ZERO FIGHTER







"Zero Hour"




日本の正統派HM/HRバンドによる1stアルバム。


エクストリームメタルがメインストリームとなった感のある、国産HM/HRシーンにおいて
メロパワでもメロスピでも無く、あくまでも正統派HM/HRで勝負する数少ない若手だが、
それ故に高い実力を誇り、シンガー不在が嘆かれる当シーンにあって超ハイレベルな
ハイトーンシンガー
を擁する事で知られる実力派バンドである!ここに至るまで
メンバーチェンジ等で苦労も多かったようで、一時はメロデス路線に走ろうかとも
考えたらしく、その気持ちもよく判るが本当にやりたい正統派に拘った結果
ANGRAの“Carry On”
を完璧に歌いこなす超絶シンガー、Jinn氏を獲得し万全の体制で
デビューアルバムである本作をリリースした!その音楽性たるやIRON MAIDEN直系の
王道を行く正統派HM/HRとなっているが、より日本人らしいメロディアスさ、フック
設けており、さらにゲストでHM/HRを愛するプロレスラー、FUMA氏がコーラスで参加、
何とも意外な人選なんだが、元来HM/HRはプロレスと相性が良いからな!

1曲目はシンフォニックなイントロで、2曲目は泣きのギターで幕を開けRIOTの
“ThunderSteel”
を思わせるキレの良いギターで疾走!その後はIRON MAIDEN風なノリ
見せつつ伸びやかなVoが登場し、3曲目は軽快なミドルテンポで正統派らしさを演出、
その後勢い良く疾走凄まじいハイトーンVoが炸裂!シンガロングも聴け
4曲目は雄々しいコーラスに始まり叙情ギターも登場、憂いを漂わせたミドル曲だな。
途中は勇壮なリードギターにファンク風のカッティングが意外性を見せてくれるぞ。
5曲目は硬質なリフ勇壮な漢コーラスが登場、極めて正統派らしいミドル曲で、
構築されたエモーショナルなギターソロも聴き所だな。6曲目はワイルドさを感じさせる
リフが聴けるアップテンポ曲で、ダーティーでもあるがコーラスは突き抜ける感があり
ギターもメロディアス、ラストのロングトーンを伸ばしまくるハイトーンVoも凄いな・・・!
7曲目は穏やかさが見られつつ叙情ギターも登場、リズムチェンジも交えIRON MAIDENの
ドラマティックさ
を感じさせる6分半の長尺だ。8曲目は穏やかで淡々とした中に
これまた叙情性を感じさせ、9曲目も派手さは無いがキャッチーで憂いあるギターが登場、
サビはライヴで盛り上がりそうな感じの正統派らしい音作りだな・・・!
10曲目は穏やかな出だしから憂いあるギター、強靭なハイトーンVoが聴ける
哀愁路線の正統派然としたミドル曲となるぞ。


音楽的にはまさしく奇をてらわない、王道中の王道を行く正統派HM/HRなんだが、
それ故にクオリティーは圧倒的に高く、ごまかしが一切効かないスタイルの中
一切のフェイクを使わない、本当にレベルの高い者にしか演奏出来ないサウンドを
これでもかと言う程に叩き付けて来る!演奏もタイトツボを押さえたギター
楽しめるし、上記したよう定評あるシンガー、Jinn氏の歌唱力も圧倒的で、
国産HM/HRの欠点がまるで見当たらない完成度を堂々と見せ付けてくれるぞ!
Jinn氏はそのスキルが評価され、世界で活躍するIRON ATTACK!でもその実力を
見せつけ、さらにはこれから世に出てくる多国籍バンド、ILLUSION FORCEにも
参加するとの事で楽しみが増えるわい!プロダクションはやや厚みに欠けるとも
言えなくも無いが、個人的には気にならず許容範囲だな。エクストリームメタル
良いんだが、こういうバンドもシーンには絶対に必要である!彼等の今後の躍進に
激しく期待したい所だな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 Flight To Salvation  I'll Be Back
The March In Snow  Wild Ones







もどる


inserted by FC2 system