Zigs Million's fate







"狂ヒ咲キxx"




日本のヴィジュアル系インダストリアルラウドロックバンドの1stアルバム。


以前に本人様よりメールを頂きさらにM3でも出会ったバンドである!音楽性としては
モダンさ、へヴィさメインのインダストリアルなラウドロックスタイル
基本としつつもそこにアンダーグラウンド臭満点のヴィジュアル系的な
要素
をも内包しており初期のDIR EN GREYMARILYN MANSON辺りに通じるムードを
プンプン放っている!ヴォーカルはこれまたヴィジュアル系の怪しさを体現する
爬虫類的な癖の強いクリーンVo
がメインで多少は絶叫シャウト、デスVoっぽい歌唱
聴けるが全体的にほんの僅かしか出て来ず基本はクリーンである。

1曲目は淡々としたデジタル音いかにもV系ってなムード漂う呻き声が乗り
電子音がインダストリアルな冷徹さを演出しへヴィさも顔を出すイントロで
続く2曲目は初期のDIR EN GREYを思わせるモダンかつインダストリアルな
V系要素入りラウドロック
ミドル、スローテンポで展開、ヴォーカルも
爬虫類的な癖のあるV系風だがダミ声はどこかMARILYN MANSONっぽい所があるか!?
3曲目はグルーヴィーなへヴィリフで幕を開けデジタルサウンドも登場、ベースも
唸りを上げヴォーカルはやはりV系だな。ギターソロというかリードギターも
顔を出し
やはり怪しいムードが漂っているのう・・・!4曲目はクリーンギター
幕を開けサイレンのようなギター、唸るベース、ドラムが聴け淡々とした退廃的な
空気を放つ気だるいスローチューン。
5曲目もまたヴィジュアル系ライクな事
この上ない怪しいダークさ
に満ちたスローチューンで6曲目は再びラウドな要素
顔を出しつつもやはり疾走はせず怪しさ満点の音作りとなっておるな・・・!7曲目は勢いの
良さを期待させるイントロ
とは裏腹にやはり疾走はせずデスVoも顔を出すが基本は
怪しさ満点のクリーンVoがメインで淡々としたスローテンポで展開、途中で
ダミ声も顔を出しギターソロも聴けラスト間際で珍しくアップテンポになるぞ!8曲目は
穏やかなクリーンギター、SEにヴォーカルが乗る淡々としたメロウなバラード。
9曲目はモダンなへヴィさ、電子音インダストリアルラウドロック的要素を
見せつつギターが多少は印象的なラインを弾きやはりミドルテンポで展開、中盤は
クリーンギターのカッティングも顔を出し少しはキャッチーな部分も感じられるだろうか!?
10曲目は電子音の出だしから本作中唯一と言えるアップテンポになりバンドサウンドは
ラウドだが明るめのキャッチーさもありこれまでとは雰囲気が異なる曲になっているな・・・!
こういう曲調だとヴォーカルが弱く感じられるがまぁ仕方ないか!?


V系要素の強いインダストリアルなラウドロック、モダンへヴィネス
メロディアスさ、アグレッションよりも怪しくダークなムードを優先しており
ミドル、スローテンポ曲メインキャッチーさも無く非常にとっつき辛い音
出している感があるな・・・!テクニカルな事は一切やっていないが演奏は
タイトな纏まりを見せプロダクションも良好、チープさは一切無く洗練されていると
言えそうなクオリティー
を見せており初期DIR EN GREYと言うよりはPIERROTを
モダンにしたような印象
でそういうダークなV系が好きなリスナーなら十分に
楽しめる
だろうな・・・!ただ個人的に好みの方向性かと聞かれたらやはり違うと
言わざるを得ない
音楽性で、もうちょい疾走感やキャッチーなメロディーがあれば
また評価も変わってきただろう・・・!冗長に感じられる部分も多いしな。
まぁよくある媚びみたいなものが一切無いのは好感が持てるのだが・・・!




myspaceで見てみる





満足度 67% お気に入り曲 Re:Birth.  Delusion.  Cruel.







もどる


inserted by FC2 system