AHRCANA






"Into The Prophecy"




イタリア出身のメロパワバンドのアルバム。


音的にはブラインドガーディアンタイプだといえる、男クワイアが入った
典型的メロパワスタイル
で、B級ではあるものの意外と悪くないと思う。ヴォーカルはショボめだが
クワイアでフォローできてる。有名なNew Sin Studioでレコーディングしており、
プロデューサーにラビリンスやダークムーア等との仕事で知られる
ルイージ・ステファニーニを迎えているようだ。
部分部分で民謡っぽい
フレーズ
が出てくるのもブラガ風だといえる。ツインリードで勇壮なフレーズを奏でるギターもいいな。
技術的にはたどたどしい部分も多いが・・・。

個人的に気に入ったのは2、6だ。特に6は8分以上の大作でバラード風のイントロから
劇的に展開する楽曲でなかなか楽しませてくれる。とはいえまだまだ垢抜けない部分もあるが
化けそうな感じはあると思う。


ブラインドガーディアンタイプのメロパワが好きな人、男クワイアマニアにおすすめできるといえるな!



満足度 70% お気に入り曲 The Travel、In The Village







もどる


inserted by FC2 system