WHITECHAPEL







"New Era of Corruption"




アメリカ出身のデスコアバンドによる3rdアルバム。


タレコミを頂き存在を知ったバンドで、音楽的にはテクニカルかつ
超ブルータルデスコアの王道を突き進む極悪極まるスタイル
特徴となっておりMESHUGGAHを思わせる機械的な重苦しさを持ったへヴィサウンド、
クリーンVo皆無の超低音でゴボゴボ言う下水道ガテラル、交互に顔を出す
ビートダウンと爆走パートの対比がメインの超ブルータルなメタルだが
時々ギターがメタルコアライクな叙情リフやリードフレーズを弾く時があり
ただ重く激しいだけではない一面を主張、そこがバンドの懐の深さを
見せ付けている
感じになっており好印象だな。

1曲目から早速無機質なマシーナリーさを持ったへヴィかつ
テクニカルなバンドサウンド
で疾走し矢継ぎ早に展開、ゴボゴボした
ガテラル系の低音デスVoがインパクトを放つもリードギターは意外と
叙情的
だったりするな。極悪ビートダウンもありどこかMESHUGGAHに
通じる要素
が感じられるのう・・・!2曲目もMESHUGGAHライクな重々しい
機械的な雰囲気
を放ちミドル、スローでタイト極まるテクニカルな
バンドサウンド
が聴けヴォーカルは下水道ガテラルながら矢継ぎ早に
ノリの良い早口
を披露しギターソロはレガートな速弾きだ!3曲目は
重々しいリフドラムが爆走するも全体的にビートダウンで展開、
途中から疾走パートに突入する!ビートダウンと爆走が交互に出てくるな。
4曲目は重苦しくもノリの良い部分を見せ爆走しリフがなかなかに劇的な
要素
を感じさせギターソロも顔を出し後半は珍しい高音絶叫も飛び出すぞ!
5曲目はドラマティックなリフで幕を開け爆走しその後はやはりテンポが落ちるも
叙情的なフレーズを弾くリフが目立ちメロウさも持ち合わせているのが良いな。
アコギのパートも顔を出し本作中最もメロディアスさを持っているがその後は
お約束(?)のビートダウンだ!6曲目はストリングスで始まり爆走、バックで
大仰に鳴り響きアグレッシヴな中にドラマティックさがあるのう・・・!
ピロピロしたギターフレーズも顔を出し疾走パートの早口デスVoも面白いな。
7曲目はメタルコアに接近したリフが聴けギターがメロディアスさを持った
爆走チューン
である!8曲目は再び重々しいビートダウンと疾走が交互に
顔を出すへヴィチューン
だがやはりリードギターが叙情的だな。
スローパートのギターがまたメロウでその後のツインリードソロ
叙情メロデスの泣きを持っておりここら辺が終始無機質なMESHUGGAH等と
異なる点
だろうか!?9曲目はさらに重苦しさ、機械的な空気を増しつつも
爆走しノリの良さを見せドラムはブラストだがリフはグルーヴィーだな。
後半では再びアコギも登場するがすぐにビートダウンになる。10曲目も
MESHUGGAHに通じる極へヴィポリリズムで幕を開け下水道ガテラルも凄まじく
アグレッシヴで実に重々しいのう・・・!だが途中でリフがメロデス寄りの
叙情慟哭系
になり疾走、ギターソロもメロディアスでこれまたメロデス的である。
11曲目は退廃的なギターで幕を開けるスローチューン。途中アコギプログレ風
リズム
も顔を出し穏やかさも持ち合わせ叙情的なリードギターも聴けるぞ!


今時らしいビートダウン、変態リズムを取り込みつつもMESHUGGAH的な
機械的重さ
が全体を支配し反復、ポリリズムも随所で登場、何気にギターが
叙情性を持ったリフ、リードフレーズを弾くも基本は極悪デスコア
エクストリームメタラーならば有無を言わさずモッシュで暴れられよう!
しかし最近のテクニカルデスコアバンドはバンドサウンドのみならず
デスVoオンリーのヴォーカルもかなり凄まじくこれはそうそう真似出来る
モンじゃない
だろう!アレキシ・ライホ程度のダミ声聴いてデスVoなんて
誰にでも出来る
とか勘違いしているならば本作などを聴いて認識を
改めるべき
だと言えるパワフルなブルータルさを持っているぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 85% お気に入り曲 Devolver、Reprogrammed to Hate、
End of Flesh、Unnerving、A Future Corrupt、Necromechanical、
Single File to Dehumanization







"Whitechapel"




アメリカ出身のデスコアバンドによる4thアルバム。


テクニカルさとヘヴィさを持ったデスコア界隈の中でも特に知られる存在の一つと言えるバンドで、
本作は彼等の通産4作目のフルアルバムとなっており、音楽的にはタイト極まりないテクニカルさ
同時にゴリゴリにヘヴィなブルータルさを見せ付ける無慈悲なデスコアなんだが、その実何気に
かなりメロディアスな面も目立っており、曲によっては殆どメロデスと言い切ってしまっても
良さそうなアレンジ、フレーズ
が随所で聴けるのう・・・!

1曲目は叙情的なメロウさを放つピアノ、チェロ系のシンセで幕を開けギターも登場、そのまま
ストロングさを放ち疾走するが、ギターフレーズは意外とメロデス寄りなハモリを見せており
途中クリーンギター怪しげなムードを醸し出す叙情パートも顔を出し、ギターソロもかなり
メロディアスな面が目立っているな・・・!2曲目は極悪グロウル邪悪さを放ちブラストで
爆走
しつつも、ギターリフはデスラッシュ寄りな感じで無機質さも目立ち始めるが途中から叙情的な
リードギター
も登場、ビートダウンパートもそこまでヘヴィなゴリゴリ感は無いか!?3曲目もまた
無機質な無慈悲さを見せたかと思えば意外とメロディアスなトレモロギターも顔を出し
疾走!
ギターソロもまた泣きの要素を多分に含んだメロディー重視のプレイで、一部和音階まで聴けるぞ!
4曲目はデスコアらしい重苦しさを見せるゴリゴリなリフ無慈悲さを放つビートダウン色濃い
スローチューン
で、グロウルもまたいい感じに極悪さがあり途中物静かかつ怪しげなパート
顔を出すのう・・・!後半のギターソロはエキゾチックなメロディーを弾いておりテンポもアップするぞ!
5曲目はDjent系のテクニカルな変態リズムを見せつつも重苦しいビートダウンが目立ちヒステリックな
ギター
も登場、その後はカオティックさを放ち疾走するも、すぐにスローテンポに戻るのう・・・!
ギターソロはメロディアスなツインリードである。6曲目はデスラッシュ的なストレートな疾走感を見せつつも
細かいアンサンブルも多用されるファストチューンだが、テンポダウンするパートもしかとあるのう・・・!
後半は叙情的なトレモロも聴けるぞ!7曲目はどこかヒステリックな質感のあるギター緊迫感を放ちつつ
メロディアスさも感じさせるミドルチューンで、途中から焦燥感を放ち疾走するパートも聴け
さらにエキゾチックなリードギターも目立つぞ!中盤のアーミングを多用したギターも印象的だな・・・!
8曲目は禍々しいムードを醸し出すギターが聴けるヘヴィなスローチューンで、9曲目はメランコリックさ漂う
ピアノ
に始まり淡々としつつも退廃感漂う叙情的なリードギターが印象的な繋ぎのインストとなり、
10曲目はダーティーなトレモロに続きビートダウン系のヘヴィなリズムが聴けるスロー曲となるぞ。
ラストは叙情的なクリーンギターで締めとなるのう・・・!


ゴリゴリの無慈悲なデスコアでありながらもそこまでダウンチューニングでは無いようで、
極端にヘヴィ過ぎるような事は無く、前作以上にメロディアスな叙情性も目立っており
デスコアブルータルさのみを求める向きにはヌルく感じられるかも知れんが、俺等のような
メロディー派のメタラーにはこれくらいメロディアスさがあったほうが楽しめるわい!
とは言えまだ無慈悲で無機質なヘヴィさ重視の曲も多く、どうせならこのままメロディアスな
スタイル
を徹底したほうがより俺好みになりそうなんで是非ともそうして貰いたい所だな(笑)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Make It Bleed  (Cult)uralist  Dead Silence







"Our Endless War"




アメリカ出身のデスコアバンドによる5thアルバム。


ゴリゴリにヘヴィな無慈悲さ、無機質さ、テクニカルさと同時にメロディアスな
叙情性
もしかと内包した実力派デスコアバンドによる通産5作目のフルアルバムである!
音楽的にはこれまたヘヴィでストロングなデスコアとなっており、メロディアスさもあるが
前作程判り易くメロディーが増強された曲は無く、無慈悲な凶暴さが目立ちつつ怪しげな面を
見せる楽曲
もチラホラあり、ヘヴィなビートダウン、スローパートも多めだな・・・!

1曲目は淡々としつつもどこかブルージーな味わいのあるイントロで、2曲目はへヴィでありつつも
意外なまでにストレートなスラッシュメタル的ムードを醸し出すファストチューンとなり、なかなかに
ワイルドなノリも見せるが中盤以降はメロディアスなギター壮大さを演出、デスコアでありつつ
やはりメロディー重視のギタープレイが目立っておるな・・・!3曲目はデスコアらしいヘヴィな
スローテンポのビートダウン
になるも、その後は疾走しギターも細かいピロピロを披露、ドラムは
ブラストである!
4曲目も勢いのあるストロングな疾走感を放つファストチューンで、へヴィな
テンポダウン
も見せつつ咆哮Vo早口で捲し立てる箇所があり、ギターもトレモロで叙情性を見せる
パートもあるのう・・・!
5曲目はかなり厳ついムードのあるヘヴィでストロングなスロー曲となるも
途中テンポアップするパートも挟むぞ。6曲目は強烈なガテラルと共に疾走し、ワイルドなノリの良さ
見られつつブラストビートも顔を出し後半はヘヴィなテンポダウンで展開するぞ。7曲目もヘヴィな
スローチューン
で、リズムはちょいとDjent風の怪しさを見せ胡散臭さすら披露、8曲目はタイトな
リズム
剛直さを放ちつつやはりヘヴィなスローテンポも目立ち、これまた怪しげな展開も見られるが
その後は疾走!ギターソロも流麗でメロディアスさがあるのう・・・!9曲目はカオティックコアに
通じる焦燥感
を漂わせたファストチューンで、ブラストビートトレモロも顔を出し音質の良い
ブラックメタル
と言えそうな面もあるが、基本はやはりストロングなデスコアである!10曲目はこれまた相当に怪しく
胡散臭いムード
で始まりその後はヘヴィな音作りのスロー、ミドル曲になりつつも
リードギターかなりメロディアスである!11、12曲目はボーナストラックで、前者は出だしから
早速ブラストで爆走しカオティックなムードすら漂わせ焦燥感も強く、後者は極悪な
ガテラル
に始まりヘヴィな無骨さを放つスローチューンだが、カオティックに疾走する箇所もあるぞ。


メロディアスさが増強された印象のある前作と比べるとまたデスコアらしい無慈悲な無機質さ、
タイトな硬質感
が増した感じで、デスラッシュチューン意外性を放った後は結構ブルータルな
ビートダウン、スローテンポ
が目立っており叙情性以上に怪しさ、胡散臭さを放つ曲もあり
メロデスタイプの叙情メロディーを期待すると肩透かしになりそうだな・・・!
メロディアスさよりもライヴでひたすら暴れたいタイプのハードコアキッズ及び
テクニカルなブルータルサウンドを求めるエクストリームメタラーであれば安定の1枚だろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Our Endless War  Mono  Worship the Digital Age
Blacked Out  A Process so Familiar







"Mark Of The Blade"




アメリカ出身のデスコアバンドによる6thアルバム。


デスコア界隈で名の知れたビッグネームの一組で、基本的にはメカニカルとも言えそうな
テクニカルでタイトなアンサンブルを見せつつも多少はメロディアスさ、叙情性
醸し出したりもしていたが、そういう要素が強かった前々作と比べ前作はかなり
エクストリームな方向性に向かい、メロディーに興味の無い暴れたい年頃のキッズが
喜ぶサウンド
を提示していたが、続く本作も方向性としては前作を踏襲した、
無慈悲で無機質なヘヴィサウンド
がテクニカルさを放つ怪しげなデスコアなんだが、
やけに淡々とした大人しいスロー曲が目立っており賛否両論真っ二つになったようだ・・・!

1曲目は無機質さ漂うテクニカルな演奏が聴け、所々疾走感もあるが淡々とした
パートも見られ退廃した空気があるか!?2曲目はヘヴィグルーヴ重視
スローテンポで3曲目はさらに淡々とした怪しさ、胡散臭さが見られるスロー曲となり、
4曲目はベースがメロウさを演出、何とクリーンVoも顔を出し退廃的な盛り上がりを見せる
バラード寄りになるのう・・・!ギターソロが意外にも泣いておりエモーショナルなのは良いな。
5曲目は再びヘヴィグルーヴ重視のスロー、ミドル曲となり怪しげなギターソロも登場、
6曲目は久々のアップテンポチューンだが、ノリ的にどこかSlipknotっぽいか!?7曲目はDjent的な
変則リズム
のヘヴィなスロー曲。8曲目はエキゾチックで怪しげな泣きを発散する
リードギターが目立ったインストとなり、9曲目は退廃的かつテクニカルさがあり、
リズムも忙しない感じで、怪しげなメロディーを奏でるギターソロで唐突に疾走するぞ!
10曲目はこれまたヘヴィグルーヴ重視だが、早口グロウルが自己主張しており
11曲目はクリーンVoが導入された淡々とした怪しげなバラード寄りだ。


かなり賛否両論な1枚だが、これまでのアグレッシヴさ、ブルータルさが薄れ
どうにもマッタリした怪しげなグルーヴ重視のスロー曲が目立つようになっており、
そこに過激さを求めるハードコアキッズが中指を立てたのだろう・・・!
元々デスコアなんで重苦しいブレイクダウン、スローパートは多かったが、
1曲通してタル〜いスローパートばかりの曲は流石にダレるな(爆)。
クリーンVoまで顔を出すようになり、そういう部分でもセルアウトしたと
見る向き
もあるだろう・・・!どうしたWHITECHAPEL?このまま牙をもがれ
丸くなっちまうのか!?





Amazon.co.jpで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 The Void  A Killing Industry
Brotherhood







もどる


inserted by FC2 system