Waiting Silence







"Astral Wind"




シンセプレイヤー、ギタリストの二人によるインストメロスピユニットの1stシングル。


だいぶ前にメールを頂き有難い事に音源も郵送して下さったシンセプレイヤーとギタリストの
二人によるメタルユニットである!レビューが遅れて大変申し訳ないが、音楽的には
ゲーム音楽Xの影響を受けたシンセ主体のキラキラ系メロスピ
オリジナル曲がメインだろうがFFサガシリーズの曲のカヴァーも行っており
影響元へのリスペクトを忘れない姿勢を見せておるのう・・・!本作は3曲入りのシングル
オリジナル1曲、カヴァー1曲、そして短いシークレットトラックが1曲収録された構成になっているぞ。

1曲目はピアノ、シンセが穏やかかつ煌びやかな音色で顔を出しそして疾走開始!
リードメロディーはシンセが奏でるメロスピと言えるスタイルになりこの手のメタルの
お約束
としてリフは弱いがギターも登場しシンセとハモりメロディーを弾いたりオブリを
挿入したりと活躍しメロディーはなかなかに良いな。ギター、シンセソロもドラマティックである!
特に後半のギターソロが泣き具合も良いな・・・!2曲目はチェンバロ系のキラキラした
シンセとギター
ネオクラシカルにユニゾンし劇的に展開するサガ2の曲のカヴァーである!
短いのが気になるがメロディーはストライクな様式美でこれまたたまらんなぁ(笑)。
そしてシークレットトラックで初期チルボドライクなギターとシンセが聴ける疾走チューンが
収録されているが今後のアルバム(シングル)に収録される曲なのかワンコーラスを待たずに
フェードアウトし
期待を煽る仕様になっているぞ(笑)。


音は軽くメロスピらしいリフの弱さも見受けられるがメロディー、ドラマティックな
曲構成のセンス
は光るものがあり今後化ける可能性を感じさせてくれる期待の1枚だ!リフをキチンと
練りこむかそうでないか
でメロスピのクオリティーは地味に変わって来るんで
どのバンドもそうなんだがそこはメロディー同様拘りを見せて頂きたい所である!




オフィシャルで見てみる





満足度 67% お気に入り曲 Astral Wind、死闘の果てに







"Asymmetric Fallen Angels"




シンセプレイヤー、ギタリストの二人によるインストメロスピユニットの2ndシングル。


シンセプレイヤーとギタリストの二人によるインストメロスピユニットによる3曲入りの
シングル
で、1曲が短い繋ぎなんで実質2曲と言えそうな内容だな。また今回は
ゲストミュージシャンが一人参加しており3曲目のアレンジ、さらにヴォーカル
披露しておりこれまでに無い新機軸と言えそうか!?

1曲目は前シングルにシークレットでチラッと収録された曲で、初期チルボドを思わせる
透明感あるシンセ、ギター北欧ライクなムードを放ちそしてブラストで疾走!ヴォーカルが
無くインストではあるが明らかにチルボドに影響された曲調でヴォーカルが入るとしたら
高音で喚くタイプの弱いデスVoか!?曲展開は良くドラマティックさがありリフ、オブリ等
ギターも活躍しており
好印象である!ソロパートのメロディーがまた良くアレンジも含めて
センスを感じさせてくれる
な・・・!曲展開が凝っており単調さが無いのがまた良いのう!
2曲目は穏やかかつ神秘的で煌びやかなストリングス、キラキラ系のシンセが聴ける繋ぎで
続く3曲目はリードギター、ピアノの音色がメロディーを奏で軽快さを出しちょいV系、
ちょいジャパメタな男Vo
が登場!線は細いがちゃんと歌えておりソフトな質感が味に
なっているな。ギターもオブリをバンバン放り込みソロでは泣きのプレイ、ツインリード
披露するぞ!そしてこれまたシークレットでピアノに始まりシンセ、16分刻みのリフと共に
爆走するメロスピチューンが触りだけ収録されている。


キラキラ系メロスピではなくチルボド直系のキラキラメロデスという事で弱かった
リフワークが改善された
のが大きいな・・・!曲構成、展開がまたドラマティック
メロスピのみならずメロデス風もイケると思わせてくれる良質の1枚だと言えよう!




オフィシャルで見てみる





満足度 69% お気に入り曲 Asymmetric Fallen Angels







"Across The Lunar Wing"




シンセプレイヤー、ギタリストの二人によるインストメロスピユニットの3rdシングル。


シンセ奏者、ギタリスト二人のユニットだったが前作で一人シンガーが加わり本作にもまた
その名を連ねておる新たな4曲入りのシングルだ!しかしその内2曲は繋ぎとなっており
これまた実質2曲になっているな・・・。基本インストだがラストの4曲目はヴォーカル入り
前作と変わらぬ爽やかな半V系、半ジャパメタな歌唱が聴けるぞ。

1曲目は煌びやかなシンセ、雷のSEに始まるイントロ扱いで続く2曲目は前シングルの
シークレット
で聴けた疾走チューンである!ピアノ、シンセ16分刻みリフで爆走するも
その後はテンポダウンしインストだがAメロにあたるパートはちょいポップス風味を演出し
そしてサビで再び爆走し盛り上がる王道の展開だ!ピアノの音色も印象的でギターソロも
アグレッシヴさを出しプログレ然としたテクニカルさを演出するパートも後半で顔を出すぞ。
3曲目はシンセストリングスが壮麗な繋ぎで続く4曲目はシンセ、ギターがどこかポップな
色合い
を醸し出すアップテンポ曲だがその後はちょいと勢いを増しプログレ然とした雰囲気
押し出されテンポアップしピアノをバックにヴォーカルも登場するぞ!サビではコーラス
聴けるがファルセットは弱いなぁ・・・!インストパートのメロディーはどこかタンゴ風
ギターソロは適度に速弾きを織り交ぜつつメロディー重視のプレイを披露しており好印象だな。
そして恒例のシークレットトラックもラストに収録されておりピアノ、シンセ、ギターが
軽快かつ煌びやかな空気を放つアップテンポ曲が1分ちょい聴けるぞ。


シンフォニックなインストを挟み爆走メロスピ、ポップ寄りのヴォーカル曲とタイプの違う曲が
収録されておりメタラーが好むのは勿論メロスピだろうが後者のポップ曲もただ軟弱なだけの
セルアウトチューン風情
ではなくメロハータイプのキチンとした曲で捨て曲にはなっていない!
ここまで来たらメロスピ曲にもヴォーカルを入れて欲しかったがそれは今後に期待か!?
ちなみにここまで紹介してきたシングル3枚はオフィシャルで無料配布しているようなので
興味を持ったら注文してみよう!




オフィシャルで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 Across The Lunar Wing







"Argent Spiral"




シンセプレイヤー、ギタリストの二人によるインストメロスピユニットのミニアルバム。


これまでは短い繋ぎ、シークレットトラックを数えなければ2曲のみのシングルを続けて
リリースしてきた彼等だがここに来てついにこれまでの活動に一区切り打つというか
集大成的なノリなのかは判らんがミニアルバムと呼べる5曲入りの音源を放ってきた!
まぁ5曲とは言ってもそのうち2曲は繋ぎなんで実質3曲と、まだシングル、EPからは
脱却し切れていない収録時間
ではあるが・・・!また今回はゲストミュージシャンはおらず
全曲インスト
になっているぞ。

ただ本作で聴ける曲はこれまでのシングルに収録されてきたタイトルチューンオンリーで
過去作を知っていると既存曲ばかりで新鮮な驚きは無いだろうな・・・!だが1曲目は
キチンと録り直しているのかプロダクションは段違いでタイトさも向上、クオリティーが
かなり上がっており
驚きの仕上がりになっているぞ!出来ればこれ以外の曲も新たに
リレコーディングして頂きたかった
のう・・・!ちなみに本作にはゲームのカヴァー4曲が
収録されたボーナスCD
がおまけで付属しており既存曲オンリーの穴埋めをするかのようだが(爆)
1stにも収録された様式美カヴァー曲の再録(?)を始めシンセ主体のプログレ風、
ブラストで爆走
しつつピコピコしたシンセも顔を出す大仰なブラックメタル風、キラキラシンセとギターの
ユニゾンが聴けるこれまた様式美ライクなアレンジ良質のカヴァーが収められており
聴き飽きた東方じゃないってだけで好印象である(爆)。


彼等を始めて知ろうとするならば本作はまさにうってつけの内容に仕上がっている
言えよう!収録曲は全てそれぞれのシングルで最も輝いていたキラーだけにな・・・!
次はパワーアップした新曲で固めたフルアルバムを期待したい所である!アレンジ、曲構成の
センス
はかなりのものがあるだけに磨けばさらにパワーアップするだろう!カヴァー曲も
東方でカネ儲けに走らずやりたい曲をやるというムードがあり好感が持てるな(笑)。
今後に期待が持てる実力派
だと言いたい所じゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 72% お気に入り曲 Astral Wind -Refine-、Asymmetric Fallen Angels、
Across The Lunar Wing







もどる


inserted by FC2 system