ABINGDON BOYS SCHOOL







"ABINGDON BOYS SCHOOL"




日本のミクスチャーバンドの1stアルバム。


日本の売れ線テクノインダストリアルバンド、T.M REVOLUTION
シンガーによる別バンドで彼らがこれまでリリースしたシングルや
オムニバスなどに収録された楽曲で構成されたある意味ベスト盤的な
構成のアルバムとなっている。こういう所がいかにも売れ線
セルアウトバンド
ってな雰囲気でイヤなのだがまぁしょうがない。

音楽的にはピコピコ打ち込みテクノスタイルが主流だった
T.M REVOLUTIONとは違い、打ち込み電子音もまだあるがそこに
スクラッチ、ミクスチャー的へヴィリフを取り入れたモダンメタル
スタイル
で曲によってはゴシックメタルに通じる雰囲気を持つものもある!
ヴォーカルはV系スタイルでクリーンで朗々と歌い上げるタイプで
シャウト、デス声は無し。ヴィジュアル系ミクスチャーロック
言ったところだろうか!?どこか初期のLOSTPROPHETSに似た感じがあるな。
1曲目は歌詞も英語で途中ギターソロもあるぞ!2曲目はモダンなへヴィリフ
始まりV系ヴォーカルが聴けるミクスチャーメタル。売れ線バンドだからか
プロダクションは軽くアグレッション、攻撃性が薄いのが気になるな・・・!
ただこのヴォーカルはなかなかに上手いと思うぞ。V系スタイルではあるが
どこかJAM PROJECTやMintJamに似た感じだな。サビはアニソン的
キャッチーさ
に満ちているのも上記2バンド風だ!ギターソロもテクニカルかつ
トリッキーなフレーズ
を弾いておる!3曲目はEVANESCENCE的なシンフォ
ゴシック
に通じるストリングスとへヴィリフで始まるメランコリックなスロー曲
冷たいピアノが物悲しさを演出、バラード的な構成だがへヴィリフが
あくまでもゴシックメタル的である!4曲目はアップテンポのキャッチーな
アニソン風ハードロック。JAM PROJECTやMintJam、Janne Da Arcを思い出すな。
ギターがテクニカルなのもそれっぽい(笑)。だがラストでスクラッチや
ラップ
が入るのがいかにもセルアウトって感じだ(爆)。7曲目はへヴィリフが
ロックンロール的なグルーヴを出すミクスチャーメタルでワーミーに唸り
ワウをかますギターソロ、
そのバックで一瞬切り込むベースソロは熱い!
8曲目はメランコリックな冷たいピアノで始まりもろJAM PROJECT
ヴォーカルがキャッチーなメロを歌うバラード。9曲目はスクラッチにへヴィリフ、
ラップが登場する今時廃れた感のあるラップメタルだがメロディーを歌う
パートも勿論あるぞ!ラップメタルよりスクリーモがいいのう・・・(笑)。
途中完全にヒップホップ気取りと化すパートもあり実にマザーファッキンだ
メーン!
その後はテクニカルなギターソロだ。
10曲目はもろトランスなイントロで始まりその後へヴィリフが聴ける
ENTER SHIKARIっぽい雰囲気のある曲。ライヴではモッシュピットで
人間ピラミッド
するのか!?(笑)11曲目はBUCK-TICKのカヴァー。
スローテンポの壮大なバラードでメロディーが良いな。


たしかに売れ線セルアウトバンドではあるのだが音楽的には
確かなものがあると思うのでT.M REVOLUTIONのイメージで敬遠するのは
いささか早計だと言えよう!JAM PROJECTやMintJam、Janne Da Arcに
初期LOSTPROPHETSのヒップホップ要素をミックスし部分部分でEVANESCENCE
言った塩梅なのでこれらのバンドが好きなら聴いてみる価値はあると思うぞ!
特にこのヴォーカル、声質も技術的にもJAM PROJECTやMintJamっぽい
雰囲気プンプン
だな!(笑)ただせっかくへヴィロックやってんだからもうちょい
プロダクションをアグレッシヴに出来ないもんなのかねぇ・・・!
そこが実に不満だ!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 78% お気に入り曲 Howling -inch Up-、
Innocent Sorrow







"ABINGDON ROAD"




日本のミクスチャーバンドの2ndアルバム。


T.M REVOLUTIONのシンガーによるラウドロック/ミクスチャー系
バンドによる2作目のフルアルバムで、ヴォーカルは実力に
定評がある
も音楽性は売れ線打ち込みサウンドの向こうとは
違う方向性を追求したかったのかこっちではインダストリアルな
電子音
を導入しつつもバンドサウンドを重視しラウドロック、
ミクスチャー系のへヴィさ
を披露しているぞ!

1曲目はモダンへヴィネス系のリフ冷たいピアノが聴け
インダストリアルなシンセもバックを飾りヴォーカルは
実にキャッチーなアニソンタイプのメロディーを披露する
判りやすい曲である!2曲目は電子音要素が濃くなるが
ちゃんとギターも聴けソロはなかなかにテクニカルだな。
3曲目はどこか淡々としたメロウさのある曲でストリングスシンセが
シンフォニックさを演出しゴシックメタル的質感とバラードの
中間
みたいな曲だ。4曲目は軽めでキャッチーさ、ポップさ
重視されたノリの良い軽快な曲。途中ラップ風のへヴィなパートも
登場しミクスチャー要素を披露、その後のギターソロも技巧的だ!
5曲目はさらに小生意気なラップで始まりイラつくが(爆)、バンドサウンドは
へヴィで気だるい雰囲気も感じさせるミクスチャー/ラウドロック。
6曲目は王道のキャッチーさを持ったストレートな曲だがバッキングの
速弾きギターのオブリなんかはJanne Da Arcを思わせるテクニカルさが
あるのう・・・!7曲目はアコギ、ヴォーカルで始まりストリングスも登場、
穏やかさの濃いまったりしたバラード系だが途中バンドサウンドも顔を出すぞ!
8曲目は本作中特にへヴィなリフが聴けるモダン要素の濃い曲だ!
ヴォーカルも加工に頼っているがシャウトも披露し十分にメタルである!
ギターソロは流麗なレガートさがありフュージョンというかプログレ的な
雰囲気
を放っているな。9曲目はラウドなバンドサウンドを保ちつつ
アニソン的キャッチーさを前面に押し出し尺八の音色も登場する
ミクスチャーメタルだ!勢いある速弾きソロも熱いぞ!10曲目は
電子音、ベースラインが目立ったキャッチーなメロディアスチューン。
ギターソロはプログレ要素を持っているぞ。11曲目はLUNA SEAのカヴァー
ワウを効かせたヘヴィなギターに始まりアコギも登場、怪しいインダストリアル的な
ノリ
を放っているぞ。12曲目はゴアトランス風の繋ぎの小曲で続く13曲目は
そのままインダストリアルな雰囲気をキープした打ち込み色濃い曲。
14曲目はピアノ、ストリングスシンセ、電子音によるアトモスフェリックなインストだ。


JAM PROJECTというかMintJamミクスチャー化したような音楽性は
相変わらずで今回プロダクションが良くなりまぁ勿論ホンマモンの
ラウドロックバンドのようなゴリゴリしたヘヴィさ、音圧とは無縁ながら
前作のような膜がかかったようなソフトさが無くなりちゃんとした
メタリックさが出てきたのは良い事である!ミクスチャーではあるが
デスVoとかは無くメロディーはアニソン的とすら言えそうなキャッチーさが
濃いのでそういったアニソンメタルが好みなら楽しめよう!厳密には
J-POP扱いなんだろうがヴォーカル、演奏が上手くそういった点では
メタラーの鑑賞にも堪えうるクオリティーを有しているぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 STRENGTH. 、Siren







もどる


inserted by FC2 system