WONDERLAND







"Wonderland"




イタリア出身のクサメタルバンドによる1stアルバム。


B級ヘナチョコクサレメタル大国イタリアから登場し当時マニアの間で話題を呼んだ、
絵に描いたような軟弱メロスピ、クサメタルバンドである!本作は彼等のデビュー作と
言う事で、一応は日本盤もリリースされた次作と比べてさらにヘナチョコでチープだと
言うのはもはや言うまでも無い話である!音楽的にはシンセをメインとしバンドサウンドは
申し訳程度に飾り付けられている程度という体たらく、そしてヴォーカルはあまりにも
弱弱しく、ヴィジュアル系連中と同程度かそれ以下の声量しか無く、
まさにキングオブヘナチョコとしか形容出来んレベルである!ジョン博士と永遠に
出会う事の無いジャック・ハンマー
が如し!

1曲目は早速のピアノ、シンセマイルドさを発散、軽いバンドサウンド日本のV系も
かくや
と言いたくなるレベルの弱弱しいヘナチョコ下手糞Voが登場!サビは疾走し一応は
クサさ
も見られ、生意気にもベースが自己主張しているな・・・!2曲目もまたシンセ
共にチープな疾走感を放ち病気の犬みたいに元気の無い
ヴォーカル
が聴けるぞ。3曲目は拙いながらネオクラシカル気味のギターが聴ける
アップテンポ曲。4曲目はピアノに始まりチープなシンセが登場、プログレメタル然とした
印象もありつつヘロヘロVoが聴こえ一応は疾走感もあるな。5曲目はアコギ、不安定な
呟きVo
が聴けるバラード。6曲目はヘナチョコにしては勢いを感じさせる疾走チューンとなり、
ギターソロが何気に頑張りを見せているな。7曲目はプログレメタルに接近したかのような曲調で、
スペイシーなシンセも目立ち疾走感もあるぞ。8曲目はクリーンギターによる繋ぎで、
9曲目はシンセと共に疾走感を放つ非力なパワーメタル(?)だ。
ソロパートではギターのみならずベースも目立っているな・・・!10曲目は哀愁漂うバラードで、
ヴォーカルの弱弱しさが問題なれどメロディーラインはかなりクサく、この辺は流石に
イタリアという国柄が出ておりB級と侮れん美点だろうか!?


チープなプロダクション、付け焼刃程度のバンドサウンドと難点は多々あるが、やはり最大の
ヘナチョコポイントは“スパイダーマン:ブランニュー・デイ”の女ヴィラン、
ペーパードール
能力使ってペラペラになった時レベルの肺活量しか
無いんじゃないのか?
と言いたくなる位に声量の無いヴォーカルだろう(爆)。
この声量で果たしてどうやってライヴをこなしていたのだろうか!?マイクの音だけ
めっちゃデカくせんと聴こえない
だろうなぁ(笑)。曲自体はB級クサメタルとしてはまぁそこそこ
悪くは無く、部分的にクサい疾走感も見られるがやはり根本的にB級だな(爆)。







満足度 70% お気に入り曲 Moonchild  Nothing Left To Say
Here I Am







"Follow Me"




イタリア出身のクサメタルバンドによる2ndアルバム。


チープなシンセ主体で音質ペラペラな上にヴィジュアル系、文系ナードオルタナ連中
程度の声量
しか持ち合わせていないヘロヘロヴォーカルでマニアを唸らせた(?)、ヘナチョコB級
クサレメタル大国イタリア
から登場したクサメタルバンドによる2作目のフルアルバムである!
まさかの日本盤もリリースされた本作、音楽的には当然ながらクオリティーアップしつつも
前作の流れを汲んだシンセ主体の軟弱ヘナチョコ系B級メロスピ、クサメタルとなっており、
ニコラス・ケイジの毛髪並に頼り無いヴォーカルも健在だ!(爆)

1曲目はシンセ、ピアノがプログレメタル風の空気を放ちそのまま疾走!相変わらずの薄っぺらさ
それなりには劇的なメロスピなんだが、ヴォーカルは実に声量が無くピッチも怪しいのう・・・!
2曲目もまたシンセがスペイシーなプログレメタル風味を放ち、バンドサウンドもそんな感じだが
イタリアンメロスピらしいしなやかな疾走感も見られるぞ。3曲目はシンセ等が穏やかさを放ち
メロハーに近い空気を発散するバラード系で、4曲目はキャッチーさのあるコーラスが聴ける
アップテンポの軽快なプログレメタル寄りとなり5曲目は怪しげな空気を見せつつシンセが
軽快さをアピール、
途中で疾走パートも見られるぞ。6曲目は淡々としたピアノが聴け
ほの暗い印象もあり、バラード的なメロウさを感じさせるプログレチューンと言えるだろうか!?
7曲目は穏やかなピアノに始まりスペイシーなシンセが目立つ疾走チューンとなるぞ!
8曲目はシンセがこれまたプログレメタル風の空気を醸し出す、バラードと言えなくも無いスロー曲で、
9曲目はトランス色濃いシンセと共に疾走するスペイシーなメロスピだな。10曲目はシンセ、ヴォーカルが
アトモスフェリックな空気を放つ、HM/HR要素の無い穏やかなトランス系である。


シンセやバンドサウンドにプログレメタル要素が増しつつも、根底にあるのはイタリアらしい
しなやかさ
を感じさせるメロスピ、クサメタルで、流石に全てがショボかった前作と比べると
日本盤が出るだけあってそれなりにはマシな仕上がりになって来ており、演奏はなかなか悪くなく
プロダクションも軽いながらに向上、相変わらずシンセ主体だがギターもそこそこは目立っており
線の細過ぎるナヨナヨVo
も一周回って味と解釈出来なくも無いだろうか!?個人的に
スペイシー系のシンセの音色が好みでは無いのも評価が高くならない要因だが、
メロハーよりも軽いライトメタルがOKならば聴いてみてもいいかもな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 Last Time My Memory  Eternally
No Resurrection







もどる


inserted by FC2 system