WOLFHORDE







"Towards the Gate of North"




フィンランド出身のフォーク/メロディックデスメタルバンドによる1stアルバム。


メタル大国フィンランド出身の新人バンドで、本作以前にEPを1枚リリースしており
マニアックなペイガン系クサメタラーの間でそこそこは知られていたらしい・・・!
本作は初のフルアルバムで、音楽的にはペイガン、フォークメタルメロデスを
程良く混ぜ合わせたような感じ
で、笛やアコギ、アコーディオン等の民族楽器
多用しシンフォニックさも漂わせており、バンドサウンドはそれなりにダーティーな
印象のあるメロデス寄りな音作り
なんだが音は軽く、エクストリームメタルを求める
リスナーよりもフォーク系のクサメロを求めるクサメタラー向けだろうな・・・!

1曲目は民謡テイスト漂うアコギや笛、ストリングス等が聴ける長めのイントロで、
2曲目もフォーキッシュな穏やかさが見られ、その後軽めのバンドサウンド、
弱めの低音グロウル
と共に軽快に疾走!メロデス要素よりもフォークメタル要素が強いな・・・!
3曲目もフォーク色濃いフレージングで軽快さを演出、ほのぼの感が漂っているが
中盤以降短いがブラストが聴けるぞ。4曲目は胡散臭い酔いどれムードが見られ淡々と展開、
メロディー自体はトラッド系のクサい感じで途中疾走もするぞ。5曲目もディズニーテイスト漂う
クサい民謡メロ
が聴け軽快さを演出、6曲目はフォーク臭漂うスロー曲だが、
後半唐突にブラストで爆走するぞ。7曲目はどこかダーティーさを放ち軽快に展開、
後半のギターソロがまたやけにクサく疾走もしているのう・・・!8曲目はメロパワ、メロスピ的な
疾走感
を放ち、リフもそんな感じで9曲目は9分ある大作となり、フォーク的なフレーズが
雄大な印象を放つスロー曲
で、途中やはり疾走もするぞ。


フォーク要素の強いメロデスだが、北欧情緒漂うシリアスで雄大なスタイルでは無く
牧歌的でほのぼのした感じのトラッド系フォークメタルで、個人的な好みからは
遠いんで評価は高くならないものの、この手の牧歌系フォークメタルを好む
クサメタラー
であればそういったクサメロが多く、ヘヴィさやアグレッションは
皆無で途中スローチューンが目立ちダレはするものの楽しめるだろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Fimbulvetr  Taivaankappaleiden Kato
Lycomania







もどる


inserted by FC2 system