ACIDMAN







"創"




日本のグランジロックバンドの1stアルバム。


俺も昔から名前だけは耳にした事のある有名なバンドで音楽的には
荒々しい演奏を聴かせるパンクの流れを汲むグランジ、へヴィロックだが
メロディーは歌謡曲的な日本人好みのものがあり世界観も
壮大さを演出したものが主体である!THE BACK HORNに近い
スタイル
だと言えるだろう。そのため俺が興味を持ったというわけだ。
演奏面はなかなかに纏まっておりヴォーカルが独特のハスキーヴォイス
なかなかに味があって良いな!シャウトとかデス声は無し。

初期のDir en greyみたいなイントロに続く2曲目はベースが唸る
グランジライクなへヴィロックキャッチーな歌謡メロが乗る
アップテンポ曲だ!メロディーがキャッチーで魅力的だな。4曲目はうってかわって
物静かで穏やかな楽曲となっており彼らの音楽的ルーツがグランジとか
だけではないと言う事を表しているかのようだ。サビはやはり歌謡曲的な
メロディー
を持っているぞ!7曲目はラストこそ荒々しくなるも基本は
ポストロック
で個人的には好みではない。9曲目はアップテンポのキャッチーな
歌謡グランジ
で良いな!2曲目と並んで特に好きだ。サビがたまらんわい!
10曲目も疾走感のあるパワフルかつ叙情的な楽曲だ!


有名バンドなんでセルアウト甚だしい音楽性かと思ったがなかなか悪くない
バンドだな。まぁ捨て曲もそれなりにはあるが荒々しくも
エモーショナル
で意外と細かい事やっている演奏陣に
歌謡曲クサさのあるヴォーカルメロディーと、THE BACK HORNに
近いバンドだと言えるだろう!あっちが好きならACIDMANも十分気に入るかもな!?
残念ながらファッキンCCCDだったが最近はノーマルな
ちゃんとした普通のCDでもリリースされているようだ。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 77% お気に入り曲 造花が笑う、
シンプルストーリー、SILENCE







"LIFE"




日本のグランジロックバンドの6thアルバム。


1st“創”のレビューは1年位前に書いたんだがすっかりアップするの
忘れており今回ようやくアップする事になったわけだが(笑)、彼等ACIDMAN
THE BACK HORN辺りの流れを汲む歌謡グランジ、ラウドロックとして
知られているようだがただのラウドロックではなくジャズや
ボサノヴァ、ラウンジミュージックからダンスミュージック
まで
様々なスタイルを楽曲に取り込んでいるのが特徴で、美味しい
ロックチューンもあるが基本はラウンジ風の穏やかなクリーンサウンドが
主体
で激しい音が好きなリスナーにはウケが悪そうだが演奏的には
比較的なんでもありなロックとして面白い事をやっている印象があり、
ヴォーカルもシャウトはしないがこの手のバンドとしてはけっこう
上手く
声量もありそうで表現力もあるぞ!悪くはないが
若干弱さのあった1stの頃と比べて成長したようだな。

イントロに続く2曲目はヘヴィではないがアグレッシヴな
疾走チューン
エモ的な叙情性を放ちながらドラマティックな
展開、フレージングが堪能できるキラーチューンある!
メロディーもなかなかでラフながらとにかく勢いを感じさせる
バンドサウンド、英語詩で堂々と歌い上げるヴォーカル等
いいパフォーマンスを披露しているぞ!クリーンになるパートも
実に叙情的でエモいな。3曲目はプログレッシヴな質感を持った
演奏が聴けるが全体的にはダンスミュージック的なアレンジが
施された曲。そしてそれ以降ラウンジ風の穏やかな曲が続き
7曲目はインストでジャズっぽい雰囲気を感じさせるアレンジが
聴ける。8曲目も同じ雰囲気を持った完全ラウンジ曲で非常に
大人しいが後半になってようやく久々にラウドなバンドサウンド
登場する。9曲目もクリーンサウンド主体だがサビは多少ロック寄りに
なり
キャッチーなメロディーが聴ける。10曲目は普通のバンドとしては
ギターの音はちっとも歪んでいないが彼等としては十分ロックしており
テンポも速く初期エモっぽい雰囲気を持っているぞ!12曲目は
バラードだがこれまでのラウンジ曲とは違い大人しさはあるも
十分エモコアなのでロック者も楽しめるだろう。


2曲目のファストチューンにはガッツポーズが出たがそれ以降どうも
ラウンジっぽい穏やかでマイルドなソフトタッチの楽曲が中心と
なってしまいロックかどうかも非常に怪しくなり激しい音が好きな
メタル、ハードコア者としてはその辺が厳しいな・・・!もっと
2、10曲目みたいな直球のエモラウドロックを聴かせてもらいたいものだ!
アレンジ面を見るに演奏のスキルやセンスはありそうなんでグランジ、
ラウドロックの畑でそういったフィーリングを放ってもらいたいんだが
知名度もあるしセルアウトポップバンドの様相を醸し出しているのも
やむをえないのかも知れんな。the band apart辺りが好きなら
楽しめるかも知れんがロックのハードさを好むならばオススメは出来ん・・・!
1stのほうが明らかに良い出来だろう!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 68% お気に入り曲 REMIND、金色のカペラ







もどる


inserted by FC2 system