X(X JAPAN)







"VANISHING VISION"




言わずと知れた天才、YOSHIKI率いる日本の超有名メタルバンドがインディーズで唯一発表したアルバム。


クラシックをルーツに持つYOSHIKIの操る激情のドラムと繊細なピアノ、PATAとHIDEのツボを
心得たツインリード、TAIJIの独特のテクニカルなベース、そして荒々しさとクリーンさを
併せ持つTOSHIのハイトーンヴォーカルはこの頃より完成されており、全曲にわたって
彼らの激しいプレイが堪能できる。

まずイントロから繋がる2曲目“VANISHING LOVE”から早速名刺代わりの疾走キラーチューン!!
YOSHIKIのドラムが!TOSHIのヴォーカルがカッコいい!!ソロでは
ツインリードが冴える!!コーラスも熱くていいぜ!

3曲目“PHANTOM OF GUILT”はノリのいいシャッフル系の曲。どこかパンキッシュなコーラスが
男らしくていい。この曲もソロがいい。

4曲目“SADISTIC DESIRE”はTOSHIの荒々しいヴォーカルが前面に出たロックチューン!!
イントロからYOSHIKIのドラムが炸裂!そして叫び声のあとにロックンロールを
感じさせるリフが聴ける。サビの前の「鼻歌口ずさみ〜」のトコが好きだ!
TOSHIの声がカッコいい!バックでさりげなく聴かせてくれるTAIJIのベースもいい。

5曲目“GIVE ME THE PLEASURE”は変わった雰囲気を持つインスト。最初の語りが笑える。
「ファッツゴーイングソー、ファックザブラッド!!」
(あれ!身体が血塗れだ!)
そのあとTAIJIのベースが唸り、後半はYOSHIKIのドラムと民族的なパーカッションがからんで終了。

そして6曲目“I`LL KILL YOU”は待ってましたの疾走チューン!!スラッシュメタル寄りといえるこの曲もやはり
パンキッシュなコーラスがいい!!ギターソロも弾きまくりだ!!YOSHIKIのドラムは勿論熱いぜ!!
だが個人的にはANOREXIA NERVOSAのカヴァーしたヴァージョンのほうが好きかな・・・。
カラオケで歌うなら勿論デス声でだ!

7曲目“ALIVE”はYOSHIKIの繊細なピアノが聴ける美しいバラード。最初にVIPERもやってた
ベートーベンのピアノ曲“月光”のフレーズ
が聴ける。途中間奏でプログレ的な感じになるな。

9曲目は言わずと知れた名曲“紅”の英語ヴァージョン。TOSHIの英語の発音はよく苦しいとか
言われているし、俺もそう思うがあくまでメロディーを歌うわけなので個人的には
気にならない。この曲は日本語ヴァージョンのほうが好みだ。歌詞が凄くいいからな・・・!

9曲目“UN-FINISHED...”はピアノバラード・・・なのだがまだ未完成なのですぐに終わる。完全版は次作で聴ける。
QUEENも1stのラスト曲で同じような事してたな。


なんだかんだで全曲レビューしちまったが、Xのアルバムでもっともメタリックなのが
このアルバムだな!音質も荒々しいのだがかえってそれがいい方向に向いている!
ジャパニーズメタルの名盤といえるだろう!!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 90% お気に入り曲 VANISHING LOVE、
PHANTOM OF GUILT、SADISTIC DESIRE、I`LL KILL YOU、紅







"BLUE BLOOD"




超有名国産メタルバンドのメジャー1stアルバム。


派手なメイクとパフォーマンス、そしてTV番組への出演などで知名度を上げていたXだけに、
レーベルと契約しただけでポスターが作られるなど、周囲の期待は
半端じゃなかったようだが、その期待をはるかに
上回る名盤を彼らは作り上げた!!


全12曲中、8曲がYOSHIKIのペンによるものだがその全てがツボ!!劇的な曲展開、
美しく繊細なメロディー!激しいドラミングによるBPM以上の体感速度を感じる疾走感!!
あぁ・・・最高だ・・・!

クラシックの素養を持つYOSHIKIの書くBLUE BLOODやX、紅などの疾走曲はハードコアパンクの
ファストなリズムにアイアンメイデン直系のメタル魂感じるツインリード、
そしてクラシックの影響感じさせるメロディーや展開等、
つまりぶっちゃけ
メロスピと呼んで差し支えない要素で構成されており、こういった曲調が
日本人にウケるのもなるほどと納得させられるな。

YOSHIKIは「メタルのマニアックな雰囲気は好きじゃない、
Xの精神性はパンク」と言っており、
その髪を半分垂らして半分逆立てた独特な半ウニヘアスタイル
半分パンク、半分メタルというXの特徴を端的に表しているとか聞いた事がある。
この姿勢には俺も共感出来るな!パンクの反骨精神は作り手としては
ある意味必要不可欠なものといっていいだろう!


また今回生のオーケストラを取り入れるという、メタル的に見て非常に興味深い試みをしている!
というのもメロディックメタルとオーケストラの融合こそRHAPSODYの登場によって今では珍しい事ではないが、
このアルバムがリリースされたのは1989年!RHAPSODY以前のシンフォニックメタルといえば
VIPERの“Theatre of Fate”だと一般的に言われているが実はXのほうが早い!

1曲目のマホガニー・ラッシュ&フランク・マリノのカヴァー“PROLOGUE〜WORLD ANTHEM”から続く
2曲目“BLUE BLOOD”からさっそく疾走開始!どこかスラッシーなノリの曲だがメロディーはやはり美しい!!
荒々しいドラムワークは壮絶!音質はよくないがそれが逆にアルバムのカラーとしてアクセントになってると
個人的に思うぞ!
このラフな音質こそBLUE BLOODだと言える!!

3曲目“WEEK END”はキャッチーでどこか物悲しいメロディを持つロックチューン。この曲はYOSHIKIが
ロックンロールを書こうとして書いた曲
だそうだ。結果としてあんまり
ロックンロールしてない
のだがそこがいいな!能天気アメリカンロックは個人的に
興味無いしな・・・。サビの「手首を流れる血を〜」の所が好きだ!歌詞もいい。ちなみにこの曲の
シングルヴァージョンはストリングスを間奏でフィーチャーしたドラマティックな仕上がりになっている!
X SINGLESで聴けるぞ!

5曲目“X”はバンドのテーマ曲といえる疾走チューンでライヴでもお馴染みのXジャンプする曲だ!!
実はYOSHIKIとTOSHIが高校のころ文化祭ですでにやってたらしい!
曲的にはハロウィンの“Heavy Metal is the Law”に似てると言えるな!
ライヴでのコール&レスポンスが熱い曲だ!
東京ドームでライヴやったとき観客がXジャンプしたときの振動近所の住民が地震だと
勘違いした
という逸話が残っている!

6曲目“ENDLESS RAIN”はうってかわって静かな、美しいバラード。YOSHIKIの繊細なピアノと
バックで流れるストリングスがいい。ライヴでは観客がともに大合唱する、
バンドと観客の一体感が味わえる曲だな。

7曲目“紅”はバンドを代表する有名曲の一つ。前作で英語ヴァージョンが聴けたがこちらは日本語
ヴァージョン。
これまたYOSHIKIのドラムが暴れまくる疾走チューンだ!途中のギターソロはハロウィンの
“Ride the Sky”
を彷彿とさせる。そしてソロの後にサビが聴ける!メロディーがいいのは勿論、
この曲は歌詞も凄くいい!!
「お前は走り出す何かに追われるよう
俺が見えないのか すぐそばにいるのに」
「紅に染まったこの俺を慰める奴はもういない
もう二度と届かないこの思い 閉ざされた
愛に向かい叫び続ける」

この曲も次作の“Silent Jealousy”と同じく歌詞が深く心に突き刺さった!俺の心境を
歌ってるかのようだぜ!
一度目のサビの後のドラムソロもたまらなくカッコいいぜ!!

9曲目“オルガスム”。オルガじゃないぜ!“オルガム”だ。Xの
パンキッシュな一面
が前面に出た3分に満たない疾走曲だ!イントロのドラミングに乗るあえぎ声から
TOSHIのシャウト「オルガスムーーーーー!!」
カッコいいぜ!!この曲もやはりメロディがいい!「お前は求めているんだろ〜」
部分が好きだな!ギターソロもカッコいい!ライヴ栄えする曲だな!
サビで観客もみんな叫びまくってるのが目に浮かぶぜ!

そして11曲目“ROSE OF PAIN”いままで名曲続きだったこのアルバムだがここにきてリスナーに
止めを刺す最強キラーチューン
が待っていた!!クレイドル・オブ・フィルスも題材にした
400年前自らの美しさを保つため何百人もの処女を殺し、その生き血で満たした
風呂に浸かったという伝説の殺人鬼エリザベス・バソリーをモチーフにした
10分以上の大作!!
イントロでギターがバッハのフーガのフレーズを弾き、
壮大な組曲は幕を開ける!前半は大人しめの曲調でTOSHIが切々と歌い上げる。この段階でも
すでに美しいメロディーは聴けるが、真に凄まじいのは後半!
YOSHIKIのドラムが爆発し、オーケストラを伴い疾走する!!この曲で感じ取ることの出来る
異様なまでの緊張感はすさまじく、まさに手に汗握るという表現が相応しい!!
そして曲は最後まで劇的な盛り上がりを見せ、まるで上質の映画を見終わったときのような余韻を
聴き手にもたらし、幕を下ろす・・・!

スゲーーーーー!!スゴすぎるぜ!!バックで流れるストリングスの
盛り上がり方も半端じゃねぇ!!まさに音楽史に残る名曲!!

そして12曲目“UNFINISHED”は前作のラストで聴けた未完成だったバラードの完全版。
美しいメロディーに心癒される一品。こういう曲がアルバムのラストにあると心底いいアルバムを
聴いたって気にさせてくれるな!!



60分以上あるアルバムだが次から次へと名曲が聴け、まったくだれることは無い!
メタル史に残る名盤と言えるだろう!メタラーの中にはこのバンドを色物視し
嫌ってる者もいるが、もし日本語詩に理解があるならばぜひとも聴いてもらいたいと思う!

俺も昔は日本語詩が駄目でなおかつ日本のバンドを嫌ってた典型的洋楽リスナーだったがな。
クオリティーの高い、真に優れた本物はいるもんだ!

ちなみにメンバーのルックスはこの頃のが個人的に一番好きだな。
髪が逆立ってるのがいい!!(笑)




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 97% お気に入り曲 BLUE BLOOD、WEEK END、X、紅、オルガスム、ROSE OF PAIN






"JEALOUSY"




超有名な国産へヴィメタルバンドのメジャー2ndアルバム。


今回初の海外レコーディングを慣行。前作でネックだった音質の悪さが改善された。
そしてソングライティングの面でも前作はほとんどがYOSHIKIのペンによるものだったが、
今回他のメンバーが大きく関わってくるようになった。

1曲目、YOSHIKIのピアノをフィーチャーした“Es Durのピアノ線”から続く
2曲目“Silent Jealousy”これぞまさに神曲!!
儚く美しいピアノに導かれる美しいメロディー!そして疾走開始!!
劇的なツインリード!
たまらん!!
サビに入る瞬間で激悶絶!!最高!!そして語りのあとクラシカルなピアノが
ドラマを演出、
そのままツインリードが完璧に構築されたソロを奏でる!!
そして歌メロのバックにストリングスが入り、これ以上ないほどの盛り上がりを見せる!!
「You dyed my heart in blood 〜」の部分などめちゃくちゃ美しいな!
そして二度目のサビでドラムが暴れまくり、超劇的ストリングスがバックで流れるとこで
悶絶昇天!!
そして「Take me back to the memory,to the dream」
直後に切り込むサビメロを奏でる究極のツインリード俺の心の
琴線は断ち切られる!!
最高だ!!!
そして曲は激しく盛り上がり、幕を下ろす。

いやもう最高だぜこの曲!!7分くらいある長めの曲なのだがまったく長さを感じることなく
曲世界に没頭できる!!
一度聴き始めたら休まることがない、最後まで緊張感が
途切れることなく最後まで突っ走れるぞ!


またこの曲は歌詞も凄くいい!個人的につらい時期に聴いてたので共感できる部分が凄く多く、
歌詞を見ながら聴いていると心が抉られそうになる!

「もう耐え切れない孤独のセレナーデ 
虚像の海に流して・・・」

「Tell me true 何処に行けば苦しみを愛せる」
「You dyed my heart in blood No way to
kill my sadness 立ち去る前に殺して」

「Silent Jealousy 夢に堕ちて 抱き締める 記憶を」

まさに俺の心境そのものを歌い上げてるといえる!そして俺と同じように
まるで自分のことを歌っているような歌詞だと
感じる人間もかなり多いだろうな!


人生の一曲になったぞこれは!ハロウィンのイーグルフライフリーや
ANGRAのキャリーオン、ラプソディーのエメラルドソード
などに並ぶバンドを代表する名曲と
いえるがはっきり言ってこの曲は他の曲とは明らかに違う!!
この曲には何かがある!人を惹き付けて離さない何かが・・・!人生のキラーチューン3曲
挙げろと言われたらその内の1曲は間違いなくこの曲になるな!!


と、まぁこの曲一曲なら究極ともいえるのだが残念ながらこの曲以外個人的にはあまりピンとこなかった。
hideには悪いが2、3、9曲目のアメリカンなノリのロックンロール曲は好みではない・・・
あっ、でもJokerはけっこういいな。バラードは悪くはなかったがそこまで好きじゃないかな?
あとはStab Me in the Backが疾走曲だがどっちかというとスラッシーな曲調で
あまりいいメロディーが無いのが残念だ。8曲目“Love Replica”はちょっとクサめのギターが
聴けるインストで結構良い。ありがとうhide。

まぁでもこの意見はSilent Jealousyの出来があまりにも飛び抜けているので余計に
そう感じるのかもしれないな。

いろいろ否定的な意見も書いたがとにかくSilent Jealousy一曲に尽きるな!
この曲のためだけ・・・と言ったら聞こえは悪いが少なくとも俺にとってはそんなアルバム。


Amazon.co.jpで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 Silent Jealousy






"ART OF LIFE"




どれ・・・ちょっと昔話を
しようかのう・・・(笑)。



X。一時期社会現象ともなった言わずと知れた日本が誇るへヴィメタルバンド。
Xブーム吹き荒れる時期、俺は中坊だった。俺の学校にももちろんブームはやってきた。
女子の8割がYOSHIKIやHIDEのようなファッションで学校に通い、

カバンにはデカデカと書かれたXの文字を中心に
メンバーの写真を貼りまくり、机には彫刻刀でやはりデカく
Xと彫られ、教室には当たり前のようにポスターが飾られ、黒板にもデカイ
Xの字が・・・!音楽室に貼ってある音楽家達の絵の所にもYOSHIKIの
写真が貼られ、
先生がいないときはみんなYOSHIKIのように
ピアノの鍵盤を叩きまくる!
期末試験の音楽のテストで有名な作曲家を挙げろという
問題
答案の9割にYOSHIKIの名が!
ぶっちゃけこの頃が一番日本人の音楽教養レベル
高かったんじゃねぇか!?(笑)



当時俺は音楽に興味は無く、同時にやってきたK-1にハマり、数少ない仲間と「ピーターアーツの
ハイキックすげーなぁ!」
「ベルナルドのパンチもすげーよ!」
「いやいやアンディ・フグがカッコいいぜ!」

「ロイド・ヴァンダムって地味に強えーよな!」
等、
他愛も無い話に花を咲かせていた・・・。

そしてあれから10年近くが過ぎ、俺は音楽に目覚めて日々メタルを聴きあさっているが、
Xに出会ったのはここ最近。かつては日本のバンドを毛嫌いする典型的
洋楽至上主義メタラー
だったが多くの優れた国産バンドに出会い、その熱さに
カチンコチンに凍りついた硬い頭は次第に溶かされ、そして苦手だった日本語詩を克服!
ついに彼らに出会う事になったと言うわけだ!




このアルバムは1曲30分という大作で、YOSHIKIの半生を描いたものである。イントロのエレアコの
アルペジオと生のストリングスが美しいメロディーを奏で、劇的に疾走する様は正に
YOSHIKIの激動の半生を描き出すことに成功している!オーケストレーションはロンドン・ロイヤルフィルで、
指揮者はYOSHIKIの書いたこの曲の譜面を見てレコーディングを快諾したという。普通メタルやプログレの
大作というと目まぐるしく入れ替わる曲調、フレーズ、展開などで飽きさせずに聴かせようとするものだが
この曲は凝った展開、複雑さは無くストレートな曲調である。にもかかわらず聴き手を飽きさせない
というのは凄い!まさにYOSHIKIならではの曲だ!

そして中盤から後半にかけて聴ける狂気をまとったピアノソロは聴き手によっては不要なパートに
感じるかもしれないが、個人的にはこういう試みも面白いと思う。世の中全ての曲が
こんなになったらさすがにイヤだけど(笑)。

前衛音楽などで聴ける雰囲気だ。イタリアのプログレッシヴグループ、オパス・アヴァントラにも
こういうフレーズがあるが、オパス・アヴァントラの場合ピアノを弾けない人が
適当に弾き殴りました
って雰囲気があるのに対し、こっちは
ちゃんと弾ける人が弾き殴りましたって感じがするな。

そして狂気のピアノが終わったあとはストリングスが暖かく、美しいメロディーを奏で、再び疾走する!!
そして曲は盛り上がり、最高潮を迎えた後、唐突に終了する。

始めてこの曲を聴いたとき、疾走パートでドラゴンフォース並に疾走してると思った。あとで知ったがXで
一番早い曲はStab Me in the BackでBPMは200だそうだ。ドラゴンフォースの最速曲は
BPM215で、この曲はそれよりも遅く、だいたいXの疾走曲はBPM190前後と普通のメロスピ曲くらいの
速さだがXの曲はなぜかかなり速く感じる。やはりYOSHIKIの限界を超えた魂のドラミングの影響だろう。
YOSHIKIのドラムテクはライヴではバスドラがもたついたり、ソロを叩き終わったあと
ブッ倒れてドクターストップ
になってしまう事から
一部で下手だとか言われているが俺はそうは思わない!自ら上手くは無いと言っているが、
上手くないのを認めたうえで技術ではなく魂で叩くという姿勢はリスペクトできる!

今改めて思うのは、こんなにも音楽性の高い、ましてやへヴィメタルと呼べるバンドが
この国で社会現象になるまで認知された
というのはとても信じられないという事だ!
今の腐りきった邦楽界。Jポップなどと呼ばれてる奴らがどれだけ
カスな事か!!
Xに並ぶ、またはXを上回る音楽的に優れたバンドは確実にいる!
しかしそういうバンドはもう相手にされない!!そして糞レーベル、
ゴミプロデューサー共は使い捨てのおよそ音楽とも呼べない雑音を
大量に生産し、宣伝、宣伝のみで売りまくってやがる!

Xが売れたのは宣伝の効果も大きいだろう。しかし彼らには確固たる音楽性があったということだ!!
そういう意味ではもうXのようなバンドは二度と出てこないだろうな・・・。


そして俺は他にもXのアルバムを買いそろえ全て聴き、今ではもっとも好きなバンドの一つに挙げられる!
Xよ、もっと早くに出会いたかった。リアルタイムで聴きたかったぜ・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 99% お気に入り曲 ART OF LIFE






"DAHLIA"




超有名ジャパニーズメタルバンドXがX JAPANに改名して放つラストアルバム。


改名の理由はアメリカ進出に際して向こうにXを名乗るパンクバンドがいたかららしい。
それはそうとしていままでの作風とはやや異なるサウンドを提示してきたな!これまでの音が
典型的なメタルサウンドだったのに対しどこかアメリカ的なインダストリアル志向
なったというか、デジタル系の音を多用するようになったな。
Jealousyの後ベーシストのTAIJIが脱退して新たにHEATHが
加わったが
TAIJIがXを抜けた理由にYOSHIKIに脱メタル思考があったんじゃないかと言われている。
TAIJIはXを抜けた後バリバリの正統派メタルバンドLOUDNESSに加入したしな。
Xがアメリカ進出を考えていた時期はグランジ、オルタナブームの真っ只中で
正統派のメタルはアゲインストな空気に満ちていた
からな・・・!

アルバム的にはART OF LIFE以降リリースされたシングル曲が大半を占めており、これまでシングルに
つきあってきたファンには叩かれたようだ。あとバラードが4曲と多めで、
他にも疾走曲はタイトル曲のDAHLIAのみ。他にも彼ららしくないインダストリアルな曲がある。

1曲目“DAHLIA”は先に挙げたように唯一のメロスピ曲だ。しかしただの疾走曲ではなくアルバム全体の
雰囲気にあわせたアレンジがしてある。ヴォーカルにかかる今風のエフェクト、デジタル音と
オーケストレーションの融合
はなかなか新鮮で、哀愁溢れるメロディーも
やはり素晴らしく
楽しめる。Silent Jealousyと同じく長めの曲だが例によって
だれることは無い。名曲だな!

他に気に入ったのは4曲目“Rusty Nail”だ。俺がXを聴くきっかけとなった
ドラゴンランドのカヴァーしたバージョン
を聴き、気に入った曲だ!
オリジナルはキーが高いんだな!TOSHIのヴォーカルが美しい!この曲だけでなく、アルバム全体に
言えるがTOSHIの声がクリアになってる!透き通るような
ハイトーンという表現がふさわしい!
個人的には昔の荒っぽいハスキーな
声のほうが好みだがこれはこれでいいな。

この2曲が個人的にキラーだ。あとバラード4曲はやはり素晴らしい出来で心に染み入るな・・・。
特に暗い雰囲気の“Crucify My Love”、最も有名な“Forever Love”が好きだ!
だがForever Loveはこれに収録されているヴァージョンではない、普通のヴァージョンのほうが好きだな。
バラードコレクションで聴けるぞ!インダストリアル系の曲はまったく心に響かなかった。

アメリカ受けを狙って無理にXに合わない曲を作ってしまったのではないだろうか?
YOSHIKIの繊細な日本人特有の感性はアメリカ人のそれとは相反するものだ。ヨーロッパに
進出してたらまた変わってたかもしれん。
ドラゴンランドをはじめXの曲をカヴァーする
バンドも多いし、EPICLOREの中心人物は人生のフェイバリットチューンは
ART OF LIFEだと言ってるし、
間違いなくXはヨーロッパ向き
だと断言できる!!



このアルバムを残しXは解散してしまう。後期は正直捨て曲もあったが、それでも彼らの残した
数多くのキラーチューンは俺の心を捕らえて離すことは無い!
ありがとうX!!




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 DAHLIA、Rusty Nail、Crucify My Love、Forever Love






もどる


inserted by FC2 system