AION






"MA・G・MA"




日本のスラッシュ寄りの正統派メタルバンドのインディーズからのミニアルバム。


音的にはどう聴いてもメタルだがルックスが昔のヴィジュアル系という、ガーゴイルや
Xの流れに位置するバンドだ!そんな彼らの音楽性は限りなくスラッシュメタルに
近い正統派
で本ミニアルバムに収録されている曲は
どれも爆走しまくっているぞ!疾走好きにはたまらない音だといえる!

ただ本作はインディーズからのリリースと言う事で音質がかなり悪い。スラッシュなのに
重みが皆無でスカスカという表現が相応しい、情けない音だ・・・!

曲は前述したよう爆走しまくりでドラム、ギター、ベース等演奏技術は高いぞ!
ソロで高速激烈フレーズを連発するギター、ツーバス連打が凄まじいドラム、
ここぞと言う所で唸りまくるベース等非凡な物を感じさせてくれる。ヴォーカルもラウドネスの
二井原を思わせるタイプ
でカッコいい!


全曲悪くないのだが個人的には印象に残るメロディーがないのが残念だ・・・。
特に気に入ったのはタイトル曲の5。一番疾走しているからな(笑)。



満足度 60% お気に入り曲 MA・G・MA







"AIONISM"




日本のスラッシュ寄り正統派バンドのアルバム。


Xやガーゴイルらと共にかつてのジャパメタシーンを引っ張ってきたバンドだ!彼らの持ち味である
スラッシュに近い正統派サウンドは同期のXやガーゴイルらと同じタイプではあるが
それらとは異なる音を持っていたと思う。

本作はメジャーからのリリースでやはりインディー時代の音源である“MA・G・MA”と比べて
格段に音質が向上している!とはいえさすがに時代が時代なので現代の音と比べると
当然悪いのだがこういう音は個人的に嫌いじゃないぜ!

音的にはインディーズの頃から変わらないスラッシュ寄りの正統派メタルで演奏技術も相変わらず高く、
無条件で頭を振りたくなる音だといえる。

だがどうも個人的にはメロディーの弱さがピンとこないんだよなぁ・・・。
完全なスラッシュメタルサウンドだったら気にならないんだが半端に正統派の要素もあるから
どうしてもメロディーを追ってしまう。
XがYOSHIKIの持つクラシックフレイバーを前面に出した独特のメロディーを持ち、ガーゴイルが
基本スラッシュながら屍忌蛇の速さと泣きを兼ね備えた超劇的ギタープレイを持っていたのに対し、
彼らにはそういった要素が欠けているのが個人的に感じた最大の欠点だ・・・。
まぁ、ギターソロは結構いいフレーズを
聴かせてくれる
のだが・・・。ちなみに歌詞が日本語で
ややお笑い系入っている
のが最近のバンドだとセックスマシンガンズを思わせるな。


個人的にはピンとこなかったがこの音が好きだと言うファンも多い。スラッシーな音が好きなメタラー、
メロディーよりも速さ、アグレッションを求めるメタラーなら聴いてみてもいいかもな。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 68% お気に入り曲 DISARRAY、S.S.S、致命傷







"愛音 〜AION〜"




日本のスラッシュ寄り正統派バンドのメジャー2ndアルバム。


見た目はヴィジュアル系、音楽性はメタルという昔のジャパメタによくいた
バンドだったが本作の方向性は前作のようなスラッシーな正統派メタルとは
違うスタイルになったといえる。

前半3曲はメタル色が消え、ヴォーカルこそそのままだが曲調は
当時のヴィジュアル系寄りになってしまった!アグレッシブな疾走感、
スラッシーなギターリフがすっかり鳴りを潜め、デジタル音が導入された
軽めのロックに変わってしまった・・・!何てこったい!(泣)
まぁギターソロは良いのだが・・・!

だが4曲目以降は以前のようなスラッシュ寄りの正統派メタルスタイル
戻っておりとりあえずは大丈夫だと言えよう。やはり彼らにはこういう曲を
プレイしてもらいたいものだ。ヴォーカルも当然この手の曲調が一番マッチ
している
と言えるな。弾きまくりかつ泣かせるギターが前面に渡って
フィーチャーされたインストの5曲目も良い。

だがやはり本作を語る上で外す事が出来ないのがAION最強との呼び声も高い
超悶絶爆走メロスピチューンであるタイトル曲“愛音 〜AION〜”だろう!
本作より先に出たXの“Silent Jealousy”を強烈に意識したのかどうかは知らんが
この曲はAION版Silent Jealousyと言えそうな曲に仕上がっているぞ!
チャーチオルガンが厳粛な雰囲気を醸し出すイントロ、そしてシンセがシンフォニックに
盛り上がり
次の瞬間ドラムが激しく暴れ、その後はギターリフが荒れ狂い
Xばりに爆走しまくる!!歌メロも彼らにしては良い!そして長めのギターソロが
これまた強烈!
目くるめく展開を魅せてくれるぞ!そして最後まで休まることなく
爆走し、アウトロはクイーンを思わせるギターオーケストレーションが絡み合い
この曲は幕を下ろす・・・!曲の長さも7分以上と、Silent Jealousyを想起させるに
十分な曲調でこれこそAIONの代表曲だと胸を張って言い切れる完成度があるぞ!


最初の3曲こそ微妙な雰囲気なものの“愛音 〜AION〜”1曲で本アルバムの
価値はかなり高くなったと言えるだろう!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 79% お気に入り曲 愛音 〜AION〜







もどる


inserted by FC2 system