WIND ROSE







"Shadows Over Lothadruin"




イタリア出身のプログレッシヴ/パワーメタルバンドによる1stアルバム。


シンフォニックメタル及びB級クサメタルの聖地イタリアから登場した、意外にもテクニカルな
プログレッシヴ要素
を強く見せるパワーメタルバンドで、本作が彼等のデビュー作となっており
音楽的には曲間に短いSE的な繋ぎを配し、部分的にエピックなシンフォニックさ、ファンタジックな
民謡クサさ
を見せつつも基本的にはプログレッシヴメタルとなっており、テクニックよりも構築された
楽曲重視な印象があり
そこは嬉しい部分じゃのう・・・!

1曲目はシンセオーケストラ、語りエピック感を放つイントロで、続く2曲目はへヴィかつ意外と
淡々としたムード
を演出、途中民謡ライクなクサいフレーズも見られ、3曲目の短いSEに続く4曲目はシンセが
早速の民謡フレイバーを発散、リフはへヴィだがダサめのクサさも見られるのう・・・!インストパートは
一応はプログレメタルらしさもあるか!?SEの5曲目に続く6曲目はメロウなピアノ、アコギが聴けるバラードで、
ギターソロはプログレメタル風だがコーラスはクサく、フルートの音色も聴けるぞ。
7曲目はへヴィリフに始まるも続いてチェンバロ系のキラキラシンセも登場!重厚な
プログレメタル風味
を放ちつつエピックでもあり、後半のコーラスドラマティックで良いな・・・!
8曲目はまた繋ぎで、9曲目は美麗なピアノ、ストリングスシンセに始まりへヴィリフも登場、プログレメタルながら
ファンタジックなクサさもあり、SYMPHONY XSHADOW GALLERY辺りに通じる面も見られるだろうか!?
中盤のアコギパートがまた叙情的じゃのう・・・!繋ぎの10曲目に続く11曲目はへヴィなギター
エキゾチックな神秘性を演出、シンセソロ等はテクニカルだな。12曲目もまたへヴィな中に
プログレメタル要素
を見せつつよりシンセ等がドラマティックである!13曲目はまた繋ぎで、
14曲目は民謡ライクなクサい叙情性を発散するバラード系で、15曲目の繋ぎに続く
16曲目はこれまた穏やかなメロウさを見せるも、途中からエキゾチックなメタリックさを放ち始め
プログレメタルらしさも感じさせるのう・・・!


知的なプログレメタルに見せかけて意外とシンフォニックかつチープなシンセ民謡ライクな
クサさ
を醸し出すB級クサメタル風味もあり、ヘナチョコ寄りの弱弱しいハイトーンVoもまさに
そんな感じの印象を放っており、知的でハイセンスなプログレメタルよりもB級イタリアン
クサメタル
を好むマニアックメタラーのほうが楽しめるであろうバンドだろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Siderion  Son Of A Thousand Nights
The Fourth Vanguard  Majesty  Led By Light  Moontear Sanctuary
Close To The End







"Wardens Of The West Wind"




イタリア出身のプログレッシヴ/パワーメタルバンドによる2ndアルバム。


知的なプログレメタルの皮をかぶったクサメタルで、疾走こそしないもののファンタジックな
エピック感
民謡ライクなクサさを見せつつ、絶妙にB級な空気プログレッシャー以上に
クサメタラーにアピールするバンドによる2作目のアルバムである!音楽的には前作の
半端にプログレメタル要素のあるクサメタルを踏襲しつつも、嬉しい事によりクサメタル要素を
増強
しておりエピックメタル、シンフォニックメタルにかなり接近しているぞ!

1曲目はエピック的かつ民謡ライクな空気を放つイントロで、2曲目はクワイアと共にいきなりの疾走!
へヴィリフ、テンポダウン
も挟みつつかなりメロパワ、メロスピ仕様となっておる!
中盤は穏やかな民謡パートで、こういう部分もまさしくクサメタルじゃのう・・・!3曲目は神秘的なシンセ
共に勇壮なリードギターが登場、ホーンの音色もまたエピック然としておりクワイアも聴けるぞ。
4曲目は勢いを放ちつつも民謡要素を兼ね備えた男臭い疾走チューンだ!5曲目は本作としては
プログレメタル要素が強い楽曲だが、勇壮さ、ファンタジックさもしかとあるのう!
6曲目はこれまたエピック臭漂う男臭いシンガロング、勇壮なシンセが聴けつつ
スローテンポで淡々と展開、中盤以降はファンタジックさを感じさせクワイアも聴けるぞ。
7曲目は民謡的な叙情性のある繋ぎで、8曲目はそのまま勇壮さのあるパワーメタルとなり
重厚なエピックさ、シンフォニックさを演出しつつへヴィリフも聴けるのう・・・!
9曲目はへヴィリフが目立ちつつ重厚なホーン美麗なピアノ等も登場、
スローで始まるも疾走パートも顔を出すぞ!10曲目は民謡的な勇壮さが見られる
クワイア入りの壮大なアップテンポチューンである!


随所でエピック要素、ドラマティックさを見せつつも基本的にはプログレメタルだった
前作
と比べてかなりメロパワ、メロスピ、シンフォニックメタルに接近した感があり、
プログレメタラーの好みからは遠ざかっただろうが、我等クサメタラーからしてみたら
この方向性の変化は大歓迎である!線の細いハイトーン系だったヴォーカルもまだまだ
垢抜け無さ
を見せつつもそこそこパワーのあるタイプとなっており、エピック要素のある
本作にはマッチしておる
のう・・・!クサメタラーならばまず本作から入るのが吉である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Age of Conquest  Heavenly Minds
The Breed of Durin  Spartacus  Rebel and Free







もどる


inserted by FC2 system