AMBERIAN DAWN







"River of Tuoni"




フィンランド出身の様式美シンフォニックメタルバンドの1stアルバム。


かつて様式美色濃い北欧メタルバンドVIRTUOCITYで活動していた
トゥオマス・セッパラ率いる女性ヴォーカルを擁した
シンフォニックメタルバンドのデビューアルバムである!
音楽的にはかつてのNIGHTWISHの流れを汲むソプラノVo入りの
シンフォニックメタル
で多少のゴシック風味を塗しつつも
ネオクラシカルなギターが前面に押し出され、そして最大の
持ち味といえるのがメロディーのクサさである!ギターや
ヴォーカルによる主旋律とそれに絡むオブリやバックの
シンフォアレンジ
の放つクサメロはそれこそ全盛期のDARK MOOR
日本が誇る六弦アリスのそれを想起させるほど!メロスピの
ような疾走はあまりしておらず基本はミドルテンポ主体でその辺は
ゴシックメタルの流れを汲んでいるのだろうが、速さに頼らずとも
いい曲を書ける
というのは彼らの実力が本物である証であろう!

1曲目のイントロからクラシカルでクサいギターが登場し
シンセもシンフォニックさを演出、女性ヴォーカルは
ゴシックメタル的な質感を持ったソプラノ系だが音楽的に
ゴシック色は薄いな。様式美メタルの雰囲気があるだろう!
そしてNIGHTWISHにはないクラシカルなギターソロをはじめ
リフやオブリなどギターが目立っている点が彼らの持ち味だ!
2曲目もミドルテンポながら叙情的なギターが登場し
劇的でクサい旋律を紡ぎだす!3曲目ではデス声も登場し
そしてアップテンポになるパートもある!4曲目もかなり強烈な
クサみ
を放つツインリードに始まりシンセもシンフォさを出すぞ!
メロディーが実に良いのう!5曲目はスリリングなイントロに始まり
そして珍しい疾走パートが登場!まぁそのパートは短いのだが
曲の良さは速さのみにあらずという事を教えてくれるかのような
アレンジである!やはりメロディーが良いのだ!ギターソロでは再び
疾走しネオクラシカルな速弾きを聴かせてくれるぞ!6曲目は
泣きのツインリードで始まるバラード。ゴシックというよりはやはり
北欧メタル的な冷たさ、透明感を湛えているのが特徴だな。
悲壮感漂う間奏のツインリードも良いな。7曲目は珍しくちょいと
アグレッシヴなイントロに始まりメロスピっぽい疾走を魅せる!
もちろんメロディーは素晴らしくアレンジもたまらんわい!
メロスパー、クサメタラーが泣いて喜ぶキラーチューンだと言えよう!
バッキングもメロスピにありがちな単調な16分刻みに陥らず随所で
様式美系のリフを聴かせてくれる所が良い!ソロもギターとキーボードの
バトル
で熱くさせてくれるわい!8曲目はティンパニで始まり重厚かつ
ゴシカル
なシンフォサウンドを聴かせてくれる彼らにしてはへヴィな
スローテンポ曲
だが勿論メロディーやアレンジは良くスローでやる
必然性
が感じられる楽曲に仕上がっているぞ!男性ヴォーカル
クワイアも使われTHERIONに通じる重厚さを感じさせるな。
この曲が最もゴシックメタル寄りだろう。9曲目はキャッチーな
シンセ
が聴けるイントロが産業ロックに通じる普遍的魅力を放つも
ヴォーカルが入るとやはり神秘的なシンフォニックメタルと化す!
ミドルとアップテンポを繰り返すような展開だ。ギターソロも
メロディー重視の叙情極まりないものでキーボードソロも顔を出すぞ!
10曲目はチャーチオルガンに始まり様式美的なリフが聴けるも
ヴォーカルが入るとやはりゴシカルな色合いが放たれるな。
メロディーはもうALI PROJECTの領域に足を踏み入れんが如き
早口系のクラシカルクサメロである!たまらんのう!!
日本盤ボーナスの11曲目はネオクラシカルなタッピング
始まり疾走する様式美の雰囲気を携えたインストでこの曲も
他の曲に負けず劣らず良質である!こういうボートラなら歓迎だ!
ギターテクもなかなかに巧者ながらあくまでもメロディー重視の
姿勢
を貫いているのは好感が持てるな。


実に有望な新人(?)が出てきたものだな!このシンフォニックかつ
クラシカルな様式美マインドは実に高品質で何よりメロディーの
良さが耳を引くわい!日本人の琴線に触れる叙情クサメロが随所で
炸裂しクサメタラーからゴサーまで幅広く対応できる懐の広さがあるな!
NIGHTWISH、EPICA、AFTER FOREVER辺りのファンから
初期DARK MOOR、ANGRA、BRIDE ADORNED、
RHAPSODY、Dragon Guardian
等といったシンフォ系クサメタル、
Moi dix Mois、VERSAILLES、摩天楼オペラ、Lacroix Despheres
等の
ようなクサV系、はてはALI PROJECT、Asriel、Ether、LOVE SOLFEGE、
Queen of Wand、SOUND HORIZON、妖精帝國、六弦アリス
等といった
女性ヴォーカル系クサシンフォが好きな人にも全力で
オススメできるナイスバンドだ!欠点は1曲1曲の短さだろうか!?
5〜6分くらいのボリュームが欲しかったのう・・・!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 88% お気に入り曲 全部。特に“THE CURSE”







"The Clouds of Northland Thunder"




フィンランド出身の様式美シンフォニックメタルバンドの2ndアルバム。


デビュー作となった前作の時点でいきなり質が高く
ゴシック系のフィメールVo好き及びクサメタラー、
シンフォメタラー
喜ばせたことも記憶に新しいが
早くも登場した2ndの本作も方向性は前作同様
北欧らしい透明感を湛えゴシカルな雰囲気とメロスピ、
シンフォニックメタルのクサさ
を併せ持った非常に良質な
楽曲
を数多く収録している!

1曲目からさっそく冷ややかなストリングスシンセ
ホーンも登場しアップテンポで展開、ソプラノ系の女性Voが
ゴシカルな質感を感じさせつつもシンフォ系メロパワ要素が
基調でメロディー、アレンジもクサくて良いのう!ギターソロも
クサいツインリードを披露する!2曲目は明るいメロスピ
接近した疾走チューンだ!線の細い男Voも登場しクサさにさらに
磨きがかかりソプラノスキャットも美しいな。4曲目のような
シンフォニックでスケールの大きなバラード
ヴォーカルの声質のおかげでゴシカルさに満ちておりその他大勢の
メロスピバンド
との差をつけることに成功している。
5曲目は待ってましたの疾走北欧メロスピだ!まぁ
ヴォーカルが入ると例によってテンポダウンしこの辺りは
最近のバンドっぽいのだがその後はやはり爆走する!
ギターソロ前でダークなプログレ要素を出してくるのも
味のうちか!?短いのでダレないのは良いな。勇壮な
ツインリード
で始まる7曲目は北欧的なフィメールゴシック
要素が濃いがサビはかなりキャッチーだ!8曲目は
ゲイリー・ムーアを思わせるギターフレーズで幕を開け
やはりキャッチーなヴォーカルが聴けるゴシックな
メロハー
と言えそうな雰囲気の曲である。9曲目はスローテンポの
本格的な北欧フィメールゴシックでこういう楽曲をこなせる部分が
彼らの大きな武器になっていると言えよう・・・!
10曲目は緊迫感を感じさせるシンフォニックな疾走チューンで
やはりかなりクサくバックの細かいシンセワークがいい仕事しており
サビはメロスピとなるぞ!


プロダクションの軽さも逆に一昔前のメロスピバンド
髣髴とさせ心地よく聴けるのう!この手のバンドも最近は
へヴィさを追い求め始め自分を見失うことが多い中
クサメタルの良心とも言うべき音作りが嬉しいな(笑)。
ミドル曲の充実振りも相変わらずで捨て曲もやはり無い!
まぁ前作同様1曲1曲が短く、せっかく質の高いメタルを
やっているのだからもっと壮大な大作とかもバンバンやって欲しいと思えるな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 88% お気に入り曲 He Sleeps In A Grove、Incubus、
Shallow Waters、Lionheart







"End of Eden"




フィンランド出身の様式美シンフォニックメタルバンドの3rdアルバム。


コンパクトながら劇的でクサくゴシカルさも内包した様式美系の女性Vo
シンフォニックメタル
を聴かせアルバムも年に一枚と早めのペースでリリースする良質のバンドによる
3作目のアルバムである!本作も音楽的には過去の2枚と特に変わる事は無くシンセオーケストレーション
ネオクラシカルなギターを取り入れゴシックメタルの流れを汲んでいるだけあってそれほど疾走する
感じではない
がヴォーカルメロディーは判りやすいキャッチーさ、クサさを感じさせ良質のセンスがあるのう・・・!

1曲目は荘厳さを放つクワイアで幕を開けシンセ、バンドサウンドが登場、ネオクラシカルな
ギター
も顔を出しメゾソプラノ系の女性Voがキャッチーさを持ったメロディーを歌う
アップテンポチューンで、2曲目はゴシカルな印象も感じさせるスローチューンだが
やはりサビのメロディーラインはキャッチーさがありギターソロはネオクラ系の
速弾き
でなかなかにテクニカルだな。3曲目はミステリアスなシンセで始まりシンフォゴシック系の
雰囲気を放ちつつも疾走するパートもある曲だ!ギターソロがまたレガートじゃのう・・・!
4曲目は珍しく今風の質感を持ったリフが聴けモダンなゴシックメタルの雰囲気を感じさせる
スローチューンだがやはりヴォーカルだけはそれなりのキャッチーさを持っているな。
5曲目はこれまたどこかミステリアスな雰囲気のミドル、アップテンポチューンで
ギターフレーズ等微かにだがエキゾチックな空気もあるな。全体的にパッとしないが(爆)
インストパートのオーケストレーション、ギターソロが聴き所か!?6曲目はこれまた
妖しいシンセで始まり部分部分でアップテンポになったりスローになったりする曲で
流麗なピアノが劇的さを放っているな・・・!インストパートでは一瞬ブラストも唐突に
顔を出し
その後はシンセソロだ!7曲目はエキゾチックさ、ゴシカルさを持ち疾走、ヴォーカルが
キャッチーで軽快なメロを歌う本作としてはアグレッシヴな要素を持った曲である!
8曲目はクラシカルさを持ったギターがドラマティックに盛り上げシンセも顔を出すが
ヴォーカルが入るとやはりスローになるのう・・・。9曲目はオーケストレーションに
オペラティックな男Voが登場し男女ツインVoの様相を醸し出しバンドサウンドの無いクラシック、
オペラ的な楽曲
になるぞ!10曲目は重苦しい重厚さのあるバンドサウンドが聴けシリアスさ
感じさせる珍しく長いスローチューン。途中で荒々しさを感じさせる男Voも顔を出し後半のシンセソロも印象的だ。


過去作同様あまり疾走はせずミドルテンポ主体の楽曲が並んでいるがメロディーや
シンセ等のアレンジが良く
クオリティーの高さを感じさせるがやはり全体的にどうも
シンプルでコンパクトに纏まっている
感がありこれといったキラーチューンが無く
楽曲構成も王道を行く判り安さがあるためとっつき易さはあれど飽きが来るのも
早いかも知れん
な・・・!あまりピンと来ないスローチューンもちょくちょくあり
ちょいとゴシックメタル寄りになり軸がぶれた感もあるがギターソロが
妙にレガートでテクニカルなのが印象的だな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Talisman、Arctica、Blackbird、
Field Of Serpents、City Of Corruption







"Circus Black"




フィンランド出身の様式美シンフォニックメタルバンドによる4thアルバム。


様式美メタル、メロパワ要素と同時にシンフォニックゴシックの要素も同時に持ち合わせた
女性Voバンドによる通産4作目のフルアルバムで、何気にアルバムリリースのペースが早く
殆ど年に1枚なペースと言えなくも無いが、クオリティーが落ちる事は無く本作もまた
大仰かつ優雅でドラマティックなオーケストレーションを纏った格調高い
フィメールVoシンフォニックメタル
をプレイしており、クワイアやホーン等が
かなり壮大な印象
を放ちつつ、さらにフィメールシンフォゴシックに接近しているが、
それと同時にクラシック、オペラの素養もしかと目立っているぞ!

1曲目は早速のゴシックムード漂う怪しげなシンフォニックメタルとなり、遊園地ライクな
シアトリカルな空気
も発散しておりホーンやクワイアがまた大仰だな・・・!2曲目は勇壮なムードを放つ
正統派寄りのツインリード
で始まるが、その後はゴシックメタルらしい淡々とした展開になり
ソプラノ女性Voに続き男Voも登場、NIGHTWISHに近い印象もあるな。3曲目は北欧らしい
冷たいピアノ
クワイアが聴けオーケストレーション、バンドサウンドが登場、ミドルテンポで
展開しこれまたNIGHTWISHに近い曲調で、4曲目はかなりオペラ、クラシックの要素が強いフレーズ
顔を出し相当に優雅なムードを発散、5曲目は大仰さと共にネオクラシカルなクサさを放つ疾走チューンだが、
決して安っぽさは感じさせず近年のDARK MOORに通じる優雅さも強く放たれておるのう・・・!
6曲目もまたドラマティックなムードを放つ大仰なシンフォニックメタルだが、女性Voと共に
マイルドな穏やかさ、神秘的な空気を見せギターソロはネオクラシカルなクサさを強烈に放っておる!
7曲目はうって変わって落ち着きあるキャッチーなリードギターに始まり男Voも顔を出す
淡々としたミドルチューン。
サビは上品なマイルドさを感じさせこれも最近のDARK MOORに近いな。
8曲目は流麗なピロピロギターネオクラ様式美系のフレーズを披露、その後はメロパワ、
メロスピ的な疾走感
を見せ始めクサめの印象も感じさせるインストで、中盤以降のシンセソロもスリリングだな。
9曲目は叙情的なギターで幕を開けるメランコリックなバラード。10曲目は早速の劇的な
ネオクラシカルフレーズ
が炸裂し疾走する様式美シンフォニックメロスピだ!、
幽玄なムードも見られ格調高さもしかとキープされており、音こそ軽めなれど
アレンジ等決して安っぽくならない辺りが好印象だな・・・!


様式美メロパワ要素も残されていた過去作と比べてよりターヤ時代のNIGHTWISHに接近した
印象があり、フィメールシンフォニックゴシックの要素がより前面に押し出されるように
なって来ただろうか!?まぁこの手の女性Voゴシックメタルが基本キャッチーさ、ポップさを
感じさせる
のに対しこっちはクラシック、オペラのような格調高さ、優雅さ
見せており、より俺好みなムードを放っているのが好印象である!メロパワ、メロスピ系の疾走曲
決して安っぽくならず上品さをしかとキープしているのもまた嬉しい限りじゃて・・・!安っぽいB級クサメタルも
これはこれで好き
なんだが(笑)、何だかんだで洗練された音も俺は好きなんじゃい!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 Circus Black  Charnel`s Ball  Fight  Letter
The Rivalry Between Good And Evil  Guardian  Lily Of The Moon







"Re-Evolution"




フィンランド出身の様式美シンフォニックメタルバンドによる過去曲リメイクアルバム。


本格的なソプラノVoを操る女性シンガーをフロントに据え、ネオクラシカル様式美、メロパワと
フィメールシンフォニックゴシックを融合させた
ような格調高さを誇るオペラティックメタル
プレイしクサメタラーに愛されてきたバンドだが、何と看板だった女性シンガーが脱退してしまい、
本作は新たな女性シンガーを迎え過去曲を現体制でリメイクした、ある意味企画盤と
言うべきアルバム
である!

音楽的には過去作リメイクなんで大きな変化は無いんだが、ヴォーカルが前任者と
まったく違うタイプ
本格的なオペラのソプラノ歌唱だった前の女性Voとは大きく異なる、
ストレートなHM/HR系ハスキーな張りを見せるタイプになっており賛否分かれるだろうなぁ・・・!
新しいヴォーカルも下手では無いんだがスタイルが全然違うのでゴシックメタル的なムードが
減退しており
普通に北欧メロパワ、様式美メタルとなった感があるんだが、個人的には
ゴシックメタルよりもメロパワ、ネオクラのほうが好みなんでこれはこれで十分にアリだな(笑)。
疾走チューン
なんかはこっちのヴォーカルのほうがハマってる感じだし、北欧のバンドらしい
冷たい湿り気、大仰なシンフォニックサウンド
も健在である!


同系列の先輩バンド、NIGHTWISH似たようなヴォーカルチェンジ結局失敗(?)し
ターヤと同タイプのフローレ・ヤンセンが加入した
んだが、こっちはNIGHTWISHよりも
様式美メタル、パワーメタル要素が強い
ため非ソプラノタイプの女性Voでも十分に
マッチ
しており個人的にはまったく気にならないヴォーカルチェンジである(爆)。
あと懸念すべきはヴォーカルチェンジによって音楽性が変わってしまう事だろうなぁ・・・!
メロパワ、様式美メタル系のクサさが無くなってしまうのだけは避けて貰いたいんだが
果たしてどうなるであろうか・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Incubus  Lily Of The Moon  Circus Black  Charnel`s Ball







"Magic Forest"




フィンランド出身の様式美シンフォニックメタルバンドによる5thアルバム。


元はシンフォニックゴシックメタル様式美メタル、メロパワを融合させたようなスタイルで、
女性Voも本格的なソプラノ歌唱ゴシカルさを増強、アルバムを重ねる毎によりゴシックメタルに
接近
しつつもメロパワ的な疾走感を忘れず独特のクサメタルをプレイしてきたAMBERIAN DAWNだが、
何と前作で女性シンガーが交代しており、新たに加入した女性Vo前任者とはまったく異なる、
正統派メタル寄りのハスキーなタイプ
賛否両論となった・・・!前作は新ヴォーカルの
お披露目的な目的
過去曲リメイクアルバムだったが、本作は新たに制作された最新の楽曲が
取り揃えられた完全オリジナルのフルアルバム
である!ニューシンガーの真価が問われつつ
音楽性の変化があるかどうかが判明する、ある意味バンド史上最も重要な1枚だと言えよう・・・!
果たして一体どんなサウンドに仕上がったのであろうか!?

1曲目はシンセの音色に始まり北欧っぽさを纏ったバンドサウンドも登場、どちらかと言ったら
メロハーに近いムードを放ち、ヴォーカルの歌い回しも含め淡々とした落ち着きもあるな・・・!
2曲目も結構マイルドな印象がありつつシンフォニックさも見られ、ヴォーカルメロディーは
クサさ
を放っており疾走パートも顔を出すぞ!3曲目もシンフォニックなシンセが聴けつつ
軽快なアップテンポで展開、4曲目もシンフォニックでオペラティックな
ムード
を漂わせゴシカルさも見られる曲となり、5曲目はプログレメタル風になった
印象のある曲調だな。6曲目はメロパワライクなリードギターで幕を開ける軽快な
アップテンポチューン
で、7曲目は再びゴシカルな神秘性を放ちつつも疾走感を見せる
シリアスな楽曲
だ!8曲目も北欧らしい冷たさを持ったシンセが聴けるゴシカルな曲調となり、
途中でオペラスタイルの朗々とした男Voも登場しツインVo体制となるのう・・・!
9曲目は早速のクサいフレーズで幕を開けAメロは淡々とした感じだが、チャーチオルガンも聴け
疾走感も見せてくれるぞ!10曲目はストリングスシンセ、女性Voマイルドかつ優雅なムード
醸し出すバラードだ。日本盤ボーナスの11曲目はシンセと共に早速の疾走感を放ち
ストロングな印象もあるが、何故か男Voが全パート歌っておりあんま上手くないのが惜しいなぁ・・・!(爆)


ゴシック要素が薄れパワーメタル化するのかと危惧されていたが、蓋を開けてみたら
それほど音楽性に変化は無く本作もシンフォニックでクラシカルな様式美系のクサさ
しかと放っており、北欧らしい透明感、神秘性も勿論健在で一安心と言った所だろうか・・・!
ただやはりヴォーカルは前任者と大きく異なるタイプなんで、本格的なソプラノVoを
求めるリスナー
にはやはりピンと来ないかも知れんな・・・!まぁこっちも十分に
上手く歌えている
のだが・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Dance Of Life  Magic Forest  I'm Still Here
Memorial  Endless Silence  Green-Eyed







"Innuendo"




フィンランド出身の様式美シンフォニックメタルバンドによる6thアルバム。


クサい疾走感を放つ様式美系のシンフォニックメタルでありつつ、ゴシカルなほの暗さ、
ロマンティックな格調高さ
を内包する、女性シンガーをフロントに擁した北欧のバンドによる
通産6作目で、過去曲リメイクの企画盤を入れれば7作目に当たるアルバムである!
キャリア途中で女性シンガーが交代し、オペラティックなソプラノからHM/HR然とした
声質の女性Vo
に変わっており、一頃のNIGHTWISHみたいな様相を見せているんだが
こっちはもっと即効性あるクサメタル系なんで、あまり違和感と言うか抵抗は無く
曲が良ければ楽しめるタイプ
なのが利点じゃのう・・・!

1曲目は早速の優雅さを見せつつも多少落ち着いた印象があり、途中クサいフレーズ
盛り上がりを見せ2曲目はキャッチーさのあるシンセが登場、3曲目はミステリアスさを放ちつつ
これまた淡々と展開、中盤以降でようやくシンフォニックに疾走もするぞ。
4曲目は再び淡々とした穏やかなポップ寄りで、5曲目は優雅なロマンティックさ
漂わせたオペラティックなバラード。どこかディズニーっぽい所があり良いな・・・!
6曲目はここに来てようやく登場のメロスピ的疾走チューンだ!7曲目はヘヴィ寄りのリフが聴け
ダーティーな印象もあるが、シンフォニックさも見られサビは優雅だな・・・!
8曲目は妙に明るくほのぼのしたポップ路線で、9曲目はかなりクラシカルで
クサいギターフレーズ
が登場、淡々とした印象でミステリアスさもあるな・・・!
10曲目はまったり気味の穏やかなバラード寄りスローテンポだが、シアトリカルな
ミステリアスさ
も見られるぞ。11曲目は1曲目のヴォーカル無しで、
12曲目は1st収録曲のリメイクである。


雰囲気自体は過去作とあまり大差無いんだが、全体的に疾走感や壮大さが薄れ
過去作で聴けたような大仰さ、クサさと共に優雅なドラマティックさを放ち
疾走する様式美系のシンフォニックなクサメタルチューンが減り、どうにも
落ち着いちまった印象があるなぁ・・・!近年のDARK MOORと同じような方向を
辿っている感じで残念である!今も昔もこの手のクサメタル系は洗練されると
途端につまらなくなっちまう
んだなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Innuendo  Angelique
Rise of the Evil  Symphony Nr. 1, Part 1 - The Witchcraft







もどる


inserted by FC2 system