WRONG SCALE







"effort for scale"




日本のエモコアバンドの1stアルバム。


ツインヴォーカルを擁した国産エモ、メロコアバンド
1stアルバムである!音楽的にはメロコアと言うには叙情性の要素
強くエモ的な哀愁、泣きメロを伴い
疾走する様はHAWAIIAN 6あたりの系譜に位置するとも
言われている。ヴォーカルはダミ声ではなくクリーンで暗さ
感じさせる沈んだ感があり声量はあまりなく
上手いとはいえないパンク的スタイルだな。演奏も
タイトさは無くグランジ、70年代ロックに通じる気だるい
ダラダラ感
がありやはり上手くは無いがまぁそれが味と
なっている感
はあるだろう。1曲目なんかはバックに
ヴァイオリンが使われていたりしてなかなかに叙情的だ。
2、3曲目はメロコア的な疾走感を持っており3曲目は
湿り気、叙情性、ほの暗さこそエモだがギターリフや
疾走感は完全にメロコアだな。6曲目は叙情性のある
メロディーを伴って疾走する泣きの疾走エモコアである!
7曲目はとにかく暗いミドルテンポエモ。他にもメロコア要素の
強い曲から暗くもの悲しい曲が続きなかなかのエモさを感じさせてくれる。


クサメロコア、叙情エモの系譜に位置しつつも曲によっては
暗さを保ちつつもライトなポップメロコアの要素もあり
また全体的にルーズな雰囲気も漂っておりお世辞にもクオリティーが
高いとは言えないのだがそのダラダラさが味となって独特の風情を
醸し出している
な。本作が1stと言う事で後のアルバムはもっと
タイトに
なっているのだろう・・・!暗いエモが好きな人にオススメだな。



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 75% お気に入り曲 Breeze、Ash on the road、Terminal







もどる


inserted by FC2 system