ZARPA







"Las Puertas del Tiempo"




スペイン出身の正統派HM/HRバンドによる8thアルバム。


スペイン最古のHM/HRバンドとされており、結成は77年BARON ROJOよりも長いキャリアを誇る
スパニッシュメタルの大御所中の大御所
である!一時期活動休止していた時期もあるらしいが
その後再結成し今もバリバリの現役を貫いているようだ・・・!その音楽性はまさしく一切の奇をてらう事の
無い王道の正統派HM/HR
で、キラキラもしていなければ今風のシンセも無く、メロパワ、メロスピ的な
爆走
も無くギターフレーズがメインを張る昔ながらの正統派メタル実に硬派なんだが、
やはりと言うか何と言うかヴォーカルだけはバリバリの巻き舌スペイン語歌唱を披露しており暑苦しい事
この上無い!
これぞまさしくスパニッシュメタルの真髄である!

1曲目はイントロから早速の王道を行く正統派HM/HR的なギターフレーズが登場!だがやはり
ヴォーカルだけはバリバリの巻き舌母国語スパニッシュメタル臭さを強烈に演出しており
実に熱く濃厚じゃのう・・・!2曲目はストロングさ漂うリフワークで幕をあけどこか怪しげな
ムード
を演出、エキゾチックなフレーズも盛り込みこの濃厚な胡散臭さスパニッシュ産ならではの
空気だろうか!?3曲目はリフこそスタンダードなHM/HRアメリカンメタルに近い印象も
あるんだが、やはりヴォーカルはバリバリのスパニッシュ何とも言えない胡散臭さがあるのう・・・!
4曲目はクリーンギター、シンセ叙情性を放ちつつ緊迫感漂うリフが登場、リズムは軽快な
アップテンポ
だが胡散臭さも強いな。ヴォーカルがまた相当にインチキ臭く癖の強さがあり
味がある
と言えなくも無いか!?5曲目はシンセも交えつつ勇壮さ漂うギターフレーズが登場、
だがその後はまた怪しげなムードを醸し出しヴォーカルがまたいちいち濃厚じゃのう・・・!6曲目は民謡ライクなムード
醸し出すアコギ、パーカッションが登場しヴォーカルは濃いながらも多少はソフトに歌っており
シンセストリングス
も顔を出すが、その後はドラマティックなギターに続きバンドサウンドも聴けるのう・・・!
ギターソロがまた劇的さを見せ、後半でオルガンも登場するぞ。7曲目はパワーメタルに接近したかのような
疾走感
を見せ、ギターも力強さを放っており怪しさを交えつつもストロングさがあるな。ギターフレーズが
またドラマティック
で後半はちょいとばかしプログレメタル風にもなるのう・・・!8曲目はベースも目立つ
正統派メタル
で、どこかIRON MAIDENに近い印象もありコーラスも自己主張するぞ。
9曲目はリフ、リズムはアメリカンメタル風なんだがリードフレーズ、ヴォーカルだけはやはり
胡散臭さがあり
決して能天気にはならない所が良いな。10曲目はピアノ、クリーンギター怪しさ満点の
ヴォーカル
叙情性を放つメロウなバラード。ギターが泣きのソロを披露しており聴き所となっているのう・・・!
11曲目は怪しさの中に軽快なノリを見せる正統派HM/HRらしい曲調で、12曲目はピロピロギターに始まり
エキゾチックな怪しさ、胡散臭さを醸し出すミドルチューン。13曲目は正統派メタルっぽい勢いを放つ
ワイルドな疾走チューン
となり、これまたノリがどこかIRON MAIDENに通じる部分があるだろうか!?14曲目は怪しさ、胡散臭さ
強烈に醸し出しつつもどこかエピックメタルに通じる男臭さを感じさせるストロングなスロー、ミドル曲である。


ヴォーカルだけが暑苦しさ満点濃厚な巻き舌オッサンスペイン語歌唱なんだがそれ以外は普通に
良質な正統派HM/HRとなっており、硬派な無骨さ、ストロングさを内包し近代的な派手さは
無い
ものの、HM/HRを愛するメタルヘッズであれば拳を突き上げヘドバン必須の男らしさを見せて
くれてはいるんだが、このヴォーカル一つでニッチなサウンドになってしまっている印象があり、
例えるなら身体は最高にエロいが顔だけちょいブスなAV女優と言うか、その他全てが最高なのに
ビラビラだけ死ぬほどグロテスクなAV女優
と言えそうな感じだろうか!?(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 Rescatame  Karthago  Esto Es Heavy Metal
Prisioneros de un Mundo Letal  Chicas del Metal







もどる


inserted by FC2 system