Zektbach







"The Epic of Zektbach -Ristaccia-"




日本のサントラ系シンフォニックプロジェクトのコンセプトアルバム。


あさき泉 陸奥彦らを輩出したゲーム会社、コナミからの
リリースである!志方あきこが楽曲を提供しヴォーカルでも
参加した
経歴がありそれで彼らを知った者も多かろう!
その音楽性は基本的には映画などのサントラを思わせる
つくりとなっているがグレゴリオ聖歌風のクワイアが聴ける
THERION的な部分を感じさせる大仰なクサシンフォサウンド
テクノ、トランス系の打ち込みリズムを取り入れた曲もあり
そういうスタイルの曲は凄まじく質が高いぞ!どうやら今まで
リリースされてきたマテリアルは“ゼクトバッハ叙事詩”等と
称されておりSOUND HORIZON同様ファンタジックでコッテコテな
要素
が多分に含まれているようだ・・・!

叙情性を放つクラシカルなピアノにクワイアっぽい声が聴こえ
シンセによるストリングス、オーケストレーションが登場する
シンフォニックな曲調はどこか地味なサントラっぽさを感じさせるが
3曲目から本領を発揮!壮大に盛り上がりオペラVoが登場し
チェンバロやチャーチオルガン、クワイアにオーケストラ、そして
トランス系の電子音リズムが渾然一体となり大仰にクサく展開する
楽曲はシンフォ系クサメタラーにはたまらんモノがあるだろう!
4曲目は再びサントラ風の小粒な曲になってしまうが5曲目は
エキゾチックな中東の雰囲気で幕を開けオーケストラが盛り上がり
プログレ的な展開も見せるぞ!シンセによるホーンの音が恐ろしく
チープ
なのが気になるがクサいメロも登場しこういうタイプの映画も
好きな俺としてはなかなかに楽しめたな。7曲目はフィメールVoも
登場しトランス的な電子音が聴ける曲。フレージング、音運びに
プログレの息吹を感じるのう・・・!8曲目はホーリーなクワイア
ストリングス、笛、チェンバロが様式美的なクサメロを聴かせてくれる!
途中から盛り上がりを見せまるでドラクエやらファイナルファンタジーやらの
サントラが如き音世界である!クサい!(笑)9曲目は再び女性Voが
登場しキラキラシンセ、オルガン音がクラシカルさを演出、語り
聴けその後はクサシンフォサウンドとトランスリズムがミックスされた
アップテンポとなるぞ!MALICE MIZERを思わせる雰囲気があり非常にクサい!
こういう曲が聴きたかったわい!11曲目も女性Voが聴けオーケストラ、
チェンバロが壮大に盛り上がりトランスリズムと共にクサメロを放つキラーだ!
12曲目は志方あきこ的な祈祷クワイアで幕を開け壮大に展開していく
民族音楽的な要素を感じさせこれまた打ち込みリズムでアップテンポとなるぞ。
プログレに近い雰囲気もある。13曲目はプログレというかテクノというか、
そんな感じの電子音フレーズにオーケストラが絡む曲。やはりプログレ色が濃く
打ち込みでありながらジャジーさすら感じさせるフレージングが特徴だが
クラシカルさもちゃんとある。14曲目はさらにプログレッシヴになり
複雑なピアノフュージョンにも通じるテクニカルなフレーズを紡ぎ出す様は
LOVE SOLFEGEを思わせるものもあるな。

そして15曲目以降は全5トラックからなる壮大なシンフォニック組曲
オーケストラもなんと生となる!これまでの楽曲のアレンジ違いだが
かなり本格的なクラシックスタイルとなるぞ!フルートも舞い踊り
プログレとクラシックの近さというものを感じさせてくれるな・・・!
16曲目はパーカッションも登場し舞踏的な雰囲気を感じさせエキゾチックな
要素が盛り込まれている。17曲目は怪しい重ね録り男ヴォーカルも聴こえ
壮麗なオーケストレーションの中で浮いている感が無きにしも非ずだ(笑)。
18曲目は優雅さを感じさせるストリングスが格調高くピアノも登場し
ホーンの調べは重厚かつ華やかでやはり生は良いのう・・・!フィメールクワイアも
クサいメロディーを歌い上げたまらんな(笑)。19曲目はパイプオルガンに
チェンバロ、フィメールクワイアが非常にホーリーな雰囲気を放ちまくりで
実に美しく魂が浄化するかのようだ・・・!実にクサくクラシカルである!


どちらかといえばサントラ的なつくりが施されており全曲THERION、
RHAPSODY OF FIRE
ばりに盛り上がるシンフォクサ音楽を期待すると
肩透かしかも知れんな・・・!3、9、11、12曲目みたいな
楽曲を集めたフルアルバムをリリースしてもらいたいものである!
あと前半はオーケストラが全て打ち込みだったというのも
マイナスだな・・・!メタルのバックで使われるならば
これくらいでも気にならんがそのオーケストレーションが
主体
となっているから余計気になるのう・・・!DOL AMMADほど
トランス要素が主体ではなくシンセオーケストレーションが基本のため
そういった点ではクサメタラー、シンフォ系プログレッシャーに
受け入れられる
だろう!LOVE SOLFEGEに近いスタイルだがあっちほど
キャッチーではないな。ちなみにあさきや泉 陸奥彦同様コナミの
オフィシャル
からでしか買えないようだ。勿体無いのう!



コナミのオフィシャルサイトで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 Overture -Ristaccia-、
Holy Kingdom of Noigllado、Blind Justice、Apocalypse、
Turii 〜Panta rhei〜、Blind Justice, le concerto、
Apocalypse, avec orgue







もどる


inserted by FC2 system