藍坊主







"フォレストーン"




日本のお城系オルタナエモバンドの4thアルバム。


THE BLUE HEARTSのコピバンからキャリアをスタートさせたバンドで、
音楽的にはアップテンポ曲が多くも終始穏やかな雰囲気を放った
非常にマイルドな叙情エモ、オルタナ系のバンドでヴォーカルも
優しくソフトタッチな歌い方をしている。ギターも歪んだリフは無く
クリーントーンに近い軽めのカッティングが中心でハモンドやピアノ、
アコギのストローク弾き
等も部分的に使われている。

1曲目はアコギにハモンド、ストリングスも聴こえ
アップテンポだが実に穏やかな雰囲気を放っているな。
後半どこかエキゾチックな雰囲気になり語りが登場するパートは
面白い。2曲目も穏やかなアップテンポ曲でサビメロが非常に
キャッチーだな!3曲目はベースが目立ちギターも面白い
リフ、カッティングを披露しているぞ。サビメロはどこか和の
雰囲気
があり叙情的で良いな。ギターソロもアーミングやエフェクト
駆使したトリッキーなプレイを聴かせてくれるぞ!5曲目は
カオティックコアに通じるどこか妖しい雰囲気を放ち疾走する曲だ!
バックで鳴る不協和音ギターダーティーな遊園地的な風情を醸し出し
クサさは無いがXの“Love Replica”を思わせる。7曲目はストリングスや
フルート
が使われファンタジックな雰囲気を持ちつつもいつもの穏やかな
雰囲気、目くるめく展開がシンフォ系プログレの要素を感じさせる曲だ!
というかかなりお城系である!(爆)まさかエモ、オルタナバンドがこういう
曲をやるとは思わなかったわい!8曲目もお城系の雰囲気を感じさせる
ファンタジックプログレエモである。こうしてみるとヴォーカルの声質も
NOVELAみたいに聴こえてくるから不思議だ(笑)。9曲目はアップテンポ曲で
ドラム、ベースが目立ちプログレ要素は消えオルタナエモに戻るぞ。
サビはやはりキャッチーで良いな。


アルバム前半は穏やかな叙情エモでメロディーはなかなかだが
いかんせん大人し過ぎると思っていたのだが後半からお城系
ファンタジックプログレ要素
が顔を出し思わぬ素養、ルーツに
驚かされたな!
エモキッズ、オルタナ野郎のみならず
プログレッシャーにもアピールできそうである(笑)。他のエモ、
オルタナ、グランジバンドと差別化を図る為にももっとこういう
プログレ曲を増やしてみてはどうだろうか!?



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 ハローグッバイ、
僕は狂ってなどいない、羽化の月、不滅の太陽、深く潜れ







もどる


inserted by FC2 system