AFTER IMAGE






"黒い結晶"




クラシカル系ヴィジュアルバンド、AMADEUSの前身となったバンドのアルバム。


うちのサイトで高く評価しているクサメタラーにおすすめの
ヴィジュアル系バンド、アマデウス
のメンバーがかつて組んでいたバンドで、
ギター以外がこのあとアマデウスを結成する事になる。

だが音楽的にはまだ未完成もいいとこで、本作がリリースされた時期も影響しているのだろうか、
ルナシーとかの流れを汲むいたって普通のV系ロックスタイルを踏襲しているといえる。
SEIJIのヴォーカルもアマデウス、そしてMoi dix Moisで披露しているようなGackt系の
低音で深く歌いこむスタイル
ではなくナヨナヨした
典型的V系ヴォーカル
なのが驚きだ!
技術的にもかなり稚拙である。自分のスタイルを見つけてから
かなり成長したのだろうなぁ・・・!
ちなみにこのころは“マッドジェイルセイジ”などという
ハイカラな(!?)名前だった・・・(笑)。

だがただのV系ロックでは終わるはずも無く、大気の片鱗はバンドタイトルチューンの
4曲目
で伺えるぞ!オルガン系のシンセが
大仰なフレーズを纏って疾走する!
ってゆうか
この曲ロマサガそっくりなんだけど(笑)。
このイントロのフレーズなんかもろイトケンすぎて
思わず笑っちまう。初めて聴いたときカヴァーかと思ったし・・・(笑)。
しかし中盤ではのちの名曲“虚像の神”のルーツ的といえる展開が現れ
やはり本作はダイヤの原石だと思わせてくれるな!
他の曲も結構プログレ的なキーボード
入れ方してたりしてそこがなかなか面白い・・・!
あとは疾走パートに乗る英語の語りがXのサイレントジェラシーを
思わせる
プログレ寄りのアルバムタイトルチューン5が気に入った。
リーダーであるキーボーディスト、HIRONはクラシックの作曲家のもとで
音楽理論を学んでいた
らしいが、この頃はプログレに傾倒していたのだろうか・・・?
音色、フレージングがEL&Pみたいなんだが・・・!?

ドラムは打ち込みだが疾走曲が多く一気に聴きとおせるな・・・。HIRONのピアノテクは
このころから玄人で流麗なプレイを聴かせてくれる。ギターは昔の
V系らしい軽い音
ながらなかなか頑張っているぞ。


アマデウスの完成度、クサさを求めると肩透かしだがロマサガ好きは
聴いてみても損はないかも!?




満足度 70% お気に入り曲 AFTER IMAGE、黒い結晶







もどる


inserted by FC2 system