AS I LAY DYING







"Frail Words Collapse"




サンディエゴ出身のメロデス/メタルコアバンドの2ndアルバム。


北欧メロデスの叙情リフ、泣きのソロにハードコア的なモッシュパート、
ニューメタル、スクリーモ的なクリーンVoを融合させたスタイルは
メタルコアと称されいまやアメリカのメタルシーンを席巻した感があるが
彼等AS I LAY DYINGはそんなシーンを代表する若手バンドの1つといっていいだろう!
メロデス的なギター、そしてハードコアの流れを汲むへヴィな極悪ビートダウン
モッシュパート
をふんだんに取り入れた典型的メタルコアを聴かせてくれるぞ!

1曲目から叙情リフで爆走しブラストも出てくるまんまメロデスだが
すぐにリズム落ちしモッシュパートになるのがハードコアの流れだろう。
メロデス愛好家やクサメタラーにはこの落ちパート、何の価値があるのか
さっぱり判らん
だろうがこれの真価はライヴにある!皆リズムが落ちると
大喜びで暴れ狂うのだ!(笑)2曲目もイントロから早くも爆走するがやはり
すぐにテンポダウンするぞ。4曲目はアップテンポで初期のIN FLAMESや
SOILWORK
を思わせる曲だ。この曲が一番メロデス寄りだと言えるだろう。5曲目はなぜか
カオティックコア風の変態的アレンジが施されておりノイジーな高音ギター、
変拍子等THE DILLINGER ESCAPE PLANを思わせるな。しかし途中から急に
開けたような雰囲気になりクリーンヴォイスが聴ける。7曲目は叙情トレモロリフ
疾走する本作中最も疾走している曲だ!モッシュパートも勿論あるが
その後はブラストも飛び出す!!ラストの12曲目は非常にIN FLAMES寄りな
叙情慟哭リフ、リードギターが聴けるアップテンポ主体の曲だ!正直個性は無い
本場の北欧メロデスがCHILDREN OF BODOMの流れを汲むキラキラクサクサ
疾走スタイル
にシフトチェンジした今こういう慟哭系イエテボリスタイル
メタルコアが主流になってきているのではなかろうか!?


この頃はハードコア色が強くメタリックな速弾きギターソロは無く
残虐リズム落ちモッシュパートがやけに多い!北欧メロデスを期待すると
その点で肩透かしかもしれないな。またクリーンヴォイスも非常に少なく
殆どがデス声で歌われているのも特徴である。ただリフやリードギターは
北欧メロデススタイルを忠実に再現し非常にメロディアスである!
最新作(4th)はリズム落ちが少なくメロデス寄りなのでそういう音を求めるメタラーには
そっちをオススメするぞ!だが本作も質は高い!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 82% お気に入り曲 Collision、Undefined







"Shadows Are Security"




サンディエゴ出身のメロデス/メタルコアバンドの3rdアルバム。


メタルコアシーンでその存在を激しくアピールし気を吐く彼等AS I LAY DYING
3作目のアルバムで音楽的にはメロデス色が濃くなり疾走曲も前作はせいぜい
アップテンポが関の山でスローなモッシュパートもやけに多かったが今回は
素直に爆走する曲が増え一部でメタリックなギターソロも登場!
よりメタラー受けする方向性になったのではなかろうか!?モッシュパートもただ単音のへヴィリフを
刻むのではなくそれまでの流れを引き継ぐ叙情リフを取り入れている。
またプロダクションも向上し説得力がさらに増した印象があるな。

1曲目は叙情性に満ちた北欧メロデスリフが聴けるアップテンポチューンで
ビートダウンしてからも慟哭リフは続く!前作と比べて音に厚みが出た感があるな。
ラスト前ツインリードが登場するぞ!そのまま続く2曲目はパワフルなリフ
地鳴りのようなドラムが現れその後爆走!そしてリズム落ちし非常にへヴィな
印象
を聴き手に与えるぞ!リフがカッコいいな。クリーンヴォイスも登場するぞ。
そしてブラストも登場し非常にアグレッシヴである!4曲目はこれまでとは違う雰囲気で
始まりどこかニューウェイヴ系の気だるさを感じさせるリフが面白いな。
まぁこういう曲もかつてIN FLAMESがやっていたような気がするな(笑)。クリーンVoが
どこかポップな雰囲気を演出している異色の楽曲である!そして5曲目は元の
雰囲気に戻り荒々しいへヴィリフ、極悪モッシュパートが堪能できる硬派な曲だ!
ツーバス連打が熱い!そしてようやく本格的なメタルギターソロが登場!
ピロピロと速弾きをカマしてくれるぞ!6曲目もメロデススタイルを踏襲した曲で
うねるようなリフに始まり疾走!アグレッションと叙情性を持ち合わせたリフが
非常にカッコいいな!9曲目もイントロからかなり飛ばしており爆走しまくりである!
ギターソロも聴けるぞ!10曲目もイントロから爆走しているぞ!
スローダウンもするが当然叙情性は忘れない!そして12曲目は
ノイジーな高音不協和音リフカオティックな雰囲気を演出する
スローチューンでCONVERGEの“JANE DOE”を思い出すな。


モッシュパート多用の前作と比べて疾走チューンが増えよりメロデスに
近づいた
印象があるな。これくらいのアレンジならば本場の北欧メロデス
愛聴していたメタラーにも受けが良いだろう!基本メロデスで適度にハードコアと、
非常にバランスよく聴かせてくれる1枚である!ちなみに本作はDVD付きだが
値段は変わらず2300円と非常に良心的である!シングル1曲に同曲のPV1つだけ
付けてフルアルバムと変わらん値段ぼったくる
3流V系バンド共に見習わせたいのう(爆)。




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 84% お気に入り曲 Confined、Empty Hearts、
Reflection、The Truth Of My Perception







"A Long March: The First Recordings"




サンディエゴ出身のメロデス/メタルコアバンドの企画アルバム。


メタルコアシーンで今や飛ぶ鳥を落とす勢いらしい彼等AS I LAY DYING。
ギターソロ少なめでブレイクダウン(モッシュパート)も多いがその音楽性は
限りなく叙情メロデスに近いメタルコアバンドである!
本作はそんな彼らの企画盤であり幻の1stアルバム、そしてスプリット盤などに
収録された曲で構成されている。スプリット盤には2nd、3rdで発表された
曲もあるので既に知っている曲もあるな。ちなみにスプリット盤の曲はリメイク版と
オリジナル版の2種類
が収録されているぞ!

メタルコアなどと一口に言っても彼らのような王道をいく北欧叙情メロデス
モッシュパート、クリーンVoを取り入れたスタイルもあればLAMB OF GOD、HATEBREED
ようなへヴィさ、グルーヴを重視したものもありTRIVIUMのような
スラッシュメタル色濃いもの、MASTODONのようなカオティックなものも
存在している!まぁそんな中でAS I LAY DYINGみたいなスタイルのバンドは
アルバム重ねる事で演奏やソングライティング能力が成長する事は
あっても音楽性が大きく変化すると言うような事はあまり無いのだが
本作の6曲目から始まる1stの曲は今の彼等とは方向性が異なり叙情性よりもどこか邪悪さ、
混沌とした雰囲気
が演出されており普通の叙情メロデスとは明らかに違う雰囲気
醸し出しているといえるだろう!2ndで一気に叙情性を出し始めたのか!?
ともあれプログレッシヴな要素があるわけではないがカオティックハードコアに通じる
不穏さ、混沌さ
に満ちた1stの楽曲は叙情性に惹かれた
ファンはやや面食らうんじゃなかろうか!?


まぁ既存の曲もあるしスプリット盤の曲が2パターン収録されていると言う事もあって
ファン向けのアルバムだろう。初めて彼らに触れるリスナーには3rd、4thをオススメする!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 75% お気に入り曲 Reinvention、
Beneath the Encasing of Ashes







"An Ocean Between Us"




サンディエゴ出身のメロデス/メタルコアバンドの4thアルバム。


LOUD PARK2年連続で出場が決まったメタルコアバンドの4作目である!
楽曲的にはメロデス寄りになった3rdの方向性をさらに煮詰め、
前作においてクリーンVoをとれるベースを加入させた影響が今回さらに
出たのかクリーンヴォイスをこれまでに無く多用、モッシュパートも減り
もはやクリーンVo入りの北欧メロデスと呼んでしまっていいほどである!

ツインリードが叙情的なリードフレーズを聴かせるイントロに続く2曲目は
ツーバス連打にへヴィかつドラマティックなギターがイントロで聴け
メロデスというか正統派メタルにも近いリフにデス声が乗るアップテンポ曲だ。
ツインリードがやはり良いな!ダミ声のコーラスも熱いぞ!
アルバムタイトルチューンの3曲目はアグレッシヴに疾走するメロデスチューンだ!
サビがクリーンVoなのがあくまでもメタルコアである事を主張している。
リフも叙情的で良いな。4曲目はスラッシーなリフで爆走するデスラッシュである!
出自を思わせる荒々しいハードコアなシンガロングも共に歌いたい衝動に駆られるな・・・!
5曲目もメロディック・デスラッシュ的な疾走感、ドラム、そして叙情メロデスリフ
堪能できる曲。サビはやはりクリーンVoでメロディーもエモーショナルだ!
6曲目はいきなりブラストで爆走と、北欧メロデス黎明期を思わせるスタイルを
聴かせる!ギターソロもピロピロと始まりリードフレーズを紡ぎ出すぞ!
ソロ後のボドムの効いたドラムもグルーヴィーで聴き応えあるな。
8曲目もへヴィに爆走する慟哭の北欧メロディック・デスラッシュだ!
熱き漢シンガロングがハードコア的だがそこがまた良い!ギターソロのメロディーも
実にそそるわい・・・!9曲目はスロー曲だがイントロのリードギター、キレのあるリフ、
クリーンVoのメロディーなど実にセンスが良いな!叙情的なギターがまたメタル者の
心を揺さぶる
のう・・・!10曲目はタッピングが印象的なインスト。
煌きを放つ旋律は80年代のテクニカルギター全盛期を思い起こさせるな・・・!
11曲目はうってかわってカオティックさすら感じさせる破壊的なイントロに始まり
へヴィさが滲み出たハードコアの要素が強い曲だ。しかし中盤の寒々しさ
さすが北欧メロデスの流れを受け継ぐバンドよ!12曲目も疾走する北欧メロデスだ!
朗々と歌うサビは聴き手を圧倒するような威厳があるな・・・!
ラストはピアノでメランコリックに占めるのもまたメタル的ではないか・・・!


全体的に速い曲が多く畳み掛けるように聴かせてくれるのが長所である!
数少ないスロー曲も北欧メロデス直系の慟哭を受け継いでおり
捨て曲は無い!こういう音が今のアメリカで流行っているのは
実に信じがたい事である・・・!スカッと爽やかアメリカンロック、LAメタル
横行していた80年代とは違いアメリカ人も叙情性を感じ取れるようになったとは・・・!
これも環境ホルモンの変化のせいか!?(違う)



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 87% お気に入り曲 An Ocean Between Us、
Within Destruction、Forsaken、Comfort Betrays、
Bury Us All、Warth Upon Ourselves、This Is Who We Are







"Powerless Rise"




サンディエゴ出身のメロデス/メタルコアバンドの5thアルバム。


北欧メロデスデスラッシュの流れを汲みつつサビで聴かせるスクリーモ、
ニューメタル
ライクなクリーンVo、モッシュ誘発のビートダウン
奇をてらわない王道のメタルコアを披露しこの手のジャンルでは大物と
なりつつある
彼らAS I LAY DYINGの5作目のアルバムである!前作が
グラミーにノミネートされビルボード上位にランクインしたりと
セルアウトする事無くコアなサウンドのままメインストリームを
飲み込まんとする勢い
に満ちまくりだがそんな本作の方向性はまさに
これまでと変わらないメタルコアを貫きつつも今回デスラッシュ要素
かなり濃くなっており叙情性を感じさせるギター以上に突進力ある
アグレッシヴな爆走
が重視されヴォーカルも咆哮、絶叫、ガテラル
デスVoが大半を占めアルバム重ねるたびに軟弱になっていくスクリーモ系とは
まったく逆のベクトルを向いておるわい!

1曲目からいきなりスラッシーな疾走感を見せるアグレッシヴな
ファストチューンである!
ヴォーカルも絶叫、ガテラルを披露し
実に攻撃的じゃのう!2曲目も疾走チューンだがギターリフは
ドラマティックな王道を行くメタルコアスタイルとなりサビは
クリーンで朗々と歌い上げクリーンVoの歌唱力も向上しているか!?
後半では泣きのギターソロも聴かせどこかARCH ENEMYを思わせる
部分があるのう・・・!3曲目は再びデスラッシュ的側面が強調された
アグレッシヴなファストチューンでワイルドな咆哮もノリの良さを感じさせ
4曲目もこれまた爆走チューンだがリフはメロデス、メタルコア系
フレーズで軽いブラストも飛び出しサビはクリーンでスクリーモ的な
風情
を出すもバンドサウンドは終始攻撃的である!ギターソロも泣きの
プレイ
で流石にアルバム重ねていっているだけあって説得力あるエモーショナルな
フレーズ、タッチ
で紡いでおるのう・・・!5曲目はガテラルで幕を開ける
これまた突進力抜群の爆走チューンだがテンポが落ちるパートではシンガロング
飛び出しライヴでの盛り上がりが期待できよう!スラッシーだがリフはメロデス系の
ハモリも見せているぞ。ギターソロもやはり泣いておりワウを聴かせたフレーズに
ツインリード
聴き所満載だ!6曲目はようやくミドルテンポでメロディアスな
哀愁
が前に出てきておりギターリフやソロ、クリーンVo等叙情性がプンプンである!
この辺はメタルにはあまり無いハードコア特有の胸を焦がすタイプの哀愁だな。
7曲目は実にカッコいいリフで始まりスラッシュメタル的な爆走をしつつも
テンポが落ちるパートではハードコア的な男らしい硬派なパートも目立ちライヴでの
シンガロング
を誘う暑苦しさもあるのう・・・!8曲目は再び哀愁、叙情味重視の
胸を焦がすリフ
が聴けるミドル〜アップテンポ曲で基本はデスVoだがサビはお約束の
ようにクリーンVoも登場、
完全なビートダウンではないが本作では珍しいモッシュ誘発の
へヴィなスローパート
も目立っているな。9曲目は叙情リフ、泣きのギターソロで始まり
ノリの良さを出したミドル曲でこれもサビはクリーンVoだ。後半哀愁が出てくるぞ!
10曲目はフェードインで始まりメロデス系のリフで疾走したりテンポを落としたりと
リズムが交互に変わりへヴィなパートも聴けサビが何とも男臭い咆哮シンガロング
暑苦しくそこが良い(笑)。後半のクリーンギターもメロウで短いながらたまらんのう・・・!
11曲目は叙情的なハモリリフに咆哮、シンガロングが乗り怪しさを感じさせる
クリーンVoも登場するへヴィな印象のスロー曲。これも哀愁、叙情性満点
エモーショナルさに満ちたツインギターが泣けるも中盤以降いきなり
ゴリゴリしたへヴィなパート
に突入するがラストは哀愁で閉めだ。


全体的にドラムの音が軽くそこまでへヴィだとか極悪だとかいった
プロダクションではないがとにかく疾走しておりメロデス、メタルコアの
スタイルとデスラッシュスタイルが交互に聴け昔山ほどあったビートダウン
すっかり鳴りを潜めとにかく疾走が好きだというリスナーにはかなり喜ばれよう!
テンポが落ちる箇所もあくまで曲を盛り上げるための展開であってあからさまな
ビートダウンは皆無
になりその分ハードコアキッズはますます
遠ざかってしまう
かもな!?攻撃性が増した分叙情味は減退しているが後半はそういった
ミドル曲が増え何気に泣きのギターソロも特筆すべき箇所だろう。メタルコアではあるが
完全にメタル化しておりまさしく近代メタルの見本的存在である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 全部







"Awakened"




サンディエゴ出身のメロデス/メタルコアバンドの6thアルバム。


北欧メロディックデス直系の慟哭スタイルを武器としたメタルコアバンドの
通算6作目のアルバムである!初期の頃はビートダウンが大半を占めており
メロデスの代用品
とはとても呼べず、ライヴで暴れたいハードコアキッズのために
あるようなサウンド
だったがアルバムを重ねる毎にメロデス、メタル要素が段々と
増量されて行き
ここ最近の数枚は非常にクオリティーが高くメタルコアシーンを
代表するバンド
として文句無しのハイレベルさを見せていた・・・!そして続く
本作だがやはり大きく方向性を変える事は無く北欧メロデス通り越して正統派メタルの
味わい
も見せつつエモい部分も持ち合わせておる!

1曲目は早速の絶叫シャウトと共に疾走!リフはまさにメロデス直系のメタルコア
基本は疾走しているがサビはテンポダウンしクリーンVoになりこれまた直球、
ストレートな事この上無いメタルコア
となっておるのう・・・!途中は少しだけ
ビートダウン
を見せるがすぐにギターソロになりまた疾走するぞ。2曲目も
勢い良く疾走するストロングなメタルコアでクリーンVoパートは非常にキャッチーで
エモい仕上がりとなっているな・・・!
3曲目はどこか退廃的な空気を漂わせた
出だしからストロングなノリの良さを見せ咆哮ヴォーカルはデスVoと言うよりも
ハードコア的硬派さがあるな。ギターフレーズも印象的で胸を焦がす哀愁
強烈に漂っているぞ!4曲目は緊迫感漂う鋭いリフに始まりパワフルな疾走感
見せるファストチューン細かいリフワークが心地良いがその後はテンポダウン
スローになり無骨かつエモいクリーンVoパートになるぞ。ギターソロは
どこかエキゾチックだな。
5曲目はメタリックではあるがどこかニューウェイヴっぽい
雰囲気を持ったリズム
を見せるがその後はやはり疾走するぞ!クリーンVoはキャッチーで
ギターフレーズの気だるさはやはりニューウェイヴ色があるか!?
メロディアスかつ流麗なギターソロも良いな。6曲目はクリーンギターに
メロディアスな泣きのギター
が乗りバラード的な哀愁を放つもスローにはならず
勢いのあるバンドサウンドが炸裂しストロングな無骨さを見せるのう・・・!
7曲目は刻み込むようなリズムノリの良さを見せリフはどこか正統派メタルに
近い部分
がありヴォーカルはデスVoよりダミ声のほうが多いか!?
8曲目はベースがやけに目立ち唸りを上げるがその分ギターはマイルドになりヴォーカルも
シャウトは少なくエモ的な側面が目立っているか!?リードギターがまた良く
正統派メタル
に近い印象があるな。9曲目はクリーンギターが哀愁を漂わせる
エモーショナルな叙情性
に満ちた短い繋ぎで10曲目はパワフルでストロングなリズムが実に
無骨で硬派なミドルチューン。サビはクリーンVo、リードギターメロディアスさを
見せておるのう・・・!
中盤は勢い良く疾走しそのままギターソロに突入だ!
11曲目は妙な爽やかさを見せるコーラスが聴けるも基本はストロングさのある
ミドルチューン
でクリーンVoのサビがまたいちいちキャッチーじゃのう・・・!


本作もまた一切の奇をてらう事の無い王道行きまくりのどストレートな
北欧メロデス型メタルコア
だが爆走しまくりの前作と比べてテンポは
落ちており
その分メロディーで聴かせる方向性にシフトした印象があるな・・・!
あまりにも直球過ぎて流石にインパクトは薄れている質は高く
この手のメタルコアスタイル
これ以上のモノはなかなか出来んだろうな・・・!
風変わりなメタル、変化球スタイルを求めるならば微妙かも知れんが王道の
メタルコア
を聴きたいならば本作がその欲求を満たしてくれるであろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Cauterize  Wasted Words







もどる


inserted by FC2 system