピアノ、ヴォーカルもまた
メロウ過ぎて窒息しそうじゃのう・・・!ラストのサビのバックで聴けるギターもやはり
凄まじいまでのメロディアスさ、エモーションである!6曲目はストロングさを
感じさせるリフ、リズム
叙情的なギターが乗り熱さ満点のヴォーカルも登場!
メロディーがまた昭和歌謡ムード満点だな・・・!アコギソロもまた哀愁バリバリである!
7曲目はメロウながらもどこかキャッチーなリードギターが聴ける正統派色濃い
アップテンポ曲
で、やはりギターのオブリがいちいちツボを突きまくりラストのシャウト、
シンガロングも雄々しいのう・・・!
8曲目はこれまた哀愁バリバリの泣きのギター
幕を開ける叙情的な正統派ミドル曲。サビの熱唱、シンガロングがまた熱すぎるわい!
ギターソロも後半の泣きがやはり強烈だな・・・!9曲目はこれまたミドルテンポ淡々としつつも
強烈な哀愁
を醸し出し、ヴォーカルメロはこれまた歌謡曲的な情緒を感じさせてくれるのう・・・!
シンセと共に顔を出すギターソロがまたコッテコテな哀愁を放っており、方向性は
異なれどこの濃厚さはもうある意味往年のイタリアンロックと同等の志向性を
見せていると言っても過言では無い!
10曲目はパワフルな重厚さを放つストロングなリフ
幕を開け勇壮なリードギターと共に疾走開始!ジャーマン的ながらやはり正統派HM/HR色濃い曲調で
ギターソロがまた相当に劇的ツボを突きまくったフレーズを連発!もはやクサいとすら
言い切ってしまえる程
感動的なフレージングをこれでもかと言う程聴かせてくれるぞ!


かつてのアニメタルとは異なりメドレーでは無く1曲フルで収録されているため
曲数はその分少なくなる
1曲をじっくりと聴けるという点では嬉しいのう・・・!
アニメタル時代と選曲は大きく被っており、アレンジ面も多少は異なる部分もあるが
基本は大きく変わっておらずイメージが崩れるような事は無い!またアニメタル名物と言える
有名HM/HRフレーズ拝借が無かったのは淋しくもあるが、その分ネタ色が無くなり
シリアスさを増した印象があり
この辺もアニメタルとの差別化なのだろう・・・!
えいぞう氏のシャウトも凄まじく熱いが何よりも屍忌蛇氏のギターの慟哭っぷりが
凄まじくここまでツボを突いたプレイが出来るギタリスト
は世界中を探してもそうは
おらんじゃろう・・・!
選曲もまた昭和オンリーイマドキのチャラいナード向け
アキバアニメ
とは異なる俺が好きな劇画ムード満載なのがまた嬉しくなるのう・・・!
どうでもいいが“空手バカ一代”なんてアニメは見ておらんが原作の漫画は
アホ程読みまくったしな(笑)。
本作でも1、5曲目がそうだが、どうやらアニメタルと異なり
オリジナルもやっていくつもりらしい
のでそれもまた楽しみである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 全部







"焔"




日本のアニメソングをメタルアレンジしてカヴァーする大物ユニットによるシングル。


かつてアニメソングを本格HM/HRアレンジする事で評判を呼んだ、伝説のプロジェクトを
支えた超大物達
によるユニットのシングルである!アニメタルの流れを汲んだ昔ながらの
オールドスクールなアニソンメタルアレンジ
のみならずオリジナルも手がける事を
早い段階からアナウンスしていたが、本作は早くもそんなオリジナル曲のみで
纏められたシングル
となっているぞ!

1曲目は早速の超強烈な泣きまくりギター凄まじくクサい哀愁漂いまくりの
美メロを奏で疾走!
ヴォーカルも歌謡曲丸出しなクサさを放っており、ギターソロ
また相当に強烈な慟哭っぷりを見せ付けておる!ラストのギターソロもまた凄まじく
エモーショナルじゃのう・・・!
2曲目は前のアルバムに収録された曲だが、アレンジは
変わっておりメロウなピアノ、えいぞう氏の熱唱ヴォーカルで幕を開けバンドサウンドも登場、
より叙情性を増したエモい空気を放っており、ギターのオブリも印象的でメロディーは
これまた歌謡曲まんまである!やはりギターは相当に叙情的で、ソロ後のピアノもまた
良いのう・・・!
3曲目もまた哀愁バリバリのギターで幕を開けピアノ、ヴォーカルが
歌謡曲的・・・
と言うか歌謡曲まんまなメロウさを見せ付けておるわい!この曲もまた
ギターソロが相当にエモーショナルで、ラスト付近のアコギストリングスシンセ
叙情性を放っており何気にベースも目立っているな。4曲目以降は
ヴォーカル抜きのカラオケヴァージョン慟哭ギターを存分に堪能出来るのう・・・!


実は1曲目は以前1stアルバムをリリースした際、ディスクユニオン店頭で買うと
もれなくついてくるCD-Rに収録された曲
で、個人的には3曲目のみ未聴の曲なんだが
アレンジは変わっておりこれ以上無い程の激泣き慟哭ギター全編に渡って
堪能出来るエモーショナル極まりない1枚
に仕上がっておる!歌謡曲フレイバーを
導入したバンド
ジャパメタ、オルタナ、V系問わずここ最近多いんだが、
彼ら哀旋士はただメロディーだけ歌謡曲風クサメロなその他大勢のバンドと異なり、
まさしく歌謡曲をそのままメタルでやっているかのような本格的な印象があるぞ!
個人的に哀旋士はオリジナルのほうが向いていると思うんだが本作の出来を見れば
それも頷けよう・・・!これぞ日本人にしか作れない超本格歌謡HM/HRだ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system